スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

飴村行 『爛れた闇の帝国』

爛れた闇の帝国


高校2年生の正矢は生きる気力を失っていた。先輩でもあり不良の崎山が、23歳も年の離れた正矢の母親と付き合い出し、入り浸るようになったのだ。学校も退学し、昼間からぶらぶらと過ごす正矢に、小学生の頃から親友同士の晃一と絵美子は心配して励ましてくる。一方、独房に監禁された男が目を覚ました。一切の記憶を失い、自分が何者であるかもわからない。どうやら自分は大東亜戦争まっただ中の東南アジアで「大罪」を犯してしまったらしい。少しずつ記憶を取り戻す男だが、定期的に現れる謎の男によって拷問が始まった…。やがて、絶望の淵にいる正矢と男は、互いの夢の中に現れるようになった。しかし、二人の過去には恐るべき謎が隠されていた!日本推理作家協会賞受賞『粘膜蜥蜴』から1年半…満を持して放つ、驚愕のエンタテインメント。    (BY BOOKデータベース 角川書店)


角川書店の〔読者モニター〕に応募していただいた本がこの『爛れた闇の帝国』。発売前に関係者用へと配られる本だけあって、簡易製本のまま届きました。作家さんだもなんでもないので、装丁画もなく表紙も中身も白地に文字だけというのが逆に新鮮でちょっとした感動を覚えました(笑)ちなみに〔読者モニター〕に僕の簡単な感想、そしてお仲間さんお二人の感想も載ってます^^


結論から言うとというか、これは結論から言ってしまおう。粘膜シリーズを読んだことある読者もそうでないファーストコンタクトの読者も、読了後やられた!と思ってしまうだろう。グロが嫌いな方はどうにもこうにも読めないだろうが(^^;)、グロとミステリが文字通り進化を遂げたのが明らかに判るほどの完成度を誇っているのである。

『闇に囚われし者』と『闇に怯えし者』という二つの筋が交互にかたられてゆくのだが、『闇に囚われし者』は戦時に独房に放り込まれ拷問を受ける文字通り囚われし者の話。『闇に怯えし者』の方は高校生の正矢だが、母親が同じ年頃の不良と付き合って毎日家で行為をするのだから想像するだけでたまったもんじゃない(苦笑)だが、この闇に怯えるというのは不良に対してだけでなく、夢に対してもそうなのだが、あまり核心には触れないでおこうと思う^^。

この二つの話がだんだんリンクしてゆくのは読んでてわかってくるのだが、この時代錯誤な両ストーリーがピッタリ交わったときの爽快感はなかなかのものだ。内容はグロテスクなので爽快感など皆無なのだが、このミステリ的手法の部分だけは爽快なのだからその上手さが伝わってくれてると思う(笑)

論理も道徳もとっぱらった世界観は従来通りのグロテスクとエロスで間違いないので、飴村行のその部分を好んでいる方はそれだけで読む価値アリ。だが、問題はミステリ部分なのだ。今までもグロ色の濃いホラーミステリとして印象づけられていた作者だが、今回はミステリ部分が飛躍的にレベルアップしたと個人的には思わずにはいられなったのだ。〔○○の○○を撮っている〕や〔○○の○○だったら良かったのにね〕という印象的だった言葉。どこかで使われるであろうと気付く伏線も少々あるが、キッチリと綺麗なミステリとして伏線をはり回収している。飴村行ってこんなにミステリしてたっけ?と思ったのは飴村作品を二冊しか読んでない僕だけの感想なのだろうか。。。たぶん違うだろう。ミステリ読みの方でも賛辞を送れるほどのクオリティだと思いたい。

ラストの終わり方もまたゾッとしてよろしいのだ。「ぎゃぁああ!そんなーーー」な感じで幕が下りちゃう(笑)ホラーミステリとしてどちらの比重も満足いく仕上がりとなっており、これが飴村行の現在地であり、〔吐き気がするほどの美味〕の創造者なのだ。


4.0 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.09 2011 【本:恐怖/戦慄】 comment2 trackback0

comment

くう
こんばんは、くうです。

普段はファンタジーばかり読んでるので、
ホラー系は読んだことないです。

実はあまり得意ではないのです。
レビュー見ただけでぞっとしましたwww

でも、食わず嫌いはいけませんね。
今度、挑戦してみたいと思います。
2011.02.10 00:07
チルネコ

>くうさん

こんばんわ^^

くうさんはファンタジーがお好きなんですね~。僕も『リリス』あたりの名作は嗜んでおこうとおもってるんですが、一度挫折しちゃいました^^;でもいつか再挑戦を!

飴村さん辺りはエログロ要素満載なので(^^;)、グロの耐性がなければ無理に読まなくてもいいかも知れません(笑)でもどんな感想もたれるか聞いてみたい気もします^^。恒川光太郎さんとか読まれたことありますか?怪奇+幻想なので、もしかしたらくうさんお好きかも知れません^^
2011.02.10 21:58

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/153-a63d0b91

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。