スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

瀬名秀明 『デカルトの密室』

201601182238046c5.jpg



ミステリタッチのSF であったが、なかなか手懐けるのが難しい小説だった。何も難解というだけではなく、この本自体が容易く読むことを拒んでいるのだ。タイトルからして哲学的な香りがするが、仄かに香るどころかデカルトの『方法序説』が香水つけすぎなマダム並みの匂いを始終放ってくる。それだけでも手強いが、その他にも「チューリングテスト」「フレーム問題」「中国人の部屋」「デカルト劇場」「ウェイソンテスト」等の言葉で溢れ返ってもいる。これだけでSF 好きでない読者は踵を返しそうだが、安心してください。は、、、ハッキリとこれらの説明は作中でなされているのでしっかり作品と対峙すればなんてことはないでしょう。

それよりも問題は『方法序説』からくる哲学的、形而上的なテーマの方。テーマはとてもシンプルに「人間と機械の違いは何か」であり、ロボット工学の研究者・ユウスケと恋人で心理学者のレナ、そしてユウスケが造り出したヒューマノイド・ケンイチを軸に、ロボット(AI)に知能は、つまり人間以外に自我はあるのか?あるのであればその差異は?ということを考察している。が、これが厄介で作者のペダントリー溢れる内容と筆致が、論理的で難解さを助長してしまい、飛び交う会話が右から左へと留まることを知らなくなっちゃう。僕自信も作者のイメージを共有できてない部分があるなと感じて無念さも感じてしまった。

そしてもう一つ、どうにかならなかったのかな、と思う箇所が語りにある。冒頭から読み進めて直ぐにおやっ?っと思い、これは誰が語っているのだろうかと分からなくなってしまう。なぜなら本書の語りには「僕」の視点が多用されるのだが、この「僕」というのが、ユウスケでありケンイチでもあり、はたまた誰それでもあるのだから。それら複数の「僕」の視点がなんの前触れもなく入れ替わり、読者はその度に物語を見直す必要に迫られてしまう。加えて一人称も三人称もあり、読みにくいこと甚だしい。また、これら複数の視点のためにプロット自体が不必要に複雑になってしまった嫌いがあり、魅力的な内容であったからこそ残念に思う。

しかし、この「僕」視点が入り交じる叙述の、作者の意図は汲み取れる。本書のエッセンスは「人とロボットの違い」や「自我」にあるのであるから、ユウスケとケンイチの語りの境目を「僕」で統一することで、どちらが製作者(ユウスケ)とそのプログラム(ケンイチ)の自我なのか不明瞭にし、渾然一体としている様子を表現したかったのだろう。その気概は買うが作家さんの自己満足だけでは読者は付いていけないことを考えてくれないといけない。内容的には、SF 的にもミステリ的にも(なぜロボットは人を殺すのかというホワイダニット)魅力的なだけに口惜しい。

ロボット(AI )も作中に名の登場する名作SF 作品群と比べると毛色が違っている。だが、それはとても良い面だと思う。とてもナイーヴで感傷的なケンイチ。もしかしたらこれがヒューマノイドらしくない描けてない、ただの人間にしか映らない、と言われる理由なのだろうが、人間にしか映らないのはそれこそ読者が固定概念から脱け出せず想像力を開放できないだけな気がする。騙されることもまた読者の一つの才能ではないだろうか。僕は作者の掌にのってやろうと思っていつも読む。それにこんなロボットらしくないロボットがいてもいいじゃない。人もロボットも自我も読者も小説もただただ自由なのだし、SF は想像力の文学なのだから。





ブログランキング参加中です → にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


スポンサーサイト
.18 2016 【本:サイエンス/フィクション】 comment4 trackback0

藤井太洋 『Gene Mapper -full build-』

2016010323163413d.jpg




舞台は2037年の近未来。インターネットが崩壊し代替としてトゥルーネットという新たなネットワークが発達し、コミュニケーションの大半を拡張現実(AR)でとっている。世界の人口は120億を突破。故に食料は完全有機農法で作る蒸留作物が占めているのだが、完璧であるはずの蒸留作物に問題異が発生してしまう。遺伝子工学が花形職業の世界で、その遺伝子設計に関わった遺伝子デザイナー(ジーン・マッパー)の主人公は、遺伝子崩壊なのかそれとも別に原因があるのかを探るため奔走する。

設定されている年月からも想像できる通り比較的すぐそこにある未来が描かれていて、現在の延長上の世界といっても差し支えないでしょう。新しい技術的概念があったりいささかSF的ガジェットが進んでいるかな、というくらいで、今生きる我々の世界にもそれらの萌芽はすでに出ている。しかし逆説的に言うならば、平和ボケしていない読者にとって恐怖感を思い出させる部分でもある。何故なら作中は現在と地続きとしてあり、作中の問題は作中だけのものだけではない、という想像力が働いてしまうから。小説でありながら当事者感覚で読んでしまう、作者がそれを狙い撃ちしたのであれば、デビュー作としてはしっかりと的を得たのでは。

作者はどうやら9.11の事故によって外側の人間から内側は見えず、一部の者によって隠蔽されているということに危機感を感じ、フィクションという形に己の思考を落としたようだ。だから、作中でも主人公たちは巨大な権力の想うままにさせず、世間へそこにある危機を知らせようとした。動機として納得のいくもので、彼の想いはちゃんと作中に活きている。そういった部分でも良い小説だ。扱うテーマも技術の暴走であったり、扱う者の倫理観、社会風刺、テロリズム、テクノロジーの二面性、など一考すべき事柄が多く、ただSFしてみましたという域ではないのも嬉しい。

また、ストーリーも展開もスピードがあって読了に時間を要しない。スリリングだといっても大袈裟ではないくらい。惜しむらくは人物造形の割に人物が生きていないこと。主人公が受動的すぎるし、他の主要人物たちも、俳優でいうところの棒読み、といった印象が拭えない。ARも、作者は理解して書いているがそれが読者にはイマイチ仕組みが伝わってこないのも残念だ。

しかし彼はこれがデビュー作なのだ。ここまで書けたら立派だと思うし、後の著作の反響をみれば飛躍しているのだろうなとも感じる。なんといっても彼の出身地は個人的に所縁があるので、粗の一つや二つあったって肩を持ってあげたい気もする。時には小説の評価に私情を絡めても許されるよね。


.03 2016 【本:サイエンス/フィクション】 comment0 trackback0

クリストファー・プリースト 『逆転世界』  訳 : 安田均

逆転世界


「地球市」と呼ばれるその世界は、全長1500フィート、七層から成る要塞のごとき都市だった。しかも年に36.5マイルずつレール上を進む可動式都市である。そんな閉鎖空間に生まれ育った主人公ヘルワードは、成人を迎えた日に初めて都市の外へ出ることを許された。だがそこで彼が見たのは…月も太陽もいびつに歪んだ異常な光景だった。英国SF協会賞に輝く、鬼才の最高傑作。    (1996.5.24  創元SF文庫)


ここ最近のプリーストの作品『双生児』『奇術師』(映画『プレステージ』)の感想なんかを読んでいると、幻想色が強い作家さんなのかなーと思いきや、本書はガチガチのSFだった。SF熱が沸点に達している今、こういうSFらしいSF作品を読めると嬉しいが、この作者は英国の作家である。SFはもちろんミステリにおいても英国作家の一筋縄ではいかない作風が大好きだ。しかも本書はまさにそういった点においてどんぴしゃで、SF的なパラダイムを打ち壊すかのような奇抜な作品だったのである。

荒廃した土地に一つの巨大可動建造物がある。その中には人々が住み節度あるコミュニティが形成され、特に不自由ない暮らしをしている。だが、この巨大建築物は〔可動式〕であり、荒廃した土地を移動できるようになっているのである。それはなぜかというと、いつもその建築物の数マイル先に〔最適線〕という基準線があり、その戦に着かず離れず着いてゆかねばならない。これはそうしなければならないとギルドによって昔から受け継がれてきた至上命題なのである。

主人公ヘルワード・マンも成人してギルドに入るまでは、建築物の外に出たことはなく、閉鎖的な都市内で教えられてきた事象以外何もしらない。なので、「なぜ最適線に向かって進まねばならないのか?そもそも最適線ってのは何の為にあるのか?」すら知らない。最適線に向かって都市を進めるため、〔牽引ギルド〕があったり〔未来測量ギルド〕があったりするのだが、主人公も読者も始めにドーンと提示された退廃的な世界にある巨大建築物に不可解で謎な点が多すぎてなにがなんだかわからなくなってしまうのだ。「この世界はどうなってるんだ?」という風に。

主人公と読者は同じ事象しか知らされないので、主人公とともにこの世界の事柄を少しずつ知ってゆくことになる。だがこれが謎へのヒントが一つ一つ提示されてゆくような、ちょっとしたミステリ的構造を持った流れとなっているので、SFとともにミステリ的仕掛けも楽しめてしまうのだから面白い。この謎に対する結末だが、これはエリザベスが○○から来たという説明があったとき、勘ぐってたものが確証へと変わったのでミステリ的しかけは自力で解けてしまった。だが、先日読んだレムの『ソラリスの陽のもとに』のテーマも一種の同系統作品だと思うのだが、○○の変革のテーマ(←未読の方の為に一応伏せておく)には良質な作品が多い気がする。そりゃそうだろう、既存の○○をぶち壊してしまうような思考実験~立証とは、アインシュタインもダーウィンもニュートンもそこを疑問視し覆したからこそ名前が残っているんだから。このテーマを扱った作品はSFだけでなくてもチェックしてゆかねばならない。

だが、本書は○○の変革というアイディアだけでここまでSF然するわけないと思ったのだが、あとがきにあるように本書にはとてもアイディアが詰まっているのだ。都市外の世界にある歪みはアインシュタインの相対性理論だし、事象の地平線はいわずもがな。科学に対する作者の敬意が感じられる上に、少しあっけなく真相が明かされるとはいえ語りも上手い。なによりこの軸のアイディアにはミステリ的しかけよりもやられた感が大きい。あまりにも見事だ。

こう考えたことはないだろうか?自分が見ている空の〔青色〕という色は、絶対に他人が見てる〔青色〕と同じなのだろうか?と。もしかしたら他人がいう〔青色〕というのは、実は自分がいう〔赤色〕に見えてて、それをただ〔青色〕という認識でもって表現してるだけかも知れない。僕の〔黄色〕はある人には自分的の中での〔白色〕のことで、ある人が〔緑色〕といったものは、自分の中では〔茶色〕に見えてるものかもしれない、と。街にある木々に「緑がいっぱいで子持ちいいねー」と言っても、相手には茶色に見えてるかも・・・・・そう思うとぞっとするが、本書を読んだ方はそれとなくありえない話ではないと思ってもらえるのではないだろうか。




4.0 なむなむ!




↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.11 2011 【本:サイエンス/フィクション】 comment0 trackback0

スタニスワフ・レム 『ソラリスの陽のもとに』  訳 : 飯田規和

ソラリスの陽のもとに


菫色の靄におおわれ、たゆたう惑星ソラリスの海。意見なんの変哲もないこの海だったが、内部では数学的会話が交わされ、みずからの複雑な軌道を修正する能力さえもつ高等生物だった!人類とはあまりにも異質な知性。しかもこの海は、人類を嘲笑するように、つぎつぎ姿を変えては、新たな謎を提出してくる・・・・・思考する「海」と人類との奇妙な交渉を描き、宇宙における知性と認識の問題に肉迫する、東欧の巨匠の世界的傑作。   (BY 背表紙紹介文  1977.4.30  ハヤカワ文庫 刊)


最近「スタニスワフ・レム コレクション」として『ソラリス』『天の声・枯草熱』などが新訳でだされたが、積んでいたこのハヤカワSF版で読むことにした。というのも新訳の『ソラリス』は検閲で削除された部分が復元されたとはいえど、「直訳すればいいってもんじゃない」みたいな意見が多くあって、こちらの旧版のほうが作品としての出来が良いみたいなのでこちらでいいかなと(笑)

この作品の表向きのテーマを簡単に言うと、というかこういうしかないと思うのだが、これはファーストコンタクトものである。SFでは普遍的なテーマである未知との遭遇モノ。このテーマのものならSF好きでない人でも何作かパッと頭に浮かぶ作品があるのではないだろうか?しかし、なぜこの作品が今でも必ずといっていいほどSFランキングの上位に食い込んでくるのかということを考えると、これが単なるファーストコンタクトものではないと察するに易しい。

ファーストコンタクト=未知との遭遇と聞いてまず思い浮かぶのが異星人(宇宙人など)との接触だろう。そして、この異星人は「敵なのか?味方なのか?」というように、人類が勝つか、異星人が勝つか、共存かという紋切型の図式が考えられる。が、作者も言っているようにこれはあまりに単純に図式化されすぎているということ。かくいう僕も素直じゃないので「いつも宇宙人に勝ったり負けたりの争いばかりだな」と思ったものだが、レムはそのモチーフを発展させて、今でも斬新ととれる作品へと発展させてしまったのだ。予断だが、こういう考えをしていると、異星人を【難民】として扱った『第9地区』という映画は、斬新な観点で異星人を捉えたにも関わらず、最後には図式化された型にハマってしまったという点で、とてつもなくいい位置につけた作品だったんだなという想いが強くなる。

じゃあレムの何が凄かったのか?というと、根本から違ってて、まずは「未知なるもの」を【海】というものにしてしまったことだ。【海】は地球にもあるので誰でも知ってますが、それが凄いんです。だって未知なるもの=海=既知なんだから。未知が既知になるのが常だけど、これは既知が未知になるんだから、登場人物も読者もはじめは必ず混乱してしまう。また、未知との遭遇というよりもむしろ「謎」との遭遇といったほうが適切で、これは本好き嫌いに関わらず、好奇心旺盛な人間の大好物なんだから、この作品のテーマは素晴らしく斬新なんだと思う。

そしてこの惑星ソラリスに存在する得体の知れない【海】ってのは一体なんなのか?と登場人物たちも詮索し研究するのだけど、実は本書の内容はそれに終始されれるだけなのだ。話の流れはこの【海】の解明と【海】と関連するであろうハリーとケルビンのラヴロマンスだけなのだ。もしかしたら退屈な人にはとてつもなく波がなく味気もない作品に映るかも知れない。なにせ、大まかな筋はこの2点だけな上に、哲学的で心理的という形而上なことばかりなんだから。だが本書はそれが長所であり全てで、作者の思想が破裂しそうなくらい詰まっている。これが書かれた時代背景というのも否めないが、米SFへの回答としての東欧SFとして捉えても読んでも面白い。ただ人類は「謎」という魅力から逃れられないことを考慮すると、本書は本当にいつまでも色褪せることはないと言える謎に満ちたSFなのは間違いない。

また、本書が一層読みたくなったのは森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』が本書にインスパイアされて書かれたということもある。ペンギン~にも形や規模は違えど得体の知れない【球体の海】が重要なガジェットととして使われていた上に、ソラリスでのハリーという既知=未知に対する、ペンギン~でのペンギンという既知=未知。そしてラヴロマンスに対するあおやま君のほのかな恋物語。登美彦氏が何度となくソラリスを繰り返し読んだという、その影響がどう『ペンギンハイウェイ』に反映されていたのか深く理解できた。換骨奪胎というと言い過ぎかも知れないが、少なくとも相当な面でインスパイアされたのは間違いない。そこかしこに『ソラリス』の意思が横溢してたのだから。登美彦氏に多大な影響を与えてくれたという点だけでも、登美彦氏マニアな僕にとっては感謝すべき作品なのであった。ホントなむなむ!



4.3 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.05 2011 【本:サイエンス/フィクション】 comment0 trackback0

茂木健一郎 『あなたにもわかる相対性理論』

あなたにもわかる相対性理論


二十世紀最大の発見といわれるアインシュタインの相対性理論は、どこが真に革命的だったのか?お茶の間でも人気の科学者が、「時間の遅れ」「物体の縮み」など、相対性理論のポイントを踏まえてわかりやすく解説する。また、著者自身が人生において大きな影響を受けたアインシュタイン思想の核心を10の視点から捉えなおす。巻末には著者翻訳の相対性理論「第2論文」を全文掲載。E=mc2がいかに導き出されるのかを読み解く。    (BY BOOKデータベース  2009.10.02  PHPサイエンスワールド新書)


TVで観ない週はないというほどメディアにどんどん露出している脳科学者・茂木健一郎の著作である。「脳科学の茂木さんが相対性理論?」と思ってしまったが、まぁ科学という繋がりとまえがきを読むと著者が相対性理論(というかアインシュタイン)について述べたかった訳が理解できる。

話が変わるがやっぱりこの「PHPサイエンスワールド新書」というシリーズには一言物申したくなってしまう。以前読んで記事にした常石敬一『原発とプルトニウム』でも言及したように、この新書シリーズのタイトルの付け方には難がある。本書は『あなたにもわかる相対性理論』というタイトルで、相対性理論についても図解や絵などでわかり易く説明している箇所もあるが、本書の内容のほとんどは相対性理論の事というよりかは、「アインシュタインで見る茂木の哲学」みたいなものなのだ。よって、アインシュタインの背景や信念や功績などでほぼ埋められており、これだったら「アインシュタイン入門書」という風なタイトルがしっくりくる。本書がこの新書シリーズ一冊目なのだが、一冊目からしてこういうタイトルの付け方ということは、やはりずっと内容を勘違いしてしまうタイトルだろうから、これからこのPHPサイエンスワールド新書を読まれる方は、タイトルで釣られず少し内容を確認してから購入・読書をはじめたほうがいいかも知れない(苦笑)まぁ悪くばかり言うのもなんなので少しフォローしておくと、このシリーズのラインナップを見るとなかなかすごい面子が執筆していて面白そうな本がいくつもある。池内了、佐藤勝彦、川上紳一、瀬山士郎、日高敏隆、養老孟司などなどなかなかのラインナップでしょ?(笑)

話がそれてしまったので本題に入ると、先にも述べたように本書は相対性理論を詳しく説明した本というよりかは、アインシュタインがいかに凄かったかということを、幼少期にアインシュタインを崇拝し始めた茂木が熱く語っているというものだ。相対性理論についても判りやすい絵などで説明されてはいるが、相対性理論やアインシュタインの関連本に興味があって読んだことがある者なら、すでに心得てるような事象しか載ってないのであまり参考にはならない。しかし、巻末にアインシュタインの最も有名な公式であるE=mc2を導いた【第2論文】がすべて掲載されていて、今までの記述と格段にレベルが違ってくる(笑)これは物理学をしっかりやってる者じゃないと理解できないような数式のオンパレードなので、全くこの導きの理解はできなかった。が、この論文、論文にしてはものすごく短いのだ。この短い論文をもってしてE=mc2という人類史上最もシンプルで美しい公式を導き出したアインシュタインはやはりそれだけで偉大だというのは身に染みてわかった。

でも本書を読んでいるとアインシュタインの偉大さは世紀の大発見をしただけではないというのを感じれること。それは著者の茂木の筆力と言っても過言ではないだろう。まず茂木のアインシュタインに対する眼差しがものすごく熱く、茂木の出発点がアインシュタインであり、科学のあり方をアインシュタインで体現してところが理解しやすい。「アインシュタイン力」という10の項目にわけて「アインシュタインはこうだった、だからこんな偉大なことができた」など、さすが脳科学者だというようなシンプルな言葉だが、誰でも容易に理解できる筆運びをしている。アインシュタインにつてい学びたいと思う方への入門書としてなら本書は満点ではないだろうかと思えるほどである。

特にニュートンの「絶対空間」「絶対時間」というこれまでの科学の前提に置かれていたニュートン力学の難を、疑問に思い続けて「特殊相対性理論」を完成させたアインシュタインの思考の根源にあるものはすごい。権力や既存の絶対的な理論にさえ間違っていると思えば、疑問を抱き続け本当の答えを導き出してしまうその姿勢。そして、その導き出した「特殊相対性理論」でさえ光につていは応用でず、自分が導いた理論であるにも関わらずそれを広げて「一般相対性理論」を構築してしまう柔軟さ。アインシュタインは考え抜く剛の力と何事も柔らかく思考する柔の力を持ってたからこそ世紀の偉大な人物になり得たのだ。どこぞの誰かがアインシュタインの脳を取り出して後世の為に保存するというような突拍子もない考えを実行してしまったのも、なんだが気持ちだけは理解できる気がする。実際やっちゃうのはなんだかなぁという気分にはなるが(笑)

長くなっちゃったのでここで締めくくろうと思うが、「相対性理論を漠然ともわからない」とか「アインシュタインって一体全体何が偉大なの?」と思ってる人にとってものすごく糧になる本だと思う。逆に「アインシュタインにつていもっともっと深く知りたい!」という人にとっては、他にうってつけでディープな本があると思う。だが、本書を読むとアインシュタインの有名な舌を出して写っている写真のあの舌を出した理由、それが茂木健一郎の筆から感覚的ではあるがなんとなくポーズをとっているアインシュタインの姿が想像できてしまうから茂木健一郎の言いたかったこともよくわかる。


3.4 なむなむ!


※読書メモ : インフェルト、ガモフ、ハイゼンベルク、ポアンカレ、マッハ、ランダウ、佐藤勝彦、ロゲルギスト


↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.23 2011 【本:サイエンス/フィクション】 comment5 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。