スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

沢木耕太郎 『危機の宰相』

危機の宰相


政治家・池田勇人、エコノミスト・下村治、宏池会事務局長・田村敏雄―大蔵省という組織における敗者三人が、戦後の激動期をへて、「所得倍増」という夢を現実化してゆく…。「文藝春秋」誌上に発表された幻の作品が、加筆されてついに単行本化!!『テロルの決算』と対をなす歴史ノンフィクションの傑作。   (BY BOOKデータベース   2006.04.10  魁星出版)


久しぶりに沢木耕太郎の著作を読みたくて積読していた本が本書である。一時期沢木さんの著作を乱読しまくった時期があったが、どれもこれもフィクションとして素晴らしい観察力、編集力、抒情的で得意な視点で尋常じゃないリーダビリティがあった。著者の小説も淡々とした静謐な筆致で世界観に浸ってしまうのだが、やはり個人的にはこの著者のフィクションに方を並べられる書き手はそうそう見つからないと思ってる。

だが、本書もノンフィクションとはいえ「政治家」に焦点を当てたもので、いままでのとは少し題材が異なっている。でも、そこは沢木さんなのであまり知らない政治家の話だとしても興味深く読めるだろうとは思っていた。もちろん、それはその通りで自分がまだ存在してない時代の事ですら感心を持てるようにもなった。でも本書は名著『テロルの決算』後、『一瞬の夏』の前に書かれた作品であり、それから数十年後の2006年に加筆修正し出版に漕ぎ着けた作品らしい。こんなに年月が経ってしまったのはあとがきに詳しいが、出版が待ち望まれた本でもあったようでそれだけで内容の素晴らしさを物語っていると思う。

本書は政治家・池田勇人、エコノミスト・下村治、宏池会事務局長・田村敏雄という三人の「ルーザー」に焦点を当てて、【所得倍増】という政治史に残るスローガンを実行した経緯と内情を克明に抉り描き出したものだ。「ルーザー」とは何かというと、文字通り「敗れた者」という意味なのだが、本当の意味でのルーザーではもちろんない。この「ルーザー」というのは池田内閣誕生以前に三人とも人生において(政界人として)挫折を味わい苦労して一端ドロップアウトしたという経歴から、沢木は「ルーザー」と名付けただけなのだ。しかも、この「ルーザー」というのは吉田茂がいつかに言った「日本はグッドルーザーだった」という言葉をこの三人にも当てたものなので、三人は「良き敗戦者」というくくりで実は賛辞なのだ。

その三人が何をしたかというと、これは前述したように「高度成長」を【所得倍増】計画をもって成したという日本の政治史に足跡を残した偉業を描いている。表舞台にでて日本を牽引した池田に事務の元締めとして裏方に徹した田村、そして池田の頭脳として政策を計画した下村。この三人をそれぞれ章の主役とし、実に奇妙ともいえるような三人の結びつきを端整な筆致で読ませてくれる。だが、この頃は初期の沢木さんだからなのか、1人称と3人称が入り混じっており少し統一感に欠け読みやすくはない。所得倍増という経済も絡んでくるので僕は読めたが、興味がなければ読破は難しいかも知れない(苦笑)

だが、そうはいってもこの頃から沢木さんの無駄のない端整な筆致で沢木さんらしい筆運びは変わらなない。高度成長論を支持するものがブレーンの中でもあまり居ない中、ルーザーたちは所得倍増というスローガンを掲げ見事自分達の目標を達成してしまう。もちろん、それは舗装された綺麗な道程ではなく、長く険しいものであり、そこに至るまでの経緯には人間臭さが滲み出ている。しかし、政治家も人間であり人間臭さがぷんぷんするドラマを沢木はよくぞ描ききったという読後感だ。三人がルーザーからグッドルーザーになった信念を貫く姿勢と沢木さんはまだ30歳前後のときによくここに焦点を当てて書ききったなと賛辞を贈りたい。

そして、民意をしっかりと把握し実行してくれる政治家が僕の知らない時代にまだいたこと。それに比べ「美しい国」みたいな抽象的で何をするのかすらヴィジョンが見えてこないスローガンを掲げた現代の政治家はなんなんだろうと一層強く思ってしまう(苦笑)これを読んでる時に「歴代首相ベスト」と「ワースト首相」なるアンケートを目にしたが、ベストの方は昔の首相ばかりで、ワーストは最近の首相ばかりである。時代が移り変わるにつれて政治家は本当のルーザーになってしまったのかなと、グッドルーザーたちと比べて嘆いてしまうのであった。




3.8 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
.26 2011 【本:ノンフィクション】 comment0 trackback0

茂木健一郎 『あなたにもわかる相対性理論』

あなたにもわかる相対性理論


二十世紀最大の発見といわれるアインシュタインの相対性理論は、どこが真に革命的だったのか?お茶の間でも人気の科学者が、「時間の遅れ」「物体の縮み」など、相対性理論のポイントを踏まえてわかりやすく解説する。また、著者自身が人生において大きな影響を受けたアインシュタイン思想の核心を10の視点から捉えなおす。巻末には著者翻訳の相対性理論「第2論文」を全文掲載。E=mc2がいかに導き出されるのかを読み解く。    (BY BOOKデータベース  2009.10.02  PHPサイエンスワールド新書)


TVで観ない週はないというほどメディアにどんどん露出している脳科学者・茂木健一郎の著作である。「脳科学の茂木さんが相対性理論?」と思ってしまったが、まぁ科学という繋がりとまえがきを読むと著者が相対性理論(というかアインシュタイン)について述べたかった訳が理解できる。

話が変わるがやっぱりこの「PHPサイエンスワールド新書」というシリーズには一言物申したくなってしまう。以前読んで記事にした常石敬一『原発とプルトニウム』でも言及したように、この新書シリーズのタイトルの付け方には難がある。本書は『あなたにもわかる相対性理論』というタイトルで、相対性理論についても図解や絵などでわかり易く説明している箇所もあるが、本書の内容のほとんどは相対性理論の事というよりかは、「アインシュタインで見る茂木の哲学」みたいなものなのだ。よって、アインシュタインの背景や信念や功績などでほぼ埋められており、これだったら「アインシュタイン入門書」という風なタイトルがしっくりくる。本書がこの新書シリーズ一冊目なのだが、一冊目からしてこういうタイトルの付け方ということは、やはりずっと内容を勘違いしてしまうタイトルだろうから、これからこのPHPサイエンスワールド新書を読まれる方は、タイトルで釣られず少し内容を確認してから購入・読書をはじめたほうがいいかも知れない(苦笑)まぁ悪くばかり言うのもなんなので少しフォローしておくと、このシリーズのラインナップを見るとなかなかすごい面子が執筆していて面白そうな本がいくつもある。池内了、佐藤勝彦、川上紳一、瀬山士郎、日高敏隆、養老孟司などなどなかなかのラインナップでしょ?(笑)

話がそれてしまったので本題に入ると、先にも述べたように本書は相対性理論を詳しく説明した本というよりかは、アインシュタインがいかに凄かったかということを、幼少期にアインシュタインを崇拝し始めた茂木が熱く語っているというものだ。相対性理論についても判りやすい絵などで説明されてはいるが、相対性理論やアインシュタインの関連本に興味があって読んだことがある者なら、すでに心得てるような事象しか載ってないのであまり参考にはならない。しかし、巻末にアインシュタインの最も有名な公式であるE=mc2を導いた【第2論文】がすべて掲載されていて、今までの記述と格段にレベルが違ってくる(笑)これは物理学をしっかりやってる者じゃないと理解できないような数式のオンパレードなので、全くこの導きの理解はできなかった。が、この論文、論文にしてはものすごく短いのだ。この短い論文をもってしてE=mc2という人類史上最もシンプルで美しい公式を導き出したアインシュタインはやはりそれだけで偉大だというのは身に染みてわかった。

でも本書を読んでいるとアインシュタインの偉大さは世紀の大発見をしただけではないというのを感じれること。それは著者の茂木の筆力と言っても過言ではないだろう。まず茂木のアインシュタインに対する眼差しがものすごく熱く、茂木の出発点がアインシュタインであり、科学のあり方をアインシュタインで体現してところが理解しやすい。「アインシュタイン力」という10の項目にわけて「アインシュタインはこうだった、だからこんな偉大なことができた」など、さすが脳科学者だというようなシンプルな言葉だが、誰でも容易に理解できる筆運びをしている。アインシュタインにつてい学びたいと思う方への入門書としてなら本書は満点ではないだろうかと思えるほどである。

特にニュートンの「絶対空間」「絶対時間」というこれまでの科学の前提に置かれていたニュートン力学の難を、疑問に思い続けて「特殊相対性理論」を完成させたアインシュタインの思考の根源にあるものはすごい。権力や既存の絶対的な理論にさえ間違っていると思えば、疑問を抱き続け本当の答えを導き出してしまうその姿勢。そして、その導き出した「特殊相対性理論」でさえ光につていは応用でず、自分が導いた理論であるにも関わらずそれを広げて「一般相対性理論」を構築してしまう柔軟さ。アインシュタインは考え抜く剛の力と何事も柔らかく思考する柔の力を持ってたからこそ世紀の偉大な人物になり得たのだ。どこぞの誰かがアインシュタインの脳を取り出して後世の為に保存するというような突拍子もない考えを実行してしまったのも、なんだが気持ちだけは理解できる気がする。実際やっちゃうのはなんだかなぁという気分にはなるが(笑)

長くなっちゃったのでここで締めくくろうと思うが、「相対性理論を漠然ともわからない」とか「アインシュタインって一体全体何が偉大なの?」と思ってる人にとってものすごく糧になる本だと思う。逆に「アインシュタインにつていもっともっと深く知りたい!」という人にとっては、他にうってつけでディープな本があると思う。だが、本書を読むとアインシュタインの有名な舌を出して写っている写真のあの舌を出した理由、それが茂木健一郎の筆から感覚的ではあるがなんとなくポーズをとっているアインシュタインの姿が想像できてしまうから茂木健一郎の言いたかったこともよくわかる。


3.4 なむなむ!


※読書メモ : インフェルト、ガモフ、ハイゼンベルク、ポアンカレ、マッハ、ランダウ、佐藤勝彦、ロゲルギスト


↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.23 2011 【本:サイエンス/フィクション】 comment5 trackback0

島田荘司 『写楽 閉じた国の幻』

写楽


わずか十ヶ月間の活躍、突然の消息不明。写楽を知る同時代の絵師、板元の不可解な沈黙。錯綜する諸説、乱立する矛盾。歴史の点と線をつなぎ浮上する謎の言葉「命須照」、見過ごされてきた「日記」、辿りついた古びた墓石。史実と虚構のモザイクが完成する時、美術史上最大の迷宮事件の「真犯人」が姿を現す。   (BY BOOKデータベース   2010.6.20 新潮社 )


謎というものは人を惹きつけてやまない蠱惑的な存在だ。邪馬台国の謎や大きく捉えるとミステリも謎あっての存在である。本書の写楽もまた長年国内に留まらず研究者たちを悩ませてきた謎なのである。10ヶ月あまりで普通の絵師では考えられないほどの作品を世に出し、突然ふつっと姿を消してしまう。その為別人説や大物説など多くの憶測を呼んでいるのだが、どれも確証がなく登場する経緯も姿を消した後の消息も今では謎となってしまっている。写楽という人物自体が謎そのものということだが、これは格好のミステリの題材ではないだろうか。それをあの島荘が20年という歳月をかけて構想し探求しミステリ小説として誕生させたのだから、一介の読者といえど興味を持てないわけがなかった(笑)

タイトルが『写楽』といっても時代ものではなく、語られるのは現代が舞台だ(中盤過去と現代を入り混ぜて語られる箇所もある)。何もかも上手くゆかない上にエレベーター事故で息子を失い、落ちに落ちてしまった主人公。この人物が実は写楽の研究家で過去に一冊本も著していて、人生のどん底を味わいつつも偶然見つけた絵を通じて写楽という謎の真相解明へと進んでゆく。これが600P強という大作にて描かれていて、島荘の中でもかなりの力作だと思う。ストーリーの構成やきっちり論理立てた上でのどんでん返しは賞賛を送らずには入られないだろう。

何が一番面白いのかというと、やはり「写楽」は一体全体誰だったのか?という謎に対する、作者の奇抜なアンサーにある。恥ずかしながら「写楽」についての本を多く読んでいるわけではないので、この写楽の真相が奇抜だと声たからかには言えない。が、これが思いもよらない着眼点から導かれたのだと確信することは、本書の記述や島荘自身によるあとがきによって理解できる。思えばエレベーター問題の箇所からして日本というか日本人を批判的に描いていたが、テーマも一応一貫してるとも言えるのではないだろうか(笑)歳月をかけた集めた資料と熟考したであろう個性的な論証。ミステリとしてかなりの力作で、このミス2位も異論なく納得でき、歴史ミステリとして投じた一石はかなり大きいのではないだろうか。さすが島荘^^

だが、語るべきものが多すぎて整理できなかったのか、ここまで大作になってしまうようなストーリーでもなかったような気はする。加えて女教授は一体何者だったのか?とか主人公はこの後どうなるのかなどなど、未解決問題も多くの残したまま終わってしまった感は拭えない。まぁこの部分はあとがきで自身も指摘されていて、この続編の題材も構想ももうネタはあっていつか書くというような事まで言及されていたので、ここは次回のお楽しみにとっておこうと思う。また現代と江戸が交互に語られる箇所もあるのだが、ここが綺麗にリンクして語られていなくて、別段こういう語り方する必要もなかったのではと思ってしまったが、、、、。


思えば西洋絵画にはそれなりに著作も読んだり作品も観て触れていたが、「浮世絵」に関しては西洋絵画に反比例するように接してきてない自分がいたことに読んでいて気づきました。本書のエッセンスの一つである「日本人は日本のあれこれを軽視しすぎだ」というようなものが、グサッともろに刺さってきました(苦笑)そんな僕でも本書を読んでしまうと、浮世絵や絵師、歌舞伎などにも興味を持ってしまうほどそちらの方面の魅力も詰まっている。北斎や歌麿や一九。名前は知っていれど深くは知らない絵師たちだが、日本にも素晴らしい絵描きがいて、近すぎて見えなくなってしまっては勿体無いなと思っちゃう。浮世絵にも興味が持てたので今後こっち関係の本も読んでゆきたい。



4.2 なむなむ!



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.22 2011 【本:エンターテイメント】 comment8 trackback0

朽木ゆり子 『フェルメール 全点踏破の旅』

フェルメール全点踏破の旅



日本でもゴッホと並ぶ人気を持つ十七世紀オランダの画家、ヨハネス・フェルメール。その作品は世界中でわずか三十数点である。その数の少なさ故に、欧米各都市の美術館に散在するフェルメール全作品を訪ねる至福の旅が成立する。しかもフェルメールは、年齢・性別を超えて広く受け入れられる魅力をたたえながら、一方で贋作騒動、盗難劇、ナチスの略奪の過去など、知的好奇心を強くそそる背景を持つ。『盗まれたフェルメール』の著者でニューヨーク在住のジャーナリストが、全点踏破の野望を抱いて旅に出る。  (BY BOOKデータベース  集英社新書ヴィジュアル版/2006.9.20)


この本の存在は黄色いお店で手にとってみるまで知らなかったんだけど、オールカラーでタイトルにあるようにフェルメールの全作品が写真付きで載っているからお得だ。それぞれの作品の解説と共にその絵自体も見比べられるのでなかなか読みやすいフェルメール本だと思う。いかんせん新書サイズなので載っている写真が少し小さいのが残念だが、そこは所持しているフェルメールの画集などでカヴァーしておいた(笑)

まずフェルメールは非常に寡作で、一般的に現存する作品は37点だと言われている。その中でも真作か贋作かと意見が分かれていたりもするので、フェルメール作品は34点だとか30数点だとも言われており、真相は竹林の中だ。だが絵画についてまだまだ浅学な僕にもここには持論があって、僕の中では〔フルートを持つ女〕と〔聖プラクセデス〕は疑わしいのではないかと勝手に勘ぐっている(笑)まず〔聖プラクセデス〕はフェルメールらしさが全く感じれない。宗教画のようなので初期の作品だろうけど、それにしてもタッチやフェルメールの雰囲気が皆無な気がする。〔フルートを持つ女〕は人物像やその佇まいなんかはフェルメールっぽいといえばそう見えるのだが、こんな構図でこんな光の使い方をするのかな?と思ってしまう。本書に書いてあった「フェルメールが描きはじめたが、彼の死後力の劣った画家、おそらくヤン・クーレンビアが仕上げたのだろう」というようなほかの画家が仕上げた説ならなんとなくではあるが納得できるのだが。。。

おっと、少し本書の紹介から脱線してしまったけど(^^;)、この著者・朽木ゆり子はフェルメールないし絵画に関する専門家ではなく、どうやら好きが高じてフェルメールを研究し始めたようで、本来はジャーナリストや翻訳家としての面が大きいようだ。だが、本書は『フェルメール 全点踏破の旅』というだけあって、フェルメール全作品を網羅している。専門家ではないのでフェルメールの専門家や絵画評論家、他のフェルメールに関する著作などに頼って記述されている部分も大きいが、それぞれの展示場所やその特性、その絵の寓意、そしてジャーナリスティックな面白い持論などが書かれていて、フェルメールの絵を見る前にこれ一冊だけでも読んでおくと見方が随分変わるだろうなと思う。

例えば〔デルフトの眺望〕をとってみると、

デルフトの眺望2


この作品はカメラ・オブスクーラ(暗箱)の助けを借りて描かれていると推測されているが、風景画レンズに写ったままを描写をしたわけではないと言われていたりする。また、フェルメールは建物の高さや重なりを微妙に操作して、空と水の間に細い帯のように建築物が並んでいる効果を出した。さらにX線写真から修正箇所も判明していて、フェルメールは写実的に描写したのではないということがわかるのである。写実的なようでいて写実的でない。それでこそフェルメールだ。

また、この絵をあのプルーストも絶賛しており、「世界でもっとも美しい絵」との賞賛を送った上に、『失われた時を求めて』で登場人物の小説家に「小さな黄色い壁の絵の具をいくつも積み上げて、文章(フレーズ)そのものを価値あるものにしなければいけなかったんだ」というセリフを言わせており、その後この登場人物はある言葉を残して展覧会場で発作を起こし死んでしまうのだ。プルーストは病床からこの展覧会を見に行きその後『失われた時を求めて』を書いて他界したというから、この登場人物も行動はプルーストのフェルメールに対する賞賛以外の何物でもないだろう。

だが、僕が個人的に好きなフェルメールの絵というものはもう確固たる地位を僕の中で築いてしまっている。実物は見たことないが、ダヴィンチやラトゥールやモローなどといった好きな画家の中でも、特に気に入ってるフェルメールの作品が2点あるのだ。それは〔地理学者〕と〔天文学者〕である。フェルメールといえばやはりトローニーである〔真珠の耳飾の少女〕とか〔牛乳を注ぐ女〕など、女性の内面が浮き出てくるような絵の方が人気があるだろう。僕も〔レースを編む女〕を直で観たときには、こんな小さな額縁に嵌ったもっと小さな絵が、女性的で可愛らしい効果を生むと共に、直向きにレースを編む女性に親しみやすさと優美さすら感じてしまったくらいだ(ちなみにこれにはダリによる贋作もあるw)。

もちろんフェルメールが描く数少ない男性の被写体だからという理由でこの二つを好きなのではない。嫌、少しはあるかも知れないが、女性の被写体描写にはないものがここには詰まっているからなのである。


地理学者

天文学者2


この2点を見比べるととても似通ってる共通点が見えてくる。ます被写体も似ているし構図も似通っている。家具の配置や小物の類似、全体的な光に色合いは違うが、光の差し方は同じような陰影なのである。しかし、何度もじ~っと凝視して見比べていると、そこから読み取れるものは違ったものが浮かんでくるように思う。

実は描かれている人物は共通の人物だと思われていて、両者とも科学者・レーウェンフックという人物であるらしい。またレンブラントやレンブラントの弟子・ダウも好んで書いた「書斎の学者」という主題であり、これも共に共通するものだ。だがこの作品2つは対の作品ではないのである。これだけ似通ってる要素があるのに、別々であるというのは不思議で魅力の一つだろう。

〔地理学者〕のほうはこれぞフェルメール!といったフェルメール的な作品。光が左の窓から射し込み、地理学者は作業の手を止め窓の外を眺め何かに思い耽っている。何に思いを馳せているのかは見るもの次第だと思うが、この光の射しかたや光の充満具合から、この考え事によって後々何かを閃くような、または爽快な気分を感じさせるような雰囲気だ。また、フェルメールが地理学者や天文学者を描くことでその時代の科学的なものにも関心があったことがわかる。

〔天文学者〕のほうは地理学者と違って左の窓から同じような光の射しかたをしてはいるものの、全体的に暗めなトーンになっている。これはたぶん天文学者ということで夜の月の光をイメージしてるようにも観れる。その為、地理学者では爽快感なるものを感じたが、天文学者では何か叡智すら感じる雰囲気なのだ。光の射しかたがこうなので、全体的にソフトになっているのも面白い。「天球儀」に右手をかざし何を考えているのだろうか?(ちなみに地理学者のものは地球儀)。また机上に置かれている本も実在するものでページ数までわかっており、本の後ろの置かれている器具は天体観測用のアストロラープだという。こういった小道具を細部まで繊細に描いているのはフェルメールの全盛期の作品で、後期では細部はぼかしたものも多く、この2点はそういった点でも好きなのだ。


このように自分の作品に対する想いと書かれている情報とを読み比べてみるのも面白い。また基本的な情報量ではあるが、ガイドブック的な役割を果たしてくれもするだろうし、解がめぐりの旅のお供に一冊持参するのもいいだろう。全点網羅されているのでフェルメール本として様々な楽しみ方ができると思うので、お勧めの一冊だ。



4.1 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ

.17 2011 【本:絵画/芸術】 comment3 trackback0

堀井義輝 『2011年、閉塞を打破せよ』

2011年、閉塞を打破せよ


産業の空洞化・低成長・デフレ・国債の膨張などから脱却するには外国為替制度・消費税と法人税・社会保障制度などを、短期間に抜本的に改革する必要がある。  (BY BOOKデータベース  幻冬舎ルネッサンス)


書評サイト『本が好き!』からの献本です。


日本の失われた10年。と言わずもう15年20年はくだらない日本の経済の停滞の解決策はあるのか?産業の空洞化やデフレ脱却、税制問題、社会保障や政治改革など問題は山積みである。そういった多くの日本の問題を幅広く取り上げ、どうすればいいのか著者の見解がきっちりと述べられているのが本書。本当に幅広く問題を取り上げているので紹介すると、

第1章 歳出の抜本改革
第2章 経済成長戦略、輸出倍増政策
第3章 税制改革
第4章 政治改革
第5章 公務員制度改革
第6章 防衛政策
第7章 教育改革
第8章 農業・漁業の構造改革
第9章 少子化対策
第10章 地球温暖化対策
第11章 宇宙開発政策

となっていて多岐に渡っているのがわかるだろう。これがさらに細分化されていて、一章の「歳出の抜本改革
」ならば、医療・介護保険、年金制度、失業手当などよくニュースなどで耳にする問題について論じられているのでとても興味が持てる。

しかし、読んでいくとこれが首をかしげてしまうのだ(苦笑)多くの問題を取り上げているのは興味深いし、ちゃんとどうすればいいか著者なりの見解(回答)もきっちり書かれてある。しかしいかんせんこの著者の言ってることを真に受けていいのか迷ってしまうような書き方がされているのだ。まず問題が提起されているのはいいのだが、次にくるのが答えになってしまっている。真ん中の過程が抜け落ちてしまっているのだ。数学の問題で問と解だけあっても、過程がなければ納得できないままだけど、それと似たような感覚。「それどうやって答え出したの?」と思ってしまうほど、「考察」の部分が抜けてしまっている。これはこういう本にとっては致命的だと思うし、良書とはなりえないだろう。多岐に問題を提起してるのはいいのだが、「考察」の部分を疎かにしてまで広範囲な諸問題に手を広げる必要は全くなく、これならば一つの物事に対してとことん突き詰めて考えたほうが面白かったんじゃないかと思えてしまう。

また、著者の文章というか思考には過激なものも多く、苦笑いしてしまう場面も多々あるのが気になる。年金につていもそうだし、防衛の事柄に至っては賛同できるものが皆無に等しい。ほぼこういった問題に対して知識がない者が本書を読んで鵜呑みにしないか心配なくらいである。

著者が自分自身で提示した問題に対して、一つ残らず打開案を述べていることはとても好印象なのだが、その打開案が一理はあっても納得できないものが多く、考察も全く足りないという点で、全体的に説得力に欠ける内容となってしまったのではないでしょうか。


2.5 なむなむ!




↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.11 2011 【本:社会派/社会】 comment4 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 05
2011
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。