スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ここ最近買った本~~。

2~3月にかけて買った本が数十冊たまってますが、もう紹介しきれないので

一部だけ紹介させていただきますー^^。



erre 0724


エンツェンスベルガー 『数の悪魔』  算数・数学を面白く楽しめるようYA!向けに書いた本のようですが、大人も楽しめるかな?

エンツェンスベルガー 『政治と犯罪』  ↑と同じ著者ですがこちらは大人向け。政治と犯罪のコミットメントには興味があるんですが、ジャンルってなんなんでしょうか。わかrちません^^;;

陳 舜臣  『曼荼羅の人』   この作者さんの小説は一冊も読んだことないんですが、これは読んでおきたい一冊。曼荼羅というと空海ですが、竹内信夫『空海入門』を読んでからますます興味が向いております。そのうち最澄も・・・・。

レヴィット&タブナー 『ヤバい経済学』   タイトルと目次を読んでみたところ、経済学をPOPに解説したような本だと思います。中には相撲なんかと対比させていたりして、なかなか日本人向けっぽい感も。

ウンベルト・エーコ 『薔薇の名前 上・下』   これはもう難解なのか長編すぎるのか、挫折してる方もたくさんいるんではないでしょうか?(笑)僕も今読んだら挫折しそうですが、積んでる『前日島』よりはこちらの方が食指が動きます^^

中谷巌 『資本主義はなぜ自壊したのか』   海外の経済学者に比べて国内の経済学者は残念ながらあまり知りません。やっぱり海外の方のほうが論理的だし面白いんですよね。。。でも中谷さんは正剛さんと一緒にセミナーみたいなのをやってたので、一冊くらいは読んでみようと。

広瀬立成 『相対性理論の一世紀』   これはもちろん2005年にアインシュタインが相対性理論を発表してから一世紀が経ったということでのタイトルなのでアインシュタインに関する本です。空海と同じく今めちゃくちゃ知りたい人物の一人です。『アインシュタインをトランクに乗せて』がまぁまぁ面白かったのも背中を押してるかも。


erre 073


猪瀬直樹 『ピカレスク 太宰治伝』   去年から少しずつ太宰の素晴らしさに侵食されてるので、これは必須。お仲間さんも読んで好感触だったようなので楽しみですね。でも猪瀬さんって政治とか経済の本も書いてる?本書は太宰好きが高じて書いただけ?(笑)

埴谷雄高 『生命・宇宙・人類』   埴谷さんに立花隆がインタビュー形式でいろいろなことを質問する形式の本。質問が鋭ければ確実に面白い本でしょうね。『死霊』もいつかは読めねばいかんなぁーと思ってます。

夏目房之介 『漱石の孫』   そのまま夏目漱石の孫であり、コラムニストとしてマンガやらいろいろ手広く手がけているようです(笑)漱石に関するAtoZを書いたエッセイって感じでしょうか。一応購入ww

森見登美彦 『四畳半王国見聞録』   これだけはもちろん新刊です(笑)短編集のようですが『四畳半神話体系』や僕のブログタイトルとは一切関係ないややこしいタイトルの本ですね(笑)狸一族の続編が出版されるまで読みたくないっ!

梶尾真治 『百光年ハネムーン』   この〔ふしぎ文学館〕シリーズはあったら買うようにしてますが(といっても皆川さんのしか持ってない)、読んでみたいと思ってた著者がドンピシャで見つかって気分がいいです^^気になるタイトルがいくつか収録されてるので、今年中には読んでみますw

石原千秋 『漱石と三人の読者』   本日二冊目の漱石関連本。この方は根っからの漱石研究家のようなので、信頼に足る内容を書かれてる気がします。だけど、やっぱ漱石の作品全制覇してからのがいいのか悩みます。

松岡正剛 『知の編集術』   編集工学を駆使して出版界になくてはならない存在である正剛さんの技法を読めるとあっては放っておける本ではないですね。最近登美彦氏と同じくらい正剛さんを崇めるようになってきちゃいました^^。

グレッグ・イーガン 『ひとりっ子』   イーガンの日本オリジナル短編集。そういえばイーガンの作品もまだ一冊も読んでないですね^^;まぁまたそのうちSFに帰ると思いますw

ディック 『ユービック』 『偶然世界』   この人のはうちの本棚の青背で一番数が多いんではないでしょうか。でも読んでる冊数と持ってる冊数の%は一番低いです。。。

笠井潔 『バイバイ、エンジェル』   以前笠井さんの作品を購入したときに、お仲間さんから「これを先に読めー」ってアドバイスいただいたので待ってました(笑)最近国内の推理ものご無沙汰なので久々読もうかな。

川端康成 『古都』   お仲間さんにおすすめいただいた『山の音』でノックアウトされ、『伊豆の踊り子』もズッキュンときたので、月日をかけて太宰、漱石とともに全著作制覇する予定。微妙なエロチズムも絶妙w


erre 004


本日のにゃんこは冬に強いコテしゃんですー。むむ、手まで毛むくじゃらですな^^;;長毛さんは肉球の間の毛まですごく伸びるので、早く手入れしてあげないと。夏になったらどこまで毛剃ってっちゃおうかな。ヒヒヒヒ。


なむなむ!


↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
.25 2011 【【古本&クラシックCD購入記】】 comment10 trackback0

comment

「薔薇の名前」に惹かれます~!面白そう…。
愛猫コテちゃん、まるでぬいぐるみのよう。
カワイすぎ~!

2011.03.26 00:04
チルネコ

>惺さん

薔薇の名前は映画も評判いいみたいですからね~。でも小説だと挫折する方もいるみたいです^^。僕もいつ読むかはわかりません(笑)コテはうちで唯一野良出身じゃないんですよ~。なのでエリートと呼ばれてますww
2011.03.26 22:02
読書系女子
こん~^^

学生の時のマクロ経済学の教科書が中谷先生の著作でした。
難しかったです、数学ができない私には^^;;;

当時はインフレなのに不況の時のこととか、習った覚えがありますが、今みたいにデフレなのに不況ってのはどう説明するのかなぁ?

「資本主義はなぜ…」はアマゾンレビューではかなり叩かれていましたが、どんな内容なのか気になります。
2011.03.27 19:50
チルネコ

>読書系女子さん

ばんわー^^

おぉ~中谷さんの教科書で学ばれてたんですねぇ~^^確かに数学がないと難しいですよね(苦笑)でも読書系女子さん数学どんどん吸収しておられるようなので、バッチリですね!^^w

インフレ、デフレ、スタグフレーションは一応習った覚えがありますが、どう習ったのか覚えてません^^;でも実は僕も経済学部だったということ、言うの忘れてました(笑)

資本主義~はあまり評判よろしくないようですね^^;でも松岡正剛と一緒にセミナー開いていたので興味持ったので、読んでみたいともいます^^
2011.03.28 22:10
くう
チルネコさん、こんばんは。

たくさん読むんですねぇ。
今、私も読まなければならない本と格闘中です。

ネコちゃん、かわいい(#^_^#)
我が家は犬しかいないので、ネコにちょっと憧れが。。。
2011.03.28 23:32
道楽猫
おお、これはまた多彩ですなぁ。
私はいつも傾向が偏っているので、ほんとチルネコさんに紹介していただく本は参考になります。
エーコは昔『前日島』を挫折しましたorz
今なら読める…かな。
2011.03.29 07:01
チルネコ

>くうさん

こんばんわ^^

積読はたまる一方な僕ですが、くうさんも同じと聞くとなんか正々堂々と積読しちゃえる気分になります(笑)今月は特に購入本が多くって、50冊くらいは買っちゃってます^^;

くうさんわんこさん飼ってるんですね。僕は今まで猫しか飼ったことがなくって、わんこと散歩したりしたいなーとも思います。特に柴犬と^^w
2011.03.29 23:16
チルネコ

>道楽猫さん

多彩と言っていただけると嬉しいです(笑)実際はたんに目移りが激しいだけかも知れませんが、まぁ一生読む本には困らなさそうなのでいいかな~と思ってますw道楽猫さんが登美彦氏ワールドに入り浸り気味になってくれてるのが僕も嬉しいですよ(笑)

『前日島』僕も以前パラパラと捲ってみたんですが、まだムリポと思って積んでますね^^;読めたら感想きいてみたいです^^
2011.03.29 23:19
chat_noir
こんばんは。

笠井潔氏は、この作品が最高!だと思っています。
一気にはまり、当時出ていたものはSF伝記小説まで買い漁りました(笑)。現在も評論含めて積読に、ほとんどコレクターです(汗)。
それでもこの一作をしのぐものには出会えていません。
一応この「矢吹駆」シリーズは10作を予定しているライフワークとのことで、ただいまひたすら新刊を待ちわびています。(この間最新作がやっと雑誌の方で完結したらしいですね)
哲学とミステリを合わせたややスノッブな展開と、キャラクターの影多い設定の魅力が存分。
この一作はフランスで書き上げたものだとか。
好きなミステリのトップランキングに入っています。

画像を拝見して思わず乱入してしまいました…。
感想楽しみにしております!
2011.03.31 02:41
チルネコ

>chat_noirさん

こんばんわ^^

おぉ~これ面白いよということでお薦めしてもらったんですが、chat_noirさんにとって想いいれのある作品なのですね~^^笠井さんお好きなら東浩紀との書簡のやりとりを書籍化した『動物化する世界の中で』っての読まれてますか?買おうか買うまいか迷ってるんですよね(苦笑)笠井潔コレクション拝見したくなりますw
「矢吹駆」シリーズは10作まであるんですね!キングのダークタワーバリのライフワークですね^^面白かったら僕もたぶん追いかけたくなっちゃうので、そんときはまた教えてください(笑)
2011.03.31 22:17

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/163-ee60d198

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。