スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

『アジャストメント』 ジョージ・ノルフィー


20160428214137f7d.jpeg


フィリップ・K・ディックの短編小説『調整班』が映画化され、主演マット・デイモン、ヒロインにエイミー・ブラントが出演しています。ディック作品であるのでSFですが軽めです。運命調整局という「運命の書」という書物に基づいて決められた運命から逸脱した人物を元のレールに戻す役割の組織があり、その組織からマット・デイモンが決められた運命に抗う様が描かれます。

20160428214139055.jpeg
 

 タイトルもそれを示唆するように『アジャストメント』です。通販で不思議とよくミミにしてしまっている「アジャスター付き!」、いわゆるアレと同じですが、あちらは人が物を調整するけれど、本作では人が人を調整します。故に神のような力、作中でも調整班が自らそう言い放つシーンまである程です。 

20160428214141850.jpeg


その人の姿をした擬似神(といってもいささか超能力めいたものを使える程度)から、マット・デイモンは決められた運命から逃れようと奮闘する、のですが、少しニュアンスが異なるかもしれません。

 敷衍して述べると、作中の世界では人間の運命は予め決められておりそれに沿って時間が進みますが、時に決められた運命から逸脱することがある。それを調整局という一般人は存在すら知らないお役所が密かに修正します。その調整局のミス(ミスすることもある存在)により、マット・デイモンは彼らの修正作業を目撃してしまうんですね。また彼自身もエイミー・ブラントに逢ってはいけない、逢おうとすれば修正し絶対会わせないぞ!と釘を刺されちゃいます。でも惚れちゃった女性に会うな訳のわからない存在に言われてもSo What?(←ジャズの影響)となりますよね。だからマットは何が何でも自分の運命の人と会う、つまり、調整局がもつ運命の書によって決められた運命でなく、自身の運命は自分で決める為に気張る、その様子がスリリングに提供されるのです。

20160428214138e7b.jpeg

 加えて先の2人のロマンス要素がどう転んでいくのか?ハッピーあるいはバッドなエンディングのどちらに行き着くのかも一つの見所でしょう。けれど、マット・デイモンが主演、というだけで大方先は見えてきそうですが。 

 また、調整局=神というイメージも特徴的でしたし、神(あるいは天使)という置換にも関わらず何かと抜けてるという万能ではない存在が、SFであるのに現実離れし過ぎない世界観を生み出し好な印象でした。宗教的なモチーフと人間の自由意志での選択、監督の意図はそこの精神世界にあったのだと思います。こういうのは嫌いではないので、サスペンス的に物足りなくても、、、うん。 

 ちょっとしたサイコネキシスやドラえもんと瓜二つのいささか使いにくそうなどこでもドア、天使(死神)、運命、ファンタジック、雨、等を繋げて見ると伊坂幸太郎の『死神の精度』を想起させるようなイメージだった、と書くと一番わかりやすいかも知れません。 

 鑑賞後「もしマット・デイモンが調整局という権力に抗うことも運命だったとしたら?」とも思ったりもします。何故なら彼らは万能ではない存在であるようだし、運命の書でさえ万能では無い、と考えるとあながち間違ってはいないのかも。けれど、素直にエンディングを受け入れた方が受け手としては良いのでしょうね。



ランキング参加中 ↓クリック頂けると嬉しいです( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





スポンサーサイト
.28 2016 【映画:SF】 comment2 trackback0

comment

nanaco☆
チルネコさん、こんにちは!

『アジャストメント』ジャケットだけは目にしたことがありますが、
勝手に『ボーン・アイデンティティー』的なアクションだと勘違いしていました(笑)
きっとマット・デイモンがそういうイメージなんですね^^;
フィリップ・K・ディック原作とは、全然知りませんでしたー!!

>鑑賞後「もしマット・デイモンが調整局という権力に抗うことも運命だったとしたら?」とも思ったりもします。

ふ、深い…でも私も考えちゃうかも(笑)
考え始めると、果てがないですね(* ̄∇ ̄*)
面白そうな作品なので、私も観たいリストに入れておきまーす♪

私はやっぱり最近ホラー映画ばかり…病んでおる…
2016.04.30 18:30
チルネコ
>nanaco ☆さん

こんにちわnanaco さん!

実は僕もジャケットの雰囲気とマット・デイモンの疾走感から、ボーンシリーズを連想したんですよね。でも中身はちょっと違った感じでした。マット・デイモンという俳優は好みが別れちゃうようですが、僕は肯定派なのでこれを機にボーンシリーズも未観のものも含みて見返そうかなと思っちゃってます(笑)

ディックの新潮文庫の『悪夢機械』に収録されてる短編のようですよ。

考えちゃいますよね!(笑)もし調整局に抗うのが運命だった、というなら、その本当のフィクサーが登場する続編が作れそうですよね。監督にお手紙書こうかなψ(`∇´)ψ
強烈にオススメはしかねますが、マットさんのジャケを目にしたら見てあげてください。

ホラーいっちゃってますか(笑)面白いのありましたでしょうか?
僕もホラーで観たいのがあるんですが、近隣のTSUTAYA様にはおいてないんですよね〜^^;因みにタイトルは『ミッドナイト・クロス』と『悪魔のシスター』というのですがnanacoさんなら観られてるかも知れませんね(^ ^)
2016.05.01 12:06

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/216-3d058cd1

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。