スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

貴志祐介 『狐火の家』

狐火の家


長野県の平和な農村で殺人事件が発生。一家が松本の親戚宅に出かけている間、一人残った中学3年の長女が自宅で殺害されたのだ。強い力で突き飛ばされて、柱に頭をぶつけ、脳内出血を起こしたのが死因と思われた。現場は、築百年は経とうかという古い日本家屋。玄関は内側から鍵がかけられた密室状態。第一発見者の父親が容疑者となり、青砥純子が父親の弁護にあたる。純子は、防犯ショップの店長、榎本径を現場に呼ぶ。この男、本職は泥棒としか思えないが、推理の冴えは抜群だった。   (BY BOOKデータベース)


貴志祐介さんは初読で、わしの頭の中では「ホラー」というイメージが刷り込まれていましたがミステリーも書く方なのですねー。(このタイトルを見たときはホラーか?とおもってしまいましたが^^;)前知識もなく挑んだのでいつものごとく続編だということが発覚!『硝子のハンマー』という著作に続くシリーズ第二作目だったようです。しかし、前作を知らずに読んでも大丈夫な仕上がりでしたよ。

本書は短編集仕立てとなっており、女弁護士・青砥純子と防犯コンサルタント・榎本のコンビが密室トリックを解き明かしていくというのが短編四作に共通してます。このコンビの相性というかお互いが混ざり合わない色を持っていて、その噛み合わなさみたいなのが読んでて愉快でした。しかし、ミステリという点での密室トリックの謎解きは少し「?」が付いてしまうというか、可能なのかなぁ?という疑問が浮かんでこないでもない印象。わしがミステリに求めるものは、理詰めで解いていくような読者がツッコメないような理論武装をしているミステリなので、少し好みとは違った本でした。しかし、登場するコンビの距離感やかけあいなどはなかなか好み今予約している『新世界より』が良ければ貴志祐介さんのを掘り下げて読むかも^^

一番好きだったのは表題作の「狐火の家」。ラストも含め一番怖かったです。でも、一番おもしろかったのは「犬のみぞ知る」でしょう!わしは爆笑してしまいましたwこれはバカミスでしょうねぇ~(笑)あと動物などの生き物が出てくる小説はそれだけでなかなか心が和んじゃうわしですが、「黒い牙」わ・・・・ちょっと寒気&サブイボがすごかった、ある意味夏にはもってこいの作品かも(苦笑)



3.2 なむなむ!


↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.23 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/82-4e3e6182

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。