スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

米澤穂信 『追想五断章』

追想五断章


古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小説を探していた。調査を続けるうち芳光は、未解決のままに終わった事件“アントワープの銃声”の存在を知る。二十二年前のその夜何があったのか?幾重にも隠された真相は?米澤穂信が初めて「青春去りし後の人間」を描く最新長編。  (BY BOOKデータベース 集英社刊)


米澤さん三冊目は好意的な記事が多かった『儚い羊たちの祝宴』にしようかと思っておりましたが、特に理由もなく(なんでだよ)『追想五断章』となりました。でもお仲間さんの記事を拝見させていただいた限り、〔古書店〕が舞台であり〔古本探索〕という本好きには堪らない内容だと知っていたので、あまり僕と相性の良くない作家さんなのですが(^^;)それなりに期待して読みました^^

大学休学中の菅生芳光は伯父の古本屋でアルバイトをしながら居候させてもらっている。ある時「叶黒白」という筆名で書かれた掌編5つを探し出して欲しいという依頼を受け、伯父に内緒で古書探しなるものを始めるのだが、どんどんその依頼主と叶黒白の作品に深入りすることになるんです。こういう古書へのコミットメントは 『古本屋探偵の事件簿』や『本棚探偵の冒険』などと同じく本好きだったり古本を少なからず買う者などからするとそれだけで堪らないものがありますね。ただ、本書では古書探偵~やら本棚~やらとは少し相違があって、古書へ辿り着く経緯などへの執着などはそんなに強くなく、作品と依頼者との関係の重要性や叶黒白の作品が作中作として登場しそれが物語的に重要な繋がりを持っているという箇所にミステリ的な面白さがありました。

特にこの作中作の5編の遣い方が上手くて、それぞれ発見されて個々の掌編が載せられてるんですが、一つ一つの掌編だけでも独立して読めちゃうくらいの出来栄えなのです。だけどそれだけで遣い方が上手いとはいいませんよ、僕でも(笑) その掌編は発見される度に一篇ずつ載せられてて読者も読めるんですが、これがなかなか読ませる掌編で作者の引き出しの広さが伺えます。また、この掌編全部がリドルストーリーとなってるんですが、結末の一文を依頼者が所持してるんですね。それが「アントワープの銃声」という過去の暗い事件と絡まりあって、少なからず驚ける意趣返しが待ってるんです。古書へのコミットメントもミステリとしての見地からも、なかなかの良作だと思えました^^

少しラストはペーソス漂う感じですが読後感はなんとも言えない味わいがあります。真相を娘には知られたくはないけど、でも社会に一矢報いたいと思った叶白黒の掌編は、その想いとは裏腹に娘に真相を知られたわけですが、それを引き換えに父親としての想いは十分に伝わったのではないでしょうか。この掌編探しによる追想は苦い妙薬のような、必要悪のような、不可避な痛くて優しい追想だったのでしょう。

ただラノベ出身の作者にしては人物造詣がイマイチでした^^;まだ『インシテミル』の方が好きだったかな、自分的には。依頼者もそうなんですが、バイトの子も伯父も、主人公の行動も好きではないかったですし。だって、伯父の古本屋の名を内緒で語って古本を探してたら、そりゃ古書業界のアンテナに引っかかって伯父に知られまるということを古本屋でバイトしてるにも関わらず気付かないってないですよね(苦笑)気付いたとしても、その男のクセにコソコソ行動する行動心理が共感できないし、好きではないです。野郎だったらしゃんとせんかぃーー!と言わないまでも、コソコソはするなよ、と(笑)お金の為にコソコソするなんて、居候させてくれてる伯父にあまりにも不誠実すぎるゾ^^;


総合的に上手く読まされた感じはあるんですが、やはりどうもソフトな感じは否めないのはセンテンスのせいでしょうか?なんかもう一声パンチのあるというか、厚みがあって欲しかったとは思います。でも総じて良好な読書はできたので、『儚い羊たちの祝宴』も楽しみであります^^


3.7 なむなむ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.15 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/63-a00a8cc1

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。