スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

堀井義輝 『2011年、閉塞を打破せよ』

2011年、閉塞を打破せよ


産業の空洞化・低成長・デフレ・国債の膨張などから脱却するには外国為替制度・消費税と法人税・社会保障制度などを、短期間に抜本的に改革する必要がある。  (BY BOOKデータベース  幻冬舎ルネッサンス)


書評サイト『本が好き!』からの献本です。


日本の失われた10年。と言わずもう15年20年はくだらない日本の経済の停滞の解決策はあるのか?産業の空洞化やデフレ脱却、税制問題、社会保障や政治改革など問題は山積みである。そういった多くの日本の問題を幅広く取り上げ、どうすればいいのか著者の見解がきっちりと述べられているのが本書。本当に幅広く問題を取り上げているので紹介すると、

第1章 歳出の抜本改革
第2章 経済成長戦略、輸出倍増政策
第3章 税制改革
第4章 政治改革
第5章 公務員制度改革
第6章 防衛政策
第7章 教育改革
第8章 農業・漁業の構造改革
第9章 少子化対策
第10章 地球温暖化対策
第11章 宇宙開発政策

となっていて多岐に渡っているのがわかるだろう。これがさらに細分化されていて、一章の「歳出の抜本改革
」ならば、医療・介護保険、年金制度、失業手当などよくニュースなどで耳にする問題について論じられているのでとても興味が持てる。

しかし、読んでいくとこれが首をかしげてしまうのだ(苦笑)多くの問題を取り上げているのは興味深いし、ちゃんとどうすればいいか著者なりの見解(回答)もきっちり書かれてある。しかしいかんせんこの著者の言ってることを真に受けていいのか迷ってしまうような書き方がされているのだ。まず問題が提起されているのはいいのだが、次にくるのが答えになってしまっている。真ん中の過程が抜け落ちてしまっているのだ。数学の問題で問と解だけあっても、過程がなければ納得できないままだけど、それと似たような感覚。「それどうやって答え出したの?」と思ってしまうほど、「考察」の部分が抜けてしまっている。これはこういう本にとっては致命的だと思うし、良書とはなりえないだろう。多岐に問題を提起してるのはいいのだが、「考察」の部分を疎かにしてまで広範囲な諸問題に手を広げる必要は全くなく、これならば一つの物事に対してとことん突き詰めて考えたほうが面白かったんじゃないかと思えてしまう。

また、著者の文章というか思考には過激なものも多く、苦笑いしてしまう場面も多々あるのが気になる。年金につていもそうだし、防衛の事柄に至っては賛同できるものが皆無に等しい。ほぼこういった問題に対して知識がない者が本書を読んで鵜呑みにしないか心配なくらいである。

著者が自分自身で提示した問題に対して、一つ残らず打開案を述べていることはとても好印象なのだが、その打開案が一理はあっても納得できないものが多く、考察も全く足りないという点で、全体的に説得力に欠ける内容となってしまったのではないでしょうか。


2.5 なむなむ!




↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.11 2011 【本:社会派/社会】 comment4 trackback0

comment

読書系女子
あらららら。めずらしく酷評^^;;
やっぱり閉塞を打破って難しいのかもしれないですね~~
2011.05.12 09:00
チルネコ
>読書系女子さん

こんばんわ^^

そうなんです、献本でもありますし、誰かが一生懸命書いた本を酷評はしたくないのですが、本書はどうもいいとこなしだったので。。。もっと考察してくれてたら納得できたかも(苦笑)
2011.05.12 20:34
くう
チルネコさん、こんばんは。

本には著者の主張があるべきなのは分かりますが、私も納得のできない理論を展開されるのは苦手です。
でも、本のテーマが難しすぎるから仕方ないかな?
2011.05.12 22:51
チルネコ
>くうさん

ですよね!本書は理論の部分が随分抜けちゃってるので、ますます共感できませんでした^^;
本のテーマ自体は新聞やTVなどメディアで展開されてるものばかりなので、読んでみるとどんな問題があるのかはハッキリします^^でも、その後が・・・・w
2011.05.13 21:13

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/173-659d42fe

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。