スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

森見登美彦 『【新釈】走れメロス 他四篇』

                   
〈新釈〉走れメロス 他四篇


あの名作が、京の都に甦る!?暴走する恋と友情。若き文士・森見登美彦の近代
文学リミックス集!その時、彼の腕を通りすがりの女性が必死で掴み、「ちょっとすいません!」と叫んだ。思わず見返した相手は驚くほどに可憐な乙女であり、目に涙を溜めている。芽野は決して女性に腕を掴まれたぐらいでのぼせ上がるような人間ではないけれども、理由を聞く前から彼女の涙にもらい泣きしていた。(「走れメロス」より)異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意(リスペクト)が切なさと笑いをさそう、五つの傑作短編。山月記/薮の中/走れメロス/桜の森の満開の下/百物語を収録。  (BY BOOKデータベース)


昔の有名作家さんたちの古典的短編を、森見さんの独断と偏見とワガママで選びアレンジした短編集です。『山月記』中島敦、『藪の中』芥川龍之介、『走れメロス』太宰治、『桜の森の満開の下』坂口安吾、『百物語』森鴎外の全五編を現代風に、もちろんモリミーテイストに仕上げてありました。原作にインスパイアされたようですが、そこは森見さんでして全然読みやすく書かれてあります。

わしが読んだことのある原作は『走れメロス』と『桜の森の満開の下』だけでした。でも、全部ちゃんと楽しむという点ではやはり原作の方を読んでいた方がより楽しめるような気がしましたね~。原作を読んでいないからかはわかりませんが、上の2作品が気にいりました。走れメロスなんかはちゃんと原作のお話の流れには忠実に沿って書かれてありましたが、そんな解釈のしかたするんですか?みたいな物語になっており、さっすが哲学的なおバカさんという感じですwパンツ番長など他の森見作ので出てきたおかしな物事も登場してて、なんか嬉し楽しく読めますよー。メロスでは「優しさのチラリズム」という表現方法に脱帽です。

本書は森見さんの今までと違った方向からのアプローチ(舞台は毎度おなじみですが)であるといえますが、やっぱり夜~とか有頂天のような超ど級の愉快さというのには及ばなかったような気もしました。原作に沿って書くというその時点で、枠に囚われてしまっていたように思えました。やっぱりモリミーさんが0から造りだすオリジナルの物語の方が好きなようです。しかし、自虐的妄想小説だけが森見さんの持ち味であるわけではないことは証明できたようにも思えますね~。

「原典を愛する人たちに大目に見てもらえること、またこれをきっかけにして原典を手に取る人が増えることを祈るのみである。」 と本人もあとがきに書いていますし、モリミーというオモチロフィルターに通される前の原作の方も読んでみたいと思います。

森見さんの小説の舞台はいつも同じなので、袋とじみたいな感じで今度本に「森見小説舞台MAP」みたいなあの界隈の地図を付けて欲しいです^^



4.3 なむなむ!
関連記事
スポンサーサイト
.24 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/7-ac08fdad

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。