スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

大門剛明 『雪冤』

雪冤


平成5年初夏―京都で残虐な事件が発生した。被害者はあおぞら合唱団に所属する長尾靖之と沢井恵美。二人は刃物で刺され、恵美には百箇所以上もの傷が…。容疑者として逮捕されたのは合唱団の指揮者・八木沼慎一だった。慎一は一貫して容疑を否認するも死刑が確定してしまう。だが事件発生から15年後、慎一の手記が公開された直後に事態が急展開する。息子の無実を訴える父、八木沼悦史のもとに、「メロス」と名乗る人物から自首したいと連絡が入り、自分は共犯で真犯人は「ディオニス」だと告白される。果たして「メロス」の目的は?そして「ディオニス」とは?被害者遺族と加害者家族の視点をちりばめ、死刑制度と冤罪という問題に深く踏み込んだ衝撃の社会派ミステリ、ここに誕生!第29回横溝正史ミステリ大賞&テレビ東京賞W受賞作。    BY BOOKデータベース


第二十九回横溝正史ミステリ大賞を受賞した大門剛明さんの『雪冤』です。彰信さんのブログで初めてお目にかかったのですが、〔裁判員制度〕が始まった昨今、一般人が人を裁くということや〔死刑制度〕の有無など本書はとてもタイミング的にもいい時期に出版されたと思います。社会派ミステリはあまり読まないんですが、本書によってこういうミステリの優れた部分を知りましたし、何よりこういうテーマと向き合えたことがまず収穫でした。

タイトルである<雪冤>とは〔無実の罪を雪ぎ 潔白であることを明らかにすること〕という意味であり、
死刑宣告を受けた死刑囚の冤罪を証明する為にさまざまな人物が奮闘するんです。もちろん被害者側も描写されます。でもこういう題材は実際に加害者側も被害者側も存在するわけであって、多くの人間が読むであろう<本>にすることはどちらにも拝領しなければならず簡単な意見を書き記すことはできないでしょうし、配慮しつつ司法のあり方というテーマを書くのはものすごう難しいと思います。しかし、本書では両者に公平な立場を持って書かれ尚且つ作者の叙情もしっかりと見せてくれてた。こう言うとありきたりな言葉になんちゃいますけど(^^。)、本当に考えさせられる内容だなぁと根っから思った作品でした。

テーマは本当意見を述べるのが難しいものなのですが、それの書かれ方もまたひと工夫されています。登美彦氏の『〔新釈〕走れメロス』では『走れメロス』を下敷きに書かれてましたが、本書もこのメロスを下敷きというか、物語に滑り込ませたような構成になっていて僕の中ではとても読みやすくなっていたと思います。京都の町や京都・大阪という自分にとって馴染み深い街を舞台に描かれたのもその一因かも知れません^^それに加え〔足利事件〕など実際に起きた事件を出し現実味や説得力も増量させてたのもますます読者を作品と真剣に向かい合わせてくれてました。

人間と猫を一緒にするなと言われればそれまでなんですが、本書で書かれていたことの一つを猫の例に置き換えて言わせていただきたい。保健所では何百万匹という数の猫・犬が毎年殺処分されていて、この前もそのガスを注入し犬が息絶えていく様を丸々映し出した衝撃的な映像がニュースで放映されていて、何の罪もないつぶらな瞳でキャンキャンと訴えかけ次第に動かなくなっていく何匹もの犬たちを観て涙が溢れてしまったのですが、このガス注入をする職員がよく言うのは「ここに動物を持ってきて処分してくれという方は、できればご自分でガスのスイッチを押していただきたい」とおっしゃります。これも人間と動物という違いはあれど、やはり本書で描かれていた「責任を放り投げる」「他人に任せる」ということだと思います。参加しなければ遠いできごとで終わってしまう、それが本当に治らなければあるいは作者が提示したような方法もありえるんではないかと思ってしまいました。

しかし、一番はやはり<横溝正史ミステリ大賞>という仏の冠をなぜいただけたのかというところなんですが、実に本格ミステリを意識した作品だったからだと思います。事件について推理を提示し覆すを繰り返しラストでのあの何度か真相をひっくり返す様は、「本格ミステリ書いたゾー!」と言わんばかりの作者の意識の奔流に巻き込まれるかのよう。ただこのラストは賛否両論がありようにやはり僕の中でも「あからさますぎ」という印象。ラストでどんでん返しを持ってこようという作者の意識と本格スピリットは感じるのですが、文字通りメイクドラマといった按配で作って魅せよう魅せようという糸が伝わってきすぎて逆にマイナスだと思ってしまった。言うなれば海堂尊の作品のラストと同系統(苦笑)あとイマイチだたのはキャラ造詣。筆致と相まって少し静かすぎて時折見せる激情だけが目立ったなぁ。でも、本書は本格ミステリを十分意識し形にし、司法や法律のあり方をキッチリ投げかけた野心と熱意溢れる作品と紹介しちゃいたい。



4.0 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.14 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/121-f037a04c

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。