スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

京都市美術館 『ダリ展』




お久しぶりの記事ですが読書ではなく先日行ってきた『ルー大柴展』…のような『ダリ展』の感想です。それにしてもダリとルー大柴、瓜二つ過ぎやしませんか?ルーさんの祖先はもしやスパニッシュ系???




閑話休題。京都市美術館に足を運んだのは6日土曜日でしたが人はまばらで比較的じっくりと一枚一枚鑑賞することが出来ました。閑散としていた、と言っても良いでしょうか、あの炎天下では観に来るのも億劫なのかも知れません。それとも意外とダリの絵を好ましく思う方が少ないのかなぁ。


本題の絵画の方は人口に膾炙された一級品は出展されておらず、目玉商品の類は無かったような気がします。横で喋っていた知らない方も「これといったものがなくインパクトに欠けるなぁ」と仰っていました(すいません、盗み聴きしました)。しかし、そこはダリ。一目見てダリの作品だと分かるものも多く、ダリファンにはたまらない展示会だと思われます。

時間が許せば作品の年代順で出展作品を紹介していきたいのですが、今回は年代バラバラでお許しください^ ^。



「キュビズム風の自画像」

ダリにはキュビズム時代があり、ピカソやブラックに薫陶を受けたような作品が幾つかありました。これも自画像なのですが、「ラファエロ風の首をした自画像」と比べると同じ画家が描いた自画像とは到底思えません。2次元で3次元の世界を表現しようとする試みは書き手も難しいでしょうけれど、鑑賞する側も困難を極めてしまいます。このような作品を芯から享受出来ればなぁ。


「ラファエロ風の首をした自画像」

ダリが最も敬愛する画家の1人であるラファエロに敬意が払われています。が、自分にはどうもこれがラファエロ風?と思ってしまうのですが、タイトルは「ラファエロ風の首をした」とあるので、首がラファエロ風なのでしょうか?ラファエロの自画像と見比べてみると確かに首のシルエットは似ている気がしますが、質感やタッチは全く異質のものに思えてしまうのですが、どうなのでしょうか。





「偉大な書物の物語:頭が爆発するドン・キホーテ」

今回の出展作の中でも一二を争うほどインパクトがありました。筆をそのまま振り落した黒、そこに先の細い何かでぐしゃぐしゃに線が引かれています。衝動的でダリのイメージのタッチとは異なっていて、新たな発見ができました。

このドン・キホーテシリーズは連作であと何枚も展示されていたので、物語の順を追って鑑賞し楽しめました。


「ウサギの穴に落ちて」

これも文学作品からの連作で、ダリのイメージが横溢しています。この絵を見るとなんとなくダリがイメージしたものがみえてくるのではないでしょうか?『不思議の国のアリス』のひとコマです。ウサギも躍動していますが、なんといってもこの色彩が素晴らしいです。ダリは暗色のイメージがついちゃってますが、『不思議の国のアリス』の夢のイメージを表現するとなると、こよような高い色彩を用いることもあったのですね。ダリは色んな人に崇敬を抱いているようです。



「子ども、女への壮大な記念碑」

シュルレアリスム時代のもので、ダリが「腐敗」というモティーフを多用するようになります。どれもこれも異様に溶けている、というか腐敗していますね。また、目を凝らして見ると幾らかの発見が可能な絵でもあり、モナリザ、ナポレオン・ボナパルトなども潜んでいたりします。ブニュエルとの映画「アンダルシアの犬」でも彼は腐ったロバを登場させているようで、腐敗のモティーフは彼にとって「あらゆる物質に適用されている」という点で重要だったようです。



「ウラニウムと原子による憂鬱な牧歌」

広島・長崎への原爆投下はダリにとって衝撃的な出来事であり、芸術家としても多いに影響ないし変化を余儀なくされたようです。エノラゲイまで見えています。この絵の禍々しさは言葉では容易に表現できない気がします。ですが絵画であればこのように一瞬で表現可能、という点では非常に有効な表現方法だと思いました。逆説的にそれも弱点に成り得ますが、一瞬間のインパクトでは強力に過ぎます。


「ラファエロの聖母の最高速度」

これもまたラファエロに敬意が払われてモティーフとして用いられています。自画像の方と違ってこちらの女性の顔はラファエロの聖母っぽいと思えます。これも原子力時代の作品ですが、物質が分解されていく過程、その原子のような球体と円錐の動的な感覚は、量子物理学と原子物理学に関心が深くなった彼の新たな精神性の開示です。最高速度の意図がブリリアントに訴えかけてきました。球体をモティーフにした画家は過去にいますが、円錐を自身のテーマとしたのは新鮮。




これらの他にも〈見えない人〉シリーズも有りましたし、『アンダルシアの犬』も上映されてました。ダリの彫刻やデザインしたシンプルで豪華なジュエリーも展示されており、絵に穴が開くほど凝視して疲れた目の休息にも良かったです

勿論展覧会に行ったら買わなきゃモヤモヤしてしまう図録もしっかり購入いたしました。造本もしっかりしていて装丁もインパクトがあるのでグッジョブです。また、ダリがデザインしたらしきピタゴラスイッチ的な巨大ガチャガチャも有りましたが、レジで「ダリ紙幣」を購入すること、あの巨大な装置を回すのに注目されてしまうことを鑑みて、紳士に自主辞退しておきました^ ^。



関連記事
スポンサーサイト
.10 2016 【本:言語芸術】 comment1 trackback0

comment

-
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.01.08 14:11

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/226-4481a92c

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。