スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ジョン・F・バーディン 『悪魔に食われろ青尾蠅』

悪魔に食われろ青尾蠅



精神病院に入院して二年。ようやく退院が許されたハープシコード奏者のエレンは、夫の待つ家に帰り、演奏活動の再開を目指す。だが楽器の鍵の紛失に始まる奇怪な混乱が身辺で相次ぎ、彼女を徐々に不安に陥れていく。エレンを嘲笑うがごとく日々増大する違和感は、ある再会を契機に決定的なものとなる。早すぎた傑作としてシモンズらに激賞され、各種ベストに選出された幻の逸品。    (BY BOOKデータベース  創元推理文庫)

本が好き!』から献本でいただきましたー。あまり僕は知らない作家さんだったのですが、内容紹介を見ていると〔ハープシコード奏者〕やら〔楽器・演奏〕というワードが出ていたので、クラシックがマイブームな僕はそこに反応しちゃいました(笑)でも本書はそういう本ではなく、心理スリラーでした^^


本書が書かれたのは1946年のようで、米作家であるにも関わらず母国では本書の出版に首を縦に振る出版社がなく、はじめに英国で出版されたもよう。なぜ母国での出版が困難だったのか?というと、読了すればそれだけ内容が斬新だったんだなぁと納得できるものがあった。言うなれば〔早く出すぎた才能〕だったんでしょう。しかし、一番驚くというか嬉しいのが「初出版が英国だった」というところ!さすが格式高く歴史ある英国というか、ちゃんとツボを押さえているな~と英国出版界の炯眼に賛辞を送りたいくらいだ(笑)

内容はというとハープシコード奏者の主人公・エレンの視点でエレンの出来事の語りへ終始されるのだが、この物語の筋がないといったら言いすぎかも知れないが、それを明かすことができないのが残念である。こればっかりは核心に触れてしまうので自分で読んでもらうしかない(苦笑)少しだけ明かすと【ニューロティック・スリラー】に入るということ、もしかしたらフロイト辺りを好んで読む人に向いてる本なのかも知れないということくらい。

語られる時系列もいったりきたりするし、物語よりもエレンの心理描写で文章が占められているので読んでいてもなかなか内容を把握することが困難だった。というか、正直に言うと2章辺りからずっとわけがわからなくて読みづらかった。それは作者の意図する怒涛の心理描写の連続がそうさせたのは間違いないだろう。エレンの言わんとすることも、何者なのかもわからなくなってくるのであるが、実はラストに近づくにつれてそれらのイマイチ把握できなかった事象たちがやんわりと少しずつ浮かび上がってくるのだから、物語よりも作者の技巧・精緻さに驚愕してしまった。ちゃんと作者はプロットからガジェットの小出しまで気を配って配慮していたことに気付くことになる。また、エレンの二面性や辻褄が合わないような描写、中盤で面白さを感じれなかった内容も一気に評価せざる終えなくなってくる不思議な作品なのである。

あと嬉しかったのは主人公がハープシコード奏者ということで、音楽の記述、とりわけクラシックの曲などが登場していたことだろうか。『ゴルトベルク変奏曲』を愛でてたエレンですが、ゴルトベルク変奏曲とエレンが不協和音となってラストの数行で響いてくるかのよう。もしかしたら中盤で挫折しそうになってしまう人もいるかも知れないが、しっかりと中盤を読んでいれば必ずラストで報われる結末が待ってくれているのだ。もちろん報われるのは読者だけだが(怖)旋律と戦慄が入り混じるラストを堪能されたし。


3.8 なむなむ!



↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.20 2011 【本:言語芸術】 comment4 trackback0

comment

風竜胆
私もこれ、タイトルに惹かれて申し込みましたが、外れてしまいました。
表紙イラストも目を引きますね。
でも、あまり内容をつかみづらいのは苦手なので、外れてよかったのかも?
2011.01.20 20:34
ジャケットの雰囲気はモロ自分好みなのですが……内容はイマイチだったようで。
現代作品かと思いきや、1946年の作品なのですね~。
自分も献本申し込みたいなと思うのですが、最近コレ!という作品がないのです。
皆さん、スゴイな~とひたすら感心です。

2011.01.20 21:08
チルネコ

>風竜胆さん

これ以外と人気あったようですね^^。タイトルはどうやらあっちでは有名な歌のようですよ^^内容的には最初普通だったのが、急に読みづらくなってしましました(苦笑)でも、ラストにいくにつれてこの読みにくい心理描写が活きてきてなんか報われました(笑)少し古い本としてはなかなかの良書でした^^
2011.01.20 23:08
チルネコ

>惺さん

ジャケット昔出たのもこういう絵だったようで、人気あったんでしょうね^^内容は中盤が読むのしんどかったです(^^;)が、ラストまでいくとこの作品の良さが全体として見渡せた感じでしたね~^^
献本惺産的にいいのないですか?^^;僕はもう一冊貰いましたよ(笑)でも僕も創元ですが^^
2011.01.20 23:13

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/148-f922b6dc

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。