スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

湊かなえ 『夜行観覧車』

夜行観覧車


父親が被害者で母親が加害者―。高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と、向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。    (2010.6.6  双葉社)


湊かなえの作品は『贖罪』だけ既読で『告白』も読もうとは思ってたんですが、なんだかイマイチ食指が動きません(苦笑)あまりにも騒がれすぎた作品だと読みたくなくなっちゃうですよね、あまのじゃくな性格なので^^^。機を逃してしまったというのもありますが。。。でも黄色いお店で105ゲッツしたので本書は読んでみようかな~と(笑)

『贖罪』で感じた印象やお仲間さんなどから聞き知った湊作品の共通点などを考慮すると、本書もまた湊さんらしい作品だと言えるかもしれない。『贖罪』でも登場人物のほとんどが「どこかねじれた」人であり、以前に比べると水で薄められたような印象があるとはいえどの人物もどこかソフトにゆがんでいる。だが、これくらいのゆがみ、あるいは「人に知られたくない」自己の部分というのは誰でも持ってるはずで、そういう意味では黒々しい小説だとは思わない。しかも、探せば身近にいるであろう登場人物たちの苦悩を見るとかなり現実的なリアリティを発揮した作品だとも思う。

それぞれ登場人物が持つ悩みはそれぞれの立場に応じて様々だったが、ある主婦は「無理して高級住宅街に家を建て」それが幸せを運ぶと信じこみ実現させる。だがいつしか娘は癇癪もちになり夫は頼りなくこの主婦は「無事に一日を過ごせたら」と思うようになってしまっている。この人物で重要な箇所は日本において持ち家を持つというのは価格においても人生の一大事となってしまっているところ。もしかしたら「生涯暮らせる家を持つ」というのが目標になってるくらいだ。別にこれが悪いわけはないが、どうも画一的な目標だし、個人的には人生の通過点の一つにすぎないイベントになって欲しいのだが、手に入れるコストを考えるとどうしても最大の目標になっちゃうのだろう。ゆえに持ち家=幸せと図式化されるのだろうが、やっぱお金で幸せは買えないのである(苦笑)自分の思い描いていた理想がずれすぎて、この登場人物はとんでもないことをしでかしてしまう。

また「癇癪持ち」であったり「子供の進路の為」というようないかにも現代的な問題を持った登場人物がおり、それら個々の悩みや問題をすべてひっくるめて対照的な二つの家族が【家族小説】として描写されてゆく。両者も家族としての綻びを内に秘め日々を過ごすがやっぱり放っておいた綻びはいっきに傷がひらいて取り返しのつかない展開へと発展する。それをどう紡いでゆくのか?どう再生してゆくのか?も描かれていて、序盤の黒さに白を配色したような、少し明るい希望のあるラストへと向かい読後感もそこまで悪くない。

また、この作家さんは一目でわかるような独特の表現方法なんかはないが筆力はある。それぞれの人物が抱える心理描写が特に上手いと思うが、それ以外の部分でも不思議と読ませる力があるのだ。伊坂幸太郎は独特の筆致を持っているが、東野圭吾の筆致はそんなに特徴的ではない。湊かなえも巧者のようなタイプのリーダビリティの持主でありそういう意味ではもっと期待してもいいのかも。しかし、題材や先に書いた題材や展開においてはまだ物足りない部分が残るし、黒さに進むでもなく感動のラストで魅せるでもなく、物語でもミステリ的展開でも平凡な本作ではまだまだ物足りないというのも事実だ。できれば何かを極めるような、どす黒い人間の心理を抉り出して文章や行間にまで黒々しさが滲み出るような、そんな特徴的なものが欲しいとも思う。今のままでも一般受けはするだろうが、このまま一般路線を進むか何かを極めるように進むか、そういう面では楽しみでもうちょっと見ていたい作家さんではあるなと今回思うのであった。



3.5 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.06 2011 【本:エンターテイメント】 comment4 trackback0

comment

くう
湊かなえさん、一躍有名になったのでぜひ読みたいところですが、
本屋さんには単行本ばかり。。。
文庫ないのでしょうか。
2011.07.06 22:34
チルネコ
>くうさん

話題になった作家さんですもんね^^作品の内容もなかなかリアリティがあって読ませる力もあるのでぜひ。でも作風はだいたい同じようですので、『告白』からがいいのかも知れません。文庫はどうやら『告白』が双葉文庫ででてるみたいですよ♪
2011.07.07 23:42
読書系女子
私も105ゲッツしたいっw

告白、良かったですよ~
映画も観ました。松たか子さんの演技が素晴らしかったです。
2011.07.10 23:27
チルネコ
>読書系女子さん

ぜひゲッツしてください^^笑

『告白』よかったですか。湊作品のなかでも白眉に推すかたおおいですから、いい作品なんでしょうね~。小説よりも映画観よっかなーと思ってます(笑)
2011.07.11 20:29

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/187-2bcee1f7

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。