スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

『シャイン』

シャイン2


実在するオーストラリア出身の天才ピアニスト、デビッド・ヘルフゴットが、さまざまな苦難を乗り越え演奏家として再起するまでを描いた感動ドラマ。主演のジェフリー・ラッシュは、今作でアカデミー主演男優賞を受賞。


オーストラリアに実在するピアニスト〔デイヴィッド・ヘルフゴット〕の半生を描いて映画化したもの。有名な作品なので観てる方も多いでしょうが、僕は正直今まであまり食指が動かなかった(苦笑)だが、クラシックを猛牛のように一直線に聴き始めてから俄然この作品が魅力的に映りとうとう観るにいたったのでござい。

ヘルフゴットという人物は本物のピアニストで今でも演奏をしているようだ。だが、この作品に描かれるように一度は音楽界から消えてしまった人物でもある。その経緯も本作には描かれていて、重要な要素ともなっているのだが、この人はある日精神を病んでしまうのだ。それはここで描かれていたヘルフゴットの父親の重圧などが主な原因のようだが、表面化したのはラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を演奏会で弾き終わった途端倒れてしまう箇所にある。そんなドラマチックなというか絵に描いたようなタイミングで倒れてしまうのはいかにもドラマ的だが、〔神童〕と幼少期から言われていたヘルフゴットのキーは父親であり、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番ということが本作の前半部で示唆されているので、あの倒れてしまうシーンは「遂に3番を弾ききった!」と思うと同時に、ああなってしまうのも納得させられてしまう悲しいシーンでもあるのだ。

しかし、そこからいろいろな経緯を経てワインバーで弾き始めるのだ。神童と呼ばれたピアニストがどの街中にもあるワインバーで、客の為だけに弾くのである。なんて贅沢なワインバーであろうか(笑)そしてヘルフゴットは音楽会にもカムバックするにいたるところも感動的だし、DVDのジャケットにあるこのシーンは演奏会などとは対照的になんのプレッシャーもない自由なヘルフゴットの姿を見せてくれているようで心温まる。「この人から音楽をとっちゃいけないよね」とも。この映画を観ているとたぶん誰もがこの人物を愛してしまう、そんな人物として描かれていて好感を持てる映画なのは間違いない。父親もああいう押し付けは駄目だとは思うが、憎める人物ではなかった。だってあそこには確かに愛があるように受け取れたし、ヘルフゴットがカムバックしたときもちゃんと逢いに来るのだから。ただ、父親自身もその父親から受けた影響から、愛情の屈折度が過ぎてしまっただけだろう。ただ、この父親がもっと違った人物だったら、ヘルフゴットのピアニストとしての道程がどうなっていただろうかと思うと残念でならないが。

いろいろ書いたが、自分としては映画やストーリーとして観るだけでなく、音楽・ピアニストとしての面で観る姿勢も大きかったと思う。ミュージカル映画とはちと違うので「映画の音楽会」とでもいいましょうか(笑)、当たり前だけどそれほど音楽が効果的にしかも感動的に流れてくる映画なのだ。ラフマの3番はもちろん、コルサルフ「熊蜂の飛行」やショパン「英雄ポロネーズ」などの挿入曲もシーンごとに効果を発揮していた。

でもやはりなんといってもラフマの3番でしょう^^ヘルフゴットは父親の教育(刷り込み?)もありラフマ3番を弾こうとするのだが、この3番がとっても曲者でピアノ曲でも一番の難曲とまで言われるような曲なのだ。この作曲者ラフマニノフ自身が名ピアニストであった為、しかもラフマニノフは大柄で手がとてつもなく大きかったらしく1オクターヴの和音の嵐らしいのだ(苦笑)しかも「片手に10本の指があると思って弾け」と作中で言ってるくらい早い超絶技巧ぶり。ヘルフゴットにとってはちょっとチャレンジする時期が早すぎたのかも知れない。そんなラフマ3番だが、僕もCDを1枚だけだが持っていて、それが↓のCD。

アルゲリッチ



(P)アルゲリッチ/シャイー指揮のラフマ3番。これを聴いて見ても超難曲というのもわかるし、3番の演奏を残しているのもこのアルゲリッチやホロヴィッツ、アシュケナージ、キーシン、ギーゼキング、ギレリスなどなど名ピアニストと呼ばれる人ばかりなのだから難しさは折り紙付きだ。しかも僕が大好きなピアニストであるルービンシュタインは3番をどうやら挫折してるらしいのだ(苦笑)同じところで何度も間違えた為に録音を断念したらしいが、一度聴いてみたかったなぁ。。。でもピアノも技巧だけがいい演奏じゃないのである。確かにこのアルゲリッチの3番は男勝りの打鍵が迫力あるし、和音連打も見事だと思う。だけど、ちゃんと聴くとアルゲリッチのピアノに指揮者/オケがたじたじな印象を受ける^^;いい意味にとるとアルゲリッチのピアノは牽引してる感じだが、悪く取ると自己中なピアノ(笑)ヒントじゃじゃ馬なんだなぁ。アルゲリッチは(苦笑)で、技巧の話だが、並録されているチャイコの1番をルービンシュタインと聴き比べると良くわかる。

ルービンシュタイン



ルービンシュタインのチャイコの1番は叙情豊かで洗練されていて、コクがあってこんなに感情豊かにピアノを唄わせる人はルービンシュタインだけだと思わせる名演奏だが、アルゲリッチのは聞き比べると突っ走りすぎだし早すぎる感じもしちゃうのだ。まぁ好みの問題といえばなんでもそうなっちゃうが、ルービンシュタインの演奏はルービンシュタインしかできないが、アルゲリッチの演奏は技巧があればみな大差なくできちゃう演奏のような気がするので、上手けりゃいいってもんじゃないなと(笑)

あまり関係ない話は置いておいて(苦笑)、本作の主人公ヘルフゴットは実際にラフマの3番をCDで出してるのである↓


ヘルフゴット


難があるとかユニークな演奏だとか、賛否両論ある演奏のようだけど、実際に聴いたことがないので僕はなんとも言えない。が、ヘルフゴットの人生を知った今では、その演奏がどうなっているのか聴きたくてたまらない。そのうち絶対買って聴こうと思ってます^^あっ、それとラフマの3番は作曲者兼ピアニストでもあるラフマニノフの演奏もCD化されてる。録音状態はあまりよくないようだが、作り手自身の解釈はぜひとも押さえておきたい。聴きたいCDがどんどん増える(笑)


監督 : スコット・ヒックス
出演 : ジェフリー・ラッシュ  ノラ・テイラー  アーミン・ミューラー=スタール




4.0 なむなむ!



↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
.30 2011 【映画:ミュージック】 comment2 trackback1

comment

>クラシックを猛牛のように一直線に聴き始めてから
この表現がたまらなく好きでーす。
猛烈にラフマの3番が聴きたくなってしまいました。
次はコレを借りてみようかな。あと「展覧会の絵」もリベンジで。
2011.07.31 00:58
チルネコ
>惺さん

ありがとうございます(笑)凝り性なのかガァーーーっと一直線にいっちゃいますね^^;そrめおたまに瑕なんですが(笑)
ラフマの3番は和音連打など僕みたいな素人でも聴いていて難曲だというのがわかるくらいです。ぜひぜひ^^展覧会の絵も長いですが、ハマるとその長さがありがたいです♪w
2011.07.31 21:05

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/191-4f2d37d3
-
管理人の承認後に表示されます
2012.11.19 08:33 

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。