スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

東野圭吾 『魔球』

魔球


九回裏二死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は最後に揺れて落ちる「魔球」を投げた!!!すべてはこの一球に込められていた・・・・・捕手・北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純粋を描いた青春推理。  (BY 本書背表紙参照  講談社文庫)


小学校の時少年野球をやっていたこと(そのわしが入ってた少年野球チーム名がなんと島本ヤンキース!!笑)東野圭吾作だということで積読から晴れて卒業しました。ミステリとしても青春モノとしてもよかったです。特に最初~中盤あたりではすっごくのめり込んで読んでました。「あっ」と驚くような衝撃的な作品ではないですが、「むむむ」と唸ってしまうような作品だった。

これは確かに青春小説ですが、青春と聞くと「爽やかさ」をイメージしてしまいますが全然違ってました。エース・須田武志の生い立ちはとても複雑なもので「一人で生きている」という言葉が似合ってしまう孤独を背負った青年。だけれども青春を駆け抜けた少年であったのは間違いありません。エースと捕手の二人だけで甲子園に行ったのもその通りで、生まれといいチームメイトといいどこまでも環境に恵まれなかったのはとても悲しくて空しい。この少年が背負っていたもの、守ろうとしたもの、少年のすべてに胸を打たれてしまいます。環境と逆境に負けずに頑張った武志への神様のプレゼントがあれだけじゃなんか報われない気がしてなりません。伏線もプロットも描写もとても素晴らしい作品だと想いましたが、武志の浮かばれない生き様に読後感はもやもやっとしたモノが残ってしまいました。

最初犯人はすぐに予想がつくのですが、そう思わせといて肩透かしを食らいます。そして犯人はあの人だったという非常に上手い展開だした。いろんな関連性がなさそうなちりばめられた伏線が、繋がっていく様も読んでいて心地よいものがありました。この作品が東野さんの白眉とはあまり聞かないですが、やはり人気実力共に比例している素晴らしい作家さんだと感心しますねっ。東野さんの初期作品はおもしろいものが多いです。



※※ちょっとネタバレ↓




一つ腑に落ちなかったなかった点は、武志の右腕の切られた理由。明確な理由が述べられてなく、暗示する程度でしか書かれていなかった。ここも右利きのエースにとってはとても意味の深い行為だと思うので明確に動機を提示して欲しかったです。。後、偶然取っ組み合いになって弾みで殺してしまったみたいなのももうちょっと明確な殺意を考え出して欲しかったような気もします。


3.8 なむなむ! 

↓参加しております^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.20 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/72-1c578c0d

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。