スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

リチャード・A・ヴェルナー 『円の支配者』

                   
円の支配者



この本は新進のドイツ人研究者による、真に衝撃的な、日銀と日本経済の研究である。われわれはこの本をとおして、初めて、バブルの創出と崩壊、この十年の日本の苦境の真因を知るだろう。政府が景気回復に向けて必死の努力を重ねていたとき、なんと日銀は信用を収縮させ、景気の回復を故意に遅らせたのである。なぜなのか?これが本書の核心である。著者は名探偵のごとく、犯人を追いつめ、遂に日銀の陰謀ともいえる行動を白日のもとにさらした。日本を震撼させる快著。  訳 : 吉田利子   (BY BOOKデータベース 草思社 刊)

とうとうこのブログも経済の本にまで手を伸ばし始めました(笑)ですが、現状経済の知識はほぼ皆無なので難しい本は取り上げないと思います^^;でもまぁ、この本はとても読みやすい上に、松岡正剛が取り上げていた〔マネー〕についての興味と近頃の〔円高〕騒ぎで興味を持ったのでさっそく積読消化いたしました^^興味がない方には全く反応のしようがないでしょうけど、温かく見守ってくださいませ^^:

本書のタイトルである【円の支配者】(副題 : 誰が日本経済を崩壊させたのか)というのは英題にあるように〔Princes of the Yen〕という〔円のプリンス〕たちのことを指しています。そもそも〔円のプリンス〕って誰?って思っちゃいますが、彼らは日銀生え抜きの極一部のエリート達であり、戦後わずか六人の日銀エリート達のことを指しているのであります。今は無き〔大蔵省〕も歯が立たず、日銀総裁へ天下った蔵相でさえもこの〔円のプリンス〕達の決定ごとからは蚊帳の外だったという。

その〔円のプリンス〕である六人、新木、一万田、佐々木、前川、三重野、福井が実質2001年までの経済を支配し意のままにコントロールしたこと、そして日本の中央銀行である日本銀行についての正体(というあこれはもう悪事といっていい)を暴いているのであります。日銀の歴史としてだけで読んでもいいくらい詳しく書かれているので、日銀入門にももってこいだと思います^^

この本に書かれてあることが真実ならば日銀というのは国民や日本経済を犠牲にしてでも、大蔵省からの独立、日銀の自立化を遂行したことになり、ものすごい悪玉である。日銀内部の者の証言やグラフや表、そしていろんな研究からの著者の推論であしかないが、筋の通った裏づけもなされている。なので、本書が出版当時バッシングされたような〔日銀陰謀説〕という一言だけで終わらせるには、物的証拠も状況証拠も揃いすぎてるような気がしてなりません。逆にだからって全部が全部真実だとも思わないのでこの本の評価というのは難しいのでしょうね(苦笑)

日銀が信用創造を自由自在に窓口指導でコントロールし、バブルを産み出し弾けさせた。それに追いうちをかけるかのようにバブルを長引かせているのも日銀がやるべきことをやっていればここまで長引くことは無かったという。窓口指導、信用創造、日銀法、大蔵省解体、バブル、行政改革、いずれも日銀のプリンスが意図的にやったものと著者は言っているが、どうなのだろうか?まだ僕の知識レベルでは判断できないのが悔しいなぁ^^。


ですが、誰もが認めざる終えないような驚愕に値することが書かれてるんですよね。この本が2001年に初版が刷られ世に出てるのですが、その時すでに「次期日銀総裁は福井俊彦である」と予言し見事的中させているのであります。また、FRBにまんまとしてやられたかのような「小泉首相の行政改革」までも予見し、まんまと小泉首相は改革改革とやってしまっているのであるから、著者の炯眼はやはり〔陰謀説〕などで一蹴するようなものではないんだと思ってます^^



3.5 なむなむ!
関連記事
スポンサーサイト
.14 2010 【本:言語芸術】 comment3 trackback0

comment

スゴイな~。
いろいろなジャンルの本を読んでいらっしゃいますね。
経済本か~。自分には縁遠いけど、本当は読んでおいたほうがいいんだよねe-263

レビューを読ませていただいて、日本経済における日銀の黒幕?的恐ろしさをちょっと感じたりして。

ふむふむ、勉強になりました☆
2010.10.14 21:14
匿名
>惺さん

お返事遅れて申し訳ないです~~^^;

頭にはいってるのかどうかは疑問ですが(笑)、いろんなジャンルが読みたくなっちゃうんですよねー。まぁ経済はまだまだ初心者の域を脱しえませんが^^。経済本にも反応していただいて嬉しいです^^
2010.11.05 16:58
チルネコ
↑のコメントはもちろん僕ですw
2010.11.05 16:58

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/20-206821e8

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。