スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

オスカー・ワイルド 『ドリアン・グレイの肖像』

ドリアン・グレイの肖像


舞台はロンドンのサロンと阿片窟。美貌の青年モデル、ドリアンは快楽主義者ヘンリー卿の感化で背徳の生活を享楽するが、彼の重ねる罪悪はすべてその肖像に現われ、いつしか醜い姿に変り果て、慚愧と焦燥に耐えかねた彼は自分の肖像にナイフを突き刺す…。快楽主義を実践し、堕落と悪行の末に破滅する美青年とその画像との二重生活が奏でる耽美と異端の一大交響楽。  (BY 本書背表紙  新潮文庫 刊)


主人公はタイトルの通りドリアンで、肖像もドリアンのモノである。その肖像画を描いたのは友人のバジルという画家であるが、その最高傑作と謳われる肖像画には妙な力が宿っており、ドリアンの容姿端麗な美しさをずっと持ち続けることになる。まず、この小説は誰がなんと言おうと「ドリアンの代わりに肖像画が歳をとってくれる」という発想だけで、ここまで後世にも読まれる小説としての骨格を描ききったことは間違いない。他の作中の小ネタやアイディアも、この発想の装飾や肉付けでしかなく、芯に太い軸があれば一冊になり得るという意味でここから小説のプロット構築を大いに学べる。ワイルドは肖像画のほうを短命にしドリアンを長命にしたが、逆にしてみても書けそうだし、転じて永遠の若さゆえに周りの変化に戸惑い倦怠を覚させたりもできる。ブラピ主演の『ベンジャミン・バトン』もこの発想と近距離にいるのではないかとも思う。幻想的でゴシックで、ある意味SFな、素晴らしい書き手がいればいるほど名作がポンポン出るエコなアイディアなのかも知れない。

もう一つはやはりアトリエでドリアンが出逢ったバジルの友人ヘンリー卿のおかげで、無垢で純粋であった一青年の堕落へと進むその描きっぷりである。エンリー卿のおかげで快楽主義・悪魔主義・耽美主義といったものに影響され、背徳、悪行、堕落の道を辿り永遠の若さを手に入れた意味を無にしてしまうところに、ワイルドの逆説的な良心を感じると共に、迫力のあるその転落への筆致と文章中に漂うちょっと悪そうなバラの香りを感じてしまう。名セリフといえるセリフの数々が散りばめられていて、あたかも万里の長城のように長く美しい詩を読んでいるような気分にさせられてしまうのだった。ドリアン自身が容姿端麗なので、女性読者はそれだけで惹きつけられてしまいそうでもある^^。

あと嬉しいことに作者は日本に関心があったらしく、日本の品々などがキーワード的にちょくちょく顔を見せてくれるので、日本の読者としては嬉しいプレゼントではないでしょうか。しかし、それを除いてもロマンチズムが匂う作品が苦手な方ですら、それを少し我慢して読み進めてゆくとそのドラマ性や価値ある可視的な神秘を目の当たりにできるに違いない。なぜなら、ドリアンの肖像画のナイフを抜くのは読者だけなのだから。


4.4 なむなむ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.13 2010 【本:言語芸術】 comment2 trackback1

comment

いやいや~、久しぶりに読みました。
影で糸引くヘンリー卿のワルぶりが何とも。一気に読んでしまいますね。

ちょっと悪そうなバラの香り
名表現だと思います。素晴らしい☆
自分もTBさせていただきます♪
2010.11.14 00:07
チルネコ
>惺さん

こんばんわー。TBありがとうございます~^^

同じ時期に記事UPしましたが、惺さんが読んでるのを拝見して、
以前読んで書いていた感想をUPしたんですよ。なので必然だったり(笑)

ドッペルゲンガーものは何作か読んでおりますが、惺さんと同じく
一気に読めた作品です。こういう文学ともっと出逢いたいものです^^

ありがとうございます!身に余る光栄でございます^^
2010.11.14 21:13

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/52-055ab70e
ご訪問ありがとうございます☆ ドリアン・グレイの画像 (岩波文庫)(1967/09)ワイルド商品詳細を見る  耽美・退廃・背徳等々、美青年ドリアン・グレイが重ねるありとあらゆる悪徳を華麗な文体で著した小...
2010.11.14 00:09 BIBLIO HOLIC

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。