スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

伊坂幸太郎 『オー!ファーザー』

                    オー!ファーザー

みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない?いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。しかも、みんなどこか変わっていて。俺は普通の高校生で、ごく普通に生活していたいだけなのに。そして、今回、変な事件に巻き込まれて―。 (BY BOKデータベース 2010.03.25 新潮社刊)


『ゴールデンスランバー』『モダンタイムス』でめっきりご無沙汰になってしまった伊坂さんの最新作ですー。これは出版時期は違えど書かれたのが『ゴールデンスランバー』以前ということで、アヒルとかオーデュポン辺りの以前の伊坂さんが好きな僕にとってはやっと好きな伊坂さんが読めるぞ!と久しぶりに思った作品です^^

まず〔四人の父親が主人公にいる〕という設定が伊坂さんらしくなかなかとんでるではないですか。母親がいないとか同性愛の夫婦の養子だとかじゃなく、母親もちゃんと一人いるにも関わらず父親が四人ですからね。覗いてみたい家族構成で興味深々です。そしてその子供である主人公が政治がらみのごたごたに知らず知らずに巻き込まれてゆく感じのこれまた政治・社会性の強い作品となってました。

正直また政治色の強い作品かぁ~と思ってしまいました^^;全然政治に興味がないというわけではないんですよ、これでも社会人ですし(笑)でもね、国内の政治ものってどうもリアリティに欠けて絵空事感がびしびし伝わっちゃうんですよね。小説に必ずしもリアリティは必要なんて思わないんだけど、身近な風景や人物像が描かれているだけにリアリティに欠けるとどうもちぐはぐな感覚に襲われてしまうのですよね^^。「焼きそばの中にイチゴが入ってる!」という感覚^^;とおでる設定は魅力的なのですが、スナイパーとかでてくると〔日本の中の米国〕にみえちゃってしかたがないです^^;でもこんなこと思うのは少数派かもしれませんね(苦笑)

そういう日常生活の中の非日常的すぎる存在を除けば、これは初期作品同様に大好きな伊坂作品でした。今まで以上の強烈な個性をもったキャラがいるわけではないですが、四人の父親も多恵子も鱒二も殿様もなかなかキャラ立ちがよろしいです。四人でひがみ合うのではなく、「俺が父親でなくて誰が父親だ?」的な愛情で競い合う姿はやはり伊坂さん独特の思考の賜物でしょう。また、ミステリとしての面でもさすがだなっと思わずにはいられませんよ。伏線の職人は道尾秀介と伊坂幸太郎だなぁーと思ってしまいます^^ミステリー部、キャラ同士の対話での印象的な言葉群などは伊坂さんらしく優れたものでした。

でもやっぱ初期作品にあった行間にあるほの暗さという作品全体をとおしての哀愁漂う何かはもう消滅してしまったのですね。『ゴールデンスランバー』以前の作品であれど、本書の時点ですでに伊坂さんしか持てない明かりの中に佇む影はなくなったようで残念です^^。自身も作風が変化してるようなことをあとがきでも述べられてますし、もうこの好意をもてる影なるものは戻ってこないと思うと少し寂しくもあります。ですが、エンタメ特化して皆に受け入れられる雰囲気でいくのもこれまた一興だと思います^^



3.6 なむなむ!
関連記事
スポンサーサイト
.25 2010 【本:伊坂幸太郎】 comment2 trackback0

comment

よかった~☆
TBできてましたね。送信してすぐに確認したら反映されてなかったので、ダメだったんだe-263 としょげてましたが。
何のお断りも無い無断TBで失礼いたしました。

伊坂幸太郎は「ラッシュライフ」読みましたが、計算し尽くされたされた群像劇が新鮮でした!
2010.09.26 21:22
チルネコ
>惺さん

TBありがとうございました^^承認確認とかはしてないんで、ただ反映できてなかっただけかも知れませんね^^。TB無断とかとんでもないです!逆に嬉しいのでまたお願いしますね(笑)

そうでうsねぇ~伊坂さんのはテンポもいいし計算されててラストに大収束しましから辞められませんね^^
2010.09.27 00:20

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/16-d7343f7a

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。