スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

中山七里 『連続殺人鬼カエル男』

連続殺人鬼カエル男



口にフックをかけられ、マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに…。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?警察は犯人をとめることができるのか。   (2011.2.18  宝島社 刊)

第八回『このミステリーがすごい!』で大賞を獲った『さよなら、ドビュッシー』の著者・中山七里の作品であるが、この『連続殺人鬼カエル男』もまた第八回このミス!に応募した作品だ。しかも驚くなかれ!同じ著者の違う2作品が大賞候補まで残ったのは初めてなのである。より大衆受けするということで『さよなら、ドビュッシー』が受賞したようだが、全くタイプの異なる『連続殺人鬼カエル男』を読みたいという読者の声が多かったらしく、文庫で出版されるに至ったという。この経緯だけでも作者の新人離れした実力をうかがい知れるが、『連続殺人鬼カエル男』を読了後もそれは変わることがなかったと始めに述べておきたい。

タイトルの付け方や装丁のナイフを持って佇むカエルなどから、少しチープでユーモア炸裂ファルス満載の類かと思ってしまったがなんのその(一瞬バカミスかな?とも思った)。装丁買いしたらまず期待を裏切られてしまうような、残酷残虐暴力的極まりない内容となっている。それはのっけからその危ないテンションで、新聞配達人がマンションで口にフックを掛けられた女性の死体を発見するところから始まるから、ページを捲って早々に寒気がしてくるだろう。だがこれも単なる事件の一つにすぎず次々と無残な死体や暴力的で目を背けたくなる描写などが矢継ぎ早に繰り出されてくる。自分のモラルに大風呂敷を被されて盗まれそうな感覚に陥る感じすらした。

いくつか殺人があって死体の描写があるのだが、それが一つ一つなかなかにグロテスクでいちいち惨たらしい。これは作者の描写が酷さを文字へと抉り出すのが上手いからなんだろうが、圧巻はカエル男と○○○の格闘シーンである。ここが本書の最大の見所といってもいいくらい凄まじく壮絶な暴力劇が繰り広げられるから、読んでるこっちが痛くなってきても目をそむけるのはもったにない。○○○はこの前にも顔の形が変わるほどボコボコにやられてるのに作者も人が悪いなぁ(苦笑)サイコキラーものとしてホラーファンも受け入れられるほどのものはあったと思っている。

だが本書はミステリの賞を受賞しているのであるから、そこにも注目するとこれもまたなかなか優れているのだ。斬新な真相をガツンと読ませるというよりも、既存の手法を畳み掛けてくるようなミステリ的手法。煽りすぎな感もあるが帯にある「どんでん返しにつぐどんでん返し」というのもあながち否定できないほど、真相が二転三転するから新人らしからぬ構成力とアイディアを認めざる終えないだろう。この多重構造は感嘆だ。最後の1行のセリフにはここまで繋がっていたのかという驚きと、読者感情をもやもやで終わらせない配慮に頭が下がる。

タイトルにあるのでこのカエル男がサイコキラーだというのは察知してると思うが、ここに犯罪心理や音楽療法などいろんな要素がからんでくるが一番重要視したいのはなんといっても刑法39条のくだりだろう。39条1項は「心神薄弱者ノ行為ハコレヲ罰セズ」だと思うが、これがいろんなところに絡んで社会的要素も入ってくるのだ。だが個人的に注目したのは作者がさらっと述べた意見。「心神喪失は責任能力がないというが、そういう者が手をかけるのは老人や女性や子供ばかりであり、それは弱者という区別がついているからである」というような箇所。こういう思考をしたことがなかったのだが、確かに的をえてると思う。弱者しか手にかけないということは、女子供が男の自分よりも力のない弱者ということを判断できているということだ。それが意識的でも無意識であっても、その判断は自分の中で下せているということは、即ち殺人行為の有無も自己で判断できているのではないか?ということなのだ。大人になる過程で動物などへの残虐行為で殺傷する感覚に慣れたり麻痺しても、それが判断力の喪失になるんだろうか?他に心神薄弱についての解釈はあるのだろうし責任能力の有無も難しい問題だろうが、作者の意見には一理あると意見として心に残った。

またほかにも作者は「人一人を殺めた人間が心神喪失という理由だけで刑罰を免れるのはやはり間違っている。病気が治ってから改めて裁判を受けそしてしかるべき処罰を受けるべきだ。裁判を受けるのは権利であり、罰を与えられて罪を償うのも実は義務ではなく権利なのだ。三十九条という法律は患者を救うのではなく、患者からその権利を奪うものではないか、と。そういう考え方もあるのです」というような文章も披露していて、注目すべきはホラーやミステリとしてだけでなく、こういう発言にも鋭いものがあるなとも思う。

もちろん完璧な作品ではなくて、疑問に思ってしまう点もいくつかある。それがまず暴動の部分。確かに猟奇的殺人で市民がおののくのは理解できるが、殺人事件で「次は自分かも?」と思うだけであのような暴動に至る群集心理が果たして働くのだろうか?曲がりなりにも忍耐強いと評される日本である。暴動という行為にリアリティがないのではなくて、作者の暴動への契機や要因の薄さゆえにリアリティがない。もし暴動まで繋げるならば、もっと大それた考えられない引き金を作るべきで、読者に伝わらない集団心理は脆弱だったのではないだろうか。また、ナツオのくだりもこれじゃあミスリードされない。もう使われすぎてて推測できちゃうので気をつけていただきたい(笑)

少しだけ難点を挙げたが総じてこの作品に対する僕の評価は高い。ミステリとしてはもちろんサイコキラーものとしても。またなんといっても作者の諸問題に対する率直な意見にも好感を持てたのだ。また~ドビュッシーや~ラフマニノフを書いた著者らしさも少しだけある。この作品を読む暁にはベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番 『悲愴』。できることならアシュケナージの演奏のものをBGMにどうぞ。なんでかって?読めばわかるさ(笑)



4.2 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
.02 2011 【本:恐怖/戦慄】 comment12 trackback0

飴村行 『爛れた闇の帝国』

爛れた闇の帝国


高校2年生の正矢は生きる気力を失っていた。先輩でもあり不良の崎山が、23歳も年の離れた正矢の母親と付き合い出し、入り浸るようになったのだ。学校も退学し、昼間からぶらぶらと過ごす正矢に、小学生の頃から親友同士の晃一と絵美子は心配して励ましてくる。一方、独房に監禁された男が目を覚ました。一切の記憶を失い、自分が何者であるかもわからない。どうやら自分は大東亜戦争まっただ中の東南アジアで「大罪」を犯してしまったらしい。少しずつ記憶を取り戻す男だが、定期的に現れる謎の男によって拷問が始まった…。やがて、絶望の淵にいる正矢と男は、互いの夢の中に現れるようになった。しかし、二人の過去には恐るべき謎が隠されていた!日本推理作家協会賞受賞『粘膜蜥蜴』から1年半…満を持して放つ、驚愕のエンタテインメント。    (BY BOOKデータベース 角川書店)


角川書店の〔読者モニター〕に応募していただいた本がこの『爛れた闇の帝国』。発売前に関係者用へと配られる本だけあって、簡易製本のまま届きました。作家さんだもなんでもないので、装丁画もなく表紙も中身も白地に文字だけというのが逆に新鮮でちょっとした感動を覚えました(笑)ちなみに〔読者モニター〕に僕の簡単な感想、そしてお仲間さんお二人の感想も載ってます^^


結論から言うとというか、これは結論から言ってしまおう。粘膜シリーズを読んだことある読者もそうでないファーストコンタクトの読者も、読了後やられた!と思ってしまうだろう。グロが嫌いな方はどうにもこうにも読めないだろうが(^^;)、グロとミステリが文字通り進化を遂げたのが明らかに判るほどの完成度を誇っているのである。

『闇に囚われし者』と『闇に怯えし者』という二つの筋が交互にかたられてゆくのだが、『闇に囚われし者』は戦時に独房に放り込まれ拷問を受ける文字通り囚われし者の話。『闇に怯えし者』の方は高校生の正矢だが、母親が同じ年頃の不良と付き合って毎日家で行為をするのだから想像するだけでたまったもんじゃない(苦笑)だが、この闇に怯えるというのは不良に対してだけでなく、夢に対してもそうなのだが、あまり核心には触れないでおこうと思う^^。

この二つの話がだんだんリンクしてゆくのは読んでてわかってくるのだが、この時代錯誤な両ストーリーがピッタリ交わったときの爽快感はなかなかのものだ。内容はグロテスクなので爽快感など皆無なのだが、このミステリ的手法の部分だけは爽快なのだからその上手さが伝わってくれてると思う(笑)

論理も道徳もとっぱらった世界観は従来通りのグロテスクとエロスで間違いないので、飴村行のその部分を好んでいる方はそれだけで読む価値アリ。だが、問題はミステリ部分なのだ。今までもグロ色の濃いホラーミステリとして印象づけられていた作者だが、今回はミステリ部分が飛躍的にレベルアップしたと個人的には思わずにはいられなったのだ。〔○○の○○を撮っている〕や〔○○の○○だったら良かったのにね〕という印象的だった言葉。どこかで使われるであろうと気付く伏線も少々あるが、キッチリと綺麗なミステリとして伏線をはり回収している。飴村行ってこんなにミステリしてたっけ?と思ったのは飴村作品を二冊しか読んでない僕だけの感想なのだろうか。。。たぶん違うだろう。ミステリ読みの方でも賛辞を送れるほどのクオリティだと思いたい。

ラストの終わり方もまたゾッとしてよろしいのだ。「ぎゃぁああ!そんなーーー」な感じで幕が下りちゃう(笑)ホラーミステリとしてどちらの比重も満足いく仕上がりとなっており、これが飴村行の現在地であり、〔吐き気がするほどの美味〕の創造者なのだ。


4.0 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.09 2011 【本:恐怖/戦慄】 comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。