スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

桜庭一樹 『ブルースカイ』

ブルースカイ


西暦1627年、ドイツ--魔女狩りの苛烈な嵐が吹き荒れるレンスの町で、10歳の少女マリーは〈アンチ・キリスト〉に出会った……。西暦2022年、シンガポール--3Dアーティストの青年ディッキーは、ゴシックワールドの昏い眠りの中、絶滅したはずの“少女”というクリーチャーに出会う……。そして、西暦2007年4月の日本。死にたくなるほどにきれいな空の下で……。3つの箱庭と3つの青空、そして少女についての物語。  (BY BOOKデータベース) 
  

桜庭さんの『ブルースカイ』。SFといえばSFではあるのですが、SFとしての突っ込んだSF要素はほぼなく、体裁としてSFをとったというような印象。少女という一つの絶滅種をいろんな場所でどう捉えられているかを表現するためにタイムトラベル(時間SF)にしただけでしょうね。まぁ、ヤハカワでのお仕事という意味でのSFもあるんでしょうけども。なので、SFが苦手だという人でも別にSFとして読まずに普通に読んでも十分読めると思いますよ^^逆にハードなSF好きな方には甘すぎてダメでしょうね^^;

本書は桜庭さんらしくやっぱり三部構成となっており、1627ドイツ、2022年シンガポール、2007年日本の三箇所がそれぞれの章での舞台となる。わし的にはやっぱし一部・ドイツでの登場人物や雰囲気、展開が好き。ちゃんとそのドイツに立っているような違和感のなさがあるから。シンガポールは未来というよりかはちょっとしたマニアックな人々がいる世界に行っちゃったようにしか思えなかったです^^;第二部第三部はもう少し掘り下げてその世界を描いて欲しかったです。これもまた「少女」の物語なのですが、閉鎖的な場所での話ではなく広がりを見せてくれる。でも、少女の繋がり=トモダチという意味では、これもまた世界が狭い少女の閉鎖的な象徴だったのではないかと思いますがどうでしょうか。

そして、本作で桜庭さんの境界線を見つけたような気がする。まぁ、そんな大層な感じではなくちょっと作風が切り替わったというか文体が文章が世界観の伝わり方がピリッとしたというか、洗練されたみたにな感じが。次の作品の『少女七竈を可愛そうな大人』と『ブルースカイ』とではPOPな感じが少しなりをひそめ、代わりに雰囲気の美しさや色彩を色濃く感じられる世界観や文体など桜庭さんにしかない世界観や表現力を獲得したよう。本書まではラノベ線上にまだいるような気がするけど、少女~以降の赤朽葉~などからはラノベ以後という転換期だったように感じてます。アイデンティティを確立した!みたいな^^


3.7 なむなむ!

↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.01 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/101-312d8b0d

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。