スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ジョン・ディクスン・カー 『帽子収集狂事件』

帽子収集狂事件


“いかれ帽子屋”による連続帽子盗難事件が話題を呼ぶロンドン。ポオの未発表原稿を盗まれた古書収集家もまた、その被害に遭っていた。そんな折、ロンドン塔の逆賊門で彼の甥の死体が発見される。古書収集家の盗まれたシルクハットをかぶせられて…。比類なき舞台設定と驚天動地の大トリックで、全世界のミステリファンをうならせてきた、フェル博士シリーズを代表する傑作。   (BY BOOKデータベース 創元推理文庫)


本が好き!』からの献本です。以前からこのタイトルは創元から出ていましたが、今回晴れて新訳として出ることになったようです。田中西二郎訳の旧版は持っているのですが、昔のカー作品は訳がイマイチな印象がある。なので、持ってはいるんだけど新訳のほうを読むことにしました^^


カーと言えば怪奇趣味と不可能趣味がまず思い浮かぶが、本書にはオカルティズムもなければ密室殺人もないので少し個人的には残念だ。しかし、なんといってもカーである。江戸川乱歩が「黄金期ベストテン」の7位に本書を選んだのはそこに何かがあるからなのだ。

まずは題材が推理好きには垂涎もののガジェットが用いられている。それはあのエドガー・アラン・ポーの未発表原稿なのだ!しかもそれはいろんな意味でとんでもな(笑)「モルグ街の殺人」より以前の、デュパンものときてるからこれは堪らない。世界初の推理小説が更新されたということなのだから。その貴重な未発表原稿が何者かに盗まれ、それに呼応するかのように霧がかったロンドン塔で殺人まで起きていたのである。それをフェル博士とランポール、そしてスコットランド・ヤードのハドリー警部らが真相解明に乗り出すのだ。

しかもそのロンドン塔での殺人で見つかった死体には身に着けている服装にはそぐわないシルクハットがかぶされていて、それは未発表原稿が盗まれた古書収集家の盗まれたシルクハットでもあったのだからますます奇妙な事件になっている。だが、内容をいえるのはここまでだろう。フーダニットかハウダニットかホワイダニットかすら、他の内容は言えない。乱歩も「密室殺人以上のトリックがある」というようなことしか言ってないくらい、これ以上触れるともしかしたら勘のいい方にはネタバレになってしまう恐れがあるから^^;;

でもおどろおどろしい怪奇趣味はなくても、霧がかったロンドン塔や盗まれた原稿などどよんとした怪しい雰囲気は健在。フェル博士とハドリー警部のつつきあいもニヤニヤする場面が多々ある。というか、ハドリー警部がフェル博士を呼び出したのに、なんであんなにフェル博士の粗をつっつくんだろうか(笑)ランポールは嫁さんもらってなんか落ち着いてる感じだった。あまり印象に残らなかったかな、ランポールは。

推理の面でいうと真相は評判通りの驚きとは思わなかったが、もちろんカーの上手さはあった。少しミスリードが弱かったり突然気味の真相だったりもするのだが、伏線の張り方が実に大胆。登場人物になにげなく核心を突くセリフを言わせたときの、カーの意地悪い笑みが文字から出てきそうなくらいいつの間にかサラッと言っちゃってる(笑)後から読んでもほぼ気付かないような気がしたのだが、付箋読書をしていたおかげで、なんとその一文にも付箋が貼られているのを発見!後から読んでも気付かなさそうな伏線だったのに、付箋を辿っていったらチェックしていたという・・・・。気になってチェックしておいた少し過去の自分は褒めてあげたいが、読了後記憶から抜け落ちていた自分の記憶力を残念に思う・・・・(苦笑)

そして真相がわかった後のラストのフェル博士、ランポール、ハドリー警部の多数決は、納得できない人もいるだろうが個人的には納得。というか、人間こうであって欲しいと思う。せめて小説の中だけでも正直者が馬鹿を見るような世の中であってほしくはない。こういう人情味ともいうべきものを容認させるカーやクリスティーがやっぱり好きだ^^



3.8 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.02 2011 【本:どんでん返し/名推理】 comment3 trackback0

comment

この本、ものすごく読みたかったんですが、落選したんです~e-263
でもチルネコさんのレビュー読んで少し満足。
とっても面白そうですよね。
以前から気になっていた未読の作家サンなので、
いずれ挑戦したいです。
ポーの未発表原稿が小道具…というところに、
ものすごく惹かれるなあ。
2011.05.02 21:16
チルネコ
ありゃ~落選しちゃいましたか^^;カーは人気なので僕も駄目もとで応募してました。この作品がどんなミステリか書きたかったんですが、何が主題か書いてしまうとネタバレになるので難しかったです(苦笑)
カー未読でしたか。僕も大した数読んでませんが、カーは横溝正史が私淑したように、怪奇趣味が魅力的です。本書にそれはなかったんdねすが、さすがカーといった按配だったので、たぶん、どれも高水準だと思いますのでぜひ^^できればカーは新訳の方がいいですよ。旧訳はすごく読みづらいです^^;;
2011.05.02 22:59
チルネコ
> >内緒様
>
> 初めましてこんばんわ。ブログ運営者のチルネコと申します^^
> 貴サイト様へご参加のお誘いをいただきまして、とても光栄です。
>
> ですが、稚拙な感想ながらすでに参加させていただいております(苦笑)
>
> なので今後ともお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします^^
2011.05.10 17:51

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/172-13a9ef1e

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。