スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

恒川光太郎 『夜市』

夜市


大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。夜市では望むものが何でも手に入る。小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが―。幻想的かつ端正な文体、そして読む者の魂を揺さぶる奇跡のエンディング!  (BY BOOKデータベース)


第十二回日本ホラー小説大賞受賞作で恒川さんのデビュー作。ホラー大賞の審査員・荒俣宏さん、高橋克彦、林真理さんがこぞって絶賛されていました。ホラーということで読んでいると恐さを感じる場面もあるが、それと同じくらい陰を含んだファンタジックな作品でした。森見さんが陽なら、恒川さんは陰みたいなファンタジックさ。文章は淡々としていて読みやすい文体なのですが、それは端整というか無駄がないという類のもので、文章が頭の中で無理なく映像に変わるという描写力もなかなかでした。ホラーはキングのを好んで読むくらいですが、日本にもこんなホラーを書く方がいるのだなぁと新たな嬉しい発見。ただのカブトムシを取りにいったのに、ノコギリクワガタをゲットしたみたいな(なんだそれ)森くんだりまで来た甲斐があったみたいな感覚です(?)

『夜市』と『風の古道』の二作が収録されています。どちらの話もこの世のものではない不思議で妖しいこの世界とは違う異世界と繋がっていて、それがとっても奇妙で魅力的。実際の神隠しとかはたぶんこういった感じのことを体験するのではないかと思えます。

『夜市』は冒頭から文体と同じく物語にも無駄が一切無く、一気に恒川さんの世界にひきこまれます。「夜市」に行けば何でも望むものが買えるけれども、何かを買うまでは夜市から抜け出すことは出来ないという異世界フリーマーケット。そこでの兄と弟の出来事は恐ろしくもあり悲しくもあるし、展開もとてもおもしろい。兄の後悔と無念さ、変わりたいと願ったわけでもないのに変わらなければいけない状態に陥ってしまった弟の逞しさ、どちらも読んでて辛いですが、この兄弟が最後どう交錯するのかとても気が気でなかったです(^▽^;)兄はその後どうなったのでしょう。。。

『風の古道』もまたグーググー。書き下ろしの『風の古道』もまた、不思議な異世界の道に紛れ込んだ少年たちの話です。雰囲気ははからずも夜市と同じです。こちらも縛られた状況の中で何かを打破するという誰にでもありえる共感とそれが異世界という未知の魅力溢れる世界がとてもひきつけられる。でも、どちらの話にも共通して子供なのになぜか言う事や思考がちょっと大人びすぎているような気もしないではないですが、こんなものなのでしょうか。

どっちが好きかというと、どちらも甲乙つけがたいあくらい良かったのでどっちがいいとかはないですね~。どちらも同じくらい好みでスラスラと読んでしまいました。本の厚さも薄い部類に入るので二時間くらいで読めます。ホラーが嫌いな人にも読まず嫌いな人にも広く受け入れられる物語だと思いますよん。



4.1 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.24 2010 【本:言語芸術】 comment2 trackback0

comment

道楽猫
おおーっ
「夜市」大好きなんです。
これは感想書こうと思いつつなかなか言葉に出来なくて未だ果たせてないものです。
でも私はどちらかと言えば「風の古道」のほうに強く惹かれたかな。
2010.12.25 15:32
チルネコ

>道楽猫さん

夜市大好きでしたか~。やっぱこの幻想的でノスタルジックな
雰囲気がお好きなんでしょうか?またご感想書いて欲しいな^^

甲乙付けがたいくらい両作品ともに素晴らしいですね!
2010.12.26 07:47

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/133-1fc028fb

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。