スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

藤原正彦/小川洋子 『世にも美しい数学入門』

世にも美しい数学入門



「美しい数学ほど、後になって役に立つものだ」数学者は、はっきりと言い切る。想像力に裏打ちされた鋭い質問によって、作家は、美しさの核心に迫っていく。  (BY BOOKデータベース ちくまプリマー新書)


数学者である藤原正彦と作家・小川洋子の対談形式の共著である。藤原さん(ちなみに父は新田次郎、母は藤原てというサラブレッドでもある)と言えばまだ著作を読んだことはないのだけど、『国家の品格』や『天才の栄光と挫折』という多くの読者に支持されている著作がある。一方小川さんもたくさん名作があるが、本書が数学についての対談ということを考慮すると『博士の愛した数式』のタイトルを出すのが適切だろうか。『博士の愛した数式』は僕も既読なのだが、その中の主人公である天才数学者には胸を打たれる場面が数多くあった。その主人公のモデルがこの藤原さんということで、まず気になり、経済学などを学ぶ上でも数学は必須なので学生時代からっきしだった数学を学ぶ上でのスタートラインだと思って読んでみたわけである(笑)

本書は160P弱しかないが、終始対談形式でページが進んでゆく。この形式故に堅苦しく思ってしまう数学の話が柔らかに語られ俄然魅力に満ちてくるのだが、それだけでなく藤原さんの発する数学の魅力的で時に蠱惑的な物言いが数学の面白さを如実に顔を出してきますます魅力は冴え渡ってゆく。本書を読めば数学が苦手な方であろうと、数学という人為的でない真理に引き込まれないハズがないとまで言ってもいいんじゃないだろうか。多くの方が思いそうなことで恐縮だが、一冊の教科書をやり通すよりもまずはこういう魅力的な本に2~3時間でもいいから授業で割いて、「数学ってこんなに面白くてエレガントなんだっ!」というのを伝えてから勉学の方に入ったほうが絶対数学の偏差値が上がると思う(笑)

内容のほうはページ数がないので突っ込んだ記述はあまりない。だが数学という学問の表面を丁寧になぞって興味がわく。例えば、俳句を用いて日本人の美的感覚を数学に応用するような話であったり、数学はすぐに実用するには向いてないが、だからこそエレガントなのは何故なのか?という答えに導いてくれたりする。また〔友愛数〕や〔完全数〕や〔社交数〕、〔幾何と代数の関係〕であったり〔ゴールドバッハの問題〕や〔0を発見したインドの凄さ〕などなど、数学談義にはことかかない。なにせ〔三角形の内角の和が180°になる〕というものの美しさがパッと理解できちゃうようになっちゃうんだから。それにお二人が教える側と教わる側のようで両者とも楽しんでいるのが伝染してしまって読んでて楽しくなっちゃうのだ。

一番驚いたのが〔フェルマー予想〕の項。サイモン・シンの傑作『フェルマーの最終定理』はいつか読んでみたいと思ってたのだが、今はそんなに読みたくなくなっちゃった(笑)なぜかというと、ワイルズが証明したのは〔フェルマー予想〕よりむしろ〔谷山=志村予想〕のほうであり、俄然ちらの定理のほうが美しいらしいのだ。今ではそちらのルポを誰か書いてくれないかなと心移りしたのである(笑)また、日本人数学者の功績の大きさにも驚かされ、「日本人は猿真似国家だ」なんてことはなく日本人の美的感覚は世界でも稀であるという先生の言葉に深く敬意を表す次第であった。そう、読了後は直接教わってないにも関わらず、藤原さんを「先生」と親しみをこめて慕いたくなるような美しい数学の入門書なのだ^^



4.1 なむなむ!



↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.03 2011 【本:サイエンス/フィクション】 comment4 trackback1

comment

読書系女子
こ・これは!!!!!
おもしろそうです。
小川洋子さまが共著となれば、読みやすさもわかりやすさも折り紙つきですね☆
お正月明けから数学をはじめて、やっと昔のカンを取り戻したので(取り戻したところで大したものではないのですが^^;)モチベーションアップのために読みたいです~~☆☆

2011.03.04 20:58
チルネコ

>読書系女子さん

こんばんわ^^読書系女子さんならもう数学の魅力をわかっておられるので、あまり必要ないかも知れませんね(笑)でも躓いてモチベ↓になったりしたときには、ぜひこれを読んでみてください。藤原さんの説明は数学を学びたいと思わせてくれると思います^^

ちなみに僕は取り戻す勘さえ持ってないですww
2011.03.05 22:03
くう
博士の愛した数式はよかった(*^_^*)

学校(理系)に通っていたときは、「数学なんてもういやだぁ!」
と感じていたのですが、
数学も久しくやってないと、ちょっと恋しいですねwww
2011.03.05 22:26
チルネコ

>くうさん

博士の愛した数式よかったですよね~。博士の本棚ってのも読んでみたいと思ってます^^

理系でしたかー。数学やりたくなってきてますか?(笑)僕はやろうと思ってるんですが、どこからやればいいのか模索中です^^;いっそ中学からやろうかなーとww
2011.03.07 01:24

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/157-33a71def
小川 数学者の人は、実用にすぐ役立っているというのはむしろ……。 藤原 恥ずかしいことなんです(笑)。 世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)(2005/04/06)藤原 正彦、小川 洋子 他商品詳細を見...

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。