スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

飴村行 『粘膜人間』

粘膜人間


「弟を殺そう」――身長195cm、体重105kgという異形な巨体を持つ小学生の雷太。その暴力に脅える長兄の利一と次兄の裕二は、弟の殺害を計画した。だが圧倒的な体力差に為すすべもない二人は、父親までも蹂躙されるにいたり、村のはずれに棲むある男たちに依頼することにした。グロテスクな容貌を持つ彼らは何者なのか?そして待ち受ける凄絶な運命とは……。第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した衝撃の問題作。    BY 背表紙紹介文 (角川ホラー文庫)


第十五回ホラー小説大賞長編賞を受賞した飴村行『粘膜人間』ですー。すでに二作目も出ており、三作目ももう出るようですね。なのであまり遅れをとらないようにそろそろ読んでおこうと早めに積読卒業させちゃいました^^。

まず本書には河童が登場しこれが笑わせてくれたりする。なぜ河童が出てくるかというと、異形の体格をした弟を亡き者とする為に殺害依頼をされるのが河童なのです。ですが、そうやすやすと事を成せるわけがないのは言うまでもないのですが、読んでいくとやっぱ噂どおりのグロ系。というかエログロでスプラッタ入ってるではないですか(苦笑)特に弐章の拷問のくだりなんかは胸がムカムカするくらいですが、これは裏を返せば描写が上手いから残酷に映るんでしょうね。でも槍を突き刺すところなんかはもうなんか自分の骨が痒くなちゃう感じでした。ので、読む方は気をつけてくださいね^^;

ホラーの部分は恐怖ではなくエログロスプラッタなのですが、その反面設定などが荒唐無稽なだけにユーモアも潜んでおります。人間とは異なる河童と子供の会話なんかはずれてたり阿呆っぽくて笑える箇所もありました。ホラーとユーモアがなかなか上手く共存してたと思います。河童VS子供という構図があるのでラストもそういう描写なのですが、何か荒野で決闘するかのような神妙な場面で終わってるのには苦笑しました^^。作者はちょっと河童VS子供の演出に懲りすぎたっぽいです(苦笑)でも概ね面白いのは間違いない。変な造語もまた魅力の一つでグッチャネやらソクソクなど、あまりいい言葉ではないけど印象に残るフレーズでなかなか忘れそうにないなぁ。でも絶対使わないし使えないですが^^;

読後もわからなかったのはタイトルの『粘膜人間』が誰を指しているのかということ。人間だからたぶん河童ではないでしょうし、それなら半馬鹿で一度グチョグチョの粘膜みたくなった雷太のことなのか?でもイマイチピンとはこない。もしかしたら、登場する人間がみんなドロドロした闇があるから?ってそりゃないなぁー。などと考えましたが、QEDならず。今もって真相は竹林の中です。


3.7 なむなむ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.14 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/57-137d5224

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。