スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

『善き人のためのソナタ』 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

201602132356470b1.jpg


監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演:ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ、
マルティナ・ゲデック、ウルリッヒ・トゥクール


お仲間さんからオススメいただいたドイツ映画ですが、とても良かったです。お腹の底からじんわりと苦しさが込み上げてきて、見終わった後にはやんわりと至福に変化していくようなそんな感覚をくれるヒューマンドラマでした。

ベルリンの壁がまだ存在した頃の東ドイツが舞台で、国家保安省シュタージ(東ドの秘密警察)所属の大尉がとある人物の監視を命じられるのだけれど、その対象者が劇作家で彼を盗聴してゆく。決して交わることのない対極の立場にある人生に影響を与えあっていくのですが、この大尉の存在を劇作家が知らない、というのが切なさの隠し味となっているんですね。日本が誇る(?)「味の素」もこれには叶わないでしょう。対象者を刑務所送りにする冷酷なシュタージ(大尉)が、彼の見知らぬ所でただの他人である彼を(または彼女を)庇うのです。本来備わっているべき人間味を獲得していく(上司を騙してまで!)過程の描かれ方が、縺れた糸を丁寧にほどいてゆく見事な監督の成果だと思ってます。

しかし大尉の行動の代償は大きく、左遷されてしまいます。序盤に自分の下にいた地位の者と同じ職場での単純な機会作業。ここで彼の孤独は一層深まりますが、劇作家のほうもこの時点で孤独感が漂っている。この時点で映画のテーマは「孤独」なのだなと思い至ります。

大尉が劇作家に情が移ったシーンも劇作家がピアノを弾くシーンであり、あの時の涙は感動したのと同時に思わずハグしてあげたくなるような孤独を感じるカットでもあったのですよね。そしてラストで監督が芸術的なセンスで魅せる「孤独」の行方。気持ち良くダスタシュートに「孤独」を放り投げてくれるのです。

そして互いの孤独が融解します。劇作家が自分の報告書に赤のインクを見付けた時には、きめの細かい肌(ウソデス)が鳥肌へと変化してしまいました。加えてタイトルにある『善き人のためのソナタ』(原題は違うようです)を見つけて、無表情なの喜び抱えてレジに持っていく姿で、彼も私たちも救われ良質な身震いをしてしまいます。このゾクッとする感覚は良質のフィクションを観ているときに起きる豪華なプレゼントのようなものでたまりません。

この一作だけで監督を賛美しすぎるのはどうかと思いますが、彼のセンスを好ましいなと思ったものをもう一つ挙げて締め括りたいと思います。誰かの引用かなにかは定かではないですが、構わず美しいと思える詩です。

「9月のブルームーンの夜。スモモの木陰で、青ざめた恋人を抱きしめる、

 彼女は美しい夢だ。真夏の青空、雲が浮かんでる。

 天の高みにある白い雲、見上げるともうそこにはなかった。」



ランキング参加中 クリック頂けると嬉しいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


スポンサーサイト
.13 2016 【映画:ミュージック】 comment3 trackback0

『4分間のピアニスト』 クリス・クラウス

2016020920583833c.jpg


監督:クリス・クラウス
出演:ハンナー・ヘルツシュプルンク
モニカ・ブライブトロイ
etc.



刑務所に収監されている受刑者とピアノを教える教師、この映画はこの二人だけいれば成り立つような密な人間関係に終止している。受刑者(ジェニー)のほうは無実の罪を被り服役中でピアノ教師(クリューガー)が更正のため、というより個人の為にジェニーの才能を活かそうと奔走するのだ。「個人の為に」と書いたのは、ジェニーだけでなくクリューガー自身の為に、でもある。彼女たちはそれぞれ過去に憑かれ生きているのであり、それをピアノを介して払拭する、あるいは可能性を求めている。

いかにも、な印象を受けるでしょう。僕自身も観始めた時は通俗的なドイツの映画なのかなと辟易しそうになったけれど、進むにつれてただの甘ったるいヒューマニズム、お涙頂戴ではなくなってくる。

お互い自分を譲らず衝突し合うし両者の演技から魂のぶつかり合いという言葉がしっくり来て、お互いになんらかの成長をもたらすのかなと思いきや、あの秀逸なラストが待っている。とってもスリリング。僕はデイヴィット・カッパーフィールドではなくシリトーの『長距離走者の孤独』の方を想起し、何者にも染まらない若かりし自由に触れた気がした。従順なんてクソ食らえっ!というところ。

センチメンタルになりがちなストーリーを、シューマンではなくハンドサイド・アクションを弾いて見せ、薄ら笑いを浮かべつつクリューガーにお辞儀をする。それまでの経緯を考えるとあの演奏に興奮する自分がいて不思議と安心できた。ハリウッドのように感傷的にならない所がかえって良かった。

しかし、クリューガーやその他の尽力してくれた人の気持ちを慮ると手放しでブラボーと叫ぶことは出来ない部分もある。快哉を叫ぶ自分と皆を憂う自分とのジレンマに、試聴後苛まれれた。それだけの力がラストに備わっており、その最後にハンナがシューマンのコンチェルトあるいは「ハンドサイド・アクション」を演るその4分間。それがタイトルという所が粋な映画なのだ。





ランキング参加中 クリック頂けると嬉しいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
.09 2016 【映画:ミュージック】 comment2 trackback0

『シャイン』

シャイン2


実在するオーストラリア出身の天才ピアニスト、デビッド・ヘルフゴットが、さまざまな苦難を乗り越え演奏家として再起するまでを描いた感動ドラマ。主演のジェフリー・ラッシュは、今作でアカデミー主演男優賞を受賞。


オーストラリアに実在するピアニスト〔デイヴィッド・ヘルフゴット〕の半生を描いて映画化したもの。有名な作品なので観てる方も多いでしょうが、僕は正直今まであまり食指が動かなかった(苦笑)だが、クラシックを猛牛のように一直線に聴き始めてから俄然この作品が魅力的に映りとうとう観るにいたったのでござい。

ヘルフゴットという人物は本物のピアニストで今でも演奏をしているようだ。だが、この作品に描かれるように一度は音楽界から消えてしまった人物でもある。その経緯も本作には描かれていて、重要な要素ともなっているのだが、この人はある日精神を病んでしまうのだ。それはここで描かれていたヘルフゴットの父親の重圧などが主な原因のようだが、表面化したのはラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を演奏会で弾き終わった途端倒れてしまう箇所にある。そんなドラマチックなというか絵に描いたようなタイミングで倒れてしまうのはいかにもドラマ的だが、〔神童〕と幼少期から言われていたヘルフゴットのキーは父親であり、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番ということが本作の前半部で示唆されているので、あの倒れてしまうシーンは「遂に3番を弾ききった!」と思うと同時に、ああなってしまうのも納得させられてしまう悲しいシーンでもあるのだ。

しかし、そこからいろいろな経緯を経てワインバーで弾き始めるのだ。神童と呼ばれたピアニストがどの街中にもあるワインバーで、客の為だけに弾くのである。なんて贅沢なワインバーであろうか(笑)そしてヘルフゴットは音楽会にもカムバックするにいたるところも感動的だし、DVDのジャケットにあるこのシーンは演奏会などとは対照的になんのプレッシャーもない自由なヘルフゴットの姿を見せてくれているようで心温まる。「この人から音楽をとっちゃいけないよね」とも。この映画を観ているとたぶん誰もがこの人物を愛してしまう、そんな人物として描かれていて好感を持てる映画なのは間違いない。父親もああいう押し付けは駄目だとは思うが、憎める人物ではなかった。だってあそこには確かに愛があるように受け取れたし、ヘルフゴットがカムバックしたときもちゃんと逢いに来るのだから。ただ、父親自身もその父親から受けた影響から、愛情の屈折度が過ぎてしまっただけだろう。ただ、この父親がもっと違った人物だったら、ヘルフゴットのピアニストとしての道程がどうなっていただろうかと思うと残念でならないが。

いろいろ書いたが、自分としては映画やストーリーとして観るだけでなく、音楽・ピアニストとしての面で観る姿勢も大きかったと思う。ミュージカル映画とはちと違うので「映画の音楽会」とでもいいましょうか(笑)、当たり前だけどそれほど音楽が効果的にしかも感動的に流れてくる映画なのだ。ラフマの3番はもちろん、コルサルフ「熊蜂の飛行」やショパン「英雄ポロネーズ」などの挿入曲もシーンごとに効果を発揮していた。

でもやはりなんといってもラフマの3番でしょう^^ヘルフゴットは父親の教育(刷り込み?)もありラフマ3番を弾こうとするのだが、この3番がとっても曲者でピアノ曲でも一番の難曲とまで言われるような曲なのだ。この作曲者ラフマニノフ自身が名ピアニストであった為、しかもラフマニノフは大柄で手がとてつもなく大きかったらしく1オクターヴの和音の嵐らしいのだ(苦笑)しかも「片手に10本の指があると思って弾け」と作中で言ってるくらい早い超絶技巧ぶり。ヘルフゴットにとってはちょっとチャレンジする時期が早すぎたのかも知れない。そんなラフマ3番だが、僕もCDを1枚だけだが持っていて、それが↓のCD。

アルゲリッチ



(P)アルゲリッチ/シャイー指揮のラフマ3番。これを聴いて見ても超難曲というのもわかるし、3番の演奏を残しているのもこのアルゲリッチやホロヴィッツ、アシュケナージ、キーシン、ギーゼキング、ギレリスなどなど名ピアニストと呼ばれる人ばかりなのだから難しさは折り紙付きだ。しかも僕が大好きなピアニストであるルービンシュタインは3番をどうやら挫折してるらしいのだ(苦笑)同じところで何度も間違えた為に録音を断念したらしいが、一度聴いてみたかったなぁ。。。でもピアノも技巧だけがいい演奏じゃないのである。確かにこのアルゲリッチの3番は男勝りの打鍵が迫力あるし、和音連打も見事だと思う。だけど、ちゃんと聴くとアルゲリッチのピアノに指揮者/オケがたじたじな印象を受ける^^;いい意味にとるとアルゲリッチのピアノは牽引してる感じだが、悪く取ると自己中なピアノ(笑)ヒントじゃじゃ馬なんだなぁ。アルゲリッチは(苦笑)で、技巧の話だが、並録されているチャイコの1番をルービンシュタインと聴き比べると良くわかる。

ルービンシュタイン



ルービンシュタインのチャイコの1番は叙情豊かで洗練されていて、コクがあってこんなに感情豊かにピアノを唄わせる人はルービンシュタインだけだと思わせる名演奏だが、アルゲリッチのは聞き比べると突っ走りすぎだし早すぎる感じもしちゃうのだ。まぁ好みの問題といえばなんでもそうなっちゃうが、ルービンシュタインの演奏はルービンシュタインしかできないが、アルゲリッチの演奏は技巧があればみな大差なくできちゃう演奏のような気がするので、上手けりゃいいってもんじゃないなと(笑)

あまり関係ない話は置いておいて(苦笑)、本作の主人公ヘルフゴットは実際にラフマの3番をCDで出してるのである↓


ヘルフゴット


難があるとかユニークな演奏だとか、賛否両論ある演奏のようだけど、実際に聴いたことがないので僕はなんとも言えない。が、ヘルフゴットの人生を知った今では、その演奏がどうなっているのか聴きたくてたまらない。そのうち絶対買って聴こうと思ってます^^あっ、それとラフマの3番は作曲者兼ピアニストでもあるラフマニノフの演奏もCD化されてる。録音状態はあまりよくないようだが、作り手自身の解釈はぜひとも押さえておきたい。聴きたいCDがどんどん増える(笑)


監督 : スコット・ヒックス
出演 : ジェフリー・ラッシュ  ノラ・テイラー  アーミン・ミューラー=スタール




4.0 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ


.30 2011 【映画:ミュージック】 comment2 trackback1

『ソラニン』

ソラニン



自由を求めて会社を辞めた芽衣子と、フリーターをしながらバンドを続ける種田。未来に確信が持てず、寄り添いながら東京の片隅で暮らす二人。だが、芽衣子の一言で、種田はあきらめかけた想いを繋ぐ。種田はバンド“ロッチ”の仲間たちと新曲「ソラニン」を完成させレコード会社に持ち込むが、反応のないまま日々は過ぎていく。そんなある日、種田がバイクで事故にあってしまう。遺された芽衣子は―――。


浅野いにおの同名漫画である『ソラニン』を映画化した作品。浅野いにおの世界観はすごく懐かしい気持ちを想起させてくれるので好きで、漫画のほうの『ソラニン』はもちろん持ってるし何度か読んでる。だから期待と不安の半々が入り混じる複雑な気持ちで手に取ってみた。

soraninn2.jpg soraninn3.jpg


画像をご覧の通りこの映画はBAND(音楽)が軸になっているんだけど、こういう音楽ものってやっぱ漫画では音がない分、絵で臨場感を伝えてどれだけ響いてくるか?だと思う。だけどこれは映画。漫画『ソラニン』は〔バンド(音楽)〕と〔青春〕という二極的な要素が主なのだが、やっぱり映画ともなると演奏シーンが必須なわけで、この二つの要素に〔音〕というものが加わってくる。この〔音〕が加わってくるということは、その音しだいで持っていた世界観や思い描いていた音楽性などが崩壊してしまう恐れがあり、それが一番怖かった^^;浅野いにおのノスタルジーや何の変哲もない人物が生みだす誰もが通過したことのあるような世界観が好きなだけにそれを潰されるというのが怖いのだ。もちろん映画と漫画は違うといわれればそうなのだが、原作を知っててスパッと原作を切り離して観れる人なんて絶対いないよね?(笑)

soraninn.jpg soranin.jpg


結論から言ってしまうとこれはなかなか素敵な作品だった^^ってか、鳥肌がたってしまうシーンがあったくらいだから、僕の好みのものがあまりない邦画の中ではベスト10には入るほどの作品と言ってしまおう(笑)

スト-リーとしてはとりとめて特筆するべきものがあるわけではないのだが、何かを感動させようとか涙させようとかいう見え透いた企みがないのが逆に好き(というか種田がああなるであろう展開がそのままなのには呆然www)。どこにでもいる普通の人物達が、ちっぽけだが自分たちにとってはとても重要な選択を迫られてもがいてあがいてそれぞれの答えを探しているという誰でも通過する〔青春〕。その道具というわけではないが、この人物たちが唯一持っているのが〔音楽〕でありバンド。それらがラストにとんでもないカタルシスを味わわせてくれる。

どんな世の中でも時代であっても、20代っていうのは何かに対してもがくものだ。人生の大転換期なのだから。それは夢を持っていても持っていなくても、何かしらもがいて何かを掴み取ろうとしたり見つけようとしたりするからだと思う(というか、しないほうがむしろ異常で心が躍動してる気がしない。)だが、それはたぶん実態がないもので、掴もうとしても掴めず、もがくだけ疲れたり傷ついたりしてしまう。だから20代はどこか冷めてるけど感情的で何も恐れず阿呆で、ふと一人になったとき心を覗くと虚無感がポツンと心に佇んでしまっている。でもそこを通過して突然何かが吹っ切れたようにならないと、いつまでも「子供のまま」から「大人になった気がする」へ脱却できない。そしてそのもがくという行為は20代(若さ)という時期にしないと、遅かったり手遅れだったり違うもがきになってしまう。僕は恋愛とかそういうのではなくて、こういうのが青春なんだと思っている(だからミスチルが良く唄う時代のせいにするような歌詞が大好きなのだw)。だから『ソラニン』の歌詞の「さよならなんだー」ってのが別れの歌には聴こえなくて始まりの唄に聴こえてくる。そしてその「さよならなんだー」のさよならが種田であり、始まりが芽衣子なのだ。

『ソラニン』はそこの重要な人生においての分水嶺を描いていて、これが見事に胸を抉ってくる。現代社会の一端を見せるイマドキ要素もあるし、少なからず青春を音楽に捧げた自分にとっては、バンドという題材だけで胸がキュンとしてしまったりもする。ストーリーはとてつもなく平凡だし、展開が予想できすぎてて苦笑いしてしまうが、その展開も最後のバンドシーンへの布石であって、この映画に入り込んでいろんなことを、巡らせて観ていた人にとっては自然で鳥肌がたったりいつの間にかポロッとしてしまっていたりするのだ。

その問題のバンドシーンは宮崎あおいが「ソラニン」を唄う場面であり、本作最大の見せ場でとてつもなく印象に残るシーン。「ソラニン」という曲の歌詞は作中に書いてあったものだが、映画にするにあたって音を付ける必要があるのだが、それがなんとアジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)なのだ。アジカンといえばこれまでのすべてのCDジャケットに中村祐介の絵を使用しており(中村祐介は『夜は短し 歩けよ乙女』の装丁画を書いた方)、楽曲の世界観ととてもリンクしてて個人的には名フィーチャリングだと思い込んでいる(笑)

そのアジカンが手がけた楽曲がこれまた作品の世界観にマッチしてて、これはもう「何か持ってるな」と思わずにはいられないケミストリーの仕方をしてるのだ。宮崎あおいは作品を見る限り決して歌が上手いわけではないようだが、唄を歌うことの意味の捉え方が上手くて下手だけど上手い(笑)下手だけど上手いって何?と思うだろうけど、これはそのシーンを見てもらった方が手っ取り早いので動画をUPさせてもらうことにする。だけど、一つ言っておきたいのはこれから観ようと思ってる人はこのシーン先に観ちゃいけません。そして、このシーンだけ観ても、作品の流れの中で観るシーンとは月とすっぽんほど差があるのでお気をつけください^^

と思ったらPVがYouTubeにないー(笑)前はあってPCに落としておいたんだけど、UPしたら駄目だし。。。残念だけど、宮崎あおいの歌うシーンは載せれません^^;ので、せめてアジカンの唄う『ソラニン』をどうぞ!

ソラニン



これを映画では宮崎あおいが熱唱してます。ホント汗だくで臨場感があって、下手だけど唄うって何か知ってるから上手くて、ハート殴られたようにドキドキする。技術なんか関係なくなりふり構わず自分の感情をさらけ出して、歌詞に載せて叫ぶってのがギター片手に唄う醍醐味であり唄うという行為自体の意味でもあると思ってるから、宮崎あおいの感情の入れ方は歌い手として惚れてしまうくらい素晴らしいものがある。また、これまでの本編のストーリーがあるから、このシーンで解放される想いが計り知れなくて鳥肌も立つ。このシーンの為の映画といってもいいくらい、印象的なシーンなので、このシーンを観るためだけに本作を最初からみる価値があるといっても過言でないかも知れない^^


演技ではやはり宮崎あおいが飛びぬけて素晴らしかった。そのままでも漫画の主人公の雰囲気と合致してたからズルイといえばズルイけど(笑)種田役の役者さんは全く違和感だらけだったなぁ。下手ではないんだろうけど、あんなにツン度はいらない感じ^^;あと、本作のバンドのベース役にサンボマスターのベーシストである近藤洋一がコンバートされてたけど、この人も等身大のまま出演した?ってくらい作品にハマってて、ビックリした。上手いっていより自然体すぎて上手い(笑)



原作 : 浅野いにお「ソラニン」(小学館ヤングサンデーコミックス刊)
監督 : 三木孝浩
脚本 : 高橋泉
キャスト : 宮崎あおい 高良健吾 桐谷健太 近藤洋一(サンボマスター) 伊藤歩
メイン・テーマ「ソラニン」
エンディング・テーマ:「ムスタング(mix for 芽衣子):ASIAN KUNG-FU GENERATION(キューンレコード)
製作:「ソラニン」製作委員会
制作プロダクション : IMJエンタテインメント




4.0 なむなむ!


↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.29 2011 【映画:ミュージック】 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。