スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

太宰治 『走れメロス』

走れメロス


恋をしたのだ。そんなことは、全くはじめてであった――。青年の独白から始まる「ダス・ゲマイネ」。かばんひとつさげて、その峠を訪れた。私は、富士に化かされた(「富嶽百景」)。朝、目を覚ましてから寝床に入るまで、少女の心理を鮮やかに捉える「女生徒」。そして、命を賭けた友情をきりりと描いた永遠の名編「走れメロス」。九つの物語が万華鏡のようにきらめく短編集。  (BY BOOKデータベース 新潮文庫)


太宰の新潮文庫版『走れメロス』であります。僕が持ってるのは装丁画が違いますが(メロスとセリヌンティウスが話込んでるやつ)、画像見当たらず^^。でも収録作は9編で変わらないと思います。掌編短編5編、随筆4編でありました。

今年『ヴィヨンの妻』を読んでから太宰づいてきましたが、それは『人間失格』にあるような陰鬱なイメージを払拭されたからでありました。『走れメロス』だけは授業で習ってほぼ覚えてますが、その他「ダス・ゲマイネ」「満願」「富嶽百景」「女生徒」「駈込み訴え」「東京八景」「帰去来」「故郷」は未読。故に暗そうなイメージよりも、重たい空気の中に潜むユニークな一面を楽しみに臨ませていただきました。

初めの「ダス・ゲマイネ」からやはり太宰のユニークさはツボにきました。もしかしたら本書の中で一番好きなのはこの一篇かも知れません。なにせ太宰のドッペルゲンガーが四人も作中に登場し(嫌、太宰を抜いたら三人かな?)、お互いそりが合わなかったり批判しあったりするんですよ、ドッペルゲンガー同士が。自虐的であり実験的な大胆さまで感じる。その四人の掛け合いも太宰作品中(まだ数十篇しか知らないけど^^;)群を抜く面白さなのです。オチも太宰らしい思考からきてると思う。なんという豊かなセンスをしてるんだろうかと飲み屋で一杯お供したくなってしまいます(笑)

「富嶽百景」は始まりから〔広重の富士〕〔文晁の富士〕という芸術を織り交ぜた簡潔だけど美しい文章で、美しい情景を読者に想起させる。美しい情景といえば<川端康成>だが、この一作だけを見ると川端の美しい情景の連想にも劣らない筆力が備わっており、また太宰の違う一面を魅せてもらった気がします。でも美しい中にもラストの意地悪さが、太宰の含羞を隠す業なのであろうか(苦笑)「駈込み訴え」も「走れメロス」のような古代西洋のような雰囲気をかもし出しているが、主人公が誰か始めはわからない。だが読読み進める内にそれが誰なのか気付き、なんという解釈をして書いてるんだろう!とこれまた驚きの内面描写がまっているのです。こんな解釈というか徹底したアンチテーゼを、○○に委ねて克明に描写するなんて、『百億の昼と千億の夜』と同じく日本の無宗教文化ならではでしょう。太宰って実は大胆な題材と表現力があるんだなーと改めて認識。「走れメロス」も印象にあるまんまの友情と誠意と自己犠牲の精神に溢れた力作でしたが、表面的でわかりやすいが深みには欠ける印象がありました。そういう理解のしやすさもあって中高生向けなのかも知れません。でもやっぱベタな名作ですね^^

『ヴィヨンの妻』では太宰の重たさの中にあるユーモアに惹かれましたが、『走れメロス』では含羞を覆い隠すかのような大胆さが際立っていて、太宰の横顔を見た気がします。収録されている短編・随筆ともに太宰のカリカチュアであり、波乱万丈に満ちているが、そこに放り込むユーモアや甘ったれや侘しさは奥行きがある。今年は太宰を辞められそうにないなぁ^^。


4.0 なむなむ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.11 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/44-fb308014

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。