スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

西村京太郎 『殺しの双曲線』

殺しの双曲線


都内で起きる連続強盗事件。東北の雪に閉ざされたホテルに無料で招待された6人の若い男女。強盗事件は双子の犯行とわかっていながら、兄弟どちらが実行犯か、警察は立証できない。一方、陸の孤島と化したホテルでは密室殺人事件が起きる。そして再び…。あざなえる縄のごとくに並行する二つの物語は、どこでどう結びつくのか!?    BY 背表紙紹介文 (JOY NOVELS)


綾辻さんか有栖川さんが(たぶん有栖川さん)何かの本で〔早く世に出すぎた本格〕と仰ってたので、興味を抱き購入した本でございます。西村京太郎と言えばやはり<トラベル・ミステリー>で僕もず~~っと前にあの水色の背表紙の十津川警部シリーズを何冊か読んだ人なのですが、今やまったく興味が持ててません(苦笑)でも本書はそのイメージを塗り替えてしまうほど本格でした。

本書のどこが本格っていうとまずのっけから読者に挑戦してくるところがいいじゃないですか。本格好きならもちろん知っておられるであろう<ノックスの十戒>の一つを利用し「この推理小説のメイントリックは、双生児であることを利用したものです。」とストーリーが始まる前に宣言しちゃってるのです。西村さんのフェアプレイ精神が前面に押し出されててご立派です。もちろんそんな事を書かれたら双子に注目して読んでしまいますよね?僕もまんまとそんな読み方をしましたが、これはもちろん騙されてしまいました。吹雪の山荘で起こるクローズド・サークルと連続強盗事件が同時進行してゆくんですが、山荘の方はクリスティーのテン・リトル・インディアン型で連続強盗の方は○○○○のミステリとして進行してゆくのがまずオモチロイ。そしてこの二つのミステリがラストで一つに収束されるんですが、なかなか意外な繋がり方、そして大胆といっちゃってもいい○○○○○トリックも見事。双子がトリックだと書いて注目させ、双子でキッチリと騙すなんてやり手だなぁ^^。動機の面もほぼ問題ないし。西村さんと対等に対決して見事敗れ去った感じですね^^;


少しスピード展開を重視し推理が雑だし腑に落ちない点もありますし、ラストでの犯人に対する罪への制裁も足りない気もしないではないですが、本書も本格前夜の名作だと言えるのではないでしょうか。後、注意しなければならないのは作中にクリスティの『そして誰もいなくなった』のネタバレっぽい記述などがあるので未読の方はお気をつけください^^。トラベル・ミステリ以前の西村さんってすごかったんだ!笑


3.7 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.21 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/131-a8c7da28

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。