スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

『ドライヴ』 ニコラス・ウィンディング・レフン

20160216213533777.jpg


監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、
ブライアン・クランストン、etc.



ニコラス・ウィンディング・レフンという監督の作品を観たのは初めてですが、衝撃的で興奮しました。夜中に観たのですが容易には寝付けません。今年の白眉(とは言うもののコレで十作目ですけれども)、二番目と二馬身差はついてしまいました。ジェイムズ・サリスという作家の同名小説の映像化のようですが、おそらく映画という表現方式であったからこそここまでクールでスタイリッシュで惚れちゃうんだと思います。

といっても万人受けする類いの映画ではありません。なぜなら個人の嗜好や感性に大きく左右されるであろうパーソナルな映像の撮り方(内容同様)をされているからです。小説が言語で語るように、映像で語れる映画監督という特権を存分に操っているように感じれる。その監督の表現様式がたまたま僕の審美眼とカチッとかんだのでしょう。

主人公(ライアン・ゴズリング)は自動車整備工場で働き時おりカースタントを請け負って過ごしていますが、夜には強盗のドライバーとしても躍動する。冒頭に強盗を逃がすシーンがありますが、カーアクションものの定石のように派手なアクションではなく、静と動を使い分ける頭脳も使ったカーアクションなのがまず印象的。その彼が隣人の人妻に恋心を抱きつつ逃がし屋として悪い方向へ向かっていくその行方は?といったところが展開されます。

監督の素晴らしい点は何の変哲もない展開であってもカットやアングルで魅せてくれるところです。バイオレンスなシーンも多い(なのでR指定)フィルムノワールな部分もあるのですが、アングルの効果で迫力や迫るものがこれほど変わるのかと驚いてしいまいます。これは言葉で説明の利くものではないので観ていただくしかないでしょう。バイオレンスなシーンはちょっとしたホラー、頭がびちゃっっと吹っ飛んだり足でクチャクチャに踏み潰したりするので心穏やかには観れません。

そしてスローモーションを随所に取り入れることで、該当シーンが普通に撮ったシーンに比べてベッタリと記憶されます。それに附随する音楽も多様でカットにあった選曲(音楽プロデューサーは別人でしょうけれど)の効果は絶大。ベッタリ記憶に拍車がかかるのです。これだけでもう、デンマーク(監督出身地)のフィルムソムリエと呼ばせていただきたい、のですが、主人公に起用されたライアン・ゴズリングも監督のスタイルによく応えています。

主人公は自動車整備工場に突然現れて働き始めたと中盤に明かされるのですが、整備士としてもドライバーとしても非凡なものを持っています。しかし寡黙でどこか陰があり憂いを帯びていて寡黙でもあるんです。そしてバイオレンスシーンに顔を出す残忍性が一層彼をエキセントリックに仕立てているんですけれど過去は一切明かされません。アナーキーでカルト的萌芽がここにあります。

その難役をライアン・ゴズリングは仕草や佇まいで人物像の輪郭線をくっきりと描き出し、とても色気のある好演をしています。草食系なのに肉食系。とてもハードボイルドなのですが、チャンドラーのように言葉ではなく映像で饒舌に語るんですよね。彼の〈間〉も有名な掃除機並みに吸引力を備えていて惹き付ける力があります。個人的に好ましく思う頂きに永らく鎮座する演技派俳優エドワード・ノートンくんも顔を真っ青にして背後を気にしていることでしょう。


201602162135350ff.jpg



そして彼が終始着用していたブルゾンが欲しいなとも想うのでした。



ランキング参加中 クリック頂けると嬉しいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



スポンサーサイト
.16 2016 【映画:ヒューマンドラマ】 comment4 trackback0

『善き人のためのソナタ』 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

201602132356470b1.jpg


監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演:ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ、
マルティナ・ゲデック、ウルリッヒ・トゥクール


お仲間さんからオススメいただいたドイツ映画ですが、とても良かったです。お腹の底からじんわりと苦しさが込み上げてきて、見終わった後にはやんわりと至福に変化していくようなそんな感覚をくれるヒューマンドラマでした。

ベルリンの壁がまだ存在した頃の東ドイツが舞台で、国家保安省シュタージ(東ドの秘密警察)所属の大尉がとある人物の監視を命じられるのだけれど、その対象者が劇作家で彼を盗聴してゆく。決して交わることのない対極の立場にある人生に影響を与えあっていくのですが、この大尉の存在を劇作家が知らない、というのが切なさの隠し味となっているんですね。日本が誇る(?)「味の素」もこれには叶わないでしょう。対象者を刑務所送りにする冷酷なシュタージ(大尉)が、彼の見知らぬ所でただの他人である彼を(または彼女を)庇うのです。本来備わっているべき人間味を獲得していく(上司を騙してまで!)過程の描かれ方が、縺れた糸を丁寧にほどいてゆく見事な監督の成果だと思ってます。

しかし大尉の行動の代償は大きく、左遷されてしまいます。序盤に自分の下にいた地位の者と同じ職場での単純な機会作業。ここで彼の孤独は一層深まりますが、劇作家のほうもこの時点で孤独感が漂っている。この時点で映画のテーマは「孤独」なのだなと思い至ります。

大尉が劇作家に情が移ったシーンも劇作家がピアノを弾くシーンであり、あの時の涙は感動したのと同時に思わずハグしてあげたくなるような孤独を感じるカットでもあったのですよね。そしてラストで監督が芸術的なセンスで魅せる「孤独」の行方。気持ち良くダスタシュートに「孤独」を放り投げてくれるのです。

そして互いの孤独が融解します。劇作家が自分の報告書に赤のインクを見付けた時には、きめの細かい肌(ウソデス)が鳥肌へと変化してしまいました。加えてタイトルにある『善き人のためのソナタ』(原題は違うようです)を見つけて、無表情なの喜び抱えてレジに持っていく姿で、彼も私たちも救われ良質な身震いをしてしまいます。このゾクッとする感覚は良質のフィクションを観ているときに起きる豪華なプレゼントのようなものでたまりません。

この一作だけで監督を賛美しすぎるのはどうかと思いますが、彼のセンスを好ましいなと思ったものをもう一つ挙げて締め括りたいと思います。誰かの引用かなにかは定かではないですが、構わず美しいと思える詩です。

「9月のブルームーンの夜。スモモの木陰で、青ざめた恋人を抱きしめる、

 彼女は美しい夢だ。真夏の青空、雲が浮かんでる。

 天の高みにある白い雲、見上げるともうそこにはなかった。」



ランキング参加中 クリック頂けると嬉しいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


.13 2016 【映画:ミュージック】 comment3 trackback0

多和田葉子 『尼僧とキューピッドの弓』



201602122142225e0.jpg



一読してハッとしてしまった。小説の構造的にも多和田葉子という作家のアビリティーの豊富さにも。とは云うものの、プロットはいささか勘違いしがちなだけで煩瑣ではない。本書は二部だてで一部は作家である「私」が、二部では一部で語られた元尼僧院長の独白のようなものなのだが、一部が作家の語りである上、二部の導入部に登場する一部の作家と彼女が読む本の表現形式が一致してしまうから同一人物語りと混同してしまいがちなのでしょう。

この二部に登場する本というのが元尼僧院長が書いた独白ないし手記なのだが、これを「私」が本屋で手にして読むのであるが、読んでいる最中の「私」の思弁や感情の描写と手記が始まる境界線が皆無だから、というか意図的に消されているから心しておかないと作家自身の人生の回想のように思えてしまう。後にも記すがその文章の美的感覚やハイセンスな言語感覚に、隠す必要もないのだが驚きを隠せない。

そもそも「私」はドイツの修道院に取材と称して赴くのだが、そこで元尼僧院長が駆け落ちした、という話を知ることになる。この元尼僧院長が二部に登場する本の作者なのだが、尼僧が駆け落ちすることに違和感を覚えるには僕だけじゃないだろう。厳格な戒律に禁欲的で清廉、白すぎるほどの純白のイメージを持っていたものだがそれは旧弊なのだろうか、ほんしょで描かれる尼僧は噂好きでギクシャクした人間関係、厭世的のかけらは微塵もなく、女子校の学生といえば正鵠を射る形容だろう。まるで多和田葉子自身の実体験のような、あるいは修道院というマテリアルが蠱惑的に映り扱いたかったかのように、著者の活性が存分に発揮され修道院のディスハーモニーを見事に描いて魅せてくれる。

それらの語られ方も卓越しており、漢字とドイツ語のルビを使った言語遊戯的な仕掛けも彼女ならではじゃないだろうか。「キューピッド」と「弓」も一例になるでしょう。ナボコフバリ、というと大それているかもしれないが、現代日本文学でも一等抜きん出ているのではないかと個人的には思う。多和田葉子はドイツ在住でドイツ語と日本語で書く作家である。それもあっての遊戯であるだろうし、文章が整然とした端正な、趣を異にするが村上春樹のように翻訳調なのがアトラクティヴだった。

もう一つ忘れてはいけないのが主題である。上に記した内容だけなら上質なエンターテイメントのようにも映ってしまうかもしれないが、そこに哲学的な〈選択〉という問題があるのだ。本作の終盤部分に差し掛かると随所にこの〈選択〉が顔を出す。作中「私」が哲学の講義で「個人に本当に選択の自由があるのかという問題です」という事を自問しげいることを明かすが、それを皮切りに、

「何語を母国語にするのか、どんな町に生まれるか、どういう名前になるのか、本人は何ひとつ決められないというだけでもう、わたしの一生はわたし自身のものではなかった。」

「これはわたしが決めたことではないかもしれないけれど、やっぱりわたしがきめたことなのだ。」

といった〈選択〉に関するセンテンスが登場してくる。元尼僧院長の駆け落ちも原因を知るとそれに付随するものだと解ってくる。そして結末を知るとその問題に対する解答のようなものも提示され、その書かれ方に冒頭にあるいうにハッとさせられたのだ。どのような締め括りかは勿論書かないが、実際に矢は放たれなかったけど本質的には放たれた、というところでしょうか。それも〈キューピッド〉の〈矢〉ではなく〈弓道〉の〈矢〉の方だけれども。



ブログランキング参加中です → にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ




.12 2016 【本:言語芸術】 comment2 trackback0

『4分間のピアニスト』 クリス・クラウス

2016020920583833c.jpg


監督:クリス・クラウス
出演:ハンナー・ヘルツシュプルンク
モニカ・ブライブトロイ
etc.



刑務所に収監されている受刑者とピアノを教える教師、この映画はこの二人だけいれば成り立つような密な人間関係に終止している。受刑者(ジェニー)のほうは無実の罪を被り服役中でピアノ教師(クリューガー)が更正のため、というより個人の為にジェニーの才能を活かそうと奔走するのだ。「個人の為に」と書いたのは、ジェニーだけでなくクリューガー自身の為に、でもある。彼女たちはそれぞれ過去に憑かれ生きているのであり、それをピアノを介して払拭する、あるいは可能性を求めている。

いかにも、な印象を受けるでしょう。僕自身も観始めた時は通俗的なドイツの映画なのかなと辟易しそうになったけれど、進むにつれてただの甘ったるいヒューマニズム、お涙頂戴ではなくなってくる。

お互い自分を譲らず衝突し合うし両者の演技から魂のぶつかり合いという言葉がしっくり来て、お互いになんらかの成長をもたらすのかなと思いきや、あの秀逸なラストが待っている。とってもスリリング。僕はデイヴィット・カッパーフィールドではなくシリトーの『長距離走者の孤独』の方を想起し、何者にも染まらない若かりし自由に触れた気がした。従順なんてクソ食らえっ!というところ。

センチメンタルになりがちなストーリーを、シューマンではなくハンドサイド・アクションを弾いて見せ、薄ら笑いを浮かべつつクリューガーにお辞儀をする。それまでの経緯を考えるとあの演奏に興奮する自分がいて不思議と安心できた。ハリウッドのように感傷的にならない所がかえって良かった。

しかし、クリューガーやその他の尽力してくれた人の気持ちを慮ると手放しでブラボーと叫ぶことは出来ない部分もある。快哉を叫ぶ自分と皆を憂う自分とのジレンマに、試聴後苛まれれた。それだけの力がラストに備わっており、その最後にハンナがシューマンのコンチェルトあるいは「ハンドサイド・アクション」を演るその4分間。それがタイトルという所が粋な映画なのだ。





ランキング参加中 クリック頂けると嬉しいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
.09 2016 【映画:ミュージック】 comment2 trackback0

一月の読書メーターまとめ

2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:6474ページ
ナイス数:42ナイス

空間感/杉本博司 スター建築家の採点表 (CASA BOOKS)空間感/杉本博司 スター建築家の採点表 (CASA BOOKS)感想
写真が整然としていて美しく、彼の東洋的思想とモダニズムがちゃんと手を繋いでいる気がした。
読了日:1月29日 著者:杉本博司
愛しのチロ (平凡社ライブラリーoffシリーズ)愛しのチロ (平凡社ライブラリーoffシリーズ)感想
さぞ幸せな猫生だったのだろうな、と伝わってくるモノクロ写真集。
読了日:1月27日 著者:荒木経惟
読み出したら止まらない! 海外ミステリー マストリード100 (日経文芸文庫)読み出したら止まらない! 海外ミステリー マストリード100 (日経文芸文庫)感想
有名どころの作品が多く、目新しいものはなかった。
読了日:1月25日 著者:杉江松恋
デカルトの密室デカルトの密室感想
人間とヒューマノイドの違いはなんだろう。自我?ホントに?作者はその違いの一つに「ロボットの重み」と書いた。それを読んで僕はこの作者は信頼していいんだなと思った。
読了日:1月18日 著者:瀬名秀明
ブルース・キャット:ネコと歌えば (ちくま文庫)ブルース・キャット:ネコと歌えば (ちくま文庫)感想
日本の猫と顔が違ってこくさいしょくが出てた。
読了日:1月17日 著者:岩合光昭
BRUTUS (ブルータス) 2013年 6/15号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2013年 6/15号 [雑誌]感想
靴紐を結んで古書店へ行きたくなった。
読了日:1月16日 著者:
TOKYO STYLE (ちくま文庫)TOKYO STYLE (ちくま文庫)感想
カオスとしてのインテリア。住みたくはないけど昭和な香りが幼心を前面に押し出させる。
読了日:1月12日 著者:都築響一
BRUTUS (ブルータス) 2016年 1/1・1/15合併号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2016年 1/1・1/15合併号 [雑誌]感想
今泉渚さんのページにドキッ。
読了日:1月11日 著者:
CREA 2016年2月号 大人の少年少女文学CREA 2016年2月号 大人の少年少女文学感想
郷愁。
読了日:1月11日 著者:
123人の家 vol 1.5 + ACTUS STYLE BOOK vol.9123人の家 vol 1.5 + ACTUS STYLE BOOK vol.9感想
海外の方のインテリアが良かった。日本の方のは前号と違いがなくマンネリ。
読了日:1月8日 著者:
123人の家123人の家感想
700ページを越える浩瀚なインテリア写真集であるのに、価格が野口英世一枚で事足るなんて、アクタス(インテリアショップ)の心意気に拍手を。アクタスらしく北欧家具で統一した部屋ばかりだけど、センスなど参考になる箇所も多い。いささか画質が荒く写真というよりかはコピーに近いが、英世一人で等価交換出来ることを考慮すればお釣りが来るでしょう。
読了日:1月7日 著者:
賜物 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集2)賜物 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集2)感想
実力不足により読み解けず。完敗。ロシア文学を知り詩の造詣に深くなったら出直します。ロシア語時代の彼は難解。言語センスも傑出に過ぎる。
読了日:1月6日 著者:ウラジーミル・ナボコフ
猫たちの聖夜 (ハヤカワ文庫NV)猫たちの聖夜 (ハヤカワ文庫NV)感想
こんなにキュートな探偵は稀。ミステリ的にも悪くない。
読了日:1月6日 著者:アキフピリンチ
素敵な蔵書と本棚 (GAIA BOOKS)素敵な蔵書と本棚 (GAIA BOOKS)感想
読書好きでインテリア好き…この写真集は自分にとって猫にマタタビを与えたようなもの。海外の方の本棚ばかりだけど、皆さんハードカバーで整然としたラインナップだった。整然とした本棚は美しい。
読了日:1月5日 著者:ダミアン・トンプソン
人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。感想
成る程と思ったり首をかしげたりのハーフ&ハーフ。
読了日:1月4日 著者:千田琢哉
Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA)Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA)感想
現在との地続きぶりに冷や汗をかいた。
読了日:1月3日 著者:藤井太洋
生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)感想
作者のユーモアのセンスが綺麗だ。
読了日:1月3日 著者:本谷有希子
夜になるまえに夜になるまえに感想
俗にいうBLじゃないか。
読了日:1月2日 著者:レイナルドアレナス
流跡 (新潮文庫)流跡 (新潮文庫)感想
素晴らしい筆致。シチュエーションから鴎外を連想した。
読了日:1月2日 著者:朝吹真理子
A型の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)A型の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
拳にものをいわせないハードボイルドな探偵がいたよ。
読了日:1月1日 著者:マイクル・Z.リューイン
もうひとつの街もうひとつの街感想
文学という枠に幻想と哲学を混ぜたらこんな風に仕上がりました、というような作品。センテンスを深読みして意味を探るのではなく、滑らかに語られるその言葉たちを、受けても滑らかに撫でていくとよいと思う。チェコの想像力について行くだけで、充分楽しめるでしょう。
読了日:1月1日 著者:ミハル・アイヴァス

読書メーター



時間の都合上、ブログに感想をアップ出来てないものも多いですが、今月はインテリア系も多かったようです。今月は積読小説とクラシック関連いこうかな、と考えております。おそらく思い通りにはいかぬでしょうけれど…(苦笑)

それにしても読書メーターのまとめ機能の便利さにようやく気付きました。コピペで画像まで出てくるなんて!レビューの度に画像を貼り付けずに済むブログ機能作ってくれないかなぁ。って横着してはいけませんね。




ブログランキング参加中です → にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ




.01 2016 【読書記録】 comment2 trackback1
 HOME 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 02
2016
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。