スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

今年初めの月の購入本


本を読めていない今日この頃。

といっても、小説が遅々として読み進まないだけで、インテリアの写真集や自己啓発本なんかは読んでおります。比較的大きなテレビジョンを買ったので、TSUTAYAでBlu-rayを借りまくって時間をとられているということも原因の一つでしょうか。

買ってばかりで消化できてないですが、お仲間さんの積ん読消化計画を見習って山を崩していきたいと思います(笑)今月はそそられる本たちがたくさんあったので、早く読みたいッ!

それでは魅力的な彼らの紹介を↓


2016013022405303d.jpg

朝吹真理子 『きことわ』 朝吹真理子 『流跡』

両作ともに既読ですが、手元に置いておきたかったので単行本を購入しました。


20160130224416a0a.jpg

野尻抱介 『太陽の簒奪者』 上田早夕里 『華竜の宮』 北野勇作 『空獏』 飛浩隆 『グラン・ヴァカンス』

ハヤカワJコレクションは収集しているので、見つけたら即買いします。中でもグラン~は嬉しかったなぁ。でもJコレクションの『ハーモニー』『虐殺器官』が一番本棚にあってほしい。佐藤哲也の『妻の帝国』も同じ。


20160130224419431.jpg

神林長平 『言壺』『いま集合的無意識を』 桜坂洋『スラムオンライン』 小川一水『時砂の王』 上田早夕里『美月の残香』

SF の文庫たち。集合的無意識は伊藤計劃をディスってるらしいので、ひとつ読んでやろうと思って。上田さんは今月二冊目。


20160130224517119.jpg

瀬名秀明『デカルトの密室』 津原泰水『バレエ・メカニック』 宮内悠介『盤上の夜』

全てハードカバー。瀬名さんには既読、読前と読後のパラメーターが一致した名作でした。バレエ・メカニックはずっと欲しかったけど、チラッと読むと一人称~(苦笑)。「想像力の文学」というシリーズ配本ですが、平山瑞穂『全世界のデボラ』、佐藤哲也『下りの船』も喉から手が出てます。宮内さんのヨハネスブルク~も読みたい。


20160130224055805.jpg

佐藤哲也『ぬかるんでから』 青木淳悟『四十日と四十夜のメルヘン』 多和田葉子『尼僧とキューピッドの矢』 伊坂幸太郎『マリアビートル』 村上春樹『意味がなければスイングはない』

全てハードカバー。佐藤哲也と多和田葉子のハードカバーはなかなか古本で出逢えなかったので発見時は快哉を叫びました。現在読書中。青木淳悟も気になる作家でどうでしょうか。


20160130224058984.jpg

レイモンド・チャンドラー『プレイバック』『長いお別れ』 マイケル・Z・リューイン『消えた女』『男たちの絆』『季節の終わり』 デイヴィッド・ベニオフ『二流小説家』 ロス・マクドナルド『さむけ』

ベニオフはポケミス、他全てハヤカワミステリ文庫。リューインは読み進めたいサムスンシリーズがありますが、二作目はよ手元に来てね。チャンドラーは後三作を残すのみとなりました。比較的ミステリはハードボイルドじみてますが、別にタフガイに憧れては降りませんので悪しからずー。

2016013022405785f.jpg

佐藤亜紀『雲雀』 ドストエフスキー『死の家の記録』 ボリス・ヴィアン『日々の泡』 クーンツ『ファンハウス』

全て文庫。佐藤亜紀の先に『天使』にしてよー(苦笑)でも佐藤哲也・亜紀の最強夫婦は素敵ですね。阿部ちゃん・川上夫妻もね。クーンツはやっと出逢いましたよ!足掛け5年くらいでしょうか(笑)


2016013022441807e.jpg

リチャード・モーガン『オルタード・カーボン』 フィリップ・ロス『いつわり』 ブレット・イーストン・エリス『レス・ザン・ゼロ』 スティーヴン・キング『グリーン・マイル』 ジョン・アーヴィング『オーウェンのために祈りを(上・下)』

全ハードカバー。オルタード~は二冊函付きだったのでついつい。前評判も知りません。フィリップ・ロスは読んでおかなきゃ、と。ブレット・イーストン・エリスもマストバイでしょう。アーヴィングも未知の作家なので。USAだらけです。


20160130224054a77.jpg

デカルト『方法序説』 ショウペン・ハウエル『読書について』 アンディ・ウォーホル『僕の哲学』 長谷川理恵『朝リーディング』 千田琢哉『人生で大切なことは、すべて書店で買える』 荒木経惟『愛しのチロ』

全てハードカバー。デカルトは『デカルトの密室』の影響で。読書とは感想とは書評との違いはなどなど、読むことに迷いが生じているので原点へ。朝リーディングも人生で大切なことは、すべて書店で買えるも読書関係。読書について貪りインプットしてやろうとおもっていますが、『人生で大切なことは、すべて書店で買える』のタイトル、おそらく「買えない」と思います。




本当は他にもインテリアの写真集や建築、本や映画関係の雑誌も飼っているのですが、very tired です。映画を観て本を読んで鼻提灯といきましょうか。

長々とお付き合いいただきありがとうございましたm(。_。)m




ブログランキング参加中です → にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ





スポンサーサイト
.30 2016 【【古本&クラシックCD購入記】】 comment2 trackback0

『ダークナイト』 クリストファー・ノーラン

20160127215546496.jpg


監督 クリストファー・ノーラン
出演 クリスチャン・ベイル (ブルース・ウェイン/バットマン)
   ヒース・レジャー (ジョーカー)
   マイケル・ケイン (アルフレッド)
   ゲーリー・オールドマン (ゴードン警部補)
   アーロン・エッカート (ハービー・デント検事/トゥーフェイス)
モーガン・フリーマン、エリック・ロバーツ、etc.



治安が悪化し悪が蔓延るゴッサムシティ、その街がバットマンのホームグランドであり、悪を挫くヒーロー、だった。過去形なのは何故かゴッサム市民はバットマンを捕まえろとシュプレヒコールを叫んでいたからである。「なぜ悪役に?」とふと我にかえってみると……「しまった!『バットマン・ビギンズ』観るの忘れてた!」という始末。おそらくそこでバットマンのなにかしらが描かれていたのでしょうが、ジョーカーとは似ても似つかない、なんと間の抜けた失態をしてしまったのかと溜め息混じりで観ることになちゃった。

閑話休題。『ダークナイト』はクライム・アクションなのだけど、「善と悪」というセンテンスが根っ子にあってその二つのコントラストがゴッサムシティの路地裏のように霧深くく作品内に漂う。そこでのバットマンは表向き「悪」となっているので、ならば「善」は?という疑問符がつくのだが、その役は新任のデント検事が担っているのである。しかし、バットマンは市民の視点では悪だけれど、我々から見れば正義であり、言ってみればダークグレイに近いであろう。だから「ダークナイト」(闇の騎士)なのだ。じゃあ、本来の悪はというと今作の真打ち、主演を食っってしまったヒース・レジャー演じるジョーカーなのだ。

悪は悪といっても混じりっ気のない純粋な悪、それゆえ打算的な悪でさえちょっかいを出されても報復することが出来やしない。ただただ純粋無垢なだけに何者にも染まらないし恐れるものもない。その彼の数々の蛮行を一般人は狂気と見なしてしまうが、彼の自我にはそもそも悪というものは存在しないかのように自然に振る舞っているから恐ろしい。それを演じる故ヒース・レジャーの怪演も凄まじく、震えが来るほど気迫があって助演男優賞を受賞するのも納得。立ち振舞いや細かな仕草も素晴らしいが、長回しのシーンに鳥肌がたったほどだ。これ以上ない最高のパフォーマンスですよねベックさん。

バットマンとデントとジョーカー。この三者が鼎談するかの如く影響しあって、いや、ジョーカーは誰にも影響されないが、白とグレイと黒が変色していく、これが本作の醍醐味の一つであろう。マイケル・サンデルの『これからの正義の話をしよう』であるような選択問題とも似ているが、最後にはバットマンの「ダークナイト」の意もわかるしかけとなっていて(『ダークナイト・ライジング』に期待も膨らむ)、彼の選んだ余りにも酷な道は観るものの胸を焼き付けてしまうことでしょう。

だが一人勝ちしていたジョーカーの目論みは裏切られることもある。詳しくは書けないが皮肉にも自分の罠にかかったのは自分だったというような。同じく皮肉にも囚人達は勇気をもって正義を選びとったが、一般人の方は正義を選びとったのではなく、臆病からきた貧弱さによって結果的に助かったようなもの。善悪に立場や環境は無関係だという認識を彼ら三人の認識と共にストーリーへと織り込む描きかたも巧みだし好ましくも思えた。

俗にいう勧善懲悪ものとは異なる善と悪の問題。〔善と悪〕の根元を問うた忘れがたい名作である川上未映子『ヘヴン』に比肩する、テーマの差し出し方だと感服した。ノーラン作品どんどんいきましょうか。



ランキング参加中 クリック頂けると嬉しいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

.27 2016 【映画:近未来/未来】 comment0 trackback0

『アメリカン・スナイパー』 クリント・イーストウッド


2016012422450088d.jpg


監督 クリント・イーストウッド
出演 ブラッドリー・クーパー(クリス・カイル)
   シエナ・ミラー    (タヤ・カイル)
   ルーク・グライム   (マーク・リー)
   ジェイク・マクドーマ (ビグルス)
   ケヴィン・レイス   (ドーバー)



2001年に起こったアメリカ同時多発テロの映像を目の当たりにして、祖国の人々を守るために貢献したいと考えたクリス・カイルは、軍隊に志願しネイビーシールズのエリート狙撃手としてイラク戦線で奮闘する、という実話を元にした映像作品のようである。故に戦争を描いているのであるが、「イラク戦線で大活躍する」と書いたように、狙撃手として実に160人もの人間を撃ちぬいたクリス・カイルを主人公とし、戦争の外面と彼の内面を描いてゆく。彼は現役ながら〔レジェンド〕と呼ばれるほど凄腕でその狙撃のシーンは静かで的確で整然としている。狙いを定め引き金を引いたその一瞬で敵兵はおろか女性や子供の命まで消えていく様は、胃液が逆流してしまうほど精神的に滅入ってしまう。パンッ!という一音でで生きてきた数年が消失してしまうのだ。その親や子供や親友や恋人の気持ちを慮るとなんとも残酷な最後であろう。しかし彼らの行為はアメリカ人だけの問題だけでなく、イラク派兵を支持した我々も当事者なのである。そこで何かしらの痛痒を被ったところで目を背けることが出来ないのが本当であろう。正視するにも精神的な強さかあるいは何の痛痒も感じない鈍さのどちらかを必要とするでしょう。

戦争映画ではあるが主人公はスナイパーになる前は一般市民(カウボーイ)である。その普通の人間だったクリスがシールになって前線に赴き、内面が変貌していく過程、これが本作のテーマであろう(クリスが知らず知らず変わっていく様はクリント・イーストウッドとブラッドリー・クーパーの努力の賜物でしょう)。美しい妻(シエナ・ミラー凄く美人!)と子供という家庭がありながら、祖国を守るためという愛国心の為に何度も前線へと赴く。しかし本当は家庭を省みないのではなく、省みることが出来なくなっていったのだ。それは戦争という病魔、おそらくPTSD のようなものなのだろうが、彼は本土に帰っても敵を探すような素振りをし子供とじゃれる犬を殴り殺そうとまでする。それはそうだろう、武器を持った兵士だけでなく、味方に危害を加えようとする女・子供まで撃つ心の負担は想像するだけでは追いつかないほどなのであろう。あるシーンにクリスが撃った敵兵の武器を子供が拾って撃とうとするというのがあるのだけど、ここでクリスはその少年に照準を合わせトリガーに指をかけたまま、武器を捨てろ、頼むから捨ててくれと言葉が零れる。クリスもまた責任と道徳のジレンマに陥り葛藤しており、その様子がこれ以上ないくらいピッタリと饒舌に描かれている。今でもこの映像はくっきりと輪郭をもって海馬に保存されている。お見事。

その立ち振舞いを通じてイーストウッドは「戦争とは現場で起きているだけではない」という意思表示をしているかのように僕には映る。結末も字幕だけの文字の羅列という(どうなるのかは本作を観てください)呆気ない故に激しく動揺してしまう。しかしこんな酷く淡白な幕引きを選んだのも、かえって悲惨さが強調されるのだから参ってしまった。凄まじいラスト。イーストウッドの名声を引き上げたのは想像にするに容易い。



ランキング参加中 クリック頂けると嬉しいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



.24 2016 【映画:ヒューマンドラマ】 comment2 trackback0

『ラウンダーズ』 ジョン・ダール

2016011921070673c.jpg




マット・デイモン、エドワード・ノートン、ジョン・マルコビッチ、ジョン・タトゥーロといった豪華な出演人が、ギャンブル(ポーカー)の心理戦や心情を描いている。ポーカーをただのギャンブルとして捉えず、世界大会も開催される競技だと誇りに思うマイク(マット・デイモン)はポーカー仲間で悪友のワーム(エドワード・ノートン)が出所してまらつるむようになるのだけど、同じ法学生であり才色兼備の彼女とも上手くいっており順風満帆であったにも関わらず、ポーカーの世界にカムバックしてしまう。そのせいで色んなものを失い、余計なものを背負うことになる。

云わばその喪失と再生を描いているのだけどこれが何とも言いようがない。ただただノーマルなのだ。スタイリッシュでもなく斬新さもエキセントリックでもない。率直にいってしまうと、ボーッと観ているしかなかったのだ。粗筋も演出も平凡でなんだかなぁという具合。ポーカーの対戦のシーンだけは、心理戦の醍醐味が少し感じられたけど味わうまではいかなかったし。別段お薦め出来るいうな映画ではなかった。

でも、どんな映画にも良い点はあるものだ。強いてあげるなら、エドワード・ノートンの演技はやっぱり素晴らしいなと思える所。本作ではどうしようもない人物を素でいってるような演技を見せてくれるが、この人は何をやらせても無難以上にこなしてくれので、出演作はどれも信頼して観れちゃうのだ。どんなに水準の低い作品でもノートンを観ているだけで作品の見所の一つになってくれて安心する。

もう一つはマイク(マット・デイモン)の人柄だ。彼はどうしようもないやさぐれたワームの蛮行の数々を、必ず許し尚且手を差し伸べる優しさ。彼女や自分の法律家としてのキャリアを犠牲に出来るほど友情を大切に出来るのはなかなか出来ることではない。ポーカーにも誇りを持っており、信念の為に行くべき道を歩む。責任感も正義感も持ち合わせており、この人物がいるだけで、ギャンブルを嗜まない僕のギャンブルに対する認識に変化を与えるほど大きな存在だった。

なむなむを付けるとすれば2.5なむなむといったところだろうか。




ランキング参加中 クリック頂けると嬉しいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ







.19 2016 【映画:ハスラー】 comment2 trackback0

瀬名秀明 『デカルトの密室』

201601182238046c5.jpg



ミステリタッチのSF であったが、なかなか手懐けるのが難しい小説だった。何も難解というだけではなく、この本自体が容易く読むことを拒んでいるのだ。タイトルからして哲学的な香りがするが、仄かに香るどころかデカルトの『方法序説』が香水つけすぎなマダム並みの匂いを始終放ってくる。それだけでも手強いが、その他にも「チューリングテスト」「フレーム問題」「中国人の部屋」「デカルト劇場」「ウェイソンテスト」等の言葉で溢れ返ってもいる。これだけでSF 好きでない読者は踵を返しそうだが、安心してください。は、、、ハッキリとこれらの説明は作中でなされているのでしっかり作品と対峙すればなんてことはないでしょう。

それよりも問題は『方法序説』からくる哲学的、形而上的なテーマの方。テーマはとてもシンプルに「人間と機械の違いは何か」であり、ロボット工学の研究者・ユウスケと恋人で心理学者のレナ、そしてユウスケが造り出したヒューマノイド・ケンイチを軸に、ロボット(AI)に知能は、つまり人間以外に自我はあるのか?あるのであればその差異は?ということを考察している。が、これが厄介で作者のペダントリー溢れる内容と筆致が、論理的で難解さを助長してしまい、飛び交う会話が右から左へと留まることを知らなくなっちゃう。僕自信も作者のイメージを共有できてない部分があるなと感じて無念さも感じてしまった。

そしてもう一つ、どうにかならなかったのかな、と思う箇所が語りにある。冒頭から読み進めて直ぐにおやっ?っと思い、これは誰が語っているのだろうかと分からなくなってしまう。なぜなら本書の語りには「僕」の視点が多用されるのだが、この「僕」というのが、ユウスケでありケンイチでもあり、はたまた誰それでもあるのだから。それら複数の「僕」の視点がなんの前触れもなく入れ替わり、読者はその度に物語を見直す必要に迫られてしまう。加えて一人称も三人称もあり、読みにくいこと甚だしい。また、これら複数の視点のためにプロット自体が不必要に複雑になってしまった嫌いがあり、魅力的な内容であったからこそ残念に思う。

しかし、この「僕」視点が入り交じる叙述の、作者の意図は汲み取れる。本書のエッセンスは「人とロボットの違い」や「自我」にあるのであるから、ユウスケとケンイチの語りの境目を「僕」で統一することで、どちらが製作者(ユウスケ)とそのプログラム(ケンイチ)の自我なのか不明瞭にし、渾然一体としている様子を表現したかったのだろう。その気概は買うが作家さんの自己満足だけでは読者は付いていけないことを考えてくれないといけない。内容的には、SF 的にもミステリ的にも(なぜロボットは人を殺すのかというホワイダニット)魅力的なだけに口惜しい。

ロボット(AI )も作中に名の登場する名作SF 作品群と比べると毛色が違っている。だが、それはとても良い面だと思う。とてもナイーヴで感傷的なケンイチ。もしかしたらこれがヒューマノイドらしくない描けてない、ただの人間にしか映らない、と言われる理由なのだろうが、人間にしか映らないのはそれこそ読者が固定概念から脱け出せず想像力を開放できないだけな気がする。騙されることもまた読者の一つの才能ではないだろうか。僕は作者の掌にのってやろうと思っていつも読む。それにこんなロボットらしくないロボットがいてもいいじゃない。人もロボットも自我も読者も小説もただただ自由なのだし、SF は想像力の文学なのだから。





ブログランキング参加中です → にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


.18 2016 【本:サイエンス/フィクション】 comment4 trackback0
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 01
2016
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。