スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

若竹七海 『猫島ハウスの騒動』

猫島ハウスの騒動


葉崎半島の先、三十人ほどの人間と百匹を超える猫が暮らす通称・猫島。民宿・猫島ハウスの娘・杉浦響子は夏休みを迎え、家業の手伝いに精を出す日々を送っている。そんなある日、ナンパに勤しむ響子の同級生・菅野虎鉄が見つけてしまったのはナイフの突き立った猫の死体、いや、はく製だった!?奇妙な「猫とナイフ」事件の三日後、マリンバイクで海の上を暴走中の男に人間が降ってきて衝突した、という不可解な通報が!降ったきた男は「猫とナイフ」事件にかかわりがあるようだが…。のどかな「猫の楽園」でいったい何が!?真夏の猫島を暴風雨と大騒動が直撃する!奇妙な事件に奇矯な人々、そして猫・猫・猫…ユーモアとシニカルを絶妙にブレンド。コージー・ミステリの名手、若竹七海の真骨頂。  (BY BOOKデータベース)


この作家さんはお初です。が、本書を選んだのはもちろん猫だらけの表紙に猫のタイトル遣い。そして、裏表紙の猫・猫・猫ブリに購入せずにはやり過せませんでした^^。積読期間は長かったですが(苦笑)やっとお目見えされました^^

葉崎半島という島の先にある離島通称「猫島」である日ナイフの刺さった猫の剥製が見つかる。そしてその三日後マリンバイクで海を爆走中に人間が天から降ってきて衝突した!立て続けに起こった事件はどうやら関係性があるようで平穏な日々を暮らしていた猫島の人々を大騒動へといざなってゆく。。。という事件の真相を追求するというミステリーですが、舞台がゆったりと暮らす島の人々でふんわり感漂うコージーミステリーとなってます。なので、本格のような緊張感などはないのです。かといってミステリーがおざなりになっているかというとそうではなく、緻密とはいわないまでも広範囲に広がってしまった感のある伏線の回収もキッチリと出来てましたし、ポリス猫DCのラストでの真相独白にはビックリさせられました^^キャラたちも僕が一番気に入った貧乏くじを引きまくるという七瀬巡査など、それぞれ個性も溢れていて笑える場面も多々ありましたよ。あまり歓迎できない話なども書かれていたのですが、なぜか若竹さんの文章にかかるとそんなに不愉快にならずに読めたのにはまたもやビックリでした。まだ若竹さん読書一作目ですがブラックユーモアを嫌味なく上手に文章に混ぜ込ませられる系の作家さんなのかなという印象を受けましたねー。でも一つだけ気がかりなのは、響子と虎鉄の修学旅行で何があったかという思わせぶりな逸話が最後まで語られなかったのがとても気になっちゃってます^^;何があったんだろうかと頭から離れてくれません(苦笑)

もちろん本書には猫がたくさん出てきて猫好きにはたまらん(嬉)そしてなんといっても若竹さんの遊び心が存分に発揮されているのが、この登場猫の名前の八割が他の小説や映画から拝借されているんですよ!それが分かれば「相当の猫バカ」という称号を得られるみたいですが、僕はトマシーナなどの超有名な猫の名しかわかりませんでしたぁ^^。もっと猫本読みつくさなきゃ。後もう一つ嬉しい発見はアメリカには<猫ミステリーライター連合>なる猫ミスライター集団なるものもあるらしく、また一つ猫の真髄を垣間見た気がします^^素敵な猫ミスがあればぜひとも御指示くださいませ^^



3.8 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.14 2011 【本:言語芸術】 comment2 trackback0

comment

こんばんは☆
>また一つ猫の真髄を垣間見た気がします^^
>素敵な猫ミスがあればぜひとも御指示
ううむ……「猫の真髄」とは。スゴイです。
「猫ミス」発見したら速攻お知らせします!

ハナシは変わりますが…今月中に森見氏の新作?が出るらしいのですが。
「四畳半王国ナントカ…」というタイトルだったような。
スミマセン、よく憶えてなくて。思わず予約してしまいました!
楽しみです☆
2011.01.14 20:58
チルネコ

>惺さん

こんばんわ~。猫ミスってやっぱ猫飼い人にはたまらないんですよね~(笑)猫ミス協会なるものがあるアメリカのマーケットの広大さがうらやましす^^。見つけたらぜひ教えてくださいませ^^

おっと登美彦氏の新刊今月なんですか!?・・・・検索中・・・・・ありましたっ!1月31日『四畳半見聞録』という京都が舞台の新刊~~~♪僕も買いに行かねばっ!あと、偶然検索中に『ポリス猫DCの事件簿』という七海の新刊が出るのも発見しました(笑)
2011.01.15 22:01

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/143-4e69ef8b

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。