スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

桜庭一樹 『少女には向かない職業』

少女には向かない職業


あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した……あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだったから――。これは、ふたりの少女の凄絶な《闘い》の記録。『赤朽葉家の伝説』の俊英が、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いて話題を呼んだ傑作。  (BY BOOKデータベース)


本書はわしが利用している田舎で小っさい図書館にはなかったので、リクエストをしやっとこさ入ってきてくれました^^(桜庭さんくらいは全部揃ってて欲しいと思うのは贅沢でしょうか?w)本書はイギリスの女流ミステリ作家、P・D・ジェイムズさんの『女には向かない職業』からタイトルを文字り拝借しているというのは有名だと思います。わしは少女~を読む前にぜひとも読んでおこう!と思い女には~を先に読んでいましたのでそれとの関連性もどうなってるのか楽しみでした。外堀を埋めてそれが実を結んだというような感じでしょうか(笑)

少女には~というタイトルのように、主人公は大西葵という中学生の少女でその葵が殺人を犯してしまうというものですが、これはまず本書の文頭に書かれていました。最初から殺人者は葵ということをバラしているおり、本書は倒叙というミステリーの体裁をとっていることになります。そういった意味で本書は多くのミステリのように誰が犯人なのか?という謎解きをするタイプのミステリではなく、サスペンス的な要素を強めに出し、犯人側の内面描写や犯人との対決をより楽しめるものとなっていました。言ってみれば東野さんのように内面に重きを置いたミステリー。

やはり本書も中学生で桜庭さんがよく描く少女時代という閉塞感を描いていて、もうこれはこの作家さんの専売特許のようなものだなと感じてしまいます。そして殺人を犯してしまうその少女ゆえの拙さが、儚く純粋であるのがいいんですよ。ラノベから転向したてだったからでしょうか、文章は後のモノと比べると少し軽め。でも、裏を取ると読みやすいとも言えますので私の男とかが読みづらくても本書はサクサク読めるでしょう。書き方は常に一人称。と思いきや、いきなり三人称的な書き方が出てきたりと違和感のある文章の流れもありました。でも、それを補うようないたいけな少女たちの心の葛藤などはさすがは桜庭さんだと思います。殺人の動機は一線を越えたら誰にでもできてしまうんだみたいな論理ですが、これは受け入れられない人もいるでしょう。桜庭さんはそこに深く言及しているというわけでもないので。しかし、中禅寺秋彦こと京極堂シリーズを読んでいる方はこの論理に納得できるのではないでしょうか?『狂骨の夢』を読んでみるとそれに関する蘊蓄・理論がまくし立てられているので、衝動的な殺人を納得したい方はぜひそちらも一読をば(なんの宣伝?ww)ラストに少女二人の立場が逆転してしまうというのもおもしろいものでしたし、本当のラストでああいった終わり方をしていましたが、わしの考えでは重くて黒いハッピーエンドだと思います。二つもあれを背負うには、まさしく少女には向かないでしょうから。でも、一番の見所はそのラストに行き着くまでの経緯が書かれたページかも知れません。少女たちの心理描写、その後の心の動きまでがとても読み応えのあるものだと思います。

そして元ネタのP・D・ジェイムズとの関連はそんなには見受けられなかったような気がします。ミステリであること。女性が主人公ということ。そういった大まかな類似点しか見受けられなかったですが、一番色濃くて重要な共通項は「どちらも闘う女性の記録」であるということ!!!これがお二人の中で手を取り合った、これに尽きると思います。物語の流れ的には類似点はなく、どちらかといえば真逆で対極だと思います。

やはり桜庭さんの描く世界は好きですね~。今回は昭和って感じのノスタルジックさでしたが、こういったスタイルはもう不動でしょう^^原始人の逸話もなかなか印象深いものでしたし、バトルアックスとかが武器というのはビックリしたけど、おもしろい目の付け所だとも思います。倒叙というスタイルはだいたいにおいて探偵VS犯人の心理戦という真っ向勝負なので、好きな体裁なのです。そういう心理的な意味でもツボをついてくれた良作です^^



3.6なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
.30 2010 【本:言語芸術】 comment2 trackback0

黄色いお店から連れ帰った本ら~。

honn 002



新入本たちを紹介いたします~~^^


画像右単行本から順に

まずは、

メアリー・ベンソン 『ネルソン・マンデラ』  映画『第九地区』で少なからずマンデラの要素が挿入されていた
                           ので、もっと詳しく知りたいと思ってたので買ってみました。

津村記久子  『ポトスライムの舟』  まだ一冊しか読んでないのにあったら買っちゃう不思議な作家さん^^。
                        これはお仲間さんが読んでたので買ったんだと思いますw

綾辻行人  『最後の記憶』   綾辻さんの館シリーズも黒猫で止まっちゃってますが、違うのも読んでみた
                    かったので、これに。カピカピの四葉のクローバーが挟まってた本です^^

夏季真矢  『贋作工房』   これはタイトル買いしました。タイトルを見ておっ?と思って手に取ったんですが、
                  装丁にフェルメールの絵が!しかも複雑系ミスということなので、食指が。

三浦しをん  『しをんのしおり』  既読。今のところエッセイだけなら登美彦氏に対抗できる妄想系女子ですw

本多孝好  『チェーン・ポイズン』  ストーリー・セラーで本多さん再考の兆しが芽生えたので、また読んで
                       見ることにしました。これはどうなんでしょうか^^。

泡坂妻夫  『乱れからくり』  つまつま作品は見つけたら買いです。一冊しか読んでませんが、この方のは
                   そんなに外れな作品はないような気がします。

佐藤賢一  『カエサルを撃て』  西洋・東洋限らず歴史ものは好んで読んでたので佐藤さんのも一冊くらいは
                     読んでるだろうと思ってましたが、読んでなさそう。記憶がどうかしてるぜ!

上田早夕里  『ラ・パティスリー』  SF界隈で活動してる上田さんしか知らないので、空腹系のものが
                       どんな感じなのか想像つきません。それだけに楽しみです^^

星野知子  『パリと七つの美術館』 そのまんまパリにいくつもある美術館のうち、七つを取り上げて綴った
                       エッセイ?カラーで見易い上にドラクロワやモローなどの美術館が
                       取り上げられてるのが気に入りました。

クロフツ  『サウサンプトンの殺人』  『樽』すら積んでるのでいつ読むのか想像もつきませぬー^^;

オースティン  『自負と偏見 上・下』  オースティンは映画の読書会のをみて是が非にでも読まねばっ!
                         とずっと思ってましたが、読むならまずこれですよね~~♪

アシモフ 『黒後家蜘蛛の会 1』  3と4だけ持ってましたが、やっと1も見つけました。一気に読みたいのは山々
                    だけど、たぶん一気に読めない人なので、1だけ読んでみよっとw

坂口安吾  『不連続殺人事件』  これは角川の新装版でもってて既読ですが、やっぱ安吾は角川の旧版が
                      いいです!ちなみにチ○だしの装丁じゃないですよ?w

ブラウン  『まっ白な嘘』  フレドリック・ブラウンの中でもなかなか気の利いた短編集と耳にするので、
                 久々に読んじゃいますよ~~~。


今日はこのへんで。実はあと10冊くらいはまだ未紹介のものがあります^^。


tuu 011




今日はくるちゃんです。なんか、、、、切ない表情。。。セツナレンサ~~~♪


なむなむ!
.30 2010 【【古本&クラシックCD購入記】】 comment2 trackback0

ヘレン・マクロイ 『ひとりで歩く女』

ひとりで歩く女


西インド諸島を発つ日、わたしは存在しない庭師から手紙の代筆を頼まれた。さらに白昼夢が現実を侵したように、帰途の船上で生起する蜃気楼めいた異変の数々。誰かがわたしを殺そうとしています……一編の手記に始まる物語は、奇妙な謎と戦慄とを孕んで闇路をひた走る。眩暈を誘う構成、縦横無尽に張られた伏線の妙。超絶のサスペンス!    BY 背表紙紹介文 (創元推理文庫)


『死の舞踏』に続いてヘレン・マクロイ二冊目は『ひとりで歩く女』ですー。1999年の〔このミス!〕第七位になったようです。あとがきに「三行逆さまになった文章がある」って器用にページ跨いで印刷ミスするなーと思ってたんですが、んなわけありませんでした(笑)ベックさんにも指摘されたようにこれは確信犯的に逆さまにしたもので、解説者の計らいでした。このサスペンスを読了してからこの三行を読みませう!

主人公はタイトルのようにニューヨークへ行くついでに富豪に頼まれた一通の封筒を届けてくれと頼まれたひとりの女。しかし、その帰途の船内で変死体が発見されたりこの封筒の為に命まで狙われてしまう羽目になってしまう。ここから手に汗握るサスペンスが展開されてゆくのだが、これが早い段階で船に乗り込んでゆくのでほぼ全ページ主人公と同じくドキドキさせられちゃうんです。しかもミステリとしての伏線もなかなか巧妙に張られていて、終盤まで全体像が見えず、存在しない庭師、使途不明の手紙、10万ドルの大金、航海中の船内での変死、などで断片的にしかわからず巧みに真相は隠されておりますので、謎解き役である警部が事件の真相を繋げてゆくところでマクロイの実力を認めざる終えないでしょう。最後まで上手いマクロイですが、ラストの犯人のくだりはほぼ予想通りの人物となっておりました。論理的ではないですが、節々に何か合点がゆかない行動などがあったのでミステリ読みさんなら犯人はうっすらとわかっちゃうかも知れません。でもたぶん論理的にわかる人はあまりいないと思いますし、なんといっても二作読んだ僕のマクロイ印象はミステリの人ではなく、サスペンスの人であります。シーンの描写の魅せ方の上手さだったり、演出の妙が抜きん出てる作家さんなのです。そしてそのサスペンスの展開にハラハラさせられているとこれはもう作者の術中にハマったも同然で、ラストではこの作品が優れたサスペンスものだと感じると共に、巧妙に構築されたパズラーであることにも唸ってしまうんです。マクロイ自身も細やかな配慮をされる繊細な方だったのかと思えてしまうほど。どちらかというとサスペンスのマクロイなんですが、それはサスペンスフルな演出が抜きん出てるというだけであって、ミステリ作家としてもおざなりにできないものを持っていた作家さんなんだなぁーといった印象ですね。でも、ラストまで金・金・金というところがいかにもアメリカ的な感じがしました^^。

シャーロット・アームストロング、マーガレット・ミラー、と共に米女流サスペンス作家御三家と呼ばれるマクロイを実感できる作品でした。でもマクロイ以外の二人は未読なので、マクロイ以外の方のサスペンスとしての面白さは保障できません^^。



3.8 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.29 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

ヘレン・マクロイ 『死の舞踏』

死の舞踏


12月、雪のニューヨーク。その夜、一体の異様な死体が発見された。雪のなかに埋まっていた若い女性の死体は、なんと熱かったのである!精神科医ベイジル・ウィリング博士が捜査に乗り出し、娘のお披露目パーティにすべてをかける義母や軍需品会社の経営者、ゴシップ記者といった人物による無意識の行動をつぶさに検証する。その先に浮かぶ恐るべき意図とは?サスペンスや短編にも長けたマクロイのデビュー作にして、傑作本格。ベイジル・ウィリング初登場作品、ここに刊行。    BY 扉表紙紹介文 (創元社)


最近長らく絶版状態だった同著者の『幽霊の2/3』がめでたく復刊したというのを、お仲間さんのところで耳にして一丁読んでみようと思った作家です。が、『幽霊の2/3』は予約してるもののまだ回ってこず、これも予約しとくかぁーと予約した『死の舞踏』の方が先に回ってきたので読むことに。しかし、本書は<ベイジル・ウィリング博士>の初登場作品でありマクロイのデビュー作であったんだから、僕の運も捨てたもんじゃないぜ^^

これはのっけの謎から魅力的で除雪作業中のマンハッタンで雪の中から女性の死体が発見される。しかもその死体は冷たい雪に埋もれていたにも拘らず、発見時に熱を持っていた熱射病の死体だったのです。これは始め少なからず魅力的に見えますが、よくよく考えるとある考えに行き着きそれほどの謎ではないと合点がいく読者も多いでしょう。しかしここから入れ代わりやらなんやらで展開的にも面白く、後期作品よりもサスペンス性に欠けるというものの犯人が追い込まれてゆく様はスリリングと言ってもいいくらいの展開力を魅せてくれるのです。もちろんミステリとして読んだのだからトリックや謎解きありきで読み始めたんですが、ここはちょっと難があって軽い上にアンフェアだとも言えちゃうんです^^。でもこれは日本版ならではのしょうがなくどうしようもないもので、謎が解ける糸口であるあの一言もあちらなら驚きもあっただろうにとても惜しい。犯人の動機も正体もそれなりに意外ではあるが、驚きという面ではイマイチといった印象は否めないけれど、この作品に限ってはしょうがないとするしかないですね^^;しかし、ミステリ的な驚きとは違う別の驚くべき一面があって、この1930年代という時代にすでにアメリカでは〔飲むだけで痩せる薬〕なるものが過大広告と共に問題になっている箇所。今でさえ日本でも蔓延るダイエット薬だが、当時のアメリカではすでにここまでダイエット薬が浸透していたなんてとんでもない驚きです。1930年代の日本の状態を考えるとダイエット薬なんて言葉すらないくらいでしょうからね(笑)

ウィリング博士はフロイトの説を軸にし心理的な面で犯人を追い詰めてゆくもので、どんな犯罪にも<心理的な指紋>を犯人が残してゆくという確固たる考えの下で犯人を心理的理詰めで割り出す様は、やはり一味違ったアプローチで見るべきものがそこに潜んでいた。しかし僕の中では作者の伏線は緻密とは言えず、うっかり○○の伏線なんかはあからさまで誰でも解っちゃうんじゃないだろうか?と心配になったほどでした。まぁ謎解き過程が心理的で物的証拠のような明確なものがないのに、あれだけ説得力を持った説明をしてくれたりと見事な面もあり、総じて言うと面白く読めた印象の方が強い。これでデビュー作ということを考慮すると、次のマクロイ作品には多大な期待を寄せてもよさそうだー^^



3.5 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.29 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

三浦しをん 『しをんのしおり』

しをんのしおり


「漫画の王国」に生れた小説家の乙女な日常生活。バンドを追っかけ上方へ、愉快な仲間と朝まで語り、わきあがる妄想の楽園に遊ぶ…色恋だけじゃ、ものたりない!なぜだかおかしな日常はドラマチックに展開―日本の政局も、家族の事件も、人気のTVドラマも、考え始めたらいつのまにかヒートアップ!「読んで楽しく希望が持てる」、笑い出したら止まらない、抱腹微苦笑ミラクルエッセイ。  (BOOKデータベース 新潮社)


三浦しをんさん初読です。お仲間さんのブログでしをんさんのエッセイは面白いーってのを拝見したので、なんか読みたくなって買っちゃいました(もちろん105円w)。まだ現状しをんさんの小説には興味が持ててないのですが(^^。)、本書が面白ければ読もうかな~という感じです^^

本書には28本くらいのエッセイが収録されてるのですが、本書でしをんさんが何を言いたいのかというと、、、、、、そう、何も言いたいことなどないのでしょう(笑)ただこの本を手に取った読者は笑って楽しんで読めるような本にした!というような想いを感じてしまうほど、しをんさんの日常の面白逸話や妄想炸裂秘話などが惜しみなく、恥ずかしげもなく披露されちゃってるんです(笑)

でも小説と違ってエッセイってのはそういうもんだと思います。特に小説家のエッセイは楽しませてもらってなんぼだと思ってるので、本書はエッセイとしてはなまる満点です!しかも僕の大好きな妄想爆発系ときておるんです。登美彦氏のエッセイは単発ではいくつか読んだことあるんですが、本としては純粋なエッセイが残念ながらまだない。なので妄想爆発系のオモチロ話として対比できないのですが、ここまでしをんさんにツボを刺激されるとは思っておらず思わぬ収穫な感が^^

そして初めて触れたしをんさんの感触はというと、オタクっぽいことばっか書いてるけど、実はなかなかアクティヴでした。グリーンデイ(←パンクロックバンド)のライヴにでかけて盛り上がりつつ、外人の汗だくな肌に触れないよう気をつけたとか、PHS(!)の料金滞納しちゃったことへの言い訳とか(いくつだよw)、旅行で〔哲学の道〕にせっかく赴いたというのに妄想戦隊ボンサイダーの妄想を膨らますだけだったり(^^。)、次元五右衛門チャックシートを発動させたり(?)と、阿呆な妄想爆発してます。贅沢を平凡にし、平凡を贅沢にしてしまうその虹色の脳細胞、恐るべき登美彦氏のライバルが現れた!といった読後感でした(登美彦氏基準でごめんなさい^^;)。

やっぱり作家さんには想像力よりも妄想力があるほうが、オモチロイもの書けちゃうんだなぁ~。すれ違う人々や読むであろう人々の好奇の目など気にせず、突っ走るその阿呆という名の妄想指数には感嘆の域でございます!もちろんさすが作家さんという言葉のチョイスが笑い度数を増幅させてるのも間違いありません。妄想力とセンス、この二つの要素が握手したとき、世界を変えてしまうような、、、、、、、、力はなくとも、何万人の人の笑顔を引き出すことはできるのだと、人間の持ってる底力に感心するのでした(大げさ)。

エッセイは想像以上に面白かったので、小説も近いうちに読んじゃおうと思います!お薦めがあればぜひご一報ください^^


3.9 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.28 2010 【本:言語芸術】 comment6 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 11
2010
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。