スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

アラン・シリトー 『土曜の夜と日曜の朝』

土曜の夜と日曜の朝


「人生はきびしい、へこたれるもんか」自転車工場の若い工員アーサーは、父親から上司、政治家に至るまで権力と名が付くものが大嫌い。浴びるように酒を飲み、人妻を誘惑し、気に入らないヤツに喧嘩を売る日々を送っている・・・・・・・・。“悪漢物語”の形式を借りて労働者の青春を生き生きと描き、第二次世界大戦後のイギリス文学界にショックを与えたシリトーのデビュー作。   (1979.12.25   新潮文庫)


シリトーというとまずは『長距離走者の孤独』のような気がしますが(苦笑)、デビュー作ということで『土曜の夜と日曜の朝』をまずは読むことにしましたー^^

イギリスというとカースト制度のように明確な階級制度はなけれど、伝統的なというか習慣的な(?)階級の線引きはそれなりに出ている社会である。貴族階級、中産階級、労働者階級を扱った小説も多々あるが、本書の著者は労働者階級出身のシリトーが書いた労働者階級の生活を描いた本なのだ。ピカレスク(悪漢物語)の形式で書かれているが、主人公のアーサーは犯罪者というわけでもない。むしろ逆にちゃんと仕事もこなすしやるべきことはやってる20代の若者なのである。だが、アーサーは若者特有のフラストレーションをかかえており、政府、上司、父親など権力という名のつくものはすべて嫌っていて、社会批判的、諷刺的性格を抱えた小説として描かれている。

月曜から金曜まで肉体を酷使しそれで得た賃金を金曜の夜飲み屋で散財、人妻を誑かし気に入らないやつには喧嘩を吹っかける。こういう労働者の日常の描写がいかにも英国の匂いを漂わせているが、作家が労働階級出身であり内容も労働階級の生活を描いているとことでなかなか例がない作品だろう。英国の伝統ある気品漂う雰囲気を持つ作品も好んで読むが、本書のようなバックストリートを描いて醸しだす英国の雰囲気もまた英国らしくて好きだ。こういう作品は一様に荒んだ空気が色濃いが、それはアーサーのような人物が根っからの悪漢だからではなく、労働階級の社会への不満や政府の欺瞞、そういう想いの反動の振る舞いが荒みを色濃くさせている実にアナーキーな作品。どの時代でも社会というものが形成されている限り抱えてしまう問題であり、時事的なもの以外はいつまでたっても色褪せることがない内容である。若者の振る舞いは違えど社会に対して抱く不信感は英国でも日本でも同じなようだった。

また本書は二部構成となっており、一部は「土曜の夜」で二部が「日曜日の朝」となっている。タイトルに沿うような章のタイトルとなっているが、このタイトルの付け方は秀逸でセンスがよい。この一部と二部が何を対比したり土曜と日曜でどう描いているのかを読み比べてみても面白く読めるだろう。

だが、別段ピカレスク小説として読む必要はない。主人公アーサーはそれなりに荒れた生活をしてはいるが、仕事もちゃんとし身だしなみ(衣服)には飲み代以上のお金をかけるし、子供には優しいし、母親おもいでもある。気に食わない人物への振る舞いは悪いが、どこか憎めない人物像となっている。もしかしたら読書上手な方はキャラ読みすらできるんじゃないかと思えるほどキャラが立っている(笑)のでそういう読み方もできるかも知れない。




3.7 なむなむ!



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
.03 2011 【本:ヒューマンドラマ】 comment0 trackback0

ジョン・ハート 『川は静かに流れ』

川は静かに流れ


「僕という人間を形作った出来事は、すべてその川の近くで起こった。川が見える場所で母を失い、川のほとりで恋に落ちた。父に家から追い出された日の、川のにおいすら覚えている」殺人の濡れ衣を着せられ故郷を追われたアダム。苦境に陥った親友のために数年ぶりに川辺の町に戻ったが、待ち受けていたのは自分を勘当した父、不機嫌な昔の恋人、そして新たなる殺人事件だった。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作。   (BY BOOKデータベース ハヤカワ文庫)


昨年のランキングでも『ラスト・チャイルド』がランク本を賑わせたジョン・ハートだが、一作目の『キングの死』からして話題の作品だった。そして二作目にあたる本書もまた評価の高い作品だったので気にはなっていた。そんな中お仲間さんのブログで紹介されていて、直後に黄色いお店で発見したので買う運びとなり、昨日のYさんの記事に触発されて早々に読んでみた(笑)ちなみに読み始めたのは数時間前で、今読み終わってるということは文字通り一気読みだった。


ミステリランキングなどで名前をよく目にしたのだが、ミステリというよりかは作者が言ったとおり〔家族の物語〕というほうが適切だろう。主人公はアダム・チェイスで過去に罪をかぶせられそうになり無罪を勝ち取ったが、それによって失われたものも多くならざる終えなかった。無罪から街を出て5年後アダムは故郷に帰ってくるのだが、5年の月日は様々なものを変貌させていて、アダムの居場所はないかに思われたが、帰郷後すぐにタイミングよく暴行や殺人などが起こってアダムは嫌がおうにも巻き込まれていく。しかし、それはミステリとしての側面であり、この主軸を起点にしてアダムの家族や恋人や友人との崩壊と再生の物語が堪能できるのだ。

言ってみればアダムという主人公はモノクロ写真しか胸中に持たにまま故郷に帰ってきたのである。しかし、現実はカラーであり時間ごとにカラー写真は更新されていき一枚一枚を複写すると映像になる感じなのだ。だが、アダムのはモノクロ写真で止まったまま故郷の現風景に追いついてしまったのだから、何も上手くいくハズはないのだ。だが、アダムはもがいて再生しようとするのである。自分の大切な家族や恋人や友人たちとの。そして過去との決着、現在との決着。父や母や継母や兄弟や恋人、それらが始めに語られた関係がどうなってゆくのか、予想できる箇所も多いが、それでもその場面を読むまで捲る手を止めることはできなかった。感動を呼び起こすわけでもなく、ハッピーエンドというわけでもない。それなのに、読了後は川が静かに流れるように余韻も静かに流れ続けてくれている。

アメリカの牧歌的な田園風景に流れる一筋の川は視覚的に印象深く、作品の中で蠱惑的なシーンを演出している。その牧歌的だが閉鎖的なコミュニティでの恐ろしい予感なるものはTHE・アメリカ的である。ハッピーエンドとはいかないが、決してミステリとして甘いわけでもない。まぁ伏線があからさまだったり、意中の人物がわかってしまったりもするのだが、少なくとも犯人という点で僕はミスリードされてしまっていた。もしかしたら作者のミスディレクションの上手いのではなく、僕が単純なのかも知れない(苦笑)


だが、本書ではそれでいいと思う。だって僕はこれだけ集中して一気に読んでしまって、犯人を推理する暇なんてなかったのだから。バラバラに散らばった欠片を拾い集める過程を堪能させてもらったのだから^^



4.1 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.09 2011 【本:ヒューマンドラマ】 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。