スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

夏目漱石 『我輩は猫である』

吾輩は猫である


中学教師苦沙弥先生の書斎に集まる明治の俗物紳士達の語る珍談・奇譚、小事件の数かずを、先生の家に迷いこんで飼われている猫の眼から風刺的に描いた、漱石最初の長編小説。江戸落語の笑いの文体と、英国の男性社交界の皮肉な雰囲気と、漱石の英文学の教養とが渾然一体となり、作者の饒舌の才能が遺憾なく発揮された、痛烈・愉快な文明批評の古典的快作である。  BY BOOKデータベース


言わずと知れた名作。読書に目覚めたのが少し遅かった僕ですが、これは以前から何度か読んでいました。猫好きには嬉しい、猫の「吾輩」視点の愛おしさ。とても読みやすい文章であること。そして、なによりもまず登場人物たちの会話がおもしろく、古典名作であるのに何度も気軽に読み通せるという点で古今東西の様々な書物の中でもなかなかここまで愛着の湧く書物は見つからないと僕は思うのです。

このお話に大きな物語の筋みたいなもの見受けられないように思います。ただ主人公の苦沙弥という人物の飼い猫・吾輩が自分の周りの日常を、猫という人とは一味違った視点で語っていくというところに愉楽があり、小説において筋とはそんなに重要なものなのか?とさえ思わされる筆力がここには存在しているように思う。

やはり特筆すべきは猫の視点。人と猫ではそもそも歩いているときの目線が違うからであろうか(いや、関係ないとは思うけど)、人目線とは違う猫目線で物事を捉え披露するその理論や吾輩の感性が心地よい読書を促してくれたりもする。そして、この猫は猫なのにとても博識で苦沙弥が読むものならたいていにおいて知っている。博学猫なのです。それゆえマイキャッツたちもアホウな格好をして寝ているとしてももしかしたら僕が読んでいる本のことを知ってるのかも知れないと思っちゃいますね^^

吾輩の主人・苦沙弥という先生もこれまた博識で友との会話の時に様々な人物や書籍名を挙げウィットにとんだ議論をしているのですが、だいたいにおいて博識な人は人を小ばかにしがちというかエゴ丸出しな人が多いけども、苦沙弥先生に限っては知識を振りかざすような衒学的な振る舞いはしない。という、少しまじめに過ぎる短所もあるのですがなかなか好感触な人物であり好きな人物です。一方友人の迷亭なる人物は嘘をでっちあげ人をかつぐのが大好きな人物であり苦沙弥とは真逆のような存在。小説の構成とはこういうはっきりとした線引きが必要だと勉強になったような。でも、本書の会話の面白さにはやはり迷亭のように砕けた人物がいるからこそのオモチロイ会話であるので迷亭の役割もとても重要だと思う。

そしてこの小説の奇なるところは出だしの部分だけがとても広く知られているが、はたしてラストはどうなのだろうか?というところ。たぶん書き出しを知ってる人に比べてラストを知ってる人はとても少ないのではないだろうかと。この小説は書き出しもとても素晴らしいのだけど、終わりもとても素晴らしいと思うから少し惜しい気もする。決してハピーエンドというわけではないが、吾輩と読者が得るものはなかなか大きいものだと思いますよ^^


「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」



4.8 なむなむ!

↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.02 2010 【本:言語芸術】 comment2 trackback0

comment

道楽猫
わぁ。
私もこれ大好き!
ほんとに漱石という人はすごい人だなと思います。
ラスト、そうなんですか。
私はとても印象深かったので、みんな知ってるんだと思ってました。
2010.12.04 07:38
チルネコ

>道楽猫さん

道楽猫さんも我輩大好きですか!猫好きだったら目が離せない作品と
タイトルですもんねぇ~(笑)もちろん中身も素敵ですが^^

書き出しはものすごく有名で学校行ったことある方ならほぼ知ってる
でしょうけど、ラストどうなったかは知らないようですよ^^;
むか~しなんかのTVでやってましたw
2010.12.05 08:37

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/107-789b7bdd

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。