スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

竹内信夫 『空海入門 ~弘仁のモダニスト~』

空海入門


空海は生まれながらに真言宗祖だったのではなく、自身の自己探求の歩みの帰結としてそうなったにすぎない。人間空海を導き、つき動かすものは、純粋無垢な菩提心だった。山と都市、高野山と平安京、唐代中国と日本、重なり合う複合的な磁場のなかで自らを形づくり、日本文化の設計者となった天才的個性の生涯。   (BY BOOKデータベース ちくま新書)

唐突に空海に関する本を読みましたが、別に奇を衒ったわけではありませんよ(笑)知の巨人松岡正剛さんの『空海の夢』という著作を読みたいんだけど、空海のことというと遣唐使や最澄と関係が深いなどのレベルしか知らなかったので、まずは〔空海〕が何をなし何を目指したのか?ということぐらいは知るのが礼儀だと思い入門書を手にとってみたわけです。


はじめに書いておきたいことが一つあって、それはこの著者が別に空海の専門家だけでやってきたというわけではないという点。竹内信夫という人はフランス文学を専攻された方で、マラルメにどっぷり浸かり、レヴィ=ストロースやデュモンなどの訳にも手を染めている方なのである。ということは、西洋思想にも造詣が深いわけであり、その方が東洋の密教、しいては空海を紐解くというのは、個人共感が高じてのことであっても実に興味深いことではないだろうか。西洋思想と東洋思想の両方から捉えられるわけだからアカデミックさ以外の何かがあると期待してしまう。

空海は高野山に魅せられ早い時期から高野山で一生を終えると決めていたようだ。彼の実人生を知れば知るほど高野山への想いの強さがうかがい知れる。空海にとっての法身の里は高野山なのだ。その空海がみた高野山は時の流れによって今の高野山の風景とは全く違うだろう。しかし、著者はちゃんと空海が見た風景を共有しようと自分の足を運ぶのである。というか六ヶ月住んだらしいのだ(笑)ただの机上の空論ではなく、空海探求の粋に達しているので、空海一本の専門家ではなくともその空海論を〔渉覧山水〕させてくれる。

空海が遣唐使として最澄とともに派遣されたことは知っているが、一度目の遣唐使には選ばれてなかったというのは知らなかった^^;一度目は舟が嵐にあい帰還し、難破した船の欠員のような感じで遣唐使に選ばれたのが空海なのである。しかし、これが空海の転機であり、空海が梵字を初めて持ち帰ったり曼荼羅の人と呼ばれるにいたった大仕事なのだ。これだけでも空海の信仰の真髄を少し知れた気になってしまう。そして金剛峰寺を建て、空海の死は本人の願いどおり高野山で訪れる。空海は最初から最後まで高野山に超魅力を見出していたようだが、空海の願いはことごとく叶っているらしい。それが空海の凄さなのだ。成したことも大きいが、空海が一番成したいと思っていたことまでも成し遂げられているのだから、空海の夢は達成され偉人賢人となれたのだと思う。本書を読んでいると空海という人の魅力がますます深まるばかりでその好奇心を拭い去れるのか心配になるくらいだ。

ただ本書のタイトルが『空海入門』とあるように〔入門書〕としてのテクストとなりえるかというと、これは首を傾げてしまう。なぜなら、最澄との決別などには言及していないからだ。真言宗・天台宗の関係は空海・最澄を語る上では重要だと想うのだが、あえて語らなかった意図が理解できない^^。本書にある空海探求には感じ入るものがあるが、空海入門としては少し省きすぎている感があるのも否めない。ただ本書は密教が空海によってどうのように伝えられたか、また空海の功績の大きさを知る上ではこの上ない資料となるのは間違いないと思うので、空海・密教に興味があるかたには一読の価値ありと太鼓判を押したい^^



※読書メモ : 司馬遼太郎 『空海の風景』 経範 『弘法大師』 聖賢 『高野大師御広伝』 



3.7 なむなむ!



↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
.28 2011 【本:哲学/信仰】 comment2 trackback0

J・G・バラード 『千年紀の民』  訳 : 増田まもる

千年紀の民


ヒースロー空港で発生した爆破テロ。精神分析医デーヴィッド・マーカムはテレビ越しに、事件に巻き込まれて負傷した先妻ローラの姿を目撃する。急ぎ病院に駆けつけたが、すでに彼女の命は失われていた。その「無意味な死」に衝撃を受けて以降、ローラ殺害犯を捜し出すためデーヴィッドはさまざまな革命運動に潜入を試みるが…。新たな千年紀を求め“革命”に熱狂する中産階級。世紀のSF作家バラードの到達点。  (BY BOOKデータベース 東京創元社 海外文学セレクション)


本が好き!〕からいただいた献本です。・・・・・一日遅れちゃいました^^;;;


主人公であり精神分析医デーヴィッド・マーカムはヒースロー空港で突如発生した爆破テロをテレビで目にする。が実はその被害者の中に先妻ローラがおり亡くなってしまうのだ。マーカムは彼女を殺したテロリストを探し出すために革命運動に参加してゆくのだが、その先にあるものは何だったのか?というのが大まかな祖筋。ヒースロー空港というからにはイギリスが舞台なのだが、これが〔中産階級〕の為の革命なのである。イングランドというと階級制が色濃く労働階級を描いたものも多いが、中産階級となると少なくとも僕の記憶ではあまり読んだことがないのでそういった観点からも興味は尽きない本だった。

またバラードというと自分の中では勝手にSFの枠組みに入れてしまっていたのだが、なんのその、本書はSFというよりもむしろ文学的であった。なかなかの長編なので少し疲れてしまう部分も正直あるが、とても抒情豊かに書かれていて詩的な表現力は恐ろしいくらい心に残ってしまう。それにドラマチックな文章でもあるし、ニヒリズムや焦燥感なども内包していて奥行きのある雰囲気がたまらなく魅力的である。もし本書の内容が無味乾燥なものだったとしても、バラードの文章だけで一杯イケちゃうのではないだろうかというくらい。

内容からするとこれが9.11のテロを受けて書かれたという点が明らかであり、バラードの関心がある箇所は読んでいるとおのずと理解できるであろう。しかし、バラードが描きたかったのはこういうテロリズムを通じて〔無意味性〕を描きたかったようだ。テロや連続無差別殺人などがあると犯人の過去や環境を持ち出すが、そんなことはこういうものとは次元が違うとバラードは言っているのだ。何かをやってみても世界は無意味性に行き着いてしまう。しかし、何かが生まれるのもまた無意味性からなのだ!とバラードは圧倒的な思弁と筆致で認識させてくれたのだ。

最後に一つ読んでて興味をそそられたものを紹介すると、主人公である精神分析医デーヴィッド・マーカムの心理学である。精神分析医なのだから心理学を使うのは当たり前なのだが、これがフロイトやユングなどの誰でも聞いた事あるものではなく、アドラー心理学を扱っている箇所だ。僕も中盤まで全く知らなかった心理学なのだが(^^;)、読んでいるうちに主人公の心理学の一貫性に気付いてもしかしたらこれは作者の創造の産物じゃないなと思って調べてみたら案の定だったというわけだ(苦笑)今後本書を読む方がおられればこのアドラー心理学の理論を踏まえて読むと、また読み方も変わってくると思うのでご参考までに^^



4.0 なむなむ!



↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.26 2011 【本:サイエンス/フィクション】 comment4 trackback0

D・M・ディヴァイン 『五番目のコード』  訳 : 野中千恵子

五番目のコード


スコットランドの地方都市で、帰宅途中の女性教師が何者かに襲われ、殺されかけた。この件を発端に、街では連続して殺人が起こる。現場に残された棺のカードの意味とは?新聞記者ビールドは、警察から事件への関与を疑われながらも犯人を追う。街を震撼させる謎の絞殺魔の正体と恐るべき真意とは―読者を驚きの真相へと導く、英国本格の巧者ディヴァインの屈指の傑作が甦る。   (BY BOOKデータベース 創元推理文庫)


本が好き!』からの献本です。


「八人がわたしの手にかかって死ぬだろう。」という宣戦布告ともとれる印象的な告白文で始まり、サスペンスとして何かやってくれそうな幕開けに期待せずにはいられない出だしである。本書はミステリだが倒叙ものでもないので犯人はスグにはわからないが、なぜこんな告白が読めてしまうのか?というと、まだ見ぬ犯人が手記を書いているから。この手記が一定の割合で物語に挿入されていくのだが、犯人はこれが誰かに読まれる前提で書いているということに注目してほしい。もちろん、読まれるというのは捕まってからではなく、犯罪心理でよくあるような自己陶酔から、誰かに自分の成したことを知ってもらいたいが為に筆を進めているのだからすでに常軌を逸した人物だといわざる終えない。それがサスペンス味を助長してくれてもいる。また、本書はフーダニットなんだけど、この日記が少なからず読者をかき回すことは間違いないく作者の目論みはなかなかにくらしい。

先にフーダニットと書いたが、それと同時にミッシングリンクものでもある。被害者の傍にはいつも〔八つの取って(コード)がついた棺の絵のカード〕が添えられているのだが、これが何を意味するのか?そしてタイトルとどう関連付けられるのか?という読み方をしても面白いと思う。犯人を追うのはもちろん警察なのだけど、素人探偵でもなんでもないただの新聞記者である主人公も事件に少なからず巻き込まれて犯人を追うのだ。もちろんこの主人公を追って読むのも楽しいのだけど、僕としてはあまりお薦めできない(苦笑)なぜならこの主人公の人物造詣には共感する箇所や好感の持てる箇所があまりないのだ。すぐに頭に血が登ったかと思うと、へこんで酒びたりになったり自暴自棄になったりするのだ。もちろん誰にでもそういう側面はあるけど、感情の起伏が豊かというより激しすぎて30後半にもなって大人になりきれない主人公を好きになれなかった。

だがしっかり読んでいるとそれなりの成果はあるから心配する必要はない。登場人物はそれなりに限定されてるし、伏線もちゃんとある。決してアンフェアな作品ではないからフーダニットものとして犯人当てに興じることも可能なのだが、ミスディレクションもそれなりに巧みなので簡単には当てれないだろう。だけど僕はわかってしまいました、犯人(笑)しっかりと伏線を処理して当てたわけではないけど、あてずっぽうでもない。中盤まで読んだ状況証拠から「ははぁ~ん、ヤツだな?」と思ってた人物がそのまま当たったにすぎないが(^^;)、難解すぎず安易すぎずの犯人当てに興じることができて置いてけぼりを食わず満足だった^^

ただしイマイチ物足りなかった部分もあるにはあって、サスペンスとしての醍醐味が足りないと思ったし、英国本格特有の馥郁たる香なるものが欠落しているのが残念だ。フーダニットとしての面白味や愉しみは読んでて得られるのだが、明かされたときのカタルシスも微だし動機という点でも弱い。それに加えてラストの主人公とエレンの今後もしっくりこない(苦笑)今まであれだけ頑なだったのに急にそーなっちゃうかなぁ?・・・・・・と^^;


フーダニットとしては求めていた水準に届くものをもらったけど、ミステリと同じくらい比重を置いていた主人公の描写の部分、そしてサスペンス的な緊迫感は平凡だったという読後感。気高き英国本格としては佳作という水準に留まる作品だと思う。



3.4 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.15 2011 【本:どんでん返し/名推理】 comment8 trackback1

飴村行 『爛れた闇の帝国』

爛れた闇の帝国


高校2年生の正矢は生きる気力を失っていた。先輩でもあり不良の崎山が、23歳も年の離れた正矢の母親と付き合い出し、入り浸るようになったのだ。学校も退学し、昼間からぶらぶらと過ごす正矢に、小学生の頃から親友同士の晃一と絵美子は心配して励ましてくる。一方、独房に監禁された男が目を覚ました。一切の記憶を失い、自分が何者であるかもわからない。どうやら自分は大東亜戦争まっただ中の東南アジアで「大罪」を犯してしまったらしい。少しずつ記憶を取り戻す男だが、定期的に現れる謎の男によって拷問が始まった…。やがて、絶望の淵にいる正矢と男は、互いの夢の中に現れるようになった。しかし、二人の過去には恐るべき謎が隠されていた!日本推理作家協会賞受賞『粘膜蜥蜴』から1年半…満を持して放つ、驚愕のエンタテインメント。    (BY BOOKデータベース 角川書店)


角川書店の〔読者モニター〕に応募していただいた本がこの『爛れた闇の帝国』。発売前に関係者用へと配られる本だけあって、簡易製本のまま届きました。作家さんだもなんでもないので、装丁画もなく表紙も中身も白地に文字だけというのが逆に新鮮でちょっとした感動を覚えました(笑)ちなみに〔読者モニター〕に僕の簡単な感想、そしてお仲間さんお二人の感想も載ってます^^


結論から言うとというか、これは結論から言ってしまおう。粘膜シリーズを読んだことある読者もそうでないファーストコンタクトの読者も、読了後やられた!と思ってしまうだろう。グロが嫌いな方はどうにもこうにも読めないだろうが(^^;)、グロとミステリが文字通り進化を遂げたのが明らかに判るほどの完成度を誇っているのである。

『闇に囚われし者』と『闇に怯えし者』という二つの筋が交互にかたられてゆくのだが、『闇に囚われし者』は戦時に独房に放り込まれ拷問を受ける文字通り囚われし者の話。『闇に怯えし者』の方は高校生の正矢だが、母親が同じ年頃の不良と付き合って毎日家で行為をするのだから想像するだけでたまったもんじゃない(苦笑)だが、この闇に怯えるというのは不良に対してだけでなく、夢に対してもそうなのだが、あまり核心には触れないでおこうと思う^^。

この二つの話がだんだんリンクしてゆくのは読んでてわかってくるのだが、この時代錯誤な両ストーリーがピッタリ交わったときの爽快感はなかなかのものだ。内容はグロテスクなので爽快感など皆無なのだが、このミステリ的手法の部分だけは爽快なのだからその上手さが伝わってくれてると思う(笑)

論理も道徳もとっぱらった世界観は従来通りのグロテスクとエロスで間違いないので、飴村行のその部分を好んでいる方はそれだけで読む価値アリ。だが、問題はミステリ部分なのだ。今までもグロ色の濃いホラーミステリとして印象づけられていた作者だが、今回はミステリ部分が飛躍的にレベルアップしたと個人的には思わずにはいられなったのだ。〔○○の○○を撮っている〕や〔○○の○○だったら良かったのにね〕という印象的だった言葉。どこかで使われるであろうと気付く伏線も少々あるが、キッチリと綺麗なミステリとして伏線をはり回収している。飴村行ってこんなにミステリしてたっけ?と思ったのは飴村作品を二冊しか読んでない僕だけの感想なのだろうか。。。たぶん違うだろう。ミステリ読みの方でも賛辞を送れるほどのクオリティだと思いたい。

ラストの終わり方もまたゾッとしてよろしいのだ。「ぎゃぁああ!そんなーーー」な感じで幕が下りちゃう(笑)ホラーミステリとしてどちらの比重も満足いく仕上がりとなっており、これが飴村行の現在地であり、〔吐き気がするほどの美味〕の創造者なのだ。


4.0 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.09 2011 【本:恐怖/戦慄】 comment2 trackback0

ジョン・ハート 『川は静かに流れ』

川は静かに流れ


「僕という人間を形作った出来事は、すべてその川の近くで起こった。川が見える場所で母を失い、川のほとりで恋に落ちた。父に家から追い出された日の、川のにおいすら覚えている」殺人の濡れ衣を着せられ故郷を追われたアダム。苦境に陥った親友のために数年ぶりに川辺の町に戻ったが、待ち受けていたのは自分を勘当した父、不機嫌な昔の恋人、そして新たなる殺人事件だった。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作。   (BY BOOKデータベース ハヤカワ文庫)


昨年のランキングでも『ラスト・チャイルド』がランク本を賑わせたジョン・ハートだが、一作目の『キングの死』からして話題の作品だった。そして二作目にあたる本書もまた評価の高い作品だったので気にはなっていた。そんな中お仲間さんのブログで紹介されていて、直後に黄色いお店で発見したので買う運びとなり、昨日のYさんの記事に触発されて早々に読んでみた(笑)ちなみに読み始めたのは数時間前で、今読み終わってるということは文字通り一気読みだった。


ミステリランキングなどで名前をよく目にしたのだが、ミステリというよりかは作者が言ったとおり〔家族の物語〕というほうが適切だろう。主人公はアダム・チェイスで過去に罪をかぶせられそうになり無罪を勝ち取ったが、それによって失われたものも多くならざる終えなかった。無罪から街を出て5年後アダムは故郷に帰ってくるのだが、5年の月日は様々なものを変貌させていて、アダムの居場所はないかに思われたが、帰郷後すぐにタイミングよく暴行や殺人などが起こってアダムは嫌がおうにも巻き込まれていく。しかし、それはミステリとしての側面であり、この主軸を起点にしてアダムの家族や恋人や友人との崩壊と再生の物語が堪能できるのだ。

言ってみればアダムという主人公はモノクロ写真しか胸中に持たにまま故郷に帰ってきたのである。しかし、現実はカラーであり時間ごとにカラー写真は更新されていき一枚一枚を複写すると映像になる感じなのだ。だが、アダムのはモノクロ写真で止まったまま故郷の現風景に追いついてしまったのだから、何も上手くいくハズはないのだ。だが、アダムはもがいて再生しようとするのである。自分の大切な家族や恋人や友人たちとの。そして過去との決着、現在との決着。父や母や継母や兄弟や恋人、それらが始めに語られた関係がどうなってゆくのか、予想できる箇所も多いが、それでもその場面を読むまで捲る手を止めることはできなかった。感動を呼び起こすわけでもなく、ハッピーエンドというわけでもない。それなのに、読了後は川が静かに流れるように余韻も静かに流れ続けてくれている。

アメリカの牧歌的な田園風景に流れる一筋の川は視覚的に印象深く、作品の中で蠱惑的なシーンを演出している。その牧歌的だが閉鎖的なコミュニティでの恐ろしい予感なるものはTHE・アメリカ的である。ハッピーエンドとはいかないが、決してミステリとして甘いわけでもない。まぁ伏線があからさまだったり、意中の人物がわかってしまったりもするのだが、少なくとも犯人という点で僕はミスリードされてしまっていた。もしかしたら作者のミスディレクションの上手いのではなく、僕が単純なのかも知れない(苦笑)


だが、本書ではそれでいいと思う。だって僕はこれだけ集中して一気に読んでしまって、犯人を推理する暇なんてなかったのだから。バラバラに散らばった欠片を拾い集める過程を堪能させてもらったのだから^^



4.1 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.09 2011 【本:ヒューマンドラマ】 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 02
2011
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。