スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

綾辻行人 『Another』



その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける…。    BY BOOKデータベース (角川書店)


今年最もハマって大好きな作家さんの一人になった綾辻行人さんの新作『Another』です。ちょうどハマってる時期に新刊が出てくれると嬉しいなぁ。しかも大作っ!内容は装丁でもお分かりのように怖い感じの〔学園ホラー〕で攻めてきましたが、もちろん綾辻さんですからミステリ的仕掛けも盛り込まれておりましたよん。まぁ後々詳しく記しますが、この作品は僕の中でミステリ要素はあれど純然たるホラーという位置づけとなっております^^。

夜見北に転校してきた榊原恒一という一人の少年が視点の語りになっているので、とても読みやすい演出をした作品になっています。それに加えて内容も展開もマエストロという言葉が似合うくらい読ませてくれます。原稿用紙1000枚という大作も苦になりませんでした。もちろんホラーとしてのゾクゾクする展開やミステリ的仕掛けでハラハラしてしまう技は健在なんですが、『霧越邸殺人事件』のスケール感や『深泥丘奇談』の耽美的雰囲気とはまた少し異なっているように感じます。囁きシリーズや眼球奇譚のような綾辻ホラーはこぞって未読なのでそれらの雰囲気はわからないんですが、もしかしたらそちらの方に近いのかも。また、TRF、、、おっと、古臭くてごめんなさい!ボーイミーツガールものとしても一方では読めちゃうくらいそういう要素も含んでおります。しかし、恐怖のスタートが切られた時点から死人がばったばったと出るんですが、この死に様がなかなか残酷で想像した映像はむごったらしいものになるので胸トキメクドキドキな色恋沙汰にはなり得ませんが^^。

本書のホラーは超常現象からなる一連の出来事なんですが、<スーパーナチュラルなので説明せずに結末を見る>というわけではなく、ホラーとしてしっかりと理論を説明づけて終わらせているのがなんか綾辻さんらしいなぁーと思います(まぁ正確にいうとラストは読者の心情に委ねる感じですが)。そういう意味でも数少ない読破した綾辻ホラー作の深泥丘~とはやっぱ違うかな。そして綾辻さんといえばミステリですね。もちろん本書でもミステリ仕掛けはきっちりとされていて、要所要所に後に繋がる伏線が張られておりこれこそ綾辻さんだーと溜息が出てしまう。でも、実は僕途中で誰が<それ>なのかわかっちゃったんですよ(苦笑)綾辻さんがお気に入りの作家さんになったことで、長かろうがなんだろうが「騙されてなるものか!」「隅から隅まで嘗め回すように読むのが礼儀だ」などと思い、耽読や邪推な深読みまでして読んでしまうんですね~^^;おのせいというかおかげというか、<それ>がわかっちゃったわけなのです。でもミステリ的オチなるものが見えようと、これは大丈夫。冒頭でこの作品のことを〔純然たるホラー〕と書いた理由がここにあって、ミステリとしてのトリックがわかってもホラーとしてのカタルシスが爆発する少年のツ○○○を振り上げて葛藤する名シーンがあります。ホラーとしての結末が待っててくれるんです。その後にも理論で説明し唯一説明できない心象風景のラストが待っててくれるので、これはホラーなのだと思う次第であります。






以下少しネタバレ~~↓









ミステリとしては大体においてさすが綾辻さんといったフェアな記述が伺えましたよね。だけど、それゆえに正々堂々な記述が多すぎ、僕が始めて<それ>についてハッとしたのは「理律子も怜子もかわいそうに」といった祖父の言葉。ただ運で目に付いただけかも知れませんが「れ、怜子もなの?」と頭にインプットされると、もう後の記述のすべてがこの<怜子>に向いてしまい、それまで鼻にもかけなかった〔九官鳥〕の言葉をも発見。見事当ててしまったというわけです。本当はミステリとしても騙されたかったんですが、やっぱ本格の綾辻作品とはミステリ的難易度が違うんですね。本格では<足元を掬われないように読むぞ!>と息巻いても見破れないですもん(苦笑)そういう意味でこの作品はやっぱ〔ホラー作品としての骨格を練ってから、ミステリ的肉付けを後からしたのかな~〕という印象で、これはホラーありきな作品なのだと思った次第です。もちろん本書で得たカタルシスもホラーであったので、僕の中では<ミステリ味付けをしたホラー作品>かな。












~ネタバレ終了~





本書は素晴らしかったですね。欲を言えばミステリとしても騙されたかったんですが、ホラーとして最後まで楽しませてくれまので何も言うまい^^。もう12月に入りそろそろランキングを賑わす季節となってきましたが、本書は時期的にはぎりぎり滑り込みセーフですよね?僕の中でミステリ的には少し弱いと思うのでミステリ部門での一位はないなぁ~と思ってますが、ランクインは必ずしてくるだろうし、綾辻ホラーとしても頂点にある出来だと思うので月末が楽しみです^^あと主人公の少年がキング好きだったのもなんかいい感じ^^笑




4.2 なむなむ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
.08 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback1

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/32-a8103065
Another(2009/10/30)綾辻 行人商品詳細を見る 夜見山北中学校には、代々生徒たちのあいだで囁かれてきた、ひとつの伝説があった。二十六年前、三年三組にはミサキという名前の生徒がいた。一年のときからずっ...
2010.11.09 22:56 しんちゃんの買い物帳

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。