スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

京都市美術館 『ダリ展』




お久しぶりの記事ですが読書ではなく先日行ってきた『ルー大柴展』…のような『ダリ展』の感想です。それにしてもダリとルー大柴、瓜二つ過ぎやしませんか?ルーさんの祖先はもしやスパニッシュ系???




閑話休題。京都市美術館に足を運んだのは6日土曜日でしたが人はまばらで比較的じっくりと一枚一枚鑑賞することが出来ました。閑散としていた、と言っても良いでしょうか、あの炎天下では観に来るのも億劫なのかも知れません。それとも意外とダリの絵を好ましく思う方が少ないのかなぁ。


本題の絵画の方は人口に膾炙された一級品は出展されておらず、目玉商品の類は無かったような気がします。横で喋っていた知らない方も「これといったものがなくインパクトに欠けるなぁ」と仰っていました(すいません、盗み聴きしました)。しかし、そこはダリ。一目見てダリの作品だと分かるものも多く、ダリファンにはたまらない展示会だと思われます。

時間が許せば作品の年代順で出展作品を紹介していきたいのですが、今回は年代バラバラでお許しください^ ^。



「キュビズム風の自画像」

ダリにはキュビズム時代があり、ピカソやブラックに薫陶を受けたような作品が幾つかありました。これも自画像なのですが、「ラファエロ風の首をした自画像」と比べると同じ画家が描いた自画像とは到底思えません。2次元で3次元の世界を表現しようとする試みは書き手も難しいでしょうけれど、鑑賞する側も困難を極めてしまいます。このような作品を芯から享受出来ればなぁ。


「ラファエロ風の首をした自画像」

ダリが最も敬愛する画家の1人であるラファエロに敬意が払われています。が、自分にはどうもこれがラファエロ風?と思ってしまうのですが、タイトルは「ラファエロ風の首をした」とあるので、首がラファエロ風なのでしょうか?ラファエロの自画像と見比べてみると確かに首のシルエットは似ている気がしますが、質感やタッチは全く異質のものに思えてしまうのですが、どうなのでしょうか。





「偉大な書物の物語:頭が爆発するドン・キホーテ」

今回の出展作の中でも一二を争うほどインパクトがありました。筆をそのまま振り落した黒、そこに先の細い何かでぐしゃぐしゃに線が引かれています。衝動的でダリのイメージのタッチとは異なっていて、新たな発見ができました。

このドン・キホーテシリーズは連作であと何枚も展示されていたので、物語の順を追って鑑賞し楽しめました。


「ウサギの穴に落ちて」

これも文学作品からの連作で、ダリのイメージが横溢しています。この絵を見るとなんとなくダリがイメージしたものがみえてくるのではないでしょうか?『不思議の国のアリス』のひとコマです。ウサギも躍動していますが、なんといってもこの色彩が素晴らしいです。ダリは暗色のイメージがついちゃってますが、『不思議の国のアリス』の夢のイメージを表現するとなると、こよような高い色彩を用いることもあったのですね。ダリは色んな人に崇敬を抱いているようです。



「子ども、女への壮大な記念碑」

シュルレアリスム時代のもので、ダリが「腐敗」というモティーフを多用するようになります。どれもこれも異様に溶けている、というか腐敗していますね。また、目を凝らして見ると幾らかの発見が可能な絵でもあり、モナリザ、ナポレオン・ボナパルトなども潜んでいたりします。ブニュエルとの映画「アンダルシアの犬」でも彼は腐ったロバを登場させているようで、腐敗のモティーフは彼にとって「あらゆる物質に適用されている」という点で重要だったようです。



「ウラニウムと原子による憂鬱な牧歌」

広島・長崎への原爆投下はダリにとって衝撃的な出来事であり、芸術家としても多いに影響ないし変化を余儀なくされたようです。エノラゲイまで見えています。この絵の禍々しさは言葉では容易に表現できない気がします。ですが絵画であればこのように一瞬で表現可能、という点では非常に有効な表現方法だと思いました。逆説的にそれも弱点に成り得ますが、一瞬間のインパクトでは強力に過ぎます。


「ラファエロの聖母の最高速度」

これもまたラファエロに敬意が払われてモティーフとして用いられています。自画像の方と違ってこちらの女性の顔はラファエロの聖母っぽいと思えます。これも原子力時代の作品ですが、物質が分解されていく過程、その原子のような球体と円錐の動的な感覚は、量子物理学と原子物理学に関心が深くなった彼の新たな精神性の開示です。最高速度の意図がブリリアントに訴えかけてきました。球体をモティーフにした画家は過去にいますが、円錐を自身のテーマとしたのは新鮮。




これらの他にも〈見えない人〉シリーズも有りましたし、『アンダルシアの犬』も上映されてました。ダリの彫刻やデザインしたシンプルで豪華なジュエリーも展示されており、絵に穴が開くほど凝視して疲れた目の休息にも良かったです

勿論展覧会に行ったら買わなきゃモヤモヤしてしまう図録もしっかり購入いたしました。造本もしっかりしていて装丁もインパクトがあるのでグッジョブです。また、ダリがデザインしたらしきピタゴラスイッチ的な巨大ガチャガチャも有りましたが、レジで「ダリ紙幣」を購入すること、あの巨大な装置を回すのに注目されてしまうことを鑑みて、紳士に自主辞退しておきました^ ^。



スポンサーサイト
.10 2016 【本:言語芸術】 comment1 trackback0

多和田葉子 『尼僧とキューピッドの弓』



201602122142225e0.jpg



一読してハッとしてしまった。小説の構造的にも多和田葉子という作家のアビリティーの豊富さにも。とは云うものの、プロットはいささか勘違いしがちなだけで煩瑣ではない。本書は二部だてで一部は作家である「私」が、二部では一部で語られた元尼僧院長の独白のようなものなのだが、一部が作家の語りである上、二部の導入部に登場する一部の作家と彼女が読む本の表現形式が一致してしまうから同一人物語りと混同してしまいがちなのでしょう。

この二部に登場する本というのが元尼僧院長が書いた独白ないし手記なのだが、これを「私」が本屋で手にして読むのであるが、読んでいる最中の「私」の思弁や感情の描写と手記が始まる境界線が皆無だから、というか意図的に消されているから心しておかないと作家自身の人生の回想のように思えてしまう。後にも記すがその文章の美的感覚やハイセンスな言語感覚に、隠す必要もないのだが驚きを隠せない。

そもそも「私」はドイツの修道院に取材と称して赴くのだが、そこで元尼僧院長が駆け落ちした、という話を知ることになる。この元尼僧院長が二部に登場する本の作者なのだが、尼僧が駆け落ちすることに違和感を覚えるには僕だけじゃないだろう。厳格な戒律に禁欲的で清廉、白すぎるほどの純白のイメージを持っていたものだがそれは旧弊なのだろうか、ほんしょで描かれる尼僧は噂好きでギクシャクした人間関係、厭世的のかけらは微塵もなく、女子校の学生といえば正鵠を射る形容だろう。まるで多和田葉子自身の実体験のような、あるいは修道院というマテリアルが蠱惑的に映り扱いたかったかのように、著者の活性が存分に発揮され修道院のディスハーモニーを見事に描いて魅せてくれる。

それらの語られ方も卓越しており、漢字とドイツ語のルビを使った言語遊戯的な仕掛けも彼女ならではじゃないだろうか。「キューピッド」と「弓」も一例になるでしょう。ナボコフバリ、というと大それているかもしれないが、現代日本文学でも一等抜きん出ているのではないかと個人的には思う。多和田葉子はドイツ在住でドイツ語と日本語で書く作家である。それもあっての遊戯であるだろうし、文章が整然とした端正な、趣を異にするが村上春樹のように翻訳調なのがアトラクティヴだった。

もう一つ忘れてはいけないのが主題である。上に記した内容だけなら上質なエンターテイメントのようにも映ってしまうかもしれないが、そこに哲学的な〈選択〉という問題があるのだ。本作の終盤部分に差し掛かると随所にこの〈選択〉が顔を出す。作中「私」が哲学の講義で「個人に本当に選択の自由があるのかという問題です」という事を自問しげいることを明かすが、それを皮切りに、

「何語を母国語にするのか、どんな町に生まれるか、どういう名前になるのか、本人は何ひとつ決められないというだけでもう、わたしの一生はわたし自身のものではなかった。」

「これはわたしが決めたことではないかもしれないけれど、やっぱりわたしがきめたことなのだ。」

といった〈選択〉に関するセンテンスが登場してくる。元尼僧院長の駆け落ちも原因を知るとそれに付随するものだと解ってくる。そして結末を知るとその問題に対する解答のようなものも提示され、その書かれ方に冒頭にあるいうにハッとさせられたのだ。どのような締め括りかは勿論書かないが、実際に矢は放たれなかったけど本質的には放たれた、というところでしょうか。それも〈キューピッド〉の〈矢〉ではなく〈弓道〉の〈矢〉の方だけれども。



ブログランキング参加中です → にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ




.12 2016 【本:言語芸術】 comment2 trackback0

村上春樹 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

20160108212944003.jpg



誰しも人生を振り返ってみると、少なからず悔やみきれない何かを抱えていることと思う。「あの時こうしていれば…」「あのときの…何々しなければいけない」等々、後悔したまま今を生きていることもあるのではないでしょうか。少なくとも僕はそういったものを抱えているし、解決し難い過去も幾つかあったりもする(そんなものはない、と言い切れる人は自分の感情に誠実なのだろう)。本書の主人公である多崎つくるもそのような過去を抱えていて(それもパックリと痛々しい傷痕が残ったまんま)、数十年ぶりに問題と向き合い憑き物を落としていく。タイトルの「巡礼(ピルグリム)」は正にそれなのである。『色彩~』は作中の人物の

「記憶をどこかにうまく隠せたとしても、深いところにしっかり沈めたとしても、

 それがもたらした歴史を消すことはできない」

というセンテンスで始まり終わる、という小説なのです。

そのピルグリムで彼が何を知りたいのかというと、彼が高校時代の蜜月を過ごした四人の親友から唐突に絶縁勧告をされてしまう。その理由も何も聞かされないままに。その胸のつっかえを取りたいが為、彼が好意を抱く木本沙羅という人物の助言を得て4人に会いに行くのだが、なんと16年後の巡礼なのである。当時は自殺にまで思い至ったにもかかわらず。しかし彼はそういう人物、心優しく他人を尊重しすぎるが為ここまで何もできずに来てしまったのだろうが、僕はこの人物を好意的に受け止められた。というか共感してしまった(客観性に靄がかかるのであまりしたくないのだけども)。

個人的な読書に対する姿勢から僕は登場人物に自分を投影することがほとんどないし正直いって苦手である。だけどつくるくんは同年代であったり過去にがんじがらめになっていたりする点において、捨て置けないものを感じてしまったのだ。親友の四人の名前には色がついているのに、自分だけ無色だなんて思うのは確実にA型だろうなという気もすることだし。だから、彼が訣別の真相を知ったりピルグリムの際の再会には、サスペンスでもないのに手に汗握る自分がいた。随分と内省的で幾分感傷的であるにせよ。少なくとも稀少な読み方が体験できたというだけでも印象に残る小説となりました。喪失と再生のテーマの筆致、いささか気に入らない点を除かなくとも、及第点は悠然と越えてみせてくれていることだし。

ピルグリムとは直接関係はないけど最後まであかされない沙羅との仲は気になるところ。しかし読後考えてみると自分なりの答えが出ました。ハッピーエンドです。結ばれます。なぜなら、仮に結ばれないとすれば、彼の巡礼は全くの無へと帰してしまいます。自己を取り戻す為のピルグリムなのに、取り戻した矢先、「どんな事情があろうと手に入れるべき彼女」を失ってしまっては何のために存在する小説なのかわからないし、今度こそ確実に自殺にいたってしまうでしょう。そうなると、本当はどうしようもなく厭なホラーだった、というオチになっちゃいますよね。なによりつくるくんが不安を押さえきれずに夜中の四時に沙羅を電話で叩き起こした際、彼女は何と言ったか思い出してください。それはつくるくんが何を言わずとも沙羅が彼の心情を慮り、さらには彼女の心からの言葉のはずです。それはこうでした。

「安心してゆっくり眠りなさい」

とても優しく温もりのある子守唄。作中で鳴るリストの『巡礼の年』(個人的にはベルマンよりブレンデルの演奏の方が好みです。第一ベルマンの演奏を耳にしたことがないのだけれど)に劣らず心地よいメロディー。つくるくんはやっと手にしなきゃいけないものを手にいれたことでしょう。この小説も作者も素敵だと思うよ。




参加中 →  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


.08 2016 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

横溝正史 『本陣殺人事件』

本陣殺人事件


一柳家の当主賢蔵の婚礼をおえた深夜、人びとは、恐ろしい人の悲鳴と琴の音を聞いた。離れの座敷の新床の上に、血まみれになって倒れた新郎新婦。その枕元には、家宝の名琴「おしどり」と三本指の血痕の残る金屏風があった。・・・・・・宿場本陣の旧家に起こった、雪の夜の惨劇を描いて、密室トリックに挑戦する表題作ほか、『車井戸はなぜ軋る』『黒猫亭事件』の二編を併せ収める。  (BY BOOKデータベース 角川文庫)


金田一耕介が初めてお目見えした作品が本書『本陣殺人事件』である。残念ながらものすごくおもしろいしトリックも明かされて初めて知る本格そのものの驚きをくれるのである。前文の残念というのは、今まで読んでこなかったこと自分に対しての残念である^^。もちろん貪るように一気に読んだ。

本書には「本陣殺人事件」「車井戸はなぜ軋る」「黒猫亭事件」の三作が収められている。もちろんどれもこれも金田一耕介は登場する。ぼろぼろの着物にヨレヨレの袴、あげくに頭の上で雀の巣を飼っているようなもじゃもじゃの髪の毛。それが何食わぬ顔をしてひょうひょうと登場するのだが、その容姿に関わらず彼があっけらかんと登場する時のあのシビレル感じがたらない。そこから突然驚く姿やどもったりもじゃもじゃ頭を掻き乱したりととても起伏と動きがあり、クールで衒学的な探偵よりも愛着を持ってしまう。このもっさりとした探偵が多くの人に愛されるのがよーくわかった。他にも本書には探偵小説には「密室殺人」「一人二役」「顔のない死体」の三つのテーマが存在することや密室とは?という提示をし正史論を展開するという、正史のエクリチュールに関する記述も見受けられて本格という大まかな骨組みを教えてくれる。それに加えて本書を読んでいるだけで本格の指南書としても役に立つくらでA.A.ミルン『赤い家の秘密』ルブラン『黄色の家』カー『帽子蒐集狂の秘密』ダイン『カナリア殺人事件』スカーレット『エンジェル家の殺人』。などの作品から江戸川乱歩、小酒井不木、甲賀三郎、木下宇陀児、木々高太郎、海野十三、小栗虫太郎、エラリー・クイーン、クロフツ、クリスチーなど層々たる面々の名がお目見えし、脳内読むべきリストがガーンと跳ね上がってしまったのだった。








以下↓ネタバレ気味なのでご了承ください^^








まず「本陣殺人事件」であるが、物語の語りは作者が人伝いに聞いた話を纏めたという形式をとっている。一柳という一族の屋敷での密室殺人である。と初めはおもったがなんのその。まったくもって騙されてしまう。というか大概が騙されるハズである。誰もが三つ指の男の仕業かと思うのだが、ああいう結末なのである。少し僕の創造力と理解力の不足で屏風に刀を繋いでシュシューとやる機械トリックがイマイチ頭で描ききれなかったが、その道筋と風采に似合わない華麗なトリック崩しには大いに驚きと感嘆に値する。作中に怪奇も含まれるがこれはミスディレクションとしてとても重要であるし、死角なし。

「黒猫亭殺人事件」はDNA鑑定が跋扈する現代では滅んでしまった<顔のない死体>がテーマで、「一人二役」を用いたトリックであった。が、正史はここまで提示しておいて読者の裏をかくのである。なんと人を食ったかのような確信犯!って本格だから当たり前か^^。「一人二役」と同時に畳に血が残されていた事、なぜ黒猫が葬られていたのかが謎を解くカギとなっていて伏線は二転三転と張られているのである。この決して長くはない作品にこれだけ惜しげもなく挑戦を挑んでくる正史の楽しんでいる姿が目に浮かんでくるようだ。









ネタバレ終了^^








僕の中の正史プレリュードはやっとこさ終わりを告げたようだ。作品の好き嫌いは別にしてもこの作品のスゴさがわからない人は、そもそも本格の持つ閃きの魅力を理解できまい!とまで言い切ってしまえるほどの傑作だった。もし僕のように横溝を知らない方がいたならばスグに読むべきだ。胸を張ってオススメできる。だって、横溝を通過してない者にとって、横溝とは斬新と本格そのものであるからだ!



4.6 なむなむ!



↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.07 2011 【本:言語芸術】 comment2 trackback0

エドマンド・クリスピン 『愛は血を流して横たわる』

愛は血を流して横たわる


スタンフォード校長は頭をかかえていた。化学実験室からの盗難、終業式の演劇に出演する女生徒の失踪に続き、教師二人が射殺されたのだ。校長は、来賓として訪れていた名探偵フェン教授に助力を求める。犯行現場に赴き、鋭い推理を披露するフェンだが、翌日村はずれの田舎家でまたもや殺人が…。J・D・カーに私淑しミステリをものした才人による、黄金期の香気漂う英国探偵小説。    (BY BOOKデータベース 創元推理文庫)

本が好き!』からの献本です。感想期日ギリギリだぁ~~^^;;;

40過ぎのすらりと背の高い男ヒゲの先がピンと立っている男。それが本書の謎解き役であるアマチュア探偵・ジャーヴァス・フェン。知人が校長を務める学校に訪れていたフェンがその学校で起きた殺人事件の捜査を始めるのである。この探偵はもちろん初めて本書で僕は出会ったので、人物造詣や推理の冴えなんかを楽しみに拝読させてもらったのだが、これがなかなかいい味を出しているのである。

読み始めはなんだか牧歌的な学園風景の描写ばかりで探偵小説としての緊迫感は感じなかったのだが、これが後も長い間継続される。というかこの牧歌的な雰囲気と犯罪捜査の緊迫感の折り合いが上手いから読み終わってもちょっと不思議。牧歌的過ぎて拍子抜けすることもなく、かといって犯罪を扱ったもの特有の重さや暗さみたいなものも荷にならないのである。それは情景描写の書き方にもあるだろうが、このアマチュア探偵に寄る所が大きい。この探偵が犯人探しすることで、探偵小説と共にファルス小説としても両立させていて、どこかで笑ってしまうだろう。特に犯人とのカーチェイスの部分でのフェンの不甲斐なさときたら、人間くさくていいじゃないか。例外なくこの探偵も頭は冴えているのだが、どの人間でも持っている人間らしい得手不得手がチラリズムで魅せてくるのだから愛着が湧かないわけがない。なぜ作者がアマチュア探偵にしたのかここらへんから垣間見えてきた気がする。

作者はディクスン・カーに私淑し小説を書いたらしいが、カーの影響というものはあまり感じなかった。むしろカーの陰鬱でドヨ~ンとした雰囲気とは真逆の笑劇的な殺人喜劇なのである。だが探偵小説として、謎解きの読み物としては同じくらいエレガントだし、英国の探偵小説の色香漂う上品さもやっぱり感じる。クリスチアナ・ブランドとかジェイムズとか、英国の気品にはやはり歴史と重みが他の国とは違うものを感じる。のは個人的に英国推理小説を好んでいるからなのかな^^。

本書のタイトルからはなんだかロマンスとか殺人の画が浮かんでしまいそうだが、全く裏切られるだろう。僕の中ではいい意味で裏切られた。そして、この〔愛は血を流して横たわる〕が〔ラヴ〕という人物にかかっていたりもしていて、意識して読むと何かを発見できるかも知れない。ん~と、、、、、〔クリスピン〕とかね(笑)


3.8 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.03 2011 【本:言語芸術】 comment4 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。