スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

今年初めの月の購入本


本を読めていない今日この頃。

といっても、小説が遅々として読み進まないだけで、インテリアの写真集や自己啓発本なんかは読んでおります。比較的大きなテレビジョンを買ったので、TSUTAYAでBlu-rayを借りまくって時間をとられているということも原因の一つでしょうか。

買ってばかりで消化できてないですが、お仲間さんの積ん読消化計画を見習って山を崩していきたいと思います(笑)今月はそそられる本たちがたくさんあったので、早く読みたいッ!

それでは魅力的な彼らの紹介を↓


2016013022405303d.jpg

朝吹真理子 『きことわ』 朝吹真理子 『流跡』

両作ともに既読ですが、手元に置いておきたかったので単行本を購入しました。


20160130224416a0a.jpg

野尻抱介 『太陽の簒奪者』 上田早夕里 『華竜の宮』 北野勇作 『空獏』 飛浩隆 『グラン・ヴァカンス』

ハヤカワJコレクションは収集しているので、見つけたら即買いします。中でもグラン~は嬉しかったなぁ。でもJコレクションの『ハーモニー』『虐殺器官』が一番本棚にあってほしい。佐藤哲也の『妻の帝国』も同じ。


20160130224419431.jpg

神林長平 『言壺』『いま集合的無意識を』 桜坂洋『スラムオンライン』 小川一水『時砂の王』 上田早夕里『美月の残香』

SF の文庫たち。集合的無意識は伊藤計劃をディスってるらしいので、ひとつ読んでやろうと思って。上田さんは今月二冊目。


20160130224517119.jpg

瀬名秀明『デカルトの密室』 津原泰水『バレエ・メカニック』 宮内悠介『盤上の夜』

全てハードカバー。瀬名さんには既読、読前と読後のパラメーターが一致した名作でした。バレエ・メカニックはずっと欲しかったけど、チラッと読むと一人称~(苦笑)。「想像力の文学」というシリーズ配本ですが、平山瑞穂『全世界のデボラ』、佐藤哲也『下りの船』も喉から手が出てます。宮内さんのヨハネスブルク~も読みたい。


20160130224055805.jpg

佐藤哲也『ぬかるんでから』 青木淳悟『四十日と四十夜のメルヘン』 多和田葉子『尼僧とキューピッドの矢』 伊坂幸太郎『マリアビートル』 村上春樹『意味がなければスイングはない』

全てハードカバー。佐藤哲也と多和田葉子のハードカバーはなかなか古本で出逢えなかったので発見時は快哉を叫びました。現在読書中。青木淳悟も気になる作家でどうでしょうか。


20160130224058984.jpg

レイモンド・チャンドラー『プレイバック』『長いお別れ』 マイケル・Z・リューイン『消えた女』『男たちの絆』『季節の終わり』 デイヴィッド・ベニオフ『二流小説家』 ロス・マクドナルド『さむけ』

ベニオフはポケミス、他全てハヤカワミステリ文庫。リューインは読み進めたいサムスンシリーズがありますが、二作目はよ手元に来てね。チャンドラーは後三作を残すのみとなりました。比較的ミステリはハードボイルドじみてますが、別にタフガイに憧れては降りませんので悪しからずー。

2016013022405785f.jpg

佐藤亜紀『雲雀』 ドストエフスキー『死の家の記録』 ボリス・ヴィアン『日々の泡』 クーンツ『ファンハウス』

全て文庫。佐藤亜紀の先に『天使』にしてよー(苦笑)でも佐藤哲也・亜紀の最強夫婦は素敵ですね。阿部ちゃん・川上夫妻もね。クーンツはやっと出逢いましたよ!足掛け5年くらいでしょうか(笑)


2016013022441807e.jpg

リチャード・モーガン『オルタード・カーボン』 フィリップ・ロス『いつわり』 ブレット・イーストン・エリス『レス・ザン・ゼロ』 スティーヴン・キング『グリーン・マイル』 ジョン・アーヴィング『オーウェンのために祈りを(上・下)』

全ハードカバー。オルタード~は二冊函付きだったのでついつい。前評判も知りません。フィリップ・ロスは読んでおかなきゃ、と。ブレット・イーストン・エリスもマストバイでしょう。アーヴィングも未知の作家なので。USAだらけです。


20160130224054a77.jpg

デカルト『方法序説』 ショウペン・ハウエル『読書について』 アンディ・ウォーホル『僕の哲学』 長谷川理恵『朝リーディング』 千田琢哉『人生で大切なことは、すべて書店で買える』 荒木経惟『愛しのチロ』

全てハードカバー。デカルトは『デカルトの密室』の影響で。読書とは感想とは書評との違いはなどなど、読むことに迷いが生じているので原点へ。朝リーディングも人生で大切なことは、すべて書店で買えるも読書関係。読書について貪りインプットしてやろうとおもっていますが、『人生で大切なことは、すべて書店で買える』のタイトル、おそらく「買えない」と思います。




本当は他にもインテリアの写真集や建築、本や映画関係の雑誌も飼っているのですが、very tired です。映画を観て本を読んで鼻提灯といきましょうか。

長々とお付き合いいただきありがとうございましたm(。_。)m




ブログランキング参加中です → にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ





関連記事
スポンサーサイト
.30 2016 【【古本&クラシックCD購入記】】 comment2 trackback0

comment

nanaco☆
チルネコさん、おはようございます~♪

おぉーーたっぷりと購入されましたね!(笑)
もう何だか眺めているだけで、ワクワクしてきます*^^*
私も最近まとまった時間がなかなか取れなくて、
寝る前にちょこちょことしか本が読めていませんが、
お仲間がいると、俄然読書熱がグングン上がってきます!

『グラン・ヴァカンス』『オルタード・カーボン』『日々の泡』は、私も気になっていました~
読まれたら是非感想を聞かせて下さい♪

上田さんの『華竜の宮』、小川さんの『時砂の王』は、どちらも大好きな作品です。
『時砂の王』読んだのいつだっただろう?と自分のレビューを読み返してみたら、なんと2007年…!改めて読み返したくなってきましたが、本棚の中のどこにあるものやら(▼-▼*)

そしてクーンツ!
中学生の頃に『ウォッチャーズ』を読んだのですが、おそらくそれが初めての翻訳小説だったと思います。(あ、小学生の頃の「ムーミン」シリーズを除けば…笑)
今回チルネコさんの『ファンハウス』で、久々にその存在を思い出しました。レビューが楽しみです!!

佐藤亜紀さんやドストエフスキーもいいですね、
他にも、興味のある作品が沢山・・・
是非一緒に積読本消化していきましょう~♪ヽ(*^^*)ノ
2016.01.31 09:14
チルネコ
>nanaco☆さん

オハヨイゴザイマス^^いつもコメントありがとうございます。でも本当はコンバンワだったりします(笑)

気になる本が沢山あったので、気付いたらこんな感じに^^。書名が並んでいるとワクワクするなんて、nanaco☆さんも真性の本好きさんですねー(笑)僕もnanaco☆さんの積ん読消化計画に触発されて消化する意欲が湧いております。意欲だけで行動が伴っていませんけれど(苦笑)

ボリス・ヴィアンは近いうちに読むかも知れません。感想を書いた際にはまた読んでやってください。

『華竜の宮』『時砂の王』読まれてるのですね。しかも2007年!また書評拝見させていただきますね。nanaco☆さんの本棚スゴそうですね~。いつかブログに画像挙げてくださいね(笑)

やはり『ウォッチャーズ』は良いですか。お仲間さんにオススメ頂いて気になってるんですよ。見つけたら連れて帰ります。『ファンハウス』も早く読みたいなぁ。なぜ一日二十四時間しかないのでしょうかね(^o^;)

ぜひぜひ消化してゆきましょう。「積読消化クラブ」でも立ち上げますか(笑)僕の方が遅々として進まないので(汗)、会長をお願いします(笑)
2016.01.31 21:48

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/208-4cc92b1b

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。