スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

アガサ・クリスティー 『アクロイド殺し』

アクロイド殺し


キングズ・アボットの名士アクロイドが刺殺されているのが発見された。シェパード医師は警察の調査を克明に手記の形で残そうとしたが事件は迷宮入りの様相を呈しはじめた。ところが村に住む風変わりな男がポアロである事が判明し、局面は新たな展開を見せる。ミステリ界に大きな波紋を投じた名編、改訳決定版。 (BY 背表紙紹介文 ハヤカワ文庫)


クリスティのポアロシリーズは順番に読めております(まだ三作目ですが^^;)。今回はタイトルと同じくらいフェアアンフェアかどうかという論争を巻き起こしたのが有名な『アクロイド殺し』です。ヘイスティングズは登場しないということでそれだけでものすごく残念ですが(^^。)、まず始めに前2作より面白かったと言っておきますね^^

やっぱりこの作品を読むとどうしてもフェアアンフェアかという視点で一度は考えてしまうのではないでしょうかか?どこの感想を見てもこの記述があるくらいですし、ミステリが好きであれば、クリスティが好きであればあるほど考えてしまうような気がします。僕も読後の堪能と驚きを通過したあとに考えましたが、率直な感想を述べるとアンフェアであるという所に到達せざる終えないです(苦笑)ミステリ好きなら一読すれば一目瞭然なんですが、、、もし本書を僕だけしか読めないのだったらフェアとしちゃいます(えっ?)だってフェアかアンフェアかという議論は大いに結構なんですが、本書はそれだけの作品ではないんですもん。伏線もしっかりしてるものも多いし、隅々まで気が配られてます。またヘイスティオングズが登場しないとはいえ、ポアロのカボチャとかカボチャとか、、、、ってカボチャ窓から投げるって何!みたいな(笑)犯人はヘイスティングズ好きが講じてわかってしまいましたが、トリックとか犯人とか以外の側面、ユーモア、キャラ、以後のトリックへの嚆矢としての功績などなど、本書が存在することのすごさと面白さはアンフェアであろうとなかろうと存在して良い作品なのです。なので、この作品の存在はフェアだと言い切っておきますね。

そしてヘイスティングズ本当に出てこないなぁ~ともやもやしてるところに一度だけ出てきました!ヘイスティングズの名前がっ!313Pに「ヘイスティングズは、こうは書きませんでした」と語り手をバッシングしてるかのような記述で(笑)やっぱポアロもヘイスティングズ大好きなんだろうなぁーと思えてこの作品の中で一番満面の笑みになってしまった瞬間でした(オイw)

ただこの叙述トリックにごまかしがあるというだけで「本書はアンフェアだった」と片付けるのは僕にはできない魅力的な作品です^^


3.8 なむなむ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.09 2010 【本:言語芸術】 comment4 trackback1

comment

キヨハラ
お邪魔します。

私もポアロ大好きで、ずいぶん読みました。でもこれを読んでないです、たぶん。読んでみたくなりました。

ところで、順番って、どうやって調べていらっしゃるんですか? 私は手当たり次第に読みました。順番に読んだら、面白さも、さらに大きくなりそうですね。
2010.11.10 21:15
チルネコ
>キヨハラさん

初めましてこんばんわ!コメントありがとうございます^^
惺さんのブログでお見受けしておりました。何度か遊びに
行かせてもらっておりました。今後ともよろしくお願いいたしますー。

ポアロシリーズお好きでしたか^^これはクリスティ作品の中でも
問題作でいろいろと議論がなされているようですね^^。
未読でしたらぜひその問題を探ってみてくださいませ^^

ポアロシリーズの順番は時系列順ではなくって、ハヤカワ文庫の
刊行順で読んでおります。それでよろしければ↓のサイトで一覧で見れますよん。

http://www.hayakawa-online.co.jp/christie/topmenu05.php

2010.11.10 22:33
キヨハラ
ハヤカワ文庫のサイトを教えてくださって、ありがとうございます。時間ができたら、この順に読み直してみたいです。
リンクもありがとうございます。拙サイトでもリンクさせていただきました。どうぞ、よろしく。
2010.11.11 22:02
チルネコ
いえいえ、お安い御用でございます^^僕もクリスティ読む際には
活用しております。あの赤背を本棚にずら~っと並べたいものです(笑)
リンクありがとうございました!今後ともお付き合いさせてください^^
2010.11.11 23:09

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/38-2d851f55
アガサ・クリスティーのポアロのシリーズ。初期の長編傑作…らしい。 あらすじ 数々の難事件を解決し名声を得たポアロが、引退して身分を隠し、田舎暮らしを始めたが、村で殺人事件が起こり、被害者の姪か...
2010.12.28 22:22 読みました

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。