スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

三津田信三 『十三の呪  死相学探偵1』

十三の呪


幼少の頃から、人間に取り憑いた不吉な死の影が視える弦矢俊一郎。その能力を“売り”にして東京の神保町に構えた探偵事務所に、最初の依頼人がやってきた。アイドル顔負けの容姿をもつ紗綾香。IT系の青年社長に見初められるも、式の直前に婚約者が急死。彼の実家では、次々と怪異現象も起きているという。神妙な面持ちで語る彼女の露出した肌に、俊一郎は不気味な何かが蠢くのを視ていた。死相学探偵シリーズ第1弾。   (2008.6.25  角川ホラー文庫)


今出版されてる三津田さんの著作の数に対して、自分の読了数はまだ半分にも満たないのですが(^^;)、この作家さんの作品構成は大好物です。本書は死相学探偵シリーズの1ですが、以前読んだ『赫眼』にこのシリーズの短編が入ってたので一応お初ではありません^^。

本書の主人公・弦矢俊一郎は探偵事務所を構える青年であり、〔死相学探偵〕という肩書きにあるように「他人に表れた死相が見える」という特殊な能力を持っている。なので、いかにもこの作家らしい〔怪奇とミステリ〕の融合が望めそうな取り合わせだと楽しみが増す。そして、本書でシリーズ1とうことは事務所開き第一号の顧客の事件を解決することになるのだが、この依頼人が持ち込んできた依頼がやっぱり三津田信三らしく、弦矢が視た〔死相〕と怪奇現象とのミッシングリンクを探すといもので頼もしいプロットだと思う(笑)

読み始めてこのミッシングリンクこそ楽しみだったが少し既読作と比べると怪奇調な雰囲気も薄いし、怪奇な現象も小手先であまり読み栄えがしないなぁと思っていた。が、、、残念ながら終始この評価が覆ることはなかった(苦笑)この作家は好きなので残念さも一塩だが、〔三津田信三シリーズ〕も怪奇調はあれどラヴクラフトやら正史やら、歴代の濃厚な霧がかった怪奇に比べるとまだ弱い感じだった。本書はその気になってた点がますます露呈しちゃってた上に、真相もなんだかイマイチ説得力にも驚きも欠けてしまっている(まぁ結末のもやもや感は三津田信三シリーズもそうなのだが)。また、主人公の感情の希薄さも好きになれないし、作品全体の軽さが会話のパサパサした乾いた感じなどで助長されてたのは明らかだ。三津田さんをかっていただけに(勝手にだが)残念な評価とせざる終えないのがなんだか悔しい(苦笑)だが、ミッシングリンクだけは作品の雰囲気や結末と切り離して俯瞰してみると、さすが細かく配慮していることがうかがい知れる。まぁ小手先なのは否めないが、しっかりと糸を手繰り寄せれば、それぞれ引っ張った糸というしかけんの先には答えがくっ付けられている。でもこれも作品全体の軽さにかき消されてしまってあまり特筆する箇所でもない。三津田信三らしさはあるけど、限りなく薄められた、さしずめ水で薄められた赤ワインのような味ではないだろうか。

だけど、それでもこの作家さんの好ましいところは、作品の有無にも関わらず「ホラー小説やホラー映画を愛してる」のがガンガン響いてくるとこだ。確か『忌館』にもあったがホラー関係の作品を作品の隙間に滑り込ませてくるところがお茶目だ(笑)まったく書く必要がないのに(←ここがミソw)ヘッセリウス博士や幽霊狩人カーナッキ、ヴァン・ヘルシング教授やアーミティッジ館長やサイレンス博士などを出して、主人公に「今日はアーミティッジ館長でいこう」なんて言わせたりするのが三津田信三流の笑いの要素なのだ(笑)もちろんホラー映画の羅列もあるし、猫小説を羅列する箇所もあるのだが、本当のミステリ好きしか知らないような隠れた名作『猫たちの聖夜』まで名前があるのだ。こんなにくい演出よくするなぁ^^シニアック辺りのミステリも登場させててこういう三津田信三なりのユーモアがあって少し救われた。

大元の黒幕かなにかはわからないが、このシリーズは裏で何かが糸をひいているようで、本書の本当の裏側はあからさまに隠されたまま終わった。もしかしたら、この裏の真相が実はこのシリーズ通しての騙し絵として存在してくれてたら・・・・この作品の出来も許せちゃうので、シリーズ2も読んじゃおうと思います(←好きな作家さんのはなんやかんや理由をつけて読む気ww)。




3.2 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
.17 2011 【本:エンターテイメント】 comment6 trackback1

川上未映子 『ヘヴン』

ヘヴン


「僕とコジマの友情は永遠に続くはずだった。もし彼らが僕たちを放っておいてくれたなら―」驚愕と衝撃、圧倒的感動。涙がとめどなく流れる―。善悪の根源を問う、著者初の長篇小説。   (2009.9.1  講談社)


川上未映子の作品が苦手という方は多いかも知れない。実は僕もそうだ。それは作品の内容というよりも、あの独特というか奇を衒ったというか、作者の意図はわからないが読者にはなんだかな~と思ってしまう文体にある。関西人の僕でさえあのコテコテ感はいまどきどうだろうと思ったくらいだ。まぁああいうのに時代はないのかも知れないが、受け入れがたく何作か挑戦したがどれも読書を頓挫せざる終えなかったというのが本音である。

だが、今回のこの『ヘヴン』はそういう関西人風の語りではなく、いたって普通に標準語で書かれてある。なので、これが最後だと思って読んでみたが、なんと読了できたのである。これには嬉しさがこみ上げてきた(笑)関西弁の作品ももしかしたら内容の方は読むに足るものが濃縮されてるのかも知れないが、読了してないのでわからない。だが、本書にはちゃんと作品に流れるエッセンスがあり脱個性してくれてよかったなと思う(苦笑)

だが、これも個人的には評価の難しい作品となってしまった。物語のテーマは〔いじめ〕で、主人公である【斜視】の僕と女子でいじめられているコジマのいじめの描写、そしてこの二人の関係性の育みにほぼ終始する。いじめの描写がエスカレートしていったりするので、物語だけなぞって読むと残酷性ばかりで痛々しい。だが本書のそれは川上未映子にとっての表現の手段のように映り、真のテーマは〔善と悪〕を描くことにあったように感じれるだろう。なかでも圧巻なのは僕が百瀬といういじめ側NO.2と一対一でいじめる側VSいじめられる側の論理をまじ合わせるところ。もちろんいじめを普通に考えるといじめられる側にも理由があるというような論理に一理もなく、いじめる側が悪いというのが倫理だろう。だが、本書のそれはどちらが善で悪というような白黒つけるのではなく(白黒つけるために書かれたなら問題作だ)、善と悪は相対的なものだというものを表現したかったのではないだろうかというのがひしひしと伝わってくる場面だった。

考えて見て欲しい。どちらが善でどちらが悪かというのは、ある程度の問題ならばいじめの問題に関わらずしっかりと判断できるのではないだろうか?戦争はどうだろう?政治は?経済に差別に、原発は?悪い、あるいはよくないと思っているにも関わらず、許容してしまっていることはないだろうか。またはわかってても個人だけではどうにもできない問題があるのでは?そう考えるといじめは社会の、世界の縮図だというのが本書によって理解せざる終えないだろう。主人公だけでは立ち向かおうとしようがなんだろうが、どうにもできないのだ。だがそれだけならいじめの小説で終わらせてもいいわけで、そうしなかったのが主人公と百瀬の理論合戦なのだ。百瀬の理論武装は一見こじつけや自己の正当化にしか見えないが、主人公の論理は無残に打ち砕かれてしまう印象的な論理展開としている。となると、作者はいじめを肯定する気はもちろんないと思うことを考慮すると、いじめというもんを相対的に描きたかったとしか捉えようがない。もしいじめ肯定するんだったらいじめる側の視点から描いたほうが斬新だし、かといってしたら糾弾されるからできないだろうし(苦笑)やっぱり哲学の影響を受ける著者だけあって、いじめに関わる両者の言語化は価値あるものだったと思う。

だが、ラストのこれはなんだろうか?理論合戦の部分で「いじめに斜視は無関係だ」みたいなセリフがあったのに、斜視が○○で斜視が好きだったコジマが突然いなくなったら途端新しい世界が開けちゃったの?これって視覚的な世界において?ないとは思うけど、心理的な開放感とかなのだろうか?百瀬の言葉があったにも関わらずラストがこうなっちゃったのはただの逃げだ。美しくもないうえに、何も変わらずこの光はすぐ暗に戻ってしまうのがわかりきっている。著者自身が答えを捻り出すことができずに、無難に収束させちゃった感しかなく残念でならない。まぁ、やっぱり物語とし読むなってことなんでしょうね(苦笑)ということで、結論としては物語として読んだら全くの駄作だが、文学と捉えるならば一定の価値は見出せる作品だと思う。



3.6 なむなむ!




↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.14 2011 【本:サスペンスフル】 comment2 trackback0

クリストファー・プリースト 『逆転世界』  訳 : 安田均

逆転世界


「地球市」と呼ばれるその世界は、全長1500フィート、七層から成る要塞のごとき都市だった。しかも年に36.5マイルずつレール上を進む可動式都市である。そんな閉鎖空間に生まれ育った主人公ヘルワードは、成人を迎えた日に初めて都市の外へ出ることを許された。だがそこで彼が見たのは…月も太陽もいびつに歪んだ異常な光景だった。英国SF協会賞に輝く、鬼才の最高傑作。    (1996.5.24  創元SF文庫)


ここ最近のプリーストの作品『双生児』『奇術師』(映画『プレステージ』)の感想なんかを読んでいると、幻想色が強い作家さんなのかなーと思いきや、本書はガチガチのSFだった。SF熱が沸点に達している今、こういうSFらしいSF作品を読めると嬉しいが、この作者は英国の作家である。SFはもちろんミステリにおいても英国作家の一筋縄ではいかない作風が大好きだ。しかも本書はまさにそういった点においてどんぴしゃで、SF的なパラダイムを打ち壊すかのような奇抜な作品だったのである。

荒廃した土地に一つの巨大可動建造物がある。その中には人々が住み節度あるコミュニティが形成され、特に不自由ない暮らしをしている。だが、この巨大建築物は〔可動式〕であり、荒廃した土地を移動できるようになっているのである。それはなぜかというと、いつもその建築物の数マイル先に〔最適線〕という基準線があり、その戦に着かず離れず着いてゆかねばならない。これはそうしなければならないとギルドによって昔から受け継がれてきた至上命題なのである。

主人公ヘルワード・マンも成人してギルドに入るまでは、建築物の外に出たことはなく、閉鎖的な都市内で教えられてきた事象以外何もしらない。なので、「なぜ最適線に向かって進まねばならないのか?そもそも最適線ってのは何の為にあるのか?」すら知らない。最適線に向かって都市を進めるため、〔牽引ギルド〕があったり〔未来測量ギルド〕があったりするのだが、主人公も読者も始めにドーンと提示された退廃的な世界にある巨大建築物に不可解で謎な点が多すぎてなにがなんだかわからなくなってしまうのだ。「この世界はどうなってるんだ?」という風に。

主人公と読者は同じ事象しか知らされないので、主人公とともにこの世界の事柄を少しずつ知ってゆくことになる。だがこれが謎へのヒントが一つ一つ提示されてゆくような、ちょっとしたミステリ的構造を持った流れとなっているので、SFとともにミステリ的仕掛けも楽しめてしまうのだから面白い。この謎に対する結末だが、これはエリザベスが○○から来たという説明があったとき、勘ぐってたものが確証へと変わったのでミステリ的しかけは自力で解けてしまった。だが、先日読んだレムの『ソラリスの陽のもとに』のテーマも一種の同系統作品だと思うのだが、○○の変革のテーマ(←未読の方の為に一応伏せておく)には良質な作品が多い気がする。そりゃそうだろう、既存の○○をぶち壊してしまうような思考実験~立証とは、アインシュタインもダーウィンもニュートンもそこを疑問視し覆したからこそ名前が残っているんだから。このテーマを扱った作品はSFだけでなくてもチェックしてゆかねばならない。

だが、本書は○○の変革というアイディアだけでここまでSF然するわけないと思ったのだが、あとがきにあるように本書にはとてもアイディアが詰まっているのだ。都市外の世界にある歪みはアインシュタインの相対性理論だし、事象の地平線はいわずもがな。科学に対する作者の敬意が感じられる上に、少しあっけなく真相が明かされるとはいえ語りも上手い。なによりこの軸のアイディアにはミステリ的しかけよりもやられた感が大きい。あまりにも見事だ。

こう考えたことはないだろうか?自分が見ている空の〔青色〕という色は、絶対に他人が見てる〔青色〕と同じなのだろうか?と。もしかしたら他人がいう〔青色〕というのは、実は自分がいう〔赤色〕に見えてて、それをただ〔青色〕という認識でもって表現してるだけかも知れない。僕の〔黄色〕はある人には自分的の中での〔白色〕のことで、ある人が〔緑色〕といったものは、自分の中では〔茶色〕に見えてるものかもしれない、と。街にある木々に「緑がいっぱいで子持ちいいねー」と言っても、相手には茶色に見えてるかも・・・・・そう思うとぞっとするが、本書を読んだ方はそれとなくありえない話ではないと思ってもらえるのではないだろうか。




4.0 なむなむ!




↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.11 2011 【本:サイエンス/フィクション】 comment0 trackback0

東野圭吾 『カッコウの卵は誰のもの』

カッコウの卵は誰のもの


親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。しかし、了承するわけにはいかない。父には、どうしても知られたくない秘密があった。娘が生まれた19年前からの忌まわしい秘密が。    (2010.1.25  光文社)


さらっと何か小説を読みたいときにうってつけの東野作品。今回もスラスラと読みやすくすぐ読了してしまったのだが、読み進めてるときも読み終わったときもなんだか軽い。プロットも人物造詣も動機も、目に付いたところ全部そう感じてしまう。なんだか「定期的に作品を出すために書いてます」というような厚みのない作品となってしまっている(苦笑)

タイトルからもうなんとなく話は見えてきちゃうのだが、その通りで取○え○の話にひとひねり加えただけで、結末すら驚けないような筋が見え見えな小説となっちゃってる。スキーという題材のため、スポーツ医学の研究で〔遺伝子〕を扱っていて、科学には少なからず興味がある自分は、生物学的見地から少し期待もしていたのだが、、、、やっぱり薄っぺらい扱いしかしてなかった(苦笑)せっかく面白そうなガジェットなのにもっと活かせなかったのだろうかと首を傾げてしまう。他にも腑に落ちない点がたくさんあって、取り上げるとキリがなくなるかも知れないので辞めておこうと思う。

が、東野圭吾のすごいところはもちろんあるのだ。これは楽しめた楽しめなかった抜きで、東野作品の共通項だと思うのだけど、どの作品も一様にリーダビリティが凄いのだ。もちろん作品によってリーダビリティの優劣はあるが、小説を読ませる基本とも言うべき「こっからどうなるんだろ?」はいつでも内包されてる。この作品は個人的に楽しめなかったし、人物、伏線、ガジェット、結末、トリックなどなどどれも満足できないにも関わらず、全体的に見ると夢中になって読んでいるから不思議だ。なぜなのかははっきりとわからないのだが、たぶん「小説の書き方」が上手いのだ。題材とかそういうものを切り離して、書き方が読者を惹きつけてやまない気がする。それが東野圭吾の最大の武器であり技巧なのだ。たぶんとんでもない題材であっても、この人の作品は売れるんだろうなぁと思ってしまう。そこだけは今も昔も変わらず凄い。だからプロフェッショナルなんだろう東野さんは。




3.0 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
.09 2011 【本:エンターテイメント】 comment2 trackback0

久々に購入本紹介ー^^

時間がなくて購入本を紹介しきれてなかったですが、久しぶりに復活~~。

新刊は2冊だけで、あとは105です^^。今回はSF作品が豊作でした。


hfghf 033



古屋×乙一×兎丸 『少年少女漂流記』   これは三人の合作(?)のようで、中身は漫画のようです。乙一がストーリーを考えたのかな?

ジョン・K・ガルブレイス 『不確実性の時代』   著名な経済学者のかたですので、買っておきました。なんとも重厚そうな本ですね^^。他にも『ゆたかな社会』や『『マネー――その歴史と展開』』など読みたい著作が満載の著者です。訳してる都留重人も有名ですから訳はそんなに悪くないっぽいw

万城目学 『偉大なるしゅららぼん』   トヨトミでまたまた過剰なブレイクしそうな万城目氏の最新作。新刊で買いましたが、bk1書評で載ったポイントで買ったので実質ただですね(笑)相変わらず興味が向くタイトルをお付けなさります^^

東野圭吾 『カッコウの卵は誰のもの』   東野作品は105オチするの早いですね~。ごっつぁんです!

最相葉月 『絶対音感』   これはずっと読みたいと思ってたんですが、なぜか伸びに伸びて今頃に・・・・

広瀬隆 『ジキル博士のハイドを探せ』   タイトルからは全く想像できませんが、本書の内容は原発とかウランなどの話のようです。広瀬作品は未読ですが原発に関する著作が多いみたいでチェックしててよかった。全く原発問題が収束しない今、もっと知っておきたい問題ですね。

野田又夫 『デカルト』   そのうち思想・哲学にも首つっこむだろうなという予測があるので(笑)、見つけたら基本的なものを買って積んでおります^^。

伊藤光 『ケインズ』   今年になってから経済学関連本を少しずつ読んでいってるんですが、基本がなってないのでまずは基本から!ということで。

竹田青嗣 『ニーチェ入門』   ニーチェはいろんなとこで引用されたり引き合いに出されたりしてるので、その思想に触れてみたいです。

藻谷浩介 『デフレの正体』   これは去年辺りよく見かけましたねー。デフレは人口の波と関連性があるという理論のよづえす。デフレ解消への道筋もみせてくれるんでしょうか。


hfghf 034



クリスチアナ・ブランド 『ジェゼベルの死』   やっと見つけましたブランド。『はなれわざ』も見事はなれわざが決まってましたし、これはもう期待しちゃっていいでしょう^^

中山七里 『連続殺人鬼カエル男』   既読で記事にもしましたが、この作者さんはなかなか注目だと思います。経験積んだら絶対一流作家さんになってくれる、そんな予感を本書でもたらしてくれました。

ライアル・ワトスン 『未知の贈りもの』   『アースワークス』に続いて発見しましたー。ライフサイエンスってあまり読んでことないんですが、著者自身この作品が一番好きらしいです。

A&B・ストルガツキー 『蟻塚の中のかぶと虫』   レムを読んでから東欧のSF感にもっと触れてみたいと思ってた矢先、出逢っちゃいました~。本当は『ストーカー』が気になるんですが、あまりみかけない作家さんなので確保!

A&B・ストルガツキー 『波が風を消すとき』   ↑のと一緒に見つけました。でもこれどうやら↑と共に三部作となってるようですね。一作目が『収容所惑星』とこの2冊で三部作。でもそんなに繋がりはないみたいなので、読んじゃっていいかも。

スタニスワフ・レム 『砂漠の惑星』   これも『ソラリス』『エデン』とともに三部作を成す作品らしい。ソラリス~は今年読んだSFで白眉だったので(まぁそんなにSF読んでませんが;;) これも楽しみな一作です。

バリントン・J・ベイリー 『禅銃』   ベイリーは創元SFのものばかり持ってるので、やっとハヤカワでも見つけれたって感じです(笑)それにしてもタイトルが禅とは・・・・・。やっぱ奔放なワイドスクリーンバロックなんでしょうね^^

サミュエル・R・ディレイニー 『ノヴァ』   『アインシュタイン交点』はなんとか読了したんですが、イマイチその世界を理解できず堪能するに至らなかったのでリベンジです!

デイヴィッド・アンブローズ 『リックの量子世界』    このタイトルからその名の通り量子物理学をもって。ディック的世界を表現・・・・みたいな感じらしいです(笑)そうか、P・K・ディック的かぁ。。。。。

クリストファー・プリースト 『逆転世界』  英国SFですよ、大好物です^^しかもプリーストの著作は翻訳されてるもののほとんどに食指が動いちゃうのでみつけたっときは嬉しかったです。今月からSF月間かな^^ 


hfghf 004



本日のにゃんこは真正面からガン見がおすすめ!美人姉妹リリィとキキです~。一番初めにウチにきた二人なので、一番ば・・・おねえさんたちですね^^仲がいいのか悪いのかよくわからないくらいケンカしたりするんですが(^^;)、いつも収まるトコに収まっちゃってるから本当は仲いいんでしょうね(笑)本当に血が繋がってるからケンカしてもすぐ仲直りできるのでしょうか。神経質なキキですが、リリィが上に乗って寝ても怒りません^^



なむなむ!


↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ

.08 2011 【【古本&クラシックCD購入記】】 comment6 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 06
2011
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。