スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

常石敬一 『原発とプルトニウム ~パンドラの箱を開けてしまった科学者たち~』

原発とプルトニウム


自然状態ではほとんど存在しない猛毒の放射性元素、プルトニウムは、原爆の材料として人工的にこの世に生み出された。作ったのは科学者。最初は自らの好奇心に忠実に、新しい発見とアイディアに興奮する科学者だったが、やがて戦争の嵐の中で政治の中心に。巨大科学の時代が到来。科学の性格が大きく変質した19世紀末から半世紀を、懸命に生きる科学者たちの群像としていきいきと描く。そして今日の日本の原発とプルトニウムをめぐる複雑な事情にメスを入れる。   (BY BOOKデータベース PHPサイエンス・ワールド新書)


この時期だからこそ読んでおかないといけない部類の本というものがある。そう思って買ったのが本書であり、少しでも原発や核の知識を持っておきたいとの考えでのこと。地震とメカニズムに関するような本も読みたいんだけど、お手頃なのが見当たらなかったのでこれに^^。

本書のタイトルは『原発とプルトニウム』となっている。なのでてっきり原発についてのことと、プルトニウムに関することが書かれていると思ったのだが、随分想像してたものと違っていた(苦笑)両者ともに関する記述はあるのだが、三分の二ほど原子核の物理学史の為にページが割かれているのだ。これはまぁこれで科学者の情熱やプルトニウムへのコミット、快哉を叫ぶような発見までのプロセスを知れるし、簡潔に書かれているので読みやすくもある。だが、求めていたのは〔原発〕や〔プルトニウム〕そのものであって、副題である「パンドラの箱を開けてしまった科学者たち」ではないのだ。自分のサーチ不足も否めず反省しなければいけないが、この内容であればむしろ「パンドラの箱を開けてしまった科学者たち」をタイトルにしなきゃ間違いだ。編集者がこうしたのか著者がこうしたのか知らないが、ちょっとこの新書シリーズのタイトルには注意しなければならないですね(苦笑)

でも科学史を順におってゆくことによって、見えてきた利点というのもあって、時代の変遷によって科学者と科学との向き合い方が変わってきたことが一番興味深い。というか、純粋に科学を探求できていたのは第二次世界大戦以前までで、そこからは国家の軍事機密というベールに科学が絡めとられて、科学のあり方が変わらざる終えなかったのだ。科学者にとってはホント不本意だっただろうなと気の毒になってしまった。

そういった科学史が終盤まで続きそれが語り終わると、最近TVで連呼される専門用語や原子力発電所の簡易構造などが登場する。やはりここが一番本書で懸命に読めた。原子炉には軽水炉、重水炉、黒鉛炉があり、それぞれ濃縮ウラン、天然ウラン、天然ウランを使い分けていること。減速材も原子炉の型によって違うことすら知らなかったのでとても為になる。そしてなぜ発熱が必要なのか?発熱してからどうするの?なぜ冷却が必要なの?というレベルをやっと知れただけでも有意義な読書だったと思っている。

また、人口の原子炉(天然の原子炉的なものも昔はあったことが確認されている)はよく耳にするようになった制御棒によって、連鎖反応の暴走を防ぐようになっているのだが、この制御棒なるブレーキが利かなくなった例とも言えるものが、スリーマイル島でありチェルノブイリであるようだ。今原発で作業員の方々が命をかけて冷却作業や復旧作業を懸命にやってくれているが、これはあくまでも「冷却水がなくなって空焚き状態」を緊急炉心冷却装置が流されてしまったので人海戦術で行っているまでということらしい。なので、スリーマイル島やチェルノブイリとはまだ違う話のようだ。

話は変わってプルトニウムをためこむ原子力燃料の使い方には二通りあって、「核燃料サイクル方式」と「ワンススルー方式」があり、日本は国策として前者を選んでいるのだ。これは資源を海外に依存する日本という側面から考えれば、リサイクルで何度も使えるという利点がある。しかし、そのリサイクルに有用な資源として利用するため日本にはプルトニウムが32トンも貯めこんでいるのである。保管するのである(たぶんこれが今の福島での停止していて廃棄物を入れていたという4号機のプールも含まれるのかな?)サイクル方式故に膨れ上がりはすれど減らしはしないというのがなんだかそれだけで恐ろしく感じる。しかし再処理工場と高速増殖炉とで核燃料サイクルを軌道に乗せようとしてるのは日本だけのようで、唯一の例であるらしい。それにこれは莫大な経費もかかるし、ますます原子力に依存するのは今回の現状でわかりきっていることだがナンセンスだ。今回が沈静化したら東電も政府もなんらかの動きはせざる終えないが、国民はちゃんとその動向を監視しないといけないなと思う。

また最後に著者の一番印象的だった本書の総括の部分がとても共感できるものだったのでまとめると、

「核燃料を追い求めプルトニウムを取り出しためこむことは、核拡散の雰囲気を醸成なる。「被爆」経験をふりかざして核拡散を謳ってもこれでは意味も説得力もない。オバマの核廃絶の演説はインパクト大だったが、これからお手並み拝見的な風潮と一緒だ。日本も核廃絶を謳うならば、まず核燃料サイクルの廃棄が不可欠だ。またこのリサイクルには莫大な経費や広範囲な環境汚染も心配。事故が起これば人的被害も危惧される。経済的にも負荷がかかるし、核をためこむということはテロリストの格好の的でもある。まだ再処理施設も高速増殖炉も本格始動の目処はたっていない。だからこそ国際的な疑惑の目、核廃絶、環境保全の為にも核燃料リサイクルを今のうちに断念したほうが懸命だ。」

今回の原発の事故によって「想定外」はもう乱用しすぎたと思う。「人体に影響はない」というのも一般市民には心理的にそれだけで負担である。今回の「想定外」でさすがに関係者は原発との向き合い方を変えざる終えないだろうから、今本格始動してない原子炉は今までの経費はもったいないがこの際使わないでもいい。この税金の無駄なら許せる。そして今回の原子力での関係者以外の一般市民もライフスタイルは変えないといけない。

そして僕も唯一の非核三原則を持つ国であり、唯一の被爆国である日本は、核拡散防止の先方にたつべきだと胸のうちでは思っていたのだが、原発の面から見ると高らかにそれを言えないということがわかった。物事は一方向から見て物言うだけでは、見えてないものが大きいというのを再認識させられた。そう思うとちょっと恥ずかしいという思いすら抱いた。もっと多角的な面からダイナミックに俯瞰できる知識がまずは必要だ。これからもっともっと日常に関わる近いことも遠いことも直接的なことも間接的なことも知らねばと気を引き締めたのだった。



3.6 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.02 2011 【本:サイエンス/フィクション】 comment6 trackback0

comment

風竜胆
今はただ、福島が早く恒常的に冷却できるようになって欲しいと思うだけですが、やがてはもっと冷静な分析が必要になるでしょう。果たして、どこまでが津波の影響で、どこからが原子力の影響か。
今は、日本全体が冷静でない状況なって、なにもかもがごっちゃになってしまっているように思えます。

この問題は、日本人の生活水準とエネルギー消費のバランスをどうとるかという問題にかかわってきます。今後途上国の発展につれて、エネルギー需給は急速にタイトになってくると思えます。太陽光や風力では、量的にもコスト的にもとても賄い切れるものではありませんし、仮にたくさんつくれたとしても、電気の品質上の問題が出てきます。

私が学生のころには、核融合が21世紀には可能となるようなことがよく言われていましたが、これもおそらく半永久的にできないのではないかと思います。
2011.04.02 23:20
くう
最近話題の原発関連本ですね。。。

原発はエネルギー効率が非常に良いとは思いますが、やはり今回の地震・津波被害を目の当たりにすると、「本当に必要なのか?」疑問になってきますね。
2011.04.02 23:22
チルネコ

>風竜胆さん

そうですね、原発で復旧作業に携わってる方々は過酷な環境だとは思いますが、冷却作業を行ってほしいと思います。今後の対策はデータ収集などから考えなければいけませんが、原発の安全面が想定外で覆われてしまうなら、原発のあり方はデータの如何に関係なく変えていかなきゃならないと思ってます^^。

ですよね~、核廃絶を宣言した米でさえ、原発事業は推進していく方向のようですし、発展途上国なんかの問題もあるんですね。電気の品質とかも全く知識がないし、火力・風力などとの関連も考慮しないとなると、原発だけでなくもうあらゆるものが絡んでくる感じがしてきました^^;;;
2011.04.03 00:53
チルネコ

>くうさん

今この時期に読んでおかなきゃなーと思って買いました^^

現状原発は必要不可欠ですが、このような想定外が起こるようならばやはり原発のあり方は考えなきゃ駄目だと思います。それならば原発の代わりにどうするとかいろいろ問題があるので、原発関連は前途多難なようですね^^。
2011.04.03 00:59
読書系女子
> 日本も核廃絶を謳うならば、まず核燃料サイクルの廃棄が不可欠だ。

ここ特に重要ですね。
もし六ヶ所村で今回のフクシマのようなことが起きたら…と考えると真っ青になります。
世界が取り返しのつかない状態になる前に、ぜひ考えを改めてほしいです。

「専門家」とか「科学」とかの単語の裏に「利権」がひっついているなら剥がしてあげたいです。変な単語が裏打ちされているのでは「科学」が泣きますね。。。
2011.04.04 11:31
チルネコ

>読書系女子さん

ですよね、今回の件で想定外がこれだけ起こるならば、まだ起動してない核リサイクルは考えなければなりませんね^^;

六ヶ所村の立地条件はどうなってるんでしょうね?調べておこっと。地震は対策するしか手の打ちようがないですが、立地など考慮しないと駄目ですね。

核燃料に限らずPCなどもすべては科学からですが、それも始めは軍用からなので、文明の利器の難しいところですね^^。
2011.04.04 21:37

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/167-cca0086a

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。