スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

道尾秀介 『球体の蛇』

球体の蛇


1992年秋。17歳だった私・友彦は両親の離婚により、隣の橋塚家に居候していた。主人の乙太郎さんと娘のナオ。奥さんと姉娘サヨは7年前、キャンプ場の火事が原因で亡くなっていた。どこか冷たくて強いサヨに私は小さい頃から憧れていた。そして、彼女が死んだ本当の理由も、誰にも言えずに胸に仕舞い込んだままでいる。乙太郎さんの手伝いとして白蟻駆除に行った屋敷で、私は死んだサヨによく似た女性に出会う。彼女に強く惹かれた私は、夜ごとその屋敷の床下に潜り込み、老主人と彼女の情事を盗み聞きするようになるのだが…。呑み込んだ嘘は、一生吐き出すことは出来ない―。青春のきらめきと痛み、そして人生の光と陰をも浮き彫りにした、極上の物語。    BY BOOKデータベース (角川書店刊)


道尾さんの干支シリーズで今回は〔蛇〕です。道尾作品はブログ始めた比較的初期から読んでいって(二作未読アリ^^;)ますが、〔干支シリーズ〕もだいぶ埋まってきましたねぇ~。作品の作風というか重きを置く点も変化が見られて、リアルタイムで好きな作家さんの作品推移を見れるのはなかなか嬉しいものです^^

これはページ数もそんなにないしスピード感溢れる展開と登場人物が少なく把握が簡単なので僕でも二時間程度で読了できてしまいました。『花と流れ星』と同じように人間の心の動きを前面に押し出した、というかミステリをどこかへ置いて人間で一冊の小説を描ききっております。これはほぼ新境地といってもいいくらいでしょう。主人公はというと乙太郎という人物でだいぶ変な男です。アルバイトの顧客であった女性に惚れその家の軒下に侵入し○○○したり、それが火種でその家を○○してしまったり。感情移入なんぞはできる類のものではなく、外から傍観して読むしかできないでせう。だってこんなに壊れた人物に共感なんぞできるでしょうか^^;しかし、乙太郎の周りもこれがまたこぞって変人の類の人物が終結しており、道尾さんの黒いというかもうグロい部分が出てましたね。少ない登場人物ながらもまともな人物というのがほぼいない。一気読みはできちゃうんですが、なんか気分が悪い読書になってしまいます(苦笑)乙太郎なんてただの思い込みで人を○○に追い込んでしまったり、まずサヨからして狂ってましたし。しかも読了してもどれが事実かわからない。サヨがテントに○○○したと証言しているけど、真実は闇の中。○○の自殺の真意も明確な答えはない。でもまぁミステリではないし一種の読者に委ねる形の小説なのだろう。しかし、ラストの二人の関係が唐突に綺麗に収まってて納得いかないなぁ。しかもタイトルもうわばみの逸話だけで〔蛇〕を持ってきましたか。球体はスノードームの記述で説得力があるんですが、なんともしっくりしがたいタイトルだったりも。『鬼の跫音』もそうだったけれど、干支シリーズってのはやっぱ干支とタイトルと内容を繋げるの難しいんだろうな~(苦笑)

作風が変化したと書きましたが、どこが変化したかというとやはり以前の上手いミステリではなく、人物造詣をしっかりと書き込み、登場人物の心の動きを鮮明に描写することをよしとしている所が一番印象深い点です。本書でも道尾さんらしいミステリ展開はもちろん健在で、二章三章と進むごとに「あぁ!そこと繋がってたのねん!」「ここまで繋がってたのかぃ!」と驚きと巧みさで魅了してくれます。しかし、これは今までの道尾さんに対する僕のイメージである<伏線の鬼>やら<ミステリ職人>といったものとは少し逸れてて、しっかりとプロットが練られていろんな箇所が繋がっているものの、それは主人公の推測の域で収まってるんです。確信はあるけれど、証拠はないみたいな。なので、ラストまで終始一貫してストーリーのかけらを巧みに繋ぎ合わせているにも関わらず、これはミステリではないんです。道尾初期の職人技で魅せられた僕にとっては少し寂しい気もします。が、逆に考えるとミステリとしてのトリックや伏線に頼らずここまで物語として昇華していることは新たな驚きでもあります。ミステリとして読者を唸らせてた道尾秀介が、小説そのもので読者を引き込んでしまう技巧を身に付けちゃったと言えるんですから。この作品が好むと好まざるとに関係なく、道尾さんの可能性はまたもや拓けたんではないでしょうか。


最近作品をせっせと出してくるので作品の質がどうにも疑ってしまうんですが、読んでみるとこれが一定以上のレベルを保ってくれてるから信じられませんね^^。この作品は出来とは裏腹に好きな作品にはなり得なかったんですが、それでもこの完成度は見事です。新作を無理やり乱発してるんではなく、アイディアが迸って筆が独りでに進む感じなのでしょうか。これが帯にあるような最高到達点とは思いませんが、道尾さんのミステリ巧者としての面と人物描写をミックスし時間を書けて作品構想を練れば、もう最高傑作が出版されるのも時間の問題と思えてきました。期待してます^^



3.4 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.21 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/130-b27bfff6

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。