スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

泡坂妻夫 『11枚のトランプ』

11枚のとらんぷ


奇術ショウの仕掛けから出てくるはずの女性が姿を消し、マンションの自室で撲殺死体となって発見される。しかも死体の周囲には、奇術小説集『11枚のとらんぷ』で使われている小道具が、壊されて散乱していた。この本の著者鹿川は、自著を手掛かりにして真相を追うが…。奇術師としても高名な著者が、華麗なる手捌きのトリックで観客=読者を魅了する泡坂ミステリの長編第1弾!   BY 背表紙紹介文 (創元推理文庫)


本書『11枚のトランプ』は泡坂さんの処女長編であります。プロではないらしいですが、泡坂さん自身アマチュアのマジシャンらしく、本書では〔奇術〕を重要なガジェットとして取り入れておられました。得意分野で攻めてくるところが期待大ですよねー。それに<簡単には見抜けないタネがある>というミステリと奇術の似通った箇所を持つ競演とも騙されないように頑張る側としては二重の高揚感^^。そしてもちろん泡坂さんはその昂った推理心をきっちりと満たしてくれたのです。

登場人物が書いた奇術中心の本<11枚のとらんぷ>を作中作として利用し、奇術のショウ真っ只中に抜け出し自宅で殺害されていた奇術仲間の事件の全貌を明らかにしてゆく。確固たる探偵があるわけでもなく、推理がすらすらと進んでゆくわけではないので、少し冗長に感じる方もいるかも知れません。が、この事件の真相に迫るという使命を持った<11枚のとらんぷ>という作中作が、個々の短編と取り出してみても十分に堪能できちゃう代物だったのです。短編それぞれにミステリのオチがあるわけではないんですが、各短編にマジックを配し最後にちゃんと種明かしをして見せてくれる。これがミステリの代用となり得るほどの驚きをくれるし、正真正銘フィニッシング・ストロークとなっておりました^^また、後の祭りでしたが(^^。)しっかりと殺人事件の伏線も潜ませてるんですから敬服しますね。しかも処女長編ですから信じられません。

一般人からしたらこの事件の殺人動機は弱いような気がします。が、何かに一生分の情熱を捧げている者の犯行動機と考えると納得できるものです。真相の衝撃度という面からは少し弱い印象を受けてしまいましたが、それよりもこのラストでは緻密な伏線と構成の妙に感心してちゃいました。○いという目の前にちゃんと提示されていたにも関わらず、気付けなかった伏線は見事です。自分の不甲斐なさを嘆くというよりも、泡坂さんの張り方の上手さを称えることができちゃうのでありがたし(笑)真相だと思ってた語りも小ぶりながらもう一度ひっくり返されるのでカタルシスも得られますし、前編に流れるファルスの味も絶妙。ほぼ文句のない名作といってもいいでしょう^^



4.1 なむなむ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.09 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/35-1f1a65d3

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。