スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

七河迦南 『七つの海を照らす星』

七つの海を照らす星


様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル…七人の少女をめぐるそれぞれの謎は、“真実”の糸によってつながり、美しい円環を描いて、希望の物語となる。繊細な技巧が紡ぐ短編群が「大きな物語」を創り上げる、第十八回鮎川哲也賞受賞作。   (BY BOOKデータベース  東京創元社)


タイトルから少しファンタジーの気配が漂ってくるが、本書は七篇からなるミステリー作品である。舞台は児童養護施設〔七海学園〕で、保育士・北沢春菜(なぜか池澤春菜を思い描いてしまった)が語り手。この七海学園には「廃屋の幽霊」や「突然姿を消した1日だけの転校生」よいった不思議な逸話がいくつかあり、その謎を北沢春菜が解いてゆくのである(厳密にはほぼ海王という人物が解く)。この七海学園のいくつかの謎はファンタジックなものが多いので、ある意味タイトルから連想するファンタジックな要素も百歩譲ればあるのはあるといえる。が、本書はあくまでもミステリであり、このミステリとしての水準はなかなかのものではないかと思った。

まず扱われる謎というのはほぼ日常の謎系でライトに読めちゃうのだが、DVや家庭崩壊など社会的なテーマも扱われているし、登場する人間にもずっしりとスポットを当てているので読み応えは十分だ。日常の謎と違って重くなりがちな社会的なものを扱っているのだが、これは作者の技巧といってもいいと思うのだがキャラなんかを駆使して全く重苦しい雰囲気は皆無。しかし、軽いということもなく、このバランス感覚はなかなか優れているのではないだろうか。

そして肝心のミステリ部分では新人らしからぬロジックを発揮しているのである。一篇一篇の謎も練られていて綺麗な道筋できっちりと完結していて上手いなぁと思えるし、最後の一篇を読むとますますその想いは強くなるばかりだった。この部分だけでいえば新人離れしているのは間違いない。ミステリ要素はネタバレになる部分が多くてなかなか書き記せないが、「最大の伏線は本を○○する前から~」の部分なんてなかなか衝撃的でこの人の構成力は今後も大いに期待してしまうほどだ。しかし、問題も多々あるような気がするのである。

まず謎の提示と解決への道筋が重複しすぎというかレパーットリーが少ない。はじめの数編は気にならずむしろ夢中で読めるのだが、こう同じような感じが続くと嫌でも気になってしまう。も少し謎の提示~解決までの間にも、どこかへ寄り道してもいいのでは?と。その方がもっと味があって楽しめる。古典本格と呼ばれるような作品が何故いまでも親しまれているかというと、推理やトリック部分だけが優れているからではない。ちょっと辛口でいうと現代ではもう出尽くしてるトリックの方が多いくらい。だけど、今でも読まれているのはミステリ以外の寄り道も多く、その部分も楽しいからだと思っている。毒があったり怪奇趣味溢れていたり無駄な論争を繰り広げたり、ポアロがかぼちゃ投げたりヘイスティングスの一挙手一投足が気になったり、ミステリを抜いても物語としても成立しえそうなものを持っているのである。本書も人間を比較的丹念に描いてはいるが、どこか物足りないのはそういう部分としての魅力がまだまだ浅いからなのだ。まっすぐにミステリを完結させるのではなく、他の部分でも楽しめるものを今後提供してくれることを期待したいと思う。



3.5 なむなむ!



↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.14 2011 【本:謎解き】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/159-a33a1c19

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。