スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

伊藤計劃 『虐殺器官』

虐殺器官



9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう…彼の目的とはいったいなにか?大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官”とは?ゼロ年代最高のフィクション、ついに文庫化。  (BY 背表紙紹介文 ハヤカワ文庫JA)


早世してしまったのが本当に悔やまれる伊藤計劃さんの長編一作目『虐殺器官』です。文庫版で読みましたが、あとがきが読みたくて文庫を購入しました。あとがきの伊藤計劃さんのお母様の言葉も素晴らしく胸に響くものがありますが、「書きたいことがまだまだいっぱいある。」と仰った伊藤さんの切実な願いは重たい。重たいゾ。数作しか著作が残ってない伊藤さんの想いの詰まった作品は大事に読まなければと切に思います。


アメリカの暗殺を専門とする特殊部隊に所属し世界各地で任務を遂行するグラヴィス・シェパード大尉。その大尉の部隊が貧困な国々で頻発する虐殺の背後に常にちらつくジョン・ポールという影のような人物を暗殺する任務に就きそこで何かが起こってゆくというような始まりであります。語りはこのグラヴィス・シェパード大尉が一人称の〔ぼく〕として進みます。これだけ読むと主人公視点のミリタリーSFなどと思いガチですが、そんな見かけだけの作品ではありません。もちろんミリタリーSFとしても優れていて、文章はさほどでもないが的確な描写などからリドリー・スコットの『ブラックホーク・ダウン』のようなリアルな戦争シーンを想起させるし、ナノテクなどの最先端技術を昇華した近未来ならではの合理的なSFガジェットもふんだんで読み応えは十分です。世界観だけでももう国内レベルじゃありません。また、9.11以降現実でも危機管理や様々な面での課題と論議が求められた社会的なテーマにも切り込んでいて、こちらがひやりとするようなラディカルな警句まである。戦争、貧困、環境、テロ、経済、テクノロジー、そして世界。こういうものを一挙に詰め込むと得てして陳腐に陥りがちだが、伊藤計劃さんが「まだまだ書きたいことがいっぱいある。」と発言したように詰め込まれてるすべての事象に問題と自身の思考のようなものが考え述べられており、博学な知識に裏打ちされた多種多様の諸問題への言及に舌を巻くばかりでありました。それだけでもこの方はすごい。

しかしそれだけではないんです!社会派SFやらミリタリーSFやら近未来SFといえばそうですが、僕はそうじゃないと解釈しております。じゃあ何だよ、えぇ?と凄まれると自信は削られていくんですが(笑)、僕はやっぱり〔言語SF〕であると思います。現実の今ある世界と並行する言語SF作だと。〔虐殺の文法〕自体は少し霞がかっていて明確に説明はなされてないが、この作品のアイディアの根底もここである。虐殺器官、転じて、言語進化論ではないのか。言語テーマにここまで肉付けしてディテールを明確にし、尚且つ小説の中のSFという大法螺な話を、ここまで非現実から現実へと勘違いさせる文字と文字の構築。この作品を読んで快哉を叫ばないSF好きは嘘だね。もぐりだね(笑)

あと、本書はわからない記述があればその場で調べなければいけませんよ。そうしないと大きなものを見落とす恐れがあります^^;例えば、、、、、、「・・・・・・・卵が先か、鶏が先か」という会話での一言。これはこの時点で調べないと作品の重要なテーマを見逃します。だってこれの意味は「生物が生きている間に遺伝子構造が変化することはないため、鶏は生まれたときから鶏だった」というものであり、遠くて近い〔虐殺器官〕の説明なんですから^^。


伊藤計劃さんが闘病生活の三年間でSF作品を書いてくれたことは日本SFにとっては最大の遺産であります。しかし、その三年間での作品しか遺せなかったこともまた日本SF界の最大の損失。と言わざる終えない資質の持主だったと思います。この作品自体は決してパーフェクトじゃないと思うけど、「if~」が許されるならば問うてみてもいいでしょうか?・・・・・・・・・・・・・・伊藤計劃さんの十作目はどれほどの小説だったのだろうか?


4.6 なむなむ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.07 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/29-efdf6ec9

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。