スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

松岡正剛 『多読術』

多読術



読書の楽しみを知れば、自然と本はたくさん読めます。著者の読書遍歴を振り返り、日頃の読書の方法を紹介。本書を読めば自分に適した読書スタイルがきっと見つかります。読書の達人による多読のコツを伝授。   (BY BOOKデータベース  ちくまプリマー新書)

毎夜チェックしている『千夜千冊』を手がける松岡正剛さんの著作です。タイトルにあるように読書に関する事柄が書かれているんですが、『千夜千冊』を読んでいる方にとってはこれほど手にとってみたいと思う読書指南本はないのではないでしょうか。あの松岡正剛の読書遍歴を毎夜一冊づつ惜しみなく読ませてくれ、尚且つあの深遠で知の巨人に相応しい編集力で読み手を納得させ魅力する蠱惑的な記事たち。その一端にでも触れられれば、自分の読書スタイルの何かに変化を齎せてくれるかも知れないと思わせてくれる本書のタイトルですが、その通り読書に対する何かが芽生えちゃいます。


僕のブログに毎日のように遊びに来てくれてる方なら気付いてくれてるかも知れませんが、最近僕は図書館の本を借りなくなりました。古本で買って温めている積読本か、稀に買う新刊しか読んでません。なので例年にも増して今年の新刊本の読書数が激減しているのはそのせいなのです(苦笑)

なぜ図書館に行かなくなったのか?というとこれが面倒だからでも返却期限を遵守できないからでもありませんよ(笑)実はその理由は本書の著者・松岡正剛さんの影響からなのです。この本を読む前から正剛さんの記事や動画などで〔本はノートと思え〕的なアドバイスを聞いてから、それを今年の中旬から実行し始めてるんですね。その本をノートにするということはすなわち「本にマーキングしたり、文字を書き込んだり」するということなのだから、これは図書館本ではどうしてもできない。やったとしても返却しなきゃいけないから読み返せないのですよね^^。

初めは本に付箋だけでなくマーキングすることには少し抵抗がありました^^。でも僕は買った本は売ったことがないし、マーキングを躊躇う理由がないことに気付いたのでもうはじめの一筆からはガンガン書き込みしております(笑)気になる文章や警句、人物名や書物の名などなど、気になれば自分なりのマーキング方法を確立している最中です。これがとても役に立っていて、ブログやらに記事を書くときにはどうしも気になる箇所を再読したりしますが、とても楽です(笑)本書の中にも書かれているように「本を二度読む」際にもこれは効果的で、著者のエッセンスと一度目にマーキングした箇所がちゃんと要点を把握しているかを客観的に感じることが出来たりします。この読書法は一度目には効果的で再読時には能率的に読書をすることができちゃうからこれだけでも僕にはプラクティカルに作用してくれてると思ってます^^

もちろんそれだけが書かれているのではありませんよ。本書には松岡正剛という何十年も読書を継続している知の巨人のエッセンスが深く深くに根付いてますから、それに全部書き記すということはまず不可能です。それだけ正剛読書術は濃いとも言えます。

なので僕が印象に残った箇所を少しだけ抜粋させてもらうと、まずは「目次を読み込む」ことです。これは僕自身まったく行っていませんでしたね(苦笑)買う前に目次をパラパラと見たりはしますが、この目次を重点的に読み込むんである程度内容を把握してしまうところがエクセレント!ですね。一度実行してみましたが、一章目から全く見当違いなものを目次から想像しちゃいました^^。でもこれをやることによって目次から本の内容がある程度把握できるようになるのだから、全く知らない本を手にとっても興味深いかどうかを判断できるようになれるかも知れませんし著者のモデルを見極めることができるようにもなれるでしょう。でも目次がおざなりな本には全く効かないかもしれませんが^^。

だらだらと長文かきすぎなので後は駆け足で要点だけ書いていくと、「本とはリスク、リスペクト、リコメンデーションの3Rである」とか、「複合読書法」や「リンクを増やすための編集的読書法」、本から本へという間テキスト性への言及。「音読から黙読へ」、「自分にあったスタンスで読む」とか「読書と向き合うのに構えてはいけない」などなど、この190Pの中にこれでもかと松岡読書思考が詰まってます。披露されている著者の読書遍歴にも目を見張るものがありますし、松岡さんがマーキングした本の写真なんかも載ってたりするのでとてつもなく読書の参考になる著作でした。やっぱり知の巨人は松岡正剛だ!


読んだ本は数あれど、それから得た知識や情報、果ては内容までもが雲散霧消してしまっているという僕も含めた読書好きさんは、ぜひとも読んで自分のスタンスに変化を齎せたほうがいいのかも知れません。最近は乱読よりも一冊を読み込む読み方が俄然楽しくなってきております。正剛さんのおかげです(笑)


4.3 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.29 2010 【本:どんでん返し/名推理】 comment6 trackback1

comment

こんにちは~☆
>目次を重点的に読み込んである程度内容を把握してしまう
なるほど、そういう読み方もあるんですね。
自分の読み方はホントに乱読もいいトコなので、この本参考にしたいかも。

で、チルネコさん!
今年は大変お世話になりました。
「本が好き!」ではチルネコさんは雲の上のお方だったので、まさかこんな風に交流できるとは思っていませんでした。
レビューもさすが客観的で、豊富な語彙と知識がとても羨ましいです!
また来年もどうぞヨロシクお願いします!
冬の京都は寒そうですね~。体調に気を付けてくださいね☆
2010.12.31 16:41
風竜胆
あけましておめでとうございます。
この本、私もだいぶ前に読んでいまして、ずっとレビューしようしようと思いながら、なかなか実行できないでいます。
新年は、始まったばかりですが、今年中にはレビューを書かねば(笑)
今年もよろしくお願いします。
2011.01.01 10:02
チルネコ

>惺さん

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします^^

目次の話は僕も目から鱗でしたね~。ささっと目を通す程度しかいつもやってないので、これから実践しようと思ってます^^

こちらこそお声を掛けていただいてとても嬉しかったです~。雲の上のだなんて!どっか飛んじゃってるイメージってのならなんとな~くわかりますが(笑)いつもお優しい心遣いありがとうございます!僕も見習えれば見習いたいです^^

よいお正月をお過ごしくださいませ^^
2011.01.01 23:45
チルネコ

>風竜胆さん

明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いいたします~^^

すでに既読でおられましたか!風竜胆さんの読書ペースはすごいので、時間の活用法を伝授していただきたいくらいです(笑)本書の風竜胆さんのご感想も拝見したいので、ぜひ書いてくださいませ^^w
2011.01.01 23:48
風竜胆
やっと、レビューを書きました。最初に読んでから1年位経っているかもしれません。
この他にも、一度読んで、既に内容を思い出せないのが結構あります(汗)。
初めて読むよりは早く読めると思いますので、またぼちぼち読み返して、レビューしていくつもりです。
2011.01.04 20:30
チルネコ

>風竜胆さん

おぉ~もう書かれたのですね。有限実行素晴らしいです^^
確かに時間が空くと内容忘れてしまいますよね(苦笑)
初読時と再読時ではスピードも印象も変わってくるから不思議
ですね。正剛さんは最近尊敬する一人になったので(笑)、
レビュー楽しみにまってます^^TBありがとうございました。
2011.01.05 08:19

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/137-05f9c4e4
 私も、かなり多読な方だが、上には上がいるものだと、いつも感心させられるのが「千夜千冊」などで有名な読書の達人とも言える松岡正剛氏である。「多読術」(松岡正剛:筑摩書 ...

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。