スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ファリード・ザカリア 『アメリカ後の世界』  訳 : 楡井浩一

アメリカ後の世界


世界は今、近代に入って3度目のパラダイム転換に直面している。アメリカ一極支配の構造が、着実に崩れようとしているのだ。これはアメリカの凋落ではない。「その他すべての国」の台頭なのだ。アメリカが自信を失う一方で、途上国経済は衰えを見せず、中国・インドといった新興の大国は影響力とナショナリズムを強めている。すなわち反アメリカではなく、「アメリカ後」の世界が築かれつつあるのだ。いったい、この「近代第3の革命」は、私たちに何をもたらすのか。    (BY BOOKデータベース  徳間書店)


ファリード・ザカリアという人は黄色いお店で本書を見つけるまで全く知らなかった。それもそのハズで単著二冊のうち『民主主義の未来――リベラリズムか独裁か拝金主義か』の一冊だけ翻訳されてるだけで、僕みたいな経済学が途上な者(笑)には初めて目に触れた感じだ。だが、この著者の経歴は素晴らしく、27歳という若さで『フォーリン・アフェアーズ』の編集長に抜擢、その後『ニューズウィーク』国際版編集長を経て現在は『タイム』に寄稿しているというからこの方面に対するなみなみならぬ才覚の持主だと思う。

その若くして頭角を現した著者がその後培ってきた様々なモノ、膨大な旅行や読書や熟考、そして情熱を持って書いた自信作だと豪語するほど。それを読んだ僕も熟考の末の論の正当さに賛辞を贈りたいと思うほど有意義な時間を過ごさせてもらったと言えるくらい論理破綻も見受けられない。その中身はというとハンチントンのいうような〔一極的多極性〕な国際社会は一極がなくなり二極・三極を経て多極化するというもので、アメリカの絶対的支配権はもうなくなるというもの。すでにグローバル経済でいたるところに伺えるほころびや、政治の面でもそれは顕著だ。そういう一極支配から多極化へのシフトを過去~現在~未来へと考察してゆく。それもいろいろな事例をlこれでもかというほど出して多角的に。

非西欧視点で書いたらしいが、ここのところはちょっと疑問で、多角的に考察はしてるものの論の中心はアメリカでありアメリカの視点ではないのかなとは思う。また、タイトルも少し本筋とずれているような気はするが一読の価値ありなのは間違いない。

どのような事がかかれている各章のタイトルをだいたい俯瞰できるようになってるので書き記しておくと、

第1章 「アメリカ以外のすべての国」の台頭
第2章 地球規模の権力シフトが始まった
第3章 「非西洋」と「西洋」が混じり合う新しい世界
第4章 中国は“非対称的な超大国”の道をゆく
第5章 民主主義という宿命を背負うインド
第6章 アメリカはこのまま没落するのか
第7章 アメリカは自らをグローバル化できるか

の7章構成である。特に一章は重要で多極化するということは〔アメリカの凋落〕ではなく〔アメリカ以外のすべての国の台等〕であるという点。アメリカが促したグローバルな世界という概念が多くの国々の台頭を促し、反アメリカでも脱アメリカでもなく、ポストアメリカという世代へと突入させたのだ。しかしアメリカのこれからの課題でもあるのだが、世界のグローバル化を促したアメリカは、実は自国だけグローバル化を忘れてしまっている。国内ばかりに目を向けて、軍事はともかく、国際社会での政治の面ではにっちもさっちもいかない状態になってしまったというのだ。本書ではその箇所を大英帝国の凋落と重ね合わせて語っており、大英帝国は「経済が没落を招いた」とするが、アメリカの場合は「政治が凋落を招きかねない」という危機的な提言をしてる。だが、この対比でもやはり著者はアメリカが好きなようで、大英帝国とは違う箇所を論じ、アメリカの進むべき道しるべも示していてアメリカの凋落を否定している。

また、一極支配→多極化へのパワーシフトにおいて、中国とインドを特に重視しており、4章5章でそれぞれの展望にまで突っ込んで論じている。中国は今後どれだけ節度を重んじた穏やかな路線で薦めるか、インドは国民重視で弱い政府をどこまで変革できるかが重要だ!と。

だがまだまだアメリカの大国としての立場は揺るがず、特に軍事・文化・教育の面では他の追随を許さないだろう。そして、他国の台頭する中でアメリカは政治・外交での配慮、そしてインド人の著者がアメリカの地を初めて踏んだときに感じた、アメリカの開放的な魅力を、また若い世代に感じさせることが大切だと締めくくっている。このような聡明な他国の人物が、アメリカを愛し批判しながらも擁護する時点においては、まだまだアメリカも大丈夫ではないのかな。そして日本ももっと他国にいろんな門戸を解放しないと、グローバルな国際社会では生き抜けないような気がする。



4.0 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
.06 2011 【本:社会派/社会】 comment2 trackback0

comment

くう
ブログのデザインが変わってますねwww
さわやかな夏、先取りって感じですね♪

冷たい言い方ですが、アメリカは落ち目だと思います。
今まで途上国として扱われてきた中国やインドなどが、先進国と見なしてもいいような活躍をみせていますし、これからも多くの国が技術革新を行っていくでしょう。
今の今までアメリカが世界のリーダー的存在として君臨できていたのが、不思議なくらいです。

外交は持ちつ持たれつの関係。
世界がどんな展開を見せるか。世界規模での進化の時代がやってきた気がします。
2011.04.06 23:09
チルネコ

>くうさん

ちょっとイメチェンしてみました^^
こういう色好きで、僕はミスチルブルーって読んでます(笑)

落ち目(笑)確かにアメリカは9・11の報復失敗でますます凋落の兆しがみえてきた印象がありますね^^。中国やインドの台頭は凄まじいものがありますね!まだまだアメリカを脅かすほどではないですが、こういう途上国による多極化によって、アメリカがどう対応するのか目が放せませんね。もちろん、日本もしっかり時代に乗らなければと思います。でも日本の経済も外交も長期スパンで物事を俯瞰する能力がないので、心配です。そういうところは中国見習って欲しいですよね^^;
2011.04.07 00:26

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/168-7efadbe0

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。