スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

鶴田俊正 『規制緩和 ~市場の活性化と独禁法~』

規制緩和


本書で私が論じようとしたことは、日本の経済社会においてマーケットメカニズムが正常に機能するための制度的枠組みはどうあったらよいのか・・・・・政府規制と読禁法規制の双方について、政府と産業との関係はどうあるべきか、ということにおかれている。   (BY 本書掲載文 ちくま新書)


本書を読んだ理由がただただ唐突である。TVで〔規制緩和〕というフレーズが飛び交ってるものを観ててあまり話についていけないのが悔しくて、急に知りたくなったのである(笑)急に読みたくなって買ってきたものということで選択の余地はなく、初版は少し古い1997年刊。法律の世界で10年も時が経過してるということは、法改正などで随分それらを巡る環境は変化しているかも知れないが、知識が皆無な者にとっては一連の流を知れるということでよしとしようと思う。

まず規制緩和とは何かというと、文字通り「規制を緩和する」という意味である。マーケットを独占・寡占させない為など、市場の保護の観点から設けられたのであるが、規制に大まかに二種類あって、まず一つ目が【政府規制】で別名〔直接規制〕とも呼ばれる。もう一つが【独占禁止法】でこちらは〔間接規制〕とも呼ばれる。これらは経済を隅々まで市場原理で覆い尽くそうとしているのではなくて、一定の市場の競争や国民の利便性などにも密接に関連しそれをよりよいものへと昇華させるために設けられた。

規制緩和という制度は古くからあったが、「規制の緩和・見直し」というものが重要なテーマとされたのは、1993年に細川連立内閣が発足してからのようだ。その後めまぐるしく変わった政権の中でも、このテーマは常に重要な政策として考えられてきた。これに関連する動きは米国ではカーター政権から、英国ではサッチャー政権からみられたということもあり、国際社会というグローバルな世界でも風潮として同じベクトルを向いてるとみていいだろう。というか、やはり日本は後発国型からルール型規制へと脱しえてないようだし動きも遅いような印象を受けてしまった。

規制緩和を語るときに【政府規制】と【独占禁止法】という二つのものが重要かという前提の前に、日本の現状を語ると日本は〔規制国家〕と呼ばれるほどがんじがらめの規制網が敷かれており、ここでも「異質」の国という位置づけのようなのだ(苦笑)GHQが整備した体制をそのまま継続してるものが多いが、これもその部類なのかも知れない。まぁ現在では良くも悪くも規制緩和の影響は周りでみられるようになったわけであるが、以前は政府の産業介入は全幅の信頼が寄せられていて歓迎されてた。だがそれではいけないということで「いままでのような保護行政という観点からではなく、ルール型の規制へと転換してゆく」方向へ進み、軽視されがちだった〔独禁法〕の重視・整備が重要視されるようになったのだ。これは今までの産業育成という観点だけでなく、独占・寡占から市民を守るという観点も重視するという動きにおいても重要な方向性なのである。

もし独占・寡占が罷り通ってしまったら、あらゆる商品の価格を企業が操作できるようになってしまい、極端な例だが「じゃがいも一個1000円」というのも罷り通ってしまうのである。それが全製品に波及してしまうとどうなるだろうか。人間は食料を摂取しなければいけないから、どうしても買わなくいけなくなるが、消費者にはどうしようもなくその価格で買わざる終えないのだ。そういうことにならないように、【政府緩和】と【独占禁止法】がバランスよく市場にリズムを齎すこが大切なのである。

現在でもまだ問題は山積みであるようで、その最たる例が〔護送船団方式〕と指摘されているように、極端に競争の微弱な分野があったりするのだ。このような競争部分と非競争部分、すなわち政府規制産業の幅広さの反面、独禁法適用除外制度の有無が問題視されている。また、細分化して例を挙げてみるとまず電力会社の問題がある。電力・ガス・鉄道・バスなどなど、市民に密接に関連してくるものなので介入は適切であるといえるが、先進諸国と比べると電気料金は高いようである。これも政府規制が原因で競争する相手がいなく基盤が微弱になってしまうのだ。今電力会社の方々は原発の対応に命をかけて頑張っておられるが、これとはまた違った別の次元で情報開示の遅さなどが指摘されている。これはもしかしたら競争相手がいなかった電力会社がぬるま湯に浸っていて、責任問題の意識や危機体制の整備不足などが低いからのかも知れない。競争相手というのは経済の活性化には不可欠なのだということが痛いほどわかる例ではないだろうか。また、読書好きには密接に関係するであろう、再販制度などもある。〔再販制度〕とは「メーカーが卸売価格や末端の小売価格を決めて販売できる仕組み」のことであるが、こういった価格拘束は企業間競争を阻害し国民利益を損なうから禁止されている。だが、著作物(本や新聞や音楽CDなど)や一部の化粧品や医薬品には再販行為が認められているのである。こういうものは公平性に欠けるし指定再販の全廃が求められている。

またつい最近話題になった派遣労働の問題も一連の規制緩和が関わっているとも言われており、これは規制緩和の失敗例といっていいだろう。市場拡大の為に規制緩和は必須だが、規制する産業と自由経済に委ねるものとを取捨選択し、市場リズムを損なわないよう円滑な活動が育まれる改革が今後とも推進されてほしいと思う。



3.8 なむなむ!


↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
.30 2011 【本:社会派/社会】 comment2 trackback0

ここ最近買った本~~。

2~3月にかけて買った本が数十冊たまってますが、もう紹介しきれないので

一部だけ紹介させていただきますー^^。



erre 0724


エンツェンスベルガー 『数の悪魔』  算数・数学を面白く楽しめるようYA!向けに書いた本のようですが、大人も楽しめるかな?

エンツェンスベルガー 『政治と犯罪』  ↑と同じ著者ですがこちらは大人向け。政治と犯罪のコミットメントには興味があるんですが、ジャンルってなんなんでしょうか。わかrちません^^;;

陳 舜臣  『曼荼羅の人』   この作者さんの小説は一冊も読んだことないんですが、これは読んでおきたい一冊。曼荼羅というと空海ですが、竹内信夫『空海入門』を読んでからますます興味が向いております。そのうち最澄も・・・・。

レヴィット&タブナー 『ヤバい経済学』   タイトルと目次を読んでみたところ、経済学をPOPに解説したような本だと思います。中には相撲なんかと対比させていたりして、なかなか日本人向けっぽい感も。

ウンベルト・エーコ 『薔薇の名前 上・下』   これはもう難解なのか長編すぎるのか、挫折してる方もたくさんいるんではないでしょうか?(笑)僕も今読んだら挫折しそうですが、積んでる『前日島』よりはこちらの方が食指が動きます^^

中谷巌 『資本主義はなぜ自壊したのか』   海外の経済学者に比べて国内の経済学者は残念ながらあまり知りません。やっぱり海外の方のほうが論理的だし面白いんですよね。。。でも中谷さんは正剛さんと一緒にセミナーみたいなのをやってたので、一冊くらいは読んでみようと。

広瀬立成 『相対性理論の一世紀』   これはもちろん2005年にアインシュタインが相対性理論を発表してから一世紀が経ったということでのタイトルなのでアインシュタインに関する本です。空海と同じく今めちゃくちゃ知りたい人物の一人です。『アインシュタインをトランクに乗せて』がまぁまぁ面白かったのも背中を押してるかも。


erre 073


猪瀬直樹 『ピカレスク 太宰治伝』   去年から少しずつ太宰の素晴らしさに侵食されてるので、これは必須。お仲間さんも読んで好感触だったようなので楽しみですね。でも猪瀬さんって政治とか経済の本も書いてる?本書は太宰好きが高じて書いただけ?(笑)

埴谷雄高 『生命・宇宙・人類』   埴谷さんに立花隆がインタビュー形式でいろいろなことを質問する形式の本。質問が鋭ければ確実に面白い本でしょうね。『死霊』もいつかは読めねばいかんなぁーと思ってます。

夏目房之介 『漱石の孫』   そのまま夏目漱石の孫であり、コラムニストとしてマンガやらいろいろ手広く手がけているようです(笑)漱石に関するAtoZを書いたエッセイって感じでしょうか。一応購入ww

森見登美彦 『四畳半王国見聞録』   これだけはもちろん新刊です(笑)短編集のようですが『四畳半神話体系』や僕のブログタイトルとは一切関係ないややこしいタイトルの本ですね(笑)狸一族の続編が出版されるまで読みたくないっ!

梶尾真治 『百光年ハネムーン』   この〔ふしぎ文学館〕シリーズはあったら買うようにしてますが(といっても皆川さんのしか持ってない)、読んでみたいと思ってた著者がドンピシャで見つかって気分がいいです^^気になるタイトルがいくつか収録されてるので、今年中には読んでみますw

石原千秋 『漱石と三人の読者』   本日二冊目の漱石関連本。この方は根っからの漱石研究家のようなので、信頼に足る内容を書かれてる気がします。だけど、やっぱ漱石の作品全制覇してからのがいいのか悩みます。

松岡正剛 『知の編集術』   編集工学を駆使して出版界になくてはならない存在である正剛さんの技法を読めるとあっては放っておける本ではないですね。最近登美彦氏と同じくらい正剛さんを崇めるようになってきちゃいました^^。

グレッグ・イーガン 『ひとりっ子』   イーガンの日本オリジナル短編集。そういえばイーガンの作品もまだ一冊も読んでないですね^^;まぁまたそのうちSFに帰ると思いますw

ディック 『ユービック』 『偶然世界』   この人のはうちの本棚の青背で一番数が多いんではないでしょうか。でも読んでる冊数と持ってる冊数の%は一番低いです。。。

笠井潔 『バイバイ、エンジェル』   以前笠井さんの作品を購入したときに、お仲間さんから「これを先に読めー」ってアドバイスいただいたので待ってました(笑)最近国内の推理ものご無沙汰なので久々読もうかな。

川端康成 『古都』   お仲間さんにおすすめいただいた『山の音』でノックアウトされ、『伊豆の踊り子』もズッキュンときたので、月日をかけて太宰、漱石とともに全著作制覇する予定。微妙なエロチズムも絶妙w


erre 004


本日のにゃんこは冬に強いコテしゃんですー。むむ、手まで毛むくじゃらですな^^;;長毛さんは肉球の間の毛まですごく伸びるので、早く手入れしてあげないと。夏になったらどこまで毛剃ってっちゃおうかな。ヒヒヒヒ。


なむなむ!


↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ

.25 2011 【【古本&クラシックCD購入記】】 comment10 trackback0

今村仁司 『貨幣とは何だろうか』

貨幣とは何だろうか


貨幣を経済学の封じこめから解き放ち、人間の根源的なあり方の条件から光をあてて考察する貨幣の社会哲学。世界の名作を“貨幣小説”として読むなど冒険的試みに満ちたスリリングな論考。貨幣を人間関係の結晶化と見、自由と秩序をつくりだす媒介者としての重要性を説く。貨幣なき空間は死とカオスと暴力の世界に変貌するからだ。貨幣への新たな視線を獲得することを学ぶための必読の書。   (BY BOOKデータベース  ちくま新書)


今一番僕自身が興味を持ってると言っても過言でない分野が経済学である。その中でも特に知りたいことはというと、経済とは切っても切れない〔貨幣〕について。一口に〔貨幣〕といっても紙幣や硬貨から手形や債権や株なども、言って見れば広義の意味では貨幣である。〔貨幣〕は経済学を学ぶ上での早い段階で知っておかねばならない命題のようなもの。故に経済とは切っても切れない〔貨幣〕本を手に取ったわけなのだが、これがちょっと毛色が違ったのだ(苦笑)嫌、別に本書がおそまつだとか言うのではなくて、僕の狙った的とはちと外れた場所に白羽の矢が刺さっちゃったようなのだ。

なぜかというと、これは「経済学の貨幣論」ではなく、「社会哲学的貨幣論」だったのだ。何がどう違うのかというと、まず「経済学の貨幣論」というのは交換や市場での貨幣、すなわち貨幣の機能的な面で扱われるのが経済学での貨幣論。一方「社会哲学的貨幣論」というのは、貨幣の機能を記号論的に捉えるのではなく、貨幣の存在そのものから〔存在論〕としての貨幣を語ろうとしてるのである。なので、手にとって趣旨とは全く違ってくるのだ。しかし、これもまた興味深い貨幣論であるのは間違いなく、そのまま読んでしまった。

従来の貨幣論というのは貨幣を機能的に捉えることしかしない貨幣道具論止まりであり、このような素材の面でのみピックアップしても貨幣の本質は捉えられないと著者は言う。そうではなくて著者は「貨幣は形式としての貨幣」、貨幣形式が重要であると述べそこには〔死〕の概念をまとっているというのである。そんなこと言われてもイマイチピンとはこないだろうが、本書の中にはそれに関する記述はしっかりとある。例えば、マオリ族のマルセル・モースが贈与行為を行うとき、その贈与財には「死」が前提の行為だというのだ。確かにここはそのまま納得できる。しかし、納得できな部分があり、それは「貨幣は人間存在の根本条件である死の観念から発生する」という記述である。これが全編に流れる著者のエッセンスなのだが、これは「死」と「貨幣」を直結しすぎだと思えてならない。

この著作を読んだ松岡正剛も「「死の観念」がなかったとはいえない」とは述べてはいるが、「死の観念から発生する」とはやはり違う。ジンメル『貨幣の哲学』などを用いて俯瞰したりしているが、著者の論理には納得できることは到底できないというのが正直なところ。もちろん、それは僕が未熟で知識が乏しく、理解力不足というのもあなきにしもあらずだ。また、本書の物言いも難解でわかりずらく初心者が十分に咀嚼し飲み下せるレベルの本ではないようでもある。だが、この著者の「死」と「貨幣」の突拍子もない手の繋ぎ方には無理があるというのは、しっかりと向き合って読めばわかると思う。いろんな著名人の著作を引用して面白い部分もあったが、肝心の箇所は当てが外れたという印象だ。

しかし、お薦めもあって、それが三章・四章でゲーテ『親和力』とジッド『贋金つくり』という二つの「貨幣小説」を用いての貨幣の存在解説の部分。ここで「貨幣小説とは、人間世界を媒介し、関係の安定と秩序あるいは道徳と掟の世界をつくりだす媒介形式を主題とする」など、貨幣は犠牲の代理だと言っていたりもして、ここはモチーフといい論証といい一読、二読の価値があると思えるほど読み応えがあった。最終章では「エクリチュール的関係」までに踏み込んで文字と貨幣を対比してるが、ここもいきつく先は「死」への観念であるから、興味があれば読んでみてもいいのではと思う。

この著者の貨幣と死の結び付け方には難があるといった読後感だが、いかんせん僕が専門家でもなんでもないからそれは興味を持てば各々で確認してもらいたいと思う。だが、著者が捉えようとした貨幣形式の捉え方は嫌いではない。初めにも書いたが当初はただ経済学の貨幣を知ろうとして手に取った僕だが、こういう角度からも貨幣というのはアプローチがなされているんだと知れたのは豊作なんだと思うことにする(笑)そして、〔貨幣〕というのはそれ一つでかくも奥が深い存在なのだとちょっとした衝撃も残った。



3.9 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.23 2011 【本:社会派/社会】 comment3 trackback0

大町陽一郎 『クラシック音楽のすすめ』

クラシック音楽のすすめ


音楽に感動するとは、どういうことなのか。どの作曲家の、どの作品から始めたらいいのか。どの指揮者・演奏家がすぐれているのか。音楽をより身近なものに、と願う著者が、自身の豊富な音楽体験をとおして、クラシック音楽のもつ醍醐味を語り、鑑賞に必要な基礎知識を教える。  (BY 本書紹介文  講談社現代新書)


クラシック音楽に限らず、音楽というと僕の中では「知識を得てから聴くもの」ではなく、「聴いているその過程でいろいろな知識が付いてくる」というものだった。中学の頃からバンドをやったり駅前で弾き語りをやったり、もちろん家でレコードやCDを聴いたりもしていたし今もしている。ピアノも習ってた。なので、素人ながら音楽には少しはこだわりがあって知識もセンスも磨いてきたつもりだ。だが、数十枚のクラシックCDなんかを聴いていると、クラシックに関してはロックやパンクなどとは事情が違うなと感じたのだ。しかし勘違いしないで欲しいのは、クラシックが高尚だとか最も優れた知的音楽だなどとはこれっぽちも思ってなくて、そういう意味で他の音楽とは「事情が違う」と述べたのではない。

なぜクラシックは他と事情が違うのかというと、まずクラシックを聴いていてもどの音がどの楽器の音色なのかすらわからないのである。これは困った(苦笑)エレキやベース、ヴァイオリンくらいまではわかるのだが、ファゴットやコントラバスなんていわれると皆目検討がつかない。正直にいうと本書を読むまでヴァイオリンはまだしも、ヴィオラやチェロやコントラバスの奏でる音の区別すらつかなかったくらいなのだ^^;なのでオーボエなんか『のだめカンタービレ』を読んで初めて楽器の形を知ったくらいなのだから恥ずかしい(爆)

他にもわからない事が山ほどあって、ピアノとかやってたので楽譜とかはまだ読めるのだが、それ以外にホント初歩的で言うのも恥ずかしいくらい知らないことがあるのだ。恥を忍んで羅列してみると(笑)、ソナタって実際のところ何なの?なのである(笑)漠然とはわかるけど、きっちりとはわからない。バス記号、変拍子、対位法、変奏曲・協奏曲・交響詩・行進曲のちゃんとした違いもわからないので知りたい。なんか長い前置きだけど、こんな風に初歩的だが知っておきたい知識があったから『クラシック音楽のすすめ』を読んでみたのだ。

そして内容はというと、これがなかなか初心者には優しいものとなっていて、クラシック音楽はベートーヴェンの頃に貴族階級から民衆へと広がっていったとか、先に恥を忍んで述べたわからないことへの回答などの初歩知識を親切丁寧に教えてくれる。またこの作曲者ならこの系統が強いといったこと、例えばショパンやリストはピアノ音楽の代表的なものが多いとか、聴いていけばそれとなく掴めることかも知れないが、ちょっとしたミチシルベをしてくれていたりして至れり尽くせりだ。中でも大変為になったことは、〔音楽界でのエチケット〕の章。これはコンサートに赴くに際して、どうしたらいいのか?みたいなことを書いていて、言い換えてみれば「フレンチを食べるときの作法」みたいなものである。なのでまだ音楽会なんていったことないが、正装で行くメリット、オーヴァーなどの持込は音響を悪化させる、拍手の種類や重要性、などなど目から鱗な話が満載だった。

しかし、出版されて月日が経ってるせいか首をかしげてしまう箇所がある。それは、「音楽会にくる人たちは、若いうちに若さあふれる曲を愛好するのですが、だんだん成長して社会人となって、一本立ちしたときには、音楽会へこなくなってしまい、やがて男性は一定の地位も得、女性も子どもの手が放せるようになって経済的にも音楽会へ行く余裕が出来る年ごろになってくると、ふしぎと謡曲や小唄など日本趣味の音楽のほうへ行ってしまいます。」というような年をとるとクラシック離れしてしうというような事が書かれている箇所。確かに歳をとった方が演歌を嗜む方が多い気はするのですが、皆が皆日本の郷愁ただよう音楽に回帰するとは思えない。これが書かれた時代も別にそんなこともなかっただろうと思う。

だけど、上記以外は非常に有意義な内容のクラシック指南書だと僕は思う。コンサートには絶対行きたくなるし、これを機に聴き方も少し変化するだろう。メロディや旋律~クラシックの種類まで、基本的なことは網羅されてて、初心者には絶対役に立つと言っておこうと思う。。。。


ちなみに僕が好きなのはやっぱりピアノ協奏曲が多いようだ。ブラボ~~~~~~~~~~~~~~~♪w



3.9 なむなむ!



↓参加しております^^


↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.18 2011 【本:クラシック】 comment2 trackback0

アントニイ・バークリー 『第二の銃声』

第二の銃声


高名な探偵作家ヒルヤードの邸で、ゲストを招いて行われた推理劇。だが、被害者役を演じるスコット=デイヴィスは、二発の銃声ののち本物の死体となって発見された。事件発生時の状況から殺人の嫌疑を掛けられたピンカートンは、素人探偵シェリンガムに助けを求める。二転三転する論証の果てに明かされる驚愕の真相。探偵小説の可能性を追求し、時代を超えて高評価を得た傑作。  (BY 背表紙参照  創元推理文庫)


本が好き!〕の献本です。


『毒入りチョコレート事件』でもバークリーは推理小説の形はかくかくしかじかだけではないとチタウィック氏に述べさせていた。それはこうである。「与えられたある事実からは単一の推論しか許されないらしく、しかも必ずそれが正しい推論であることになってるのがしばしばです。」と。これはバークリーの時代だけでなく、今でもなお通用してしまうほど的を得た表現だと思う(もちろんそうでない作品も多々あるが)。しかし決してバークリーのこれは型にハマった推理小説のアンチテーゼではないのである。だからこそバークリーはすごいのだ。独創的な発想であり、それが作品の構成や推理の型隊として表れていて今でも他の推理小説作品と一線を帰す面白さを持ってるんだと、バークリー二作目にして思ってしまうほどなのだ。

本書もバークリーの推理の形が如実に表れていて舌を巻いてしまった。殺人の喜劇を仲間内で催して、近隣の作家に推理してもらうといういかにもな祖筋を追ってみると、なんだか平凡に思えてくるかもしれない。しかし、そこはバークリー。心理と人間性にアプローチを試みつつも、推理小説としての核はがっしりと備えているのだ。犯人がいるからにはあからさまな描写や心理的な動きを描くことはままならない。やはり「さりげなく」になってしまう。しかし、バークリーは大胆に人物をリアルに描こうと試みているし、探偵役であるシェリンガムをこの上ない手綱捌きで操っているのだ。こればっかりは最後まで読んだ者だけの特権だろうが、この犯人を知ったときに感じる伏線の配慮には並々ならぬものがあると言わざる終えない。なんとなーく犯人は○○だと察知できてしまし、実際それがそうなってしまうのである。が、バークリーがチタウィック氏に言わせた言葉を思い出していただきたい。そう、バークリーはここでもそれを遂行し、どんでん返しとは何かを教えてくれるようなラストへと到達させているのだからあっぱれ以外の何も言うことがない。

もちろんキャラやラストを読んだあとの木目細やかな伏線なんかも素晴らしいものがある。だが、バークリーが提示する探偵の役目は、何も推理の解決へと導くだけの存在だけに留まらないという大胆でユニークな思考をもって活躍させるそこにこそ面白さがある。探偵=答えではない。だからバークリーは素晴らしいんだ。


4.1 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.16 2011 【本:どんでん返し/名推理】 comment6 trackback1
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 03
2011
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。