スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

三津田信三 『十三の呪  死相学探偵1』

十三の呪


幼少の頃から、人間に取り憑いた不吉な死の影が視える弦矢俊一郎。その能力を“売り”にして東京の神保町に構えた探偵事務所に、最初の依頼人がやってきた。アイドル顔負けの容姿をもつ紗綾香。IT系の青年社長に見初められるも、式の直前に婚約者が急死。彼の実家では、次々と怪異現象も起きているという。神妙な面持ちで語る彼女の露出した肌に、俊一郎は不気味な何かが蠢くのを視ていた。死相学探偵シリーズ第1弾。   (2008.6.25  角川ホラー文庫)


今出版されてる三津田さんの著作の数に対して、自分の読了数はまだ半分にも満たないのですが(^^;)、この作家さんの作品構成は大好物です。本書は死相学探偵シリーズの1ですが、以前読んだ『赫眼』にこのシリーズの短編が入ってたので一応お初ではありません^^。

本書の主人公・弦矢俊一郎は探偵事務所を構える青年であり、〔死相学探偵〕という肩書きにあるように「他人に表れた死相が見える」という特殊な能力を持っている。なので、いかにもこの作家らしい〔怪奇とミステリ〕の融合が望めそうな取り合わせだと楽しみが増す。そして、本書でシリーズ1とうことは事務所開き第一号の顧客の事件を解決することになるのだが、この依頼人が持ち込んできた依頼がやっぱり三津田信三らしく、弦矢が視た〔死相〕と怪奇現象とのミッシングリンクを探すといもので頼もしいプロットだと思う(笑)

読み始めてこのミッシングリンクこそ楽しみだったが少し既読作と比べると怪奇調な雰囲気も薄いし、怪奇な現象も小手先であまり読み栄えがしないなぁと思っていた。が、、、残念ながら終始この評価が覆ることはなかった(苦笑)この作家は好きなので残念さも一塩だが、〔三津田信三シリーズ〕も怪奇調はあれどラヴクラフトやら正史やら、歴代の濃厚な霧がかった怪奇に比べるとまだ弱い感じだった。本書はその気になってた点がますます露呈しちゃってた上に、真相もなんだかイマイチ説得力にも驚きも欠けてしまっている(まぁ結末のもやもや感は三津田信三シリーズもそうなのだが)。また、主人公の感情の希薄さも好きになれないし、作品全体の軽さが会話のパサパサした乾いた感じなどで助長されてたのは明らかだ。三津田さんをかっていただけに(勝手にだが)残念な評価とせざる終えないのがなんだか悔しい(苦笑)だが、ミッシングリンクだけは作品の雰囲気や結末と切り離して俯瞰してみると、さすが細かく配慮していることがうかがい知れる。まぁ小手先なのは否めないが、しっかりと糸を手繰り寄せれば、それぞれ引っ張った糸というしかけんの先には答えがくっ付けられている。でもこれも作品全体の軽さにかき消されてしまってあまり特筆する箇所でもない。三津田信三らしさはあるけど、限りなく薄められた、さしずめ水で薄められた赤ワインのような味ではないだろうか。

だけど、それでもこの作家さんの好ましいところは、作品の有無にも関わらず「ホラー小説やホラー映画を愛してる」のがガンガン響いてくるとこだ。確か『忌館』にもあったがホラー関係の作品を作品の隙間に滑り込ませてくるところがお茶目だ(笑)まったく書く必要がないのに(←ここがミソw)ヘッセリウス博士や幽霊狩人カーナッキ、ヴァン・ヘルシング教授やアーミティッジ館長やサイレンス博士などを出して、主人公に「今日はアーミティッジ館長でいこう」なんて言わせたりするのが三津田信三流の笑いの要素なのだ(笑)もちろんホラー映画の羅列もあるし、猫小説を羅列する箇所もあるのだが、本当のミステリ好きしか知らないような隠れた名作『猫たちの聖夜』まで名前があるのだ。こんなにくい演出よくするなぁ^^シニアック辺りのミステリも登場させててこういう三津田信三なりのユーモアがあって少し救われた。

大元の黒幕かなにかはわからないが、このシリーズは裏で何かが糸をひいているようで、本書の本当の裏側はあからさまに隠されたまま終わった。もしかしたら、この裏の真相が実はこのシリーズ通しての騙し絵として存在してくれてたら・・・・この作品の出来も許せちゃうので、シリーズ2も読んじゃおうと思います(←好きな作家さんのはなんやかんや理由をつけて読む気ww)。




3.2 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.17 2011 【本:エンターテイメント】 comment6 trackback1

comment

igaiga
シリーズ3まででストップしているんですよね~。
このシリーズ。
あたしも続き読みたいのですが・・・
だんだんと小生意気なガキから社会を覚えた一人の所長(所長でしたっけ?)に変っていっているのが面白いです。
2011.06.20 08:35
チルネコ
>igaigaさん

そうなんですかー。やっぱ不評なんですかね?(苦笑)
本作では主人公が生意気で醒めてて面白味がない人物でしたが(^^;)、だんだん成長してゆくんですね!ラストに相棒も出てきたようなので、ちょっと2には期待してます^^
2011.06.20 20:43
積 緋露雪
私は貧乏な物書きです。また、私が読んだこともない作家に私の作品を評価されるのを嫌って賞といふもを忌避してゐます。私は現在、『夢幻空花なる思索の螺旋階段』『審問官 第一章「喫茶店迄」』『幽閉、若しくは彷徨〈第一部〉』を出版してゐます。文学賞を取った作品より幽玄な内容だとの自負があります。もし宜しければお読みください。
2011.06.23 05:46
風竜胆
この本、私も買って読みました。
最後の方は、いかにも三津田作品らしいかんじでしたね。
2011.06.23 19:13
チルネコ
>積 緋露雪さん

初めましてこんばんわ。コメントありがとうございます^^
拘りのある物書きさんなので、すでに作品を世に出しておられるのですね!『夢幻空花なる思索の螺旋階段』の中身を少しだけ拝見できたんですが、物理学とかいろんな要素が入ってるみたいで面白そうでした。『夢幻空花なる思索の螺旋階段』探してぜひ読ませていただきたいと思います^^
2011.06.23 23:12
チルネコ
>風竜胆さん

ですね~、恩田陸さんと同じくクセのあるラストですね(笑)
今回はちょっと作品の雰囲気も軽すぎて、「三津田作品読んだーー」って感じがしなかったのが残念です^^;
2011.06.23 23:14

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/185-301d7cf7
 神永学の「心霊探偵八雲」に出てくる斉藤八雲や、京極夏彦の京極堂シリーズに出てくる榎木津礼二郎などに代表される、何か人に見えないものが見えてしまう探偵たち。三津田信 ...

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。