スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

森見登美彦 『ペンギン・ハイウェイ』

                    
ペンギン・ハイウェイ


小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。  (BY BOOKデータベース 角川書店刊)


登美彦氏2ケタ目の子供へと突入いたしましたのがこの『ペンギン・ハイウェイ』です。もう登美彦氏は著作が2ケタかぁ~とそれだけ感激いたしてしまうモリミ好きですが、2ケタに突入したと同時に何やら第二の登美彦氏へと変貌を遂げたと巷で噂になっていて、ご自身でもそう公言してましたね。「新境地、、、のつもり」みたいな弱気発言(笑)まぁ内容はどうであれ読む前からこの作品が好きなのはわかってました!だって登美彦氏の作品なんだもの^^(つまり贔屓目線以外では感想書けないということなのでご注意をくださいませ)。

いやぁ~参った参った。これはまたしても素晴らしい出来栄えではないですか!『宵山万華鏡』『恋文の技術』辺りですでに登美彦氏の第二期を迎えつつ二つ目の扉をノックしていたけど、本書で扉を一気に押し開けた感じでしたね。そしてその扉の向こうに存在した景色は今までとは違うが負けず劣らず素敵な景色が広がっていたのであります。新境地バンザイッ!!(笑)

でも本書は今までの登美彦氏の作風とは全く違い、舞台が京都でないことを筆頭にヘタレ大学生も登場しないし、モリミー造語も「ぐんない」くらいでほぼ鳴りを潜めるという結果となっており、登美彦氏の阿呆なユーモアの面が強く押し出されていた初期作品が好みな方からするとイマイチ手ごたえのない作品と思われしまうのではないでしょうか。しかーし僕は楽しんじゃえたんですよねぇ~(ニヤニヤ)もちろんモリミー造語が喪失したり京都が舞台ではなくなったという部分は正直残念でもったいないと思いはしました。が、これを省いたことによって生まれた登美彦氏の息吹があるんです。まずペンギンやジャバウォックや<海>などですが、これは引き続いて登美彦氏の魅力溢れるガジェット群ですよね。そしてこれまた引き続き魅力的であるファンタジーの要素も健在。何が真新しいの?ということこれです、科学的要素なのです。あの幻想的でファンタジックが代名詞な登美彦氏が遂に手を出したんですよ、科学の世界に!いや、本書をもちろんSF作品というつもりは毛頭ないのですが、これはその片鱗を伺わせてくれる作品であり『ソラリス』が好きと発言したことのある登美彦氏の今出せる最大限のSF寄りな作品なのだと僕は認識しております(ただし圧倒的にファンタジーの方に寄ってます。登美彦氏なりのSF寄りね)。

ペンギンやらジャバウォックなどはファンタジーな存在ですが、正体不明の<海>や未知なるものとのファーストコンタクトとしてみると、科学的根拠はないものの巷のSFに対する憧れが窺い知れます。そういったことを考慮すればあの<お姉さん>が謎のまま収束させたのも納得できるしピンとくる。そしてまた見落としガチだが<ぼく>の考察やこの<海>のルールを解明しようとする思考も論理立てて筋が通っており、スズキ君との会話で出没する<ブラックホール><ワームホール><ホワイトホール>そのほか多数の科学的配慮はSF強いては科学の世界への接触が試みられている証拠であり、ヴェルヌやレムなども嗜む登美彦氏が自作品においてSFとファーストコンタクトを行った証拠なのであります。これはSF好きでもあり登美彦氏ファンであるぼくにとっては大事件であり、かくも嬉しい出来事は層々ないもので、もはや僥倖の粋と言えるでしょう。主人公は少しアンファンテリブルに過ぎますが、この子が成長したときに同じく成長を見せてくれるであろう登美彦氏のSF世界が楽しみで楽しみでなりませぬ^^

SFSFばかり言いましたが本書はやはりジュヴナイルと一般的には認識され、ラストの場面では感動を呼び爽やかな余韻を残すような作品です。そして今までにはないくらい静かです。物語の起伏はあるし子供の冒険があったりと騒がしそうなのにサバンナで佇んでいるかのように静か。主人公の大人びた子供っぷりもあるんでしょうが、ラストを予感させる優しさが最初から最後まで包まれているんだと思います。そして男の子時代を通過した男性なら一度は経験があるのではないでしょうか?そう、年上の憧れのお姉さんです。かくいう僕も小学校低学年くらいのときに近所に憧れのお姉さんがいました。お話だけの世界のような設定ですがこういう優しくて構ってくれて憧れるお姉さんが近所に居たという方が意外と多いのが不思議です。しかも、やっぱりそのうちさよならしないといけなくなるんですよね^^。本書では少し違うお別れでしたが、なんかデジャヴをみた感じでウルウルしてしまいました^^;登美彦氏も万城目氏もジュヴナイルでウルウルさすよね~~(笑)・・・・・・・本書は今までで一番の意欲作ではないでしょうか?たとえラストがご都合主義でもファンタジーはそういうもんだハッハ~(笑)なので大満足です^^


モリミーに求めるものはそれぞれ違うと思いますし求めたものと違ったものが出てきて本書が合わなかったという方もここ数作では多いかと思います。が、僕は「モリミーにこういうのを求める」ではなく「モリミーが書いたものを求める」んです。すなわち怪奇調だろうがスラップスティックだろうが、SFだろうがあわや啓発本でろうとモリミーの脳から出現したものなら丁重に拝見し、それを必ずお気に召す自信があるんです(笑)それは盲目だといわれれば盲目ですしただの贔屓でもあるし阿呆な思い込みでもあるかも知れませんが、阿呆のしからむところなり!ですよ。なんとでもおっしゃい(笑)それでも僕はずっと好きであると思います、それが登美彦氏の生み出す3ケタ目の子であろうと(オイ)


4.8 なむなむ!
スポンサーサイト
.24 2010 【本:言語芸術】 comment2 trackback1

森見登美彦 『宵山万華鏡』

                    
宵山万華鏡


祇園祭宵山の京都。熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、気をつけないと「大切な人」を失ってしまう-。幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。様々な事情と思惑を抱え、人々は宵山へと迷い込んでいくが…!?くるくるとまわり続けるこの夜を抜け出すことは、できるのか。  (BY BOOKデータベース)


もう我慢できませんでしたっ!モリミーのとみひこさんの『宵山万華鏡』読んじゃった^^。くっそーもうちょっと読むの我慢して貯めておきたかったんだけど、、、、、この季節にピッタリな作品だったし、まだ『美女と竹林』は積んでるしまぁえっか。装丁もキラキラとしたビックリマン(懐かしい)級のホログラムが煌びやかで綺麗だし、絵のタッチもモリミー本にマッチしてていいなぁ。う~ん、なーる。

祇園祭といえば宵山を思い描く方も多いのではないでしょうか?本書はタイトルの如くその宵山にスポットを当て、いろんな登場人物の出来事を描いた連作短編集。このタイトルはとても古風で綺麗ですが、本書を読み終わった読者さんなら、この美しいタイトルが作中を的確に表現できてることを知ったでしょう。読者がこの『宵山万華鏡』を覗き込み、眼に映ったものはそれぞれ角度を変えて同じ舞台が語られ、各章ごとで起こる幻想的な出来事が本物の煌びやかな万華鏡の如く脳に焼きついてしまう。万華鏡を覗いたときのようなキラキラした不思議な気分に浸れちゃうのです。そう、これは筒ではなく〔宵山〕という材料でモリミーが作ったまったく新しい〔万華鏡〕なのです。祭りの露店で売っててもこの本は違和感なく買ちゃいますね。浴衣を着て歩いてる人がこれをブラブラ持っててもなんの違和感もない!だって新種の万華鏡だもん。なーる(←気に入ったのでこれから乱発します^^笑)。

連作短編ということで6章全部リンクしているのはいうまでもありません。それぞれの違う登場人物を同じ宵山の一日を舞台にして描いた幻想譚。モリミー好きには嬉しいファンタジックな作品であります。しかし今までとちょっと違うところは阿呆全快ではないということろでしょうか。もちろんオモチロイのは保障しますしオモチロくなければ返品可にできるほどオススメできますが、いつものモリミー造語炸裂!?とかがあまりなかった。例えるなら『きつねのはなし』もそうでしたがああいう真面目な路線でもあると言えるし、怪奇調な雰囲気が似通ってる章もあります。しかし、一方あの〔G〕の後継者になりえる(ぜひともなって欲しくない)であろう、〔奥州斎川孫太郎虫〕や〔天窓が開いた〕ような超絶キャラ・乙川など愉快な面々ももちろん健在です。ちょっと真面目で恐い幻想譚と阿呆全快オモチロ話が6編に入り混じってる感じで、連作短編全体としての纏まりには少し欠ける気はします。が、そんなツッコミが愚の骨頂。超金魚や赤い浴衣の少女たちなどのモチーフで京の幻想をふわふわと漂わるこの作品は今までと違わず傑作なのですから。なーる。

そして『夜は短し 歩けよ乙女』や『太陽の塔』などの過去作品なども出張(リンクの意)してくれてるのもファンにとっては嬉しいしかけですよねぇ~。懐かしくい再開を果たした気分です。そしてハインラインが『夏への扉』のラストで魅せたような<一文の魔力>もあります。どこにあるかは読んでのお楽しみにとておいてください^^モリミー造語が少ないと書きましたが、その中にもしっかりと〔なむなむ!〕クラスの萌え語がありました。胸に矢を射されるということは体験した方いるかも知れませんが、僕は胸に竹林の竹全部を射されたくらい好きになっちゃった言葉が。それが〔なーる。〕です。えっ?そんなに可愛くないですって?確かに僕が使うと意味不明ですが、作中の女の子が真似て〔なーる。〕を連発してる姿に萌えました^^なむなむ!みたく乱用したいです。


モリミーは本作品を<次女>と命名したようですが、まったくその通りだと思います。でも『夜は~』は乙女な子だったけど、この子は少しボーイッシュな女の子ですよね^^そして栞を挿む暇すらないでしょう^^


4.6 なむなむ!
.24 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

森見登美彦 『恋文の技術』

                    
恋文の技術


京都の大学から、遠く離れた実験所に飛ばされた男子大学院生が一人。無聊を慰めるべく、文通武者修行と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。手紙のうえで、友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れ―。  (BY BOOKデータベース)


買ったらすぐにでも読みたい作家、反面楽しみが減ると嫌なので買っても読むのを我慢する作家、それが遂登美彦氏の作品。しかし、遂にモリミー積読を一つ崩しちゃいました。楽しみが一つ減っちゃった。でも、ものすごい満足感を得たのです。

今回は
書簡小説という体裁をとっており全編手紙のやりとりで構成されていました。第十二話まであるんですがすべて手紙のやりとり。またモリミーは新しいことにチャレンジしたということですね。モリミーの素敵な試みの一つに違うことをやってのけちゃおうというチャレンジ精神があると思います。このチャレンジ精神は真にプライスレスですね。しかも、この一方からの手紙だけという表現は、状況描写がとても難しいと思うんですが、これが見事に手紙を出す方と受け取る方の状況を読者にしっかり伝えちゃってるんですよ。それに加えもちろんモリミー独特のセリフとオモチロセンス、懐かしい〔パンツ番長〕から新語〔マシマロ〕〔おっぱい万歳〕〔ラブリーラブリー〕〔ぷくぷく粽〕〔天狗ハム〕などなど使いたくなっちゃうような言葉が目白押し!こういうのを小説内へふんだんに散りばめれちゃうのはやっぱり頭が良いいから頭ん中の語彙が詰まった引き出しの開け閉めが上手なのでしょう。なんてメルヘンな人なんだろう!!そしてこの手紙は時間軸がバラバラになってて読み進めるごとに他の手紙の出来事が解明されたりもしますし、複数人に宛てた手紙にいろんな人を登場させ繋がりを持たせることで人物像も実に明確に描き出しているんです。また、手紙の文体も相手が子供だったり阿呆友だったり森見登美彦先生だったりと相手との関係性によって変えられているのでいくつかの文体をご賞味できます(まぁ基本は阿呆路線ですけども)。う~ん、もうモリミーに僕からのノーベル賞受賞させちゃいます。おめでとうございます。

タイトルが『恋文の技術』となっていますが初めのうちは恋文の鍛錬はせずに、寂しさを紛らわす為の手紙の応酬で魅せてくれます。守田一郎がクラゲ研究そっちのけでマシマロマンとアホなやり取りや小学生相手へのおっぱい講義など爆笑レッドカーペットも真っ赤に染まるくらい爆笑させてくれちゃうのだ。もちろん恋文修行は途中で挟まれていて愛する女性へ想いを伝えるべく<失敗書簡>を増殖させるんだけど、それを自分で【反省】と題して自分でツッコミを入れて学んでるところがまた可愛らしくてハグしたくなるじゃないですか。特に知的に見せようと数学を手紙に取り入れた失敗書簡なんぞ笑い転げちゃったよ。電車で読まなくてこれほど安堵したことはないなぁ。「俺が恋文を書くと、変態になるか、阿呆になるか、だ」と守田一郎は名言しますが、まさに守田一郎は愛すべき阿呆のパイオニアであり人の腹をもげさす力の持ち主でございました。ラストのオチは微笑ましい恋文で終わっていますが文通武者修行としての真価は発揮されたと願いつつ、至高の読書時間を惜しみながらページを閉じました。作者の<恋文の技術>はどうであれ、小説の技術はさすがと云わざる終えません。

蛇足:僕は恋文は書くほうではなく貰うほうでした(プチ自慢)まぁ、深遠なる昔の話ですが。あんまりに熱烈な恋文を何度も貰ったので一度恋文返しを試みたことがあります。すると~、、それ以来その子から恋文を貰った記憶がございません(なんでっ!)それ以来恋文は書いたことないです。恋文ってなんてしょっぱいんでしょうか。もちろんみなさんにも恋文に纏わるほろ苦い話はあるんでしょ?笑



4.7 なむなむ!
.24 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

森見登美彦 『きつねのはなし』

                    
きつねのはなし


細長く薄気味悪い座敷に棲む狐面の男。闇と夜の狭間のような仄暗い空間で囁かれた奇妙な取引。私が差し出したものは、そして失ったものは、あれは何だったのか。さらに次々起こる怪異の結末は――。熱狂的支持を得た『太陽の塔』から三年、前作とはひと味違った端整な筆致で紡がれ、妖しくも美しい幻燈に彩られた奇譚集。京の骨董店を舞台に現代の「百物語」の幕が開く。注目の俊英が放つ驚愕の新作。  (BY BOOKデータベース)


なぜかこれは
に読みたい本だったので、まで読むの待とう!と思っていましたが、ついに我慢の限界にきてしまいました。本書は今までのモリミーさんの哀愁漂うはじけっぷりのよい作品とは違い、不思議で妖しい雰囲気を持つ作品となってりました。読んでてちょっと感じが似てるなぁ~っておもったのが、同じくホラーで恒川光太郎さんの『夜市』でした。文体とかは全然違いますが、作品が持つ雰囲気と作者のホラーへの世界観がちょっと似てたような気がします^^いつもと違うモリミーだけど、やっぱりモリミーだったお話。

今まで読んだような阿呆な路線からちょっと脱線したてみたかのような変わった作風でした。文体ももちろん真面目に怪奇調に書かれていますし、京都としうなんでも起こりえそうな怪しい雰囲気を存分に発揮された怪奇譚。ラヴクラフトに恐怖感を煽られたというモリミー。ラヴクラフトの影響も垣間見えるほど正体の見えない存在に対する恐怖感に背筋がヒンヤリさせられる思いでした^^。にはもってこいな作品ですね。阿呆なモリミーもいいけど、こういう違った活かし方をした京都を描くモリミー作品もまた素晴らしかった。


4.4 なむなむ!
.24 2010 【本:言語芸術】 comment2 trackback1

森見登美彦 『有頂天家族』

                    
有頂天家族


糺ノ森に住む
の名門・下鴨家の父・総一郎はある日鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸暮らし。三男・矢三郎は面白主義がいきすぎて周囲を困らせ、末弟・矢四郎は化けてもつい尻尾を出す未熟者。この四兄弟が一族の誇りを取り戻すべく、ある時は「腐れ大学生」ある時は「虎」に化けて京都の街を駆け回るも、そこにはいつも邪魔者が!かねてより犬猿の仲の、宿敵・夷川家の阿呆兄弟・金閣&銀閣、人間に恋をして能力を奪われ落ちぶれた天狗・赤玉先生、天狗を袖にし空を自在に飛び回る美女・弁天―。と天狗と人間が入り乱れて巻き起こす三つ巴の化かし合いが今日も始まった。   (BY BOOKデータベース)

山本周五郎賞受賞後一作目らしいですが、そんな付加価値なんてものはかんけぇねぇ。(いやはや、受賞したのは大変めでたいことです)とってもとってもオモチロオイ(=´∀`=)ただただオモチロイ。まさに「面白きことは、良きことなり!」ですよ。はい。

これはオモチロイのもそうですが、なんといっても温かい家族愛。下鴨一家の父親がくれた揺るぎない誇りと母親がくれる大きないたわり。それを全身に受けて育った四毛玉たち。その下鴨四毛玉たちがまた一人一人いいキャラしてておおいに好きになる。長兄は応援したくなるし、次兄には懺悔しに行きたくなるし、三男と一緒にいたら愉快そうだし、末弟には萌えるし。親父はとても心がでっかくて、といえど憧れる器の大きさ。そのたちがまたいつもの京の街でいろいろと騒ぎ立てるこのモリミーテイストはもう忘れられない美味です。このテイストは完成されたものだと思うけども、ずっとこの世界観を失わずに進化していって欲しいものです。また京都が舞台ですが、モリミーの行動範囲だけは小説内で私小説化してるような気がします(笑)たぶんモリミーの住んでる界隈というか現実のモリミーのテリトリーばかりを描くコトで、情景の描写や雰囲気にリアリティを持たせてるのでしょうねっ。京都を少し知っているわしでも地名が出てきたらパッっとその道が想像できるからさ~。

『夜は短し、歩けよ乙女』ではなかなか手に入らずとっても貴重だった「偽電気ブラン」という密造酒。本書では大いに振る舞われていました(笑)なにせ四毛玉たちのライバル・「金閣」「銀閣」という兄弟の一族が偽電気ブラン工場を経営している設定ですから!!!!!赤玉先生(四毛玉一家の師匠)の好きな赤玉ポートワインもモリミー好きの読書家諸氏なら馴染み深い一品。悪者を請け負った金閣・銀閣の夷川一族はちょっと悪さがいきすぎてて、物語に入っていたわしはヤツらの振る舞いにプンプン怒ってしまいましたが、「それは阿呆の血のしからむところ」。笑い飛ばしてニシエヒガシエ(←byミスチル)受け流して、水に流すとしようか。そう水に流すと、ドジな上に阿呆ではなくお馬鹿なヤツらもなにか愛着が湧くキャラに思えます。下鴨家と夷川家の化かし化かされの化かしあい合戦の結末は、読んでのお楽しみにとっておくのがよろしいと思います。そこに面妖な天狗・弁天や金曜倶楽部の人間たちが加わって、ハチャメチャなモリミーワールドが爆発しておりますよ。

森見さんの作品を読んでいると四条や三条、祇園などに出向いたときにあっ!!ここは!?李白のバスが走ってた!!とかパンツ番長いないかなぁ~とか声には出さずに思い出してしまうときが本当にあります(笑)今年の初詣は例年の如くだだ混みの八坂神社でしたが、本書を読んだあとであれば彼ら一族と仲間たちと一緒にお賽銭を投げた気分を勝手に味わっていたでしょうねーwちょっと変な人かも(!?)と自分でも想いますが、それほどわしの中では強烈に優しく深い印象を残してくれている作家さんです。京都が舞台の作品もずっと書き続けて欲しいと切に願っておりますが、そのうち不意打ちのような変な場所が舞台の森見ファンタジーも読んでみたいですゞ(≧ε≦o)

続編ももう書かれているはずですので、海星の謎や赤玉先生の秘蔵っ子などまだまだオモチロイ展開が期待できそうで楽しみです☆続編に目を通すことができる日をキリンになって待ってます←意味わかる?笑

あっ、あと赤玉先生が最後にちょっぴり威厳を取り戻したのがなんか清清しかったです。下鴨一族はずっと有頂天な家族でよろし。



4.8 なむなむ!
.24 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 09
2010
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。