スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

吉本佳生 『スタバではグランデを買え!』

                  
スタバではグランデを買え




あのモノやサービスの値段はどうやって決まっているのか?有名コーヒー店の値段のしくみ、携帯電話の超複雑な料金体系、映画DVDの「だんだん値下げ」、100円ショップの安さの秘密…今まで「そういうものだ」と思っていた社会のしくみに、経済学というフィルターを通すと、意外な理由が見えてきます。  (BY BOOKデータベース ダイヤモンド社)


少しきわどいタイトルだしキワドイ本に思えてしまうんだけど(僕もはじめは思ったw)、副題に〔価格と生活の経済学〕とあるようにちゃんとした経済関連の本であります。以前読んで紹介した『経済ってそういうことだったのか会議』のような経済本としては比較的簡単に理解できる類の本で、その上面白く読める部分も多く入門書という位置づけができると思います。ちょっと経済に興味が向いたらこれから入るのもいいかも知れません^^


まず経済の話へ繋げるための疑問提起が身近にある題材からピックアップしているので、興味が持てると同時に身近であるゆえ理解するのも容易です。少し例を挙げてみると、ペットボトルの同じお茶が売る場所によって98円だったり150円だったりするのはなぜか?どうして映画のDVDはだんだん値段が下がっていくのか?スタバのコーヒーのSサイズとGサイズ(←これがグランデ)は量が倍なのに価格は100円の差しかないのか?形態料金はなぜあんなに複雑に入り組んでいるのか?などなど日常生活で普通に体験したり目にしたりする事象に基づき、経済学へと発展させています。

先に挙げた例にある疑問なんてこの本読まなくても検討つくよね~みたいな思いもあるかも知れません。実際僕も同じお茶でも安いの買ったり高いの買ったりするのはたまたまそこに自動販売機があったりしたからとか、わざわざ安いとこへ買いに行くのがおっくうだから近くの高いお茶を買うことで時間を節約できたというような思考をすることは可能でした。しかし、もちろんそれだけの理由ならこんな本は出ないわけです(笑)。この近くの高いお茶を買うという行為自体にもちゃんと〔取引コスト〕という経済用語があり説明されてもいますし、〔取引コスト〕とともに〔裁定取引〕という用語もあり、それもまた物流が影響したりその物流にも〔ドミナント戦略〕という戦略まで絡んでくるなど順を追って説明してくれていてちゃんと理解できる。身近な疑問から規模を広げて経済のしくみへと展開するというのは経済学では一番易しくて上手く理解させてくれる方法論のような気さえしました。

本書は8章に分かれているのでお茶の他にも日常生活目線でいろんなことが説明されています。薄型テレビやプラズマテレビの価格が下がるのはただの価格競争というわけではなく、一台辺りのコスト原理が働く〔規模の経済学〕という性質で説明されていたりもします。また家電芸人なら知ってるかもしれませんが、<ビエラリンク>や<アクオスファミリンク>のような同メーカーで統一すると接続や手間がいらなくなるような仕様にも〔範囲の経済性〕が働いているといったことまで書かれてる。DVDの価格が下がっていくのも論理的な戦略があるし、<経済格差の是正>の章では〔モラルハザード〕にまで言及しており、ほとんどの読者が身近なことから効果的に学べるでしょう。

ただ、アジアのある地域から入ってくる<還流CD>(海賊版)のくだりなんかは少し疑問が残るとこもあってそんな簡単な問題だけじゃないだろうと思ってしまいます^^。後よく「これは後から説明しますね」みたいなもったぶった記述が多くて「今説明してよ」と言いたくなってしまいます(苦笑)でもまぁ得るものの方がとても大きいのでスルーしましょう^^本書の利点としては身近な経済に繋がる基本的なしくみをきっちり知れますし、流通のしくみや価格設定の決め方まで学べちゃうという経済~社会のしくみがディープではないが学べるといった経済本でした。



3.6 なむなむ!
関連記事
スポンサーサイト
.05 2010 【本:言語芸術】 comment4 trackback1

comment

経済本のレビューが書けて羨ましいです!
自分、まったくダメダメなので。
でもこの本、勤務図書館にあって以前から気になっていたんですよね。
チルネコさんのレビュー拝見して、すっかり読了気分に。
でも、いずれ挑戦してみたいと思います!
2010.11.05 21:40
チルネコ
>惺さん

僕もまだ経済については読み始めって感じなので、
何書いていいやら苦労してますよ~^^。
どうやら本書はそれなりに話題になってたようですね。
身近な題材から経済へと導いてくれるので、
もしかしたら楽しく読めるかも知れません^^
また機会があれば挑戦してみてくださいね。
2010.11.06 00:55
こんばんは☆
やっと読みました~。
なかなか面白かったです!!
TBさせてくださいね。
2011.02.27 22:42
チルネコ

>惺さん

こんばんわー、宣言通り挑戦されたんですね^^
どのような感想を持たれたのか楽しみです~。
TBありがとうございました♪
2011.02.28 19:51

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/22-b46fba8e
ご訪問ありがとうございます☆ スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学(2007/09/14)吉本 佳生商品詳細を見る  初めて経済本なるモノを読んでみました。有名コーヒー・チェーン店を思わせるタイ...
2011.02.27 22:43 BIBLIO HOLIC

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。